« あの、中京商業を完封 | トップページ | 夏の甲子園 後は宮城県だけ »

やっと梅雨があけた、甲子園の夏です!

いつの間にか平原先生のことでなく、平原先生の作り上げた野球部のことだけなのに気がつく。外に資料がないので、お許しいただいてこのまま平原先生の育て上げられた野球部を書いていきたい。

スポーツ山脈 (編集委員 蒲牟田 勇)

高鍋高校 黄金期に輝くエース 清

野球部 9 平原美夫

 高鍋の3度目の甲子園出場は1961年(昭36)夏にやってきた。前回の出場からわずか2年後だった。

 59年夏には優勝候補の名門中京商を4-0でシャットアウトして全国にその名を知られ、すっかり自信をつけた高鍋の黄金時代であった。どんな高校体育部にも盛衰の歴史があるが、高鍋野球部のこの時期はその盛衰の「盛」の時代であった。

 また代表校が1県1校になる前で、宮崎勢が甲子園に出場するためには、鹿児島、大分、沖縄代表が参加した南九州大会を制覇しなければならなかった。既に強豪の仲間入りをしていた高鍋は61年夏も優勝候補の一角に挙げられ、その評判通り順調に勝ち進んでいた。

 そして、決勝戦で3度目の甲子園行きを決める相手となったのは沖縄の名門首里。試合は激しい打ち合いとなった。結局、大接戦の末、高鍋が首里をうっちゃって甲子園出場の切符を手中にした。3度目の甲子園だったのでキャンパスにも初出場のような新鮮な感動はなかったが、その代わり「甲子園行きは当たり前」といった自信があふれていた。

 しかし、何度出場しても甲子園で勝つことは難しい。自信を持って出場したはずの3度目の甲子園では、一回戦で敗退した。だが昔のように完敗しないところに高鍋の進歩があった。強豪秋田商を相手に0-1の惜敗であった。

 打線が軟投派の相手投手に抑え込まれたのが敗因だったが、高鍋では秋田商を1点に封じた1年生のエース清俊彦(昭39卒)の好投が注目を集めた。

 清は西鉄ライオンズでエースとして活躍、その後、近鉄にトレードされたが、高鍋時代には鋭いドロップで相手打線を翻弄(ほんろう)した。1年生エースの清はこの年こそ1回戦で敗退したものの、そのピッチングはさらに威力を増していく。

 そしてHirahara翌年春、その清を先頭に高鍋は野球部史上初、しかも宮崎県勢としても初めてのセンバツ出場を果たすのである。この時のレギュラーには当時の監督で高鍋野球部の「開祖」といわれる平原美夫(故人)の長男美樹(昭39卒、早大)がいた。美樹は後に父の遺志をついで母校の監督を務める。(敬称略) 

 写真は高鍋町営球場に立つ、平原先生の胸像。実際の先生も威厳があったが、胸像さえも・・・。

  やっと、平原先生の名前が・・。今では、先生の息子さんの美樹氏ではなく、先生の お孫さんの時代 になったようです。

« あの、中京商業を完封 | トップページ | 夏の甲子園 後は宮城県だけ »

高校野球」カテゴリの記事

コメント

早速のお返事ありがとうございます。
お元気でしたね。
安心しました。
梅雨が明けてますます暑くなりました。
お互いにバテないように頑張りましょうね^^

モモさん
コメントありがとうございます。
たくさんの訪問者があるモモさんに来ていただいて嬉しいです。
公開出来ないコメントもあるんでしょうね。
南国生まれだから、おまけに9月生まれだから夏に強~い筈なんですけど・・・。
名古屋の夏は半端じゃなくって大変です。
でも、きっと元気です。夏バテ知らずで頑張ろっと・・。

高鍋町営球場に立つ、平原先生の胸像。高鍋高校美術部のOB。田中等氏の作品。怖いほどよく似ていると思う。
お薦めサイト 田中等彫刻工房からどうぞ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183946/11163355

この記事へのトラックバック一覧です: やっと梅雨があけた、甲子園の夏です!:

« あの、中京商業を完封 | トップページ | 夏の甲子園 後は宮城県だけ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ