« 高鍋藩の江戸屋敷は麻布! | トップページ | 津城跡 MIEKEN »

松阪城跡

ぶらり松阪路。

JRの青空フリーきっぷ2.500円を買って出かける。土日年末年始に使える一日だけのフリーきっぷ。欲張って、松阪城址と津城址に行く予定。乗り降りが自由なので便利です。

11:30発 快速みえ5号鳥羽行きに乗ります。12:30に松坂駅に到着予定です。

03734  松坂駅前のロータリーに鈴のモニュメントがあります。これは本居宣長の鈴です。鈴をかけて宣長が勉強したからだと・・。 お城の中修復された宣長の旧宅があります。別名鈴屋と呼ばれています。

  03685 駅前から歩いて行きます。さほど遠くはありません。さすがは松坂で03686す、ステーキの三松とか、すきやきの牛銀本店など松坂牛のお店が続きます。松坂もめん手織りセンターや、松坂もめんの三井家発祥の地、宣長が12歳から72歳まで過した旧宅など見学しながら城跡へ。写真は宣長の旧宅と碑の番ねこ。

 松坂城址はすご~い石垣です。表門跡から石段を行くと、途中に歴史資料館がありました。松坂もめん、伊勢白粉、『城のあるまち』を書いた梶井基次郎の展示などがあります。城内に梶井基次郎の碑があります。

0369203705 城は北を大手、南を搦手とし、本丸・二の丸・隠居丸・季代丸・出丸・三の丸より成り、本丸・二の丸・季代丸・隠居丸・出丸には高い石垣を築き、三の丸の外郭に水堀をめぐらせていた。
 三層の天守閣と金の間・月見・太鼓等の櫓がそびえたっていたが、正保元年(1644)の台風で天守閣は倒壊したと伝えられている。また二の丸には寛政六年(1794)に建立された徳川陣屋があった。
 明治十四年(1881)城跡公園となる。

『松阪城跡案内板』より

03720 本丸跡。ご夫婦Monでのぞいえみえ03712るので、聞いてみると井戸があって、抜け道だったと教えていただく。本丸跡から松阪市内を一望したあとはそのまま元来た道を戻らないで本居宣長邸跡を通って、御城番屋敷跡を通る。石畳がきれいでした。御城番屋敷が開いていて中を見学しました。整然と植え込みが整えられ、長屋造りになった屋敷跡。ここはほとんどの家に住んでおられる。住むのはたいへんだろうなぁ。休日ごとに人がザワザワ通るんですから。桜の時期はもっと大変ですよ。

03732Ohiru  明治天皇がお昼を食べたところ!

樹敬寺!

石垣は凄いけど、櫓くらいは再建して欲しいです。広くって、石段が高くって大変でした。

« 高鍋藩の江戸屋敷は麻布! | トップページ | 津城跡 MIEKEN »

歴史 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高鍋藩の江戸屋敷は麻布! | トップページ | 津城跡 MIEKEN »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ