« テニス三昧は疲れる! | トップページ | 信長隊を見たよ!! 名古屋まつりで »

MIYAZAKI 種樹 新政府 議長になる

 パ・リーグのプレーオフ終わりました。日ハムの新庄かっこよかった。相変わらずファンサービスも素晴らしい。でもね・・・。

 ソフトバンクの斉藤和巳投手、彼の頑張りがまたよかった。最後打たれて、負けたって思ったときのマウンドの姿。力を出し切ったんだなって。胸が詰まるような感動でした。

 今年のプロ野球、実に実りあるというか、内容の濃い試合が多かったのかな。見せてもらったって感じがしました。ソフトバンクの寺原投手なんか、途中心配で見るのが怖いような時もあったけど、よ~く楽しませてもらいました。

 寺原は宮崎県人ですから、ちょっと心配。ぬくぬくといい気候の中で育ってますから(自分のことかも)粘りに欠けるような気がして仕様がないんです。復活した寺原、もう少し勝ち星が欲しかったですね。来期こそは二桁を目指して頑張れ!!!

 秋月種樹 

明治元年7月23日 弁事秋月種樹を以って議政官下局議長を兼しめ、鍋島直紀を甲府城代と為す。

明治元年9月10日 議政下局議長秋月種樹「左京亮高鍋藩世子」議事の曠発日久しき情陳じて下命を請ひ、且議事院開設及ひ議長の銓衡・議員の東幸供奉等に就き意見を上がる。

明治元年9月19日 議政・行政両官の事務分割し難きを以て、仮に議定、参与をして行政官に入り、機務を商議せしむ「政体書は、旧に仍りて之を改めす」。又議定山内豊信を以て議事体裁取調総裁を兼しめ、下局議長秋月種樹、参与福岡孝弟、大木喬任、外国官権判事鮫島尚信「誠蔵」、森有礼「金之丞○二人並に薩摩藩士」、一等訳官神田孟恪「孝平○駿河藩士」にご用掛を命す、尋て議事体裁取調所を東京に置く、是日、駿河県知事水筑竜を罷む。

明治元年11月2日 議定山内豊信「容堂・前高知藩主」・弁事秋月種樹「左京亮高鍋藩世子」・権弁事菱田文蔵「重憘・大垣藩士」を以て学校取調用掛を兼しめ、高知藩士松岡七助を同掛と為す。明日、高知藩士細川潤次郎を任ずる又同じ。尋で「四日」徴士一等訳官神田孝平「孟恪・静岡藩士」・同外国官権判事森金之丞「有礼・鹿児島藩士」をして並に同掛を兼しめ、静岡藩士内田恆次郎「正雄」を同掛と為す。

 三権分立を企画した4月の改革は、立法府として議政官を置き上下ニ局の二院制をとった。下院は上院の命を受け、租税、駅逓、貨幣、権量、内外の通商章程、拓疆、戦線講和、水陸捕掌、招兵、集糧、兵賦、築城等の諸問題を議するを職とし、欧米諸国の下院に擬した。ここの議長に7月23日になる。ここ下院は代議機関としては不完全だったから調査研究を加える必要に迫られてつくられた、この調査機関が議事体裁取調掛だったと。上局の議長に山内豊信が、下局の議長に種樹をと、辞令が出た。

 秋月種樹は侍読としても忙しかったが、下院で二人前も三人前も働いた。明治政府は種樹を必要としたのである。侍読は明治3年7月13日まで、二年を越えて明治天皇に奉仕した。

« テニス三昧は疲れる! | トップページ | 信長隊を見たよ!! 名古屋まつりで »

故郷」カテゴリの記事

歴史 」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございました。
偶然=必然・・・そして運命?
認めたくない哀しい現実も(死別)生きていると経験しますね。
乗り越えられる強さを持ちたいと思います。

モモさんへ
 偶然と必然は一緒なんでしょうか。
どこで分けたらいいんでしょうか。
必然と認めた時から積極的に動けるのかもしれない。偶然だとそれだけのこと?。
人との出会いは全部必然なのかもしれない。
一期一会と言いますが、大事にしたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183946/12272619

この記事へのトラックバック一覧です: MIYAZAKI 種樹 新政府 議長になる:

« テニス三昧は疲れる! | トップページ | 信長隊を見たよ!! 名古屋まつりで »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!
無料ブログはココログ

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴