« 東京帝国大学の誕生 | トップページ | ドラゴンズ優勝ならず »

シャチのクー来館3周年と犬山城

 昨日アクセスのワードを確認したら、クーが多くてびっくり。ニュースでもあったのかな。今朝の中日新聞の県内版にクーの記事がありました。これですね、アクセス数が増えたのは・・・。

 名古屋港水族館(港区)はシャチのクー(雄推定年齢16歳)が同館に来て29日で3年になるのを記念して、同日に「丸ごと一日クーちゃんDay」と銘打ったイベントを実施する。同館ではクーを20枚のパネルで紹介する写真展も始まった。

 通常のシャチのトレーニングを披露するのに加え、シャチのトレーナーがクーの3年間を振り返る「クーちゃんとっておきトーク」を午後一時半と同四時四十五分からの二回開催。-後略- 中日新聞10/26朝刊

KuMov03363_0002Mov03363_0001  先日紹介しましたクー以外にも目玉がふたつ。

☆ 南極を再現してある、ペンギンの部屋、雪が降っています。時々ね・・・。雛も毎年生まれています。

☆ 海がめ。砂浜がつくってあるので 毎年海がめが産卵します。孵化させて育て海に帰すということもやっています。

犬山城 現存最古の城でもある
木曽川を見下ろす 別名 白帝城

 長男が小さい時に一度だけ行きました。銀杏の大木があったような・・・。一番おぼえているのは急な階段です。天守から見た犬山市外・・・名古屋市・・。

 全国唯一、成瀬家の個人所有でしたが、維持管理が難しく、平成16年 財団法人「犬山城白帝文庫」所有になりました。

 いい季節になったので、名鉄電車に乗ってでかけたいですね。

犬山城特別展 11月28日まで

犬山城下町秋まつり 10月28日~10月29日

犬山寂光院もみじまつり 11月12日~12月11日

« 東京帝国大学の誕生 | トップページ | ドラゴンズ優勝ならず »

優しさ・癒し」カテゴリの記事

愛知」カテゴリの記事

水族館」カテゴリの記事

コメント

おととしでしたっけ、主人と妹、甥、姪の5人で犬山城へ行きました。本物のお城を見たことがないと、名古屋城に行った時、中が偽物だと甥が言ったと言うので、城好きの主人が連れて行きました。確かに急な階段でしたね。天守閣から外を覗いたのは、なんと!私と主人だけ。後の三人は怖いといって、出ようとしませんでした。いい景色だったのになあ。とは言うものの、実は、主人も高所恐怖症なので、結局一番楽しんだのは、私かもしれません。当時の人は背が低かったのか、剣を振り回さないようにしたのか(でも、城で戦ってしますよね)、天井が低い気がしました。どんな格好で、当時の人が行き来したのだろうと思うと、感慨深いものがありますね。

ぼんやりっこさん
コメントありがとうございます。

本物の城は素晴らしいですね。
急な階段のあるお城は早めに行っておかなくちゃですね。観光に行っても掛川城なんかは段差のある石段があって、その上に急な階段ですからね。体力も必要です。
高所恐怖症はどうにもならんかな・・・。

天井の低いのは刀が振り回せないようにしたって聞いたような・・。
江戸時代の人は最も低くて平均身長は155cmくらいですものね。

コメントありがとうございました。
「たとえ市が立ち上がらなくてもうちがするばい!」
”むつごろう”のママの元気で閑散とした唐人町の
道筋に活気が出ることを期待したいと思っています。
頑張ってみますね^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京帝国大学の誕生 | トップページ | ドラゴンズ優勝ならず »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!
無料ブログはココログ

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴