« ビーズ手芸 女の子のキーホルダー | トップページ | 大河ドラマを3倍楽しむ講座 長浜 »

十一面観音 渡岸寺 滋賀県

 長浜城歴史博物館から、「大河ドラマを3倍楽しむ講座」の案内を戴いたので、再び長浜へ。

 Panhu 午後の講座なので、渡岸寺観音堂「向源寺」に向かう。以前、井上靖の『星と祭』を読んで以来、ずっと来たいと思っていた。十一面観音を見たいと・・・。(写真はパンフ)

 長浜駅を通り過ぎて、姫虎・河毛の次が高月(たかつき)駅です。穀倉地帯と思えるのんびりした町。しかし、駅前を日の丸の鉢巻をつけたご婦人が団体で歩いて見える。何!!皆挨拶してくださいます。あとで、聞いたら町長選挙とのことでしたが、それでも、まだわからん。日の丸の鉢巻の謎。

 Douganji1 駅前から、5分もかからずに到着。仁王様が迎えてくれますが、門の前に松の木が・・・。門をくぐると、広い境内の正面に本堂が見えます。本堂の西側に真新しい建物があり、その中に十一面観音像が大日如来とともに・・・。以前は本堂に3体の像が並んでいたそうだ。そんな時に来たかったねと友人と・・・。

 Kannnonsama2_2 十一面観音は東京の上野公園「特別展 仏像 一木にこめられた祈り」(11月7日~12月3日)の初公開からもどったばかりだったようです。

 えらい、色っぽい観音さんです。特徴は大きな耳飾り、右足を少し前に出し、腰を右側にひねった姿など、まとった衣装の質感。なんとも官能的。

体の割りに、手が長い。見れば見るほどアンバランス!何故か?住職さんによると、手を差し伸べるためだそうです。なんと、見事な回答に感心しきり・・・。

 一本の檜で彫られたもので樹齢2000年の木が使われた、ひび割れを防ぐためと、安定させるために、中が微妙にくり抜いてあると住職さんが話してくださいました。全体にひび割れは見られない。凄いものですね。

 井上靖の『星と祭』には、十一面観音は琵琶湖を見ていると書いてあったように思ってきたが、実際は南を向いている?。え~ぇと、住職に尋ねるが、あれは井上靖のフィクションだと言われる。重ねて、渡岸寺の観音さまと書いてあるが、渡岸寺は地域の名前で、寺の名前は、向源寺だと言われる。

 展示の特徴として後姿が存分にみれるのもいいですね。後ろ姿もエロカッコイイと言いたくなりますよ。(写真はおみやげのしをりの図柄)観音様は男でもなく女でもなく・・・? 不思議な存在ですね。

 忘れられない観音様になりました。京都は太秦・広隆寺の弥勒菩薩半跏思惟像・奈良の中宮寺の弥勒菩薩半跏像と共に。

 お隣に並んでいる大日如来も国宝級のものだとか。ただ、滋賀県はいいものが多いので、国宝の指定が受けれないとか・・・。横には象と獅子の朽ちかけた象があり、象は台座で上に仏さんが乗っていたらしい。象の鼻の先がなくなっている。今象の台座を復元中だそうですから、また、来たいね~と・・・。

Douganjimaibuseti  戦国時代、浅井・織田両軍の戦いで、寺は焼失しましたが、本尊の十一面観音立像は土中に埋められて災禍を免れたといいます。本堂に向かって右側にその場所がありました。ただ、埋められている一年の間に金箔が剥がれてしDouganji2まったと。

  向源寺のちょっと先には、高月町立歴史民族資料館もあります。一階は【観音様とは・・・】2階は【“観音の里”たかつき】という展示で興味深いものが多数ありました。写真は野神さん(御神木)槻ノ木とあります。、古い欅のことらしい。

« ビーズ手芸 女の子のキーホルダー | トップページ | 大河ドラマを3倍楽しむ講座 長浜 »

優しさ・癒し」カテゴリの記事

歴史 」カテゴリの記事

コメント

はじめまして テンプレートを変更して、皆さんのブログを拝見していたら、長浜の話題
私は湖国滋賀の出です。高校までですので、滋賀と言っても、あまり歩いておりません。長浜も一度行ったきりですので、素晴らしい投稿に驚きました。又、訪問させて頂きます。

yuuyuuさん
はじめまして!
コメントありがとうございます。

最近、長浜に行く機会に恵まれております。春に桜と長浜城を見に行ったんですが、今年は桜が遅くて残念でした。滋賀県の最初は八幡で水郷めぐりを楽しんで、彦根城に行った時。
素晴らしいところですね。お米もおいしい。
また、いらしてください。よろしく!

こんばんわ 初めてコメントさせてもらいます、渡岸寺の十一面観音立像は
三十二年前に初めてお逢いして、その時は本堂におられたのでした、その
艶めかしいお姿に感銘を受けたのを
覚えています。なつかしい思い出が
よみがえりました。

あきみずさん
コメントありがとうございます。
本堂に並んでおられましたか。
古いお住まいは情緒があってよかったでしょうね。品格を兼ね備えた色気、ぞっこんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ビーズ手芸 女の子のキーホルダー | トップページ | 大河ドラマを3倍楽しむ講座 長浜 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ