« よかった。高鍋! | トップページ | 今年もよろしくお願いします »

今でも、大活躍のラグビー部

スポーツ山脈 (編集委員 蒲牟田 勇)

高鍋高校 出番待つ花園用ジャージー

 ラグビー 9

高鍋ラグビーの神様と言われた名将黒岩が32年間勤めた母校の教壇を去るのは1987年(昭62)。この間、高鍋が花園へコマを進めたのは7回。もちろん県内では最多記録である。まさに名将であった。今、黒岩は母校のすぐそばに建てた自宅で悠々自適の生活を送り、暇を見つけては選手たちの練習を手伝っている。

 さて、黒岩が去った後、高鍋が8回目の花園出場を果たすのは88年であった。当時のメンバーは次の通り。

【FW】山口(平成元卒)(同)林(同)木浦(同)押川(同)今村(同)田中(故人)飛高(同)堀口【HB】保坂(同)鈴木(同)【TB】黒木清(同)宇部(同)橋本(同)【FB】岩切(同)

 この大会は一回戦で岡谷工(長野)を16対13、二回戦はコザ(沖縄)11対6で連破したものの三回戦では強豪の相模台工に6対39で大敗した。その後は残念ながら高鍋のラグビー部の花園出場はない。

 高鍋には全国大会用のジャージーがある。九州大会まではグリーンと白のしま模様だが、花園用はこれにオレンジ色の線が入り、胸元に宮崎の県花であるハマユウのマークがつく。

 憧れの舞台で着てほしい、と78年にOB会などで作ったもので、いわば名門高鍋ラグビー部のステータスシンボル、そのジャージーは今、高鍋に大切に保管され、いつの日か再びやってくるだろう花園出場を待っている。

 今も高鍋ラグビーの成績は悪い方でない。しかし、中途半端な成績では周囲もそして先輩たちも満足しない。

 これは名門体育部の持った宿命でもあるのだが、選手たちがそうしたプレッシャーに勝って9度目の花園出場を果たすことを期待したい。(敬称略)

 ***その次に花園に出場するのは平成10年になる。今年までの成績をと書き始めたが今年は連続5回目の出場となり、長くなるので明日にでも・・・。今年の締めは紅白!!!

 来年もよろしくお願いします。q(*^O^*)p

« よかった。高鍋! | トップページ | 今年もよろしくお願いします »

宮崎」カテゴリの記事

高校ラグビー」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。今年もよろしくね。高鍋ラグビー頑張りましたね。私には選手名も過去の記録もあまりわからないのですが、勝った事はうれしいですね。ナベちゃんの気合のいれようからすると喜びもひとしおでしょう。

HAPPY NEW YEAR
今年のラグビー部、わくわくしました。去年も大阪陣に・・・。強いのはわかるけど残念でした。来年に繋がりますように!
実業団駅伝は、旭化成が2位。インタビュー受けてる宗孟監督が、来年は優勝を狙うって言ってたんでこっちも楽しみです。旭化成、優勝から遠ざかって久しいもんね。
今年もよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« よかった。高鍋! | トップページ | 今年もよろしくお願いします »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ