« 古代史といのしし? | トップページ | 癒しねこ  »

寂しい話がふたつも・・・

 私事で申し訳ないが、残念なことがふたつ

 ★お気に入りの美容院に行く。店長は33歳の小柄な美人。昨年9月に体調が悪いからしばらく休むと言わて半年。店は他の人たちでやって見えたのでなんとかなったものの、店長にカットして欲しいので復活されるのを待っていた。ずっと待っていた。

 新年だし、もう大丈夫だろうと思って行ったが店長の赤い車がない。店長はお店を譲られて辞められたと聞いてガッカリ。凄い頑張りやさんで、とってもおしゃれな人だった。店の近所に住んでみえるので、ばったり会える可能性はあるがなんとも残念。他の人にやってもらったが、イマイチ違う・・・。慣れるか、他の店を探すしかないか・・・。美容院を変えるのって大変なことです。

 ★友達からお義母さんが亡くなったとの知らせ。年末から検査入院されていた。この10年、よく介護してきた彼女。年末に病院であった時は、「今日はお義母さん、よく食べてくれるの」と、流動食をスプーンで口に運んでいた。

 彼女にとって、来年(2007)は覚悟の年だなあとは思ったがこんなに早いとは思っていなかった。きっとまた元気になるだろうと思っていた。彼女ももそう思っていたと・・・。年明けてからは、食べてくれないとは聞いたが。ずっと前から高齢のこともあり延命治療はしないと聞いていた。

 でもね、いざというときどうするか難しいですね。胃ろうの話になって、ご主人が手術をする方に傾いたらしいのです。病院のスタッフは介護してきた友達の意見が大事だから後日話し合いましょう・・・と言ってくれたらしい。その日を待たずに亡くなったので、娘さん曰く、おばあちゃん手術が嫌だったから行っちゃったんだよ・・・って。その通りかもしれないと思った。

 愛想のよい、楽しい人でした。言葉使いがきれいでね。介護を始めた頃はブラウスしかなかったって聞きました。
どうぞ、ゆっくり休んでくださいね。Sirobara

« 古代史といのしし? | トップページ | 癒しねこ  »

優しさ・癒し」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

残念な話ですね。私もおととしだったかな、美容院を替えました。20年くらいお世話になっていたので、髪型もその人任せでした。座れば出来上がると言う感じで、2歳だったか、年上でいろいろ相談に乗ってもらいました。辞めて他に行くと言うことで。ちょうどすぐ近くで美容院ができたので、今はそちらに行ってますが、なかなか慣れませんね。
 介護のお友達、大変でしたね。胃ろうは介護が大変だと聞いています。一時の感情で、行っても、その大変さは想像以上のものようです。医療行為になるので、ヘルパーさんにはやってもらえませんしね。私も祖母の介護がもう10年以上になりました。少しずつ弱ってはいますが、なんとか一人暮らしをしてくれています。一人では着替えもできないので、ヘルパーさんや、妹、私と交代で介護してます。いつまで一人暮らしができるか、見極めなきゃとは思いますが、判断はなかなかできません。今年、94歳になりますが、あと5年でひ孫の成人式が見れると言ったそうで、その精神力に妹も私も口が開いたままになってしまいました。歯もないし、腰は90度以上曲がっていて、ほとんど寝てるんですけどね。強い人です。

美容院を変えるのはほんとに不都合がいろいろ出てきて難しい。今風のお気に入りは中々探しがいのあることです。^_^;

友達は自然体で介護してました。極普通に。お義母さんは眠るように静かに逝ってしまわれたようで、そんな事ありって思いました。エピソードはいくらでもあります。友達も楽しいことばかりを話してくれたわけではないですが、絶妙なトークは別格でしたね。テレビのニュースの突っ込みとか。ほんとに認知症?というようなね・・・。
それにしても、ぼんやりっこさんのおばあさん、タフですね。生きる力が意気込みが見事ですね。大事にしてあげてくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 古代史といのしし? | トップページ | 癒しねこ  »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ