« アクセス数 3000を突破しそう! | トップページ | 寺原がヒゲ剃って変身! »

古代遊学会 奈良県纒向(まきむく)遺跡

 前 桜井市教育委員会文化財課長、現、佛教大学非常勤講師、西国考古学研究所、清水真一先生を迎えて、『最古の前方後円墳と纒向遺跡』の話しを聞く会に参加する。

 奈良も京都とは違った魅力がいっぱいですね。

1 最古の持つ意義 (1)鶏型埴輪にみる最古と最後・・・と題して、纒向遺跡から出土した最古の鶏型埴輪の話から始まる。耳までも丁寧につくられた木に掴まっている鶏。その後に出土される鶏はデザインが簡略化されていくんだそうだ。最古のものは羽根が立体的だが、後になると線描きになっている。

(2)弥生式土器にみる最古と最新 と続いていく。

2 最古の前方後円墳 (1)奈良盆地東南部の古墳群 (2)大和の弥生時代の墳墓

3 (1)纒向遺跡の前方後円墳 (2)神仙思想の流行 (3)三角縁神獣鏡

4 では、何故大和平野東南部なのか? (1)大和平野東南部の、地域的な特徴 (2)大和三山と富士山

5 まとめ

 大和の国が、何故に選ばれたかは、三輪三山の存在もあったが、もっと大きい原因は、20年間其処に住んで感じたことであるが自然環境が安定していることが挙げられる、-略- 

 私にとって6時半から始まる今回の講座は、眠くなりはしないかと案じたが、全然そんなことはなく、つい時間の過ぎるのを感じなかったほどだ。基本に立ち返り考えをまとめるのにいいね、と話される人があったが、基本さえ不確かな私にとっては誠に新鮮で楽しい時間だった。

 奈良にある3ッの街道のうち、上ッ街道の話があり、山辺の古道と現山辺の道の話など興味が尽きない。

 神奈川から参加の78歳のご婦人には頭が下がった。清水先生の大ファンらしいがそんな情熱を忘れたくないと思う!

4416_1 テレビ塔ともみのき広場のイルミネーションが雨にけぶってはいたが美しかった。

 親睦会の場では、黒木本店の「百年の孤独」がグラス一杯、1570円だった。いい値段ですね。郷土の焼酎、少しは誇りたくもあるが、酒を飲まないから言えることです・・・。

 宮崎の出版社 鉱脈社の『海を渡った日本文化』が話題になっている、嬉しい限り。残念なのは講師の清水氏は邪馬台国、畿内説かな・・・・?

« アクセス数 3000を突破しそう! | トップページ | 寺原がヒゲ剃って変身! »

歴史 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アクセス数 3000を突破しそう! | トップページ | 寺原がヒゲ剃って変身! »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ