« 猫はよ~く寝る! | トップページ | ランニングラグビー 頑張る! »

ラグビー部はベスト4

スポーツ山脈 (編集委員 蒲牟田 勇)

高鍋高校 黄金期に4年連続花園出場

 ラグビー部 5

04605 

九州の高校ラグビー界に一時代を築いた高鍋高校が3回目の全国大会の舞台、花園へ出場するのは1978年(昭53)。当時のメンバーは次の通り。

 【FW】平山(昭54卒)渡辺光(同)日高(同)永友伸(同)永友朗(同)松浦(同)宇治橋(同)川上智(同)【HB】安国(同)甲斐(同)【TB】川上浩(同)永友(同)平崎(同)坂本(同)【FB】安藤(同)

 この時の高鍋は一回戦で 旭川を 50-0、二回戦で強豪の日川を 20-14で連破、三回戦では優勝候補の目黒に 8-32 で大敗した。

 大会後、イングランド遠征メンバーに宇治橋が選ばれた。宇治橋は明大に進学、大学選手権優勝の立役者となる。

 いよいよ高鍋ラグビーの神様といわれ、ラグビー部の育成に心血を注いできた黒岩正春の努力が花開く、3回目出場の6年後にやってきたその黄金時代は、81年から84年まで4年連続花園出場という壮大なものだった。

 その圧巻は何といっても81年。48年創部の高鍋ラグビー部の先輩たちが待ちに待ったベスト4入りを果たすのである。もちろん当時、宮崎県内では敵なしであった。

 一回戦で函館北を 48-0 、二回戦も神戸を 51-0 、三回戦も相模台工を 14-3 と連破した。当然ながらこの時の高鍋の武器も、既にお家芸として全国的にも知られた、走れ、走れの展開ラグビーだった。

 そして、待望のベスト4入りを果たし、準決勝の相手は大工大高。この試合は事実上の決勝戦といわれた。

 高鍋に不運だったのは前夜、雨が降ったことだった。そのため、高鍋の快速バックスはぬかるんだグラウンドに足を取られ、自慢のスピード豊かな展開ラグビーができず、6-16で敗れた。 (敬称略)

***この時のことはよく覚えています。1月3日からはテレビで放映されたから。テレビに釘付け。午前中は箱根駅伝を見て、昼からは高校ラグビー。テレビに映る黒岩先生・・・。あの四角い顔が懐かしくって・・・。応援しました。大工大高の監督さん、顔まで覚えていますが、赤いネクタイも忘れられません。縁起がいいからと変えなかったという。今から思えばよく似合ってかも。***

« 猫はよ~く寝る! | トップページ | ランニングラグビー 頑張る! »

宮崎」カテゴリの記事

高校ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 猫はよ~く寝る! | トップページ | ランニングラグビー 頑張る! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ