« <高校ラグビー>高鍋14―5日川 | トップページ | 黒岩先生 転勤! »

名古屋も雪・・・

Dsc04619  名古屋は夜明けころから雪が舞った。車の上は白くなった。寒い一日になりそう。彫刻家田中さんの28日の日記に高鍋住民のささやかな喜びが書いてあった。故郷を遠く離れても、思いは同じです。今井美樹の紅白出場と年末の花園。明日30日の高鍋の対戦相手は平工(福島)

 ネットって面白い。高鍋のキャプテンのインタビューが動画で見れる。ココをクリックして、右側の主将インタビューの動画再生から見る。

 スポーツ山脈 (編集委員 蒲牟田 勇)

高鍋高校 通算8回の花園出場

 ラグビー部 7

 1981年(昭56)、ラグビー部史上初のベスト4に進出した高鍋フィフティーンの中から、4人がイングランド遠征メンバーに選ばれたのだ。FWの上杉(昭57卒)林田(同)染山(同)児玉(同)がその4人。

 同大に進んだ児玉と法大に進んだ林田はいずれも主力選手として活躍、大学ラグビー東西対抗戦でも二人は顔を合わせ、高鍋対決として注目された。

 この後高鍋は4回、通算8回花園に姿を見せるが、このベスト4が最高だ。

 5回目は翌82年。一回戦で岐阜工を22-0で破ったものの、二回戦では強豪の国学院久我山に0-47の大差で敗れた。

 当時、ラグビー部の育ての親黒岩に率いられた高鍋は、黄金時代をおう歌していた。5回目の花園出場を果たしたフィフティーンは次の通り。

 【FW】井上(昭59卒)宮本(昭58卒)東(昭59卒)税田【昭58卒】高木(同)河野裕(同)尾前(同)須川(同)【HB】高山(同)野津原(同)【FB】永友長(同)河野倫(同)佐藤(同)岸本(同)【FB】長友忠(同)

 次の年も高鍋ラグビー部は花園にコマを進めた。この大会も一回戦を突破したものの二回戦で敗退した。一回戦は福島の磐城を12-7、二回戦は強豪の秋田工に3-28で大敗した。

 このフィフティーンの中から東が、ニュージーランド遠征メンバーに選ばれている。そして、翌84年にも花園へ。宮崎県内では無敵、花園出場は当たり前、と言われていた時代で、今から考えれば夢のような話である。(敬称略)

« <高校ラグビー>高鍋14―5日川 | トップページ | 黒岩先生 転勤! »

宮崎」カテゴリの記事

高校ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« <高校ラグビー>高鍋14―5日川 | トップページ | 黒岩先生 転勤! »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ