お出かけ続いた3日間まずはキルト展

17日木曜日、名古屋駅の高島屋でキルト展が初日を迎えました。
友達に誘ってもらえました。11時ころに着いたと思うけどすでに長い列ができていました。

大きなキルト展は、ほとんどがタペストリーの展示。

細かい手仕事に感動です。1年以上かかった作品も少なくないのでしょう。見事でした。

人の多さと作品の多さに途中から疲れ気味。自分にはとても出来ないと自己嫌悪に陥ったり·····

布など買うにも長い行列にレジに並べず。

その後、まだ二人共行ったことのない駅のゲートタワーにランチに、が、年金ぐらしの我が家と最近仕事をやめたという友達家ちょっと予算オーバー。

駅をウロウロし、あぶり鳥の親子丼を食べました。きれいな女性だけがスタッフのお店でした。

スマホの機種をかえた。

スマホの機種をかえた。
親切な店員さんが、優しく丁寧に説明してくれる。
住所録などのデータ移行もやってもらえた。
機種変更で、ラインの仲間から消えたりもするので、少しはメモもとってあったのでそれもやってもらえた。

が、面倒なことも多い。頭が痛い。
住所録から消えた人もいたし、このブログにスマホからコメントできなくなったり。コメントするには、ちょっとした手続きが必要なんだろうが今のところわかんない。

時間をかけてやってみることにする。

写真は、友達の庭に咲く薔薇。

つる薔薇がこんなにきれいに咲いた!

つる薔薇がこんなにきれいに咲いた!
つる薔薇がこんなにきれいに咲いた!
ガレージの壁を一面に飾る薔薇。
あすの夜には雨が降るというのでその前に一枚写した。

紫陽花を見ながら梅雨入りを思う

Dscn0826
 
Dscn0803
 
小紫陽花
今年は桜をはじめ開花が早いが、紫陽花も色づき始めた。
梅雨入りも早いのかな?
 
Dscn0827
 
ツリガネソウが咲き始めた。大きくなりすぎて開花が遅れている。

桑畑の草取りとだんらん市のボランティア

金曜日は草取りの日。足助の桑畑に行く前に、猿投神社の近くの桑畑に寄って行く。
よだきぼママは車に乗らないので、市の交通機関を利用して、途中で拾ってもらう。
 
Dscn0814
 
猿投に立派なヒトツバタゴの大きな木があった。100年くらいはたっているだろうと話されていた。
 
Dscn0818
 
ここが足助の桑畑。養蚕をやめた人の畑を借りているそうで、植えてあった桑も引き継いだようで大きな木もあった。
 
Dscn0821
 
太陽を浴びて輝く桑の葉。
 
Dscn0820
 
桑の若葉は天ぷらにしても美味しいそうだ。
 
Dscn0822
 
草取りを少ししたら、皆用事があるというので早々に引き上げて帰って来た。猿投の畑にまた行ってみたら、大きな桑の実がなっていた。satouさんは大き過ぎるのを気にされていたが食べれると思う。
 
Dscn0824
 
畑の雑草、ハルジョオン
 
Dscn0825
 
普通サイズの桑の実、まだまだ青い。
 
土曜日二か所でイベント。
人手が足りないというので助っ人に。生協病院のだんらん市?(いつもは第一土曜日ゴールデンウィークの影響で5月だけ第二土曜日)に行って来た。
8時に行くと言われたが中々現れない担当のおっちゃん。イオンに行く道と間違えたと言ってみえた。
桑の葉茶や桑の葉の粉末の入ったくわっぱんを売る手伝い。
12時までの4時間くらい。
 
出店がいくつあったのかわからないが、ボチボチお客さんが。
 
農家の野菜は人気らしく待っていて買う人もあった。
 
隣の蜂蜜屋さんが面白かった。ゲームクリエイターの兄さんは博学でいろんな質問に的確に答えていた。
ミツバチを飼おうとしたらご近所に反対されて飼えなかったと。蜂はすべてスズメバチのように怖くて、人が死ぬと思う人が多いんだそうだ。
思い込みの怖さを知ったのでした。
 
蜂がいないと、人類は絶滅するかも。何故なら、蜂が植物の受粉をしてくれて実がなる。実の中には種ができる。種を蒔いて育てることによって野菜が食べれる。実を食べることもできる。動物の餌にもなる。動物の肉を食すことができる。なんてね~
庭にも蜂は飛んでくる。目の前にいてもいきなり襲ってくることはない。いたずらすれば反撃されることが起きるかもしれないが、いつもは穏やかな蜂です。足長蜂やミツバチを観ながらそっとしておいてほしいと思う。
だんらん市で何人かの知り合いに会えてよかった。
機会があれば、また来てもいいなぁと思った。
 
6月は第一土曜日、南生協病院で開催されます。

«薔薇

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ