« 『高鍋藩史話』を著した安田尚義! | トップページ | 松阪城跡 »

高鍋藩の江戸屋敷は麻布!

☆ 東海テレビの日曜朝に『ふるさと紀行』が放送されている。今日は、「ふるさとの音は和歌の調べ(宮崎)」だった。右横の「過去の放送はコチラからご覧ください」から10/22日を選んでください。

 若山牧水は宮崎県日向市東郷町坪谷でうまれた。って言ってた。えーっ、東臼杵郡坪谷村(現東郷町坪谷)でしょって思ったが平成の大合併か。とわかった。坪谷は地名が残っているのでいいが、歴史をかじりはじめると地名は気になります。京都の聚楽第の現地見学会の時、マンションの名前が聚楽第でした。これは地名の名残だと聞きました。ほんとにここに聚楽があったと思えて納得できます。

 坪谷の子供らは幸せだなって思います。豊かな自然の中で育つことと、小さい時から短歌に浸かって大きくなれるんです。だれでも歌を詠めるようになるんでしょうね。あーぁ、こどもらが羨ましい。

六本木ヒルズの近くが高鍋藩屋敷!!!

☆ 種樹が生まれた場所を確認するために。JR名古屋駅にある本屋で『東京時代MAP 大江戸編』を買う。

 種樹は1833年天保4年10月17日、江戸麻布屋敷に生まれる。父種任(43歳)生母早川氏、幼名政太郎。とあります。

 今のどこだか気になりませんか。気になって仕方がないので調べたいとずっと思っていました。

 こんな地図があることは先の聚楽第の見学会の後で行われた“『御土居堀ものがたり』をあるく”の時に講師が紹介されたので、見つけたら買おうって思っていました。

 早速開いてみます。江戸時代の地図が印刷されていて、その上にトレーシングペーパーみたいな薄紙が重なるようになっていて、そこに現在の地図が印刷してありますから、見つけやすいんです。ありましたよ。秋月佐渡守(三代藩主種信)。薄紙には麻布中・高校とマダガスカル大使館、カタール大使館があります。当時もあって、今もあるのは北東に本光寺長玄寺、南に天真寺だろうと思われます。現在、もう少し北に行くと、六本木ヒルズがあります。

参考資料 東京時代MAP 三村推古書院

        秋月種茂と秋月種樹 日向文庫

0378203783 

« 『高鍋藩史話』を著した安田尚義! | トップページ | 松阪城跡 »

故郷」カテゴリの記事

歴史 」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、突然の書き込み失礼いたします。
時代MAP制作スタッフの山脇と申します。私どもが制作する本をご紹介していただき、ありがとうございます。大変うれしく励みになります。時代MAPのwebサイトでは今まで刊行した時代MAPの立ち読みができるほか、ブログサイトのほうでは新刊の最新情報などを随時更新しております。よろしければ、ぜひ一度お立ち寄りください。

(時代MAP公式サイト)
http://www.jidaimap.jp/
(時代MAPブログサイト)
http://www.jidaimap.jp/blog/

出版社でなく、製作会社の方からコメントがある・・・。感激。はたまた驚きです。実際、よく解るいい本です。
申し訳ないですが、推古書院は知っていましたが、製作会社は今確認しました。著者株式会社新創社・構成株式会社コギトの三社で作られているんですね。初めて巻末で確認しました。
秀吉の作った聚楽第などの情報楽しく見ました。坂本龍馬に関するものは余計に。暗殺された場所と土佐藩邸の距離4mしか離れていないんですものね。龍馬の無念さが伝わってくるいい本です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『高鍋藩史話』を著した安田尚義! | トップページ | 松阪城跡 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!
無料ブログはココログ

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴