« オールスター第2戦は宮崎で | トップページ | 高鍋高校 平原美夫 その4 »

高鍋高校 平原美夫 その3

スポーツ山脈 (編集委員 蒲牟田 勇)

高鍋高校 「オニ」と呼ばれた平原の熱血指導

野球部 2

 1946年(昭21)、県北部大会に出場、リーグ戦で延岡中学、延岡商を破って県大会に臨んだ高鍋に、卒業後、指導者として大成する一人の選手がいた。

 当時のバッテリー、荷出(昭24卒)中崎(昭25卒) より先輩の児玉(昭22卒)がその人である。児玉はチームの中心としても活躍したが、卒業後は指導者で幾多の素材を育て上げた。

 児玉は宮崎大学に進み、卒業後、高鍋東中に赴任した。東中では野球部監督として球児の教育に情熱を注ぐが、その後、児玉が手塩にかけた選手が県の高校球界で大活躍をすることになる。

 後に明大からプロ野球大洋に入った岩岡(昭27卒)もその中の一人だった。神奈川大卒業後、河合楽器に入社、社会人野球でその名を知られた黒木(同卒)らがその教え子だった。

 児玉は中学の野球指導者として数多くの逸材を育てたが、その黒木の母校高鍋野球部                                                                           096a の基礎を築いたのは平原美夫(ひらばるよしお 故人)である。平原は宮崎県東臼杵郡東郷町の出身。宮崎師範(現宮崎大学教育学部)卒後、旧制延岡中を経て47年、高鍋中に美術教師として赴任し、そのまま野球部監督に就任した。

 荒廃した戦後の社会で夢と希望を失った青少年を救うには野球しかない、と考えた平原は野球部のレベルアップに情熱を注ぐ。

 大事にしていた自分のスーツや絵を売ってまでバットやグラブを購入するなど、平原は侵食を忘れて選手たちの指導にすべてのエネルギーをつぎ込んだ。

 その指導方法は「オニ」と選手たちに呼ばれるほど徹底していた。練習は文字通り情け容赦のない厳しい内容で、朝から晩まで野球付けの毎日だった。

 この猛練習が実を結んで、日一日と高鍋野球部は力をつけていく。そして、54年夏、高鍋は夢にまで見た甲子園初出場を実現させたのである。

 次回以降で詳しく説明するが、この高鍋の甲子園出場は宮崎県勢としても初めて、しかも全国唯一の“甲子園未出場県”の汚名を注ぐ快挙でもあった。

写真は「みやざき101人」にお借りしました。

 先生が退職されたあと、体育館で講座が開かれたことがあった。大きい体で印象的でした。威厳があって、直接の担任でなくても怖かったのを思い出します。先生は、若い時に断念された画家に戻っておられて、画家としての時間は取り戻せないようなことをお話にもなりました。画家としての才能も素晴らしく、日展にも当選されていたたようです。

 当時の野球部部室は軍隊が使ってい厩舎で、 壁には馬の糞がこびりついていたとも。先生のスーツは食事になったり、ボールになったりしたそうです。奥様も随分尽力されたとのこと。昨日の、プロ野球オールスターゲームを宮崎で開催できたこと先生の努力の積み重ねの上にあることを知って欲しいと思います。

« オールスター第2戦は宮崎で | トップページ | 高鍋高校 平原美夫 その4 »

教師」カテゴリの記事

高校野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183946/11079063

この記事へのトラックバック一覧です: 高鍋高校 平原美夫 その3:

« オールスター第2戦は宮崎で | トップページ | 高鍋高校 平原美夫 その4 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ