« 高鍋の町並み | トップページ | 黒岩先生 走るのが好きだった! »

高鍋高校ラグビー部 発足

スポーツ山脈 (編集委員 蒲牟田 勇)

高鍋高校 創部当時は片足スパイク

 ラグビー部 1 

 高鍋駅伝チームが1950年(昭25)、第1回全国高校駅伝大会で3位に入賞したことは前回紹介した。尿に血が混じるほどの猛練習を重ね、どうしても勝てなかったライバルの大宮を倒しての全国大会出場だった。

  当時は鶏卵が最高の栄養源。主食の米は現在の米不足より想像も出来ないほど深刻で、各自が自宅からそれぞれ米を持参しての参加だった。後にラグビー部の名監督として知られるようになる黒岩正春(昭26卒)は、この時第1区を走っている。

 黒岩に率いられたラグビー部は65年頃から力をつけ始め、67年から4年連続九州大会に出場するまでになる。そのプロセスは次回以降で説明することにして、まずラグビー部の創成期から紹介してみよう。

 創部は47年春。ひょんなことが動機となってのスタートだった。関西から転校してきた一人の生徒が、だ円形のボールとスパイクシューズを持ち込んできたのが高鍋ラグビーの始まり。宮崎ではまだラグビーがマイナースポーツの時代の話である。

 当時は進駐軍の命令で、軍国主義の復活につながるとして、剣道や柔道など日本の伝統武道が禁止されていた。そのうっぷんを晴らそうと高鍋の生徒たちは、このイギリス製格闘技に飛びつき、ボールを蹴り始めた。

 その数約30人。だが、そのころは正式な部として学校から認められてはいない。いわゆる同好会だった。

 練習ばかりではつまらないといった声が出始め、学校に内緒でよく他校に遠征試合に出掛けた。しかし、公認のクラブではないので予算がない。

 仕方なくジャージーはカッターシャツを黒色に染め抜いて着用した。スパイクはなくフィフティーン全員が裸足だったという。

 1年後、同好会は待望の部に昇格した。そして後援会もスタートした。初代会長は金堀伸夫(故人)、当時の校医久家安造(故人)も金堀らと物心両面で選手をバックアップした。

 だが、ジャージーは揃ったもののスパイクまで買う余裕はなく、選手たちは片足ずつ履いてグランド を駆け回った。(敬称略)

 野球部の創部も大変だったが、ラグビー部も負けては居ない・・・。

« 高鍋の町並み | トップページ | 黒岩先生 走るのが好きだった! »

宮崎」カテゴリの記事

高校ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高鍋の町並み | トップページ | 黒岩先生 走るのが好きだった! »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ