« 寺原の活躍に期待している! | トップページ | 空飛ぶ新玉ネギ »

病と戦っているHARUMIさんへ

 桜草の好きなHARUMIさんから、メールが届いた。骨髄移植で一度は元気になられたが、2年後に再発されて今、また、抗がん剤治療を受けて見えます。

**今晩は。すいせん咲きましたね。とても綺麗ですもうすぐ花盛り、今年はどの花も早いかしら?姉も桜草が綺麗だよといってました。姉夫婦には世話ばかりかけています。一日でも長く生きなければ姉に申し訳ない。グチ言ってごめんなさい。優しい心づかい有り難うまた宜しく。**

 Sakurasou11_2  花の大好きなHARUMIさんです。東海市の花壇コンテストでいつも入賞されるほど育てるのも、飾るのも上手です。が、白血病は土を触ってはいけないんだそうです。美容師さんですが仕事もいけません。でも、再発された頃にお孫さんが生まれて凄く勇気をもらったって言って見えたそうです。抱くことは出来ないんだそうです。が。辛い治療を耐えてよかったですね。。愚痴は大歓迎です。いつでも、メールをくださいね。

今年も花壇コンテストに向けてご主人が頑張って見えます!

« 寺原の活躍に期待している! | トップページ | 空飛ぶ新玉ネギ »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

どんなにか辛い治療をがんばってみえるのでしょうね。お医者さんってどんな神経でこんな治療を考え出したんだろうと思うようなこともありますよね。抗がん剤治療は吐き気とか髪の毛が抜けるとか副作用があって辛いと聞きました。中には吐き気止めをいっしょに打たれる方もみえるとか。でも、白血病治療は進んでると聞きます。頑張っている人にさらに頑張ってと言うのは酷ですよね。よだぎぼママさんには申し訳ないけど、愚痴りたい時に愚痴らないとよけいしんどいですよ。お孫さんが大きくなって、無事成長を見られるよう、心からお祈りします。見ず知らずの私ですが、そう伝えていただければうれしいです。

真夜中に目が覚めて、書いてよかったのか気になりはじめて、削除しようか、どうしようか悩みました。ネタとしてしかとらえていないんじゃないかと思いました。人の不幸を、自分のブログで紹介して、自分はこんなにいい人ですよ。心配していますよって、いい子ぶっているんじゃないかと。朝になったら削除しようと思って読み返しました。ぼんやりっこさんのコメントを見て思いなおしました。
HARUMIさんは先日まで無菌室にいました。(辛い治療の後の無菌室。途中何度目かの もうだめかもしれんと思われた事もあったそうですが復活)機械の音がうるさくて、電話の声が聞こえないからとメールにされたようです。お姉さんに話しを聞いているうちに、応援したいとメール打ちました。良くなったり、悪くなったりの繰り返しで、皆の応援が届くといいなあと思っています。医者は時として非情ですよね。2年ももった人はいないとか言われたそうです。今回は覚悟の上の治療です。経済的にも大変だそうです。ストレスの多い時代、この手の保険は必要かもしれませんね。

 削除されなくてよかった~。読んですぐ、コメントを送りました。でも、思いが通じるだろうか、わけがわからないようなコメントだったらどうしようと思いながらも、HARUMIさんに頑張って欲しくて、でも、今まで頑張ってきた人にさらに頑張ってと言うのはいいことなんだろうかと迷いました。
 実は、中一のとき、白血病で友達を亡くしました。今から30年以上前の話なので、治療方法もずいぶん違うのでしょうが、生まれて初めての身近な死でした。
 母を胃がんで亡くしてます。妹は乳がんでまだ、1年に1回は検診が必要です。抗がん剤については妹から聞いたことがあります。かなり、辛いようです。幸い、妹は早期発見で、病巣も大きくなかったのか、多少の副作用は出たものの、がんばることができました。他の方で、抗がん剤のほかに吐き気止めの点滴もしてみえる方もいると聞きました。妹は早期発見とはいえど、10年は完治したとは言えないそうです。
 あまり関係はないですが、私も腸閉塞の持病を持ってます。医師は平気でイレウス管を入れると言われましたが、鼻から太いチューブを詰まってる腸まで入れて、その後、圧を加えて詰まっているものを取り除くと言うものでした。 HARUMIさんに比べると、たいしたことではないと思いますが、鼻から口の中を通り、腸まで画面を見ながら通されるのはかなりの苦痛でした。管が抜けるまで気持ち悪くてしかたがありませんでした。
 それより、夜の長いのには参りました。救急病棟に入院したせいか、隣りのベットの人は何時間に1回、見回りがあり、その都度灯りをつけられるので、寝れませんでした。血圧は、普段低い方なのですが、高くなってしまいました。
 母のこと、妹のこと、私のこと。考えると治療の辛さもですが、人心地のつく自分の布団に寝られないこと、孤独な時間に耐えること、もしかしたら、それが一番辛いのかもしれません。
 よだぎぼママさん、ネタなんて考えずに、HARUMIさんのこと、励ましてあげてくださいね。症状にもよりますが、愚痴れるような友達に会えるのが1番楽しみかもしれません。そして、がんばれなんて言わずに、話だけ聞いて欲しいと思われてるんじゃないかしら。なかなか、本音は言えないものです。
 生意気ですね。でも、少しでもわかっていただけたらと、思いました。

HARUMIさんは検査も痛いんだそうです。でも・・・検査結果が良ければ自宅にもどれるんだそうです。いい結果が出ますように!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寺原の活躍に期待している! | トップページ | 空飛ぶ新玉ネギ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!
無料ブログはココログ

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴