« 渡り鳥たち | トップページ | あの震災から12年・・・ »

幕末の志士 刈谷市

 来る1月21日、刈谷市中央図書館で、幕末の志士で、刈谷市出身の松本奎堂にかんする事業予定(イベント?)があるみたい。

平成19年 1月21日(日) 「松本奎堂伝説-映画『天誅組』と『愛国百人一首』」  鈴木 哲 氏

 天誅組は少し興味がある。何故なら・・・坂本龍馬の知り合いや友人が参加したし、天誅組の挙兵は失敗するが、明治維新の導火線に火をつけたと言われる歴史的にも、重要な意味を持つ、事件であるから。(ミーハー的な発言だったか!(~_~;))
 土佐藩出身の池蔵太などは、生家が龍馬と目と鼻の先で古くからの友人だったらしい。他にも、土佐藩士の吉村寅太郎・那須信吾など参加。吉村寅太郎と、刈谷出身の松本奎堂と、岡山出身の藤本鉄石は総裁でナンバー3とも、言われる。
 と書いているが、天誅組といわゆる、人殺し集団(こちらのボスは武市瑞山)のやる天誅が一緒のことだとずっと思ってきたんだから、情けない話。龍馬ファンは30年近いんだが。
 単純に、司馬遼の『竜馬がゆく』の龍馬が好きだった。

 刈谷出身には他に、宍戸彌四郎・伊藤三弥がいる。
 ★身近な場所の歴史は面白いですよ。 写真は刈谷市の宍戸彌四郎の墓と松本奎堂の墓 。Sisidohaka_2

Dsc01202

« 渡り鳥たち | トップページ | あの震災から12年・・・ »

愛知」カテゴリの記事

歴史 」カテゴリの記事

コメント

 坂本龍馬のファン歴30年ですか。どうりで、お詳しいと思いました。龍馬から興味の対象がどんどん広がっていくのでしょうね。桜田の万葉集のことをご存知なのはびっくりしました。有名なのかな?中学の時に、万葉集クラブというのがあり、その時に行きました。万葉百人一首なんてのも作ったんですよ。甥が今、同じ中学に通っているので、聞いてみましたが、「そんなものは知らん」という冷たいお言葉。可燃ごみになってしまったのでしょうか?

実は・・・読書会に入った時、古典は万葉集をやっていたんですよ。緑生涯学習センターでも、万葉集の講座やっています。
地元出身の会員さんもいたので、いろんなこと聞きましたよ。そうそう・・鳴海球場のこともね・・・。現在は、名鉄自動車学校になっているけど・・・。

 実は・・・名鉄自動車学校の卒業生です。もう、完全にペーパードライバーになってしまいましたが。卒業の時に、なぜか、鳴海球場の話をされ、金鯱団だったかな、写真を見せてもらいました。名鉄自動車学校のなんだか階段状になってるところ、あれは当時の観客席だそうで、市か県か忘れましたが、記念物になっているので、取り壊せないとか。あれがなくなると、もう少し広くできるのにと学課の先生が嘆いてました。もう、リニューアルしましたっけ?やっぱり、あれだけは健在なのでしょうね。

最近、名鉄自動車学校の横を通りましたが、健在ですね。あの、スタンド!
もう少し広いといいのにね・・・。若い人が少なくなって、車校に行く人も減ってきたと聞きますから、あの広さは正解かもです・・・。パソコン教室のちらしがよく入ってきますが。経営はきっと厳しいんでしょうね。スタンドは文化財的に残してほしいような・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 渡り鳥たち | トップページ | あの震災から12年・・・ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ