« 秋月種樹は外遊に・・・。 | トップページ | 秋月種樹の年俸?MIYAZAKI »

龍馬の誕生日と命日

 慶応三年(1867年)11月15日午後8時過ぎ、京都・四条河原町の醤油商・近江屋に潜伏していた坂本龍馬中岡慎太郎が、2名の刺客に襲われ、龍馬は即死、慎太郎は2日後に死亡しました。龍馬はこの日33歳の誕生日でした。龍馬は風邪気味だったといわれております。霊山歴史館でも二人を偲んで墓前祭が・・・。
 

 秋月種樹が欧米視察に行っている間に、悲しいことが起こります。坂本龍馬の殿様と種樹は一緒に仕事をしておりました。

 龍馬の殿様、山内容堂と種樹は深く意気相投ずるものがあり、夫人も烏丸家の姉妹である。種樹の欧米に遊ばんとする頃は、容堂はすでに病床にあり、好みの酒盃をてにすることも出来なかったとある。二人は別れを惜しんだと。容堂はを愛し、自らを『鯨海酔侯(げいかいすいこう)と称するほど酒が好き。。幕末の時流に上手く乗ろうとした態度は、当時の志士達から、「酔えば勤皇、覚めれば佐幕」と揶揄されたとも言われています。

 高知のお土産で、坂本龍馬というお酒を戴いたことがあります。高知県は日本酒を飲まれる人が多いのかな?種樹もお酒が好きだったんでしょうね。宮崎は、米・麦・芋焼酎がおいしい?私は飲まないのでおいしいかどうか解りませんが・・・。

 別れを惜しんだ、容堂公ですが、種樹が滞欧中の6月20日、46歳で亡くなってしまいます。

 帰国した種樹は、そのお墓を訪ねて、

 拝容堂公墓 告其神霊

 幾重霜変世形 三叉寂寞舊池庭

 同遊好友皆亡去 唯有泰山興竹亭

と弔った。泰山は土方伯、竹亭は東久世伯であると。

Mayuhake 写真はまゆはけ万年青

参考書籍 日向文庫 秋月種茂と秋月種樹 武藤麒一 安田尚義 共著

« 秋月種樹は外遊に・・・。 | トップページ | 秋月種樹の年俸?MIYAZAKI »

歴史 」カテゴリの記事

龍馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋月種樹は外遊に・・・。 | トップページ | 秋月種樹の年俸?MIYAZAKI »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ