« 訪問者数 2000 に感謝!! | トップページ | 紅葉? 東大寺界隈 奈良2 »

正倉院展 奈良1

 近鉄奈良駅から、人の列が続く。興福寺の案内を横目で見ながら通り過ぎる。奈良国03995 0400403998立博物館についても人の列。待ち時間一時間。事前調査で、混み具合はわかっていたので、待ってる間にお昼をすませようかと相談。ところが奈良だって解っていたのに、鹿さんのことは忘れておりました。弁当を開けない・・・。お昼はおあずけでした。(大笑い)一人が「お腹空いたね」・・・・。待ち時間 はおばさん4人ですからどうってことないんです。おしゃべりに余念がない。かわいい鹿さ んを撫でながら・・・。(この鹿がいなければお昼を食べれたのに・・・)と思いつつ。

 会場に入ってからも、大変な人。当たり前ですね。今年は聖武天皇没後1250年に当たるということで聖武天皇の事績にかかわる品や遺愛品が多く出陳されるのが特徴だそうです。全部で68点。出陳宝物リストを見ると全部思い出せます。今日はまだね。

 順序が決まってないので、ゆっくり時間をかけて回りました。いいもの沢山見ました。先Photo 日、ペルシャ文明展で見た、ガラスの杯。よう、似たものがありました。ペルシャから伝わったものでしょうか。「緑瑠璃十二曲長杯」写真はJR東海パンフレットから

 東大寺献物帳「国家珍宝帳」の文字の緻密さ、印の鮮明さ、和紙の保存状態。いいものでした。

「七条刺納樹皮色袈裟」それを包む「御袈裟箱」その箱は獣の皮で出来ていると、その箱を入れる「袈裟の箱の袋」。

象牙の尺・象牙の横笛・尺八。などなど。

 今回正倉院展のポスターになっている品物も全部見た筈なのに、思い出せない。えーっ、おかしいね。と戻って確認しました。見てるんですよ。大雑把にね・・・。

「これ、やっぱ見てるよ」

「ほんと、ほんと」

「端の方は、ボロボロだね」

「刺繍は素晴らしいね」

やっと納得。

見学すること一時間あまり・・・。

京都もいいけど、奈良もいいですね。

« 訪問者数 2000 に感謝!! | トップページ | 紅葉? 東大寺界隈 奈良2 »

展覧会」カテゴリの記事

歴史 」カテゴリの記事

コメント

 奈良ですか。交通の便がいいので、ついつい京都に行ってしまうのですが、奈良もいいですよね。東大寺でしたっけ、大仏様のみえるところ。その近くの神社(春日神社?違うかな?)で、のんびりしてたら、宮司さんがみえて30分以上かな、お話をしました。宮司さんにも転勤があるのでしょうか、以前は熱田神宮にみえたとか。血天井のときといい、よほど私たちはのんびりしているようにみえるらしいです。
 鹿は、怖かったです。よく撫でられましたね。自販機でジュースでも飲もうとしたところ、隣に鹿が来てて、ジュースを出すのを待ってるんです。結局買えませんでした。

ぼんやりっこさん
コメントありがとうございます。

春日大社近くにありましたよ。
修学旅行の生徒さんがたくさんでした。
以前、法隆寺に行ったときに生徒さんに混じってガイドさんの解説を聞いたことはありますが、宮司さんに声をかけてもらったことはないですね。鹿さんと遊ぶよりは宮司さんの話が聞きたいですね。

やっぱり、珍しいことなんでしょうか? その宮司さんは他の方ともお話してみえるのを見かけました。なんだか、門の説明をされてたようです。ある場所から立ってみると、何かが見えるようです。てっきり、宮司さんのガイドかと思ってました。そうしたら、鹿から逃れて持ってきたお茶で一服してた私たちに声をかけられたのです。最初、社殿の中のところで腰掛けてお茶を飲んでいたので、てっきり叱られるものだと思っていたら、違っていて、おもしろおかしく、時にはクイズ形式でいろいろなお話をしてもらいました。ほとんど忘れてしまったのが哀しいですけど。お供えについても意味があるのだということも教えていただいたような記憶が・・・。もったいないことをしたものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 訪問者数 2000 に感謝!! | トップページ | 紅葉? 東大寺界隈 奈良2 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ