« どまつり大賞“鳴海商工会猩々” | トップページ | 家康の母は刈谷市に! »

伏見の寺田屋

 坂本龍馬の泊まった船宿 “寺田屋” は残っているんでしょうか!!

  何年か前に1_1坂本龍馬恋しいと訪ねた寺20031216_0501田屋。刀傷も銃痕の跡も全部信じてました。龍馬が泊まったとされる部屋・壁・床・おりょうが駆け上がった裏階段。全部本物だって思ってました。

 ところが違うと聞きました。ある講座で・・・。慶応4年正月の鳥羽・伏見の戦いで焼失したらしいのです。 講座でパソコンの画像を見ました。確かに色が付いていました。

 当時の絵図 「城州伏見其外所々出 火之図極本志らべ」 が刈谷市図書館にあるらしいと分かったので行って見てきました。画像ではなくて本物です。瓦版なのか、分厚い和紙に刷ってあります。触ってもいいということです。薩摩屋敷と寺田屋のあたりは朱色に塗ってあります。 尾州屋敷には色は付いていません。薩摩屋敷は火をつけられたんでしょうか。そこだけ朱色になっています。「本しらべ城州伏見大火の図」 を見てもやはり朱色に塗ってあります。残念なことです。

 ほとんどの人が龍馬の泊まった寺田屋は現存していると思っているでしょうね。

 図書館ではお二人の紳士がなにやら研究中でした。今回も図書館の方々はとても親切でした。歴史の好きな方はわからないこと、知りたいことどんどん聞いたらいいですよ。きっと親切にしてもらえます。

« どまつり大賞“鳴海商工会猩々” | トップページ | 家康の母は刈谷市に! »

歴史 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183946/11667704

この記事へのトラックバック一覧です: 伏見の寺田屋:

« どまつり大賞“鳴海商工会猩々” | トップページ | 家康の母は刈谷市に! »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ