« おこし餅をつくる! | トップページ | 春ですね!テニスもいいよ! »

伊藤萬蔵の燈籠 熱田神宮

 一日に遅れになってしまったが、熱田神宮のつづきです。お参りを忘れてはいけませんね。願い事は一つだけにします。神殿では、結婚式をやっていました。思い出に残るでしょうね。

5743  参道の途中に、信長塀があります。信長が桶狭間出陣の際、熱田神宮に願文を奏し大勝したのでその御礼として奉納した塀である。とあります。日本三大塀の一つに数えられるとも。

 05739
境内の中を歩いていると大きな木がたくさんあります。楠木は特に多くて、大きな楠七本を七本楠と呼び古くから有名なんだそうです。。写真の楠は弘法太師お手植えとも言われ樹齢は千年以上とも伝えられているそうです。神宮会館の中にある大楠には大蛇が棲んでいて、生卵をお供えするとか聞いたことがあります。ほんとのことでしょうね。夏はそれほど葉が繁ります。

 熱田さんにきたら、やっぱこれでしょう。宮きしめん05744 です。白海老天入りきしめんをいただきました。名古屋に来た当初、きしめんは、「これなんね」って感じでしたが、今ではきしめんの食感はすっかり気に入っています。

05749  燈籠も多いですね。常夜灯もね。珍しかったのは、眼鏡の碑でしょうか、土偶みたいです。

  境内の中には伊藤萬蔵が建てた燈籠もあります。伊藤萬蔵は、全国の社寺への寄進や道標を建て続け、その数は千基ともいわれている人です。写真ではなく、自分で見るのは違いますね。05760

« おこし餅をつくる! | トップページ | 春ですね!テニスもいいよ! »

愛知」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

眼鏡之碑ですが、宇宙人のような風貌で珍しいですね。アラハバキ神に似ているような気がしますが、関係あるのでしょうか。
いわれはありますか?

もこさん
コメントありがとうございます。

縄文時代の遮光器土偶を復元したもののようですが、新しいものでしたよ。この像の前でカップルが目の辺りを指して話してたのでくわしくは・・・。
また、行ったらよーく見て来ましょう。裏側をね。

 宮きしめん、食べたいです~。文化遺産より食欲に走ってしまいます。蓬莱軒のひつまぶし、まだ、食べたことがありません。いつも、混んでますよね。JAみどりの裏にある鰻やさんが、暖簾分けしてもらったとか聞きました。そこでもひつまぶしが食べれます。知らなかったけど、夏より冬の方が旬だそうですね。あとは、なんといっても、きよめ餅です。上品な甘さですよね。う~ん、しばらく食べてないなあ。
 今年、行った時に、歳回りのところに私が生まれた年がありましたが、何かしなくちゃいけないんでしょうか?だいたい、歳回りってなんのことでしょうか?行った時にはお札を買うのに、並んでて、聞くわけにはいかなかったので、知らないままです。ご存知の方、教えてください。

蓬莱軒行ったことはありませんが、名古屋弁の達者な女将さんに会ってみたいですね。この日も本店は外まで並んでいましたよ。
JAみどりの近くの逢扇?には一度行きました。こんなに多いのって思うんですが食べれてしまうんですよね。味の変化を楽しめるからでしょうかね。
きよめ餅も美味ですね。
歳回りはさっぱりわかりません。
悪しからず。

 蓬莱軒の女将さんの名古屋弁、よくテレビで見かけますね。でも、昔、近所に住んでたお年寄りの名古屋弁とはちょっと違うような・・・。「えらいやっとかめだなも」なんて、通じないんでしょうか?西区の方だったか、戦災から免れたところがあって、そこの商家の女将さんたちはきれいな名古屋弁を使うと聞いたことがあります。「なも」ではなくて「えも」を使うそうで、私は早口で言ってしまいますが、のんびりと優雅な名古屋弁だそうです。

名古屋弁は、KIKUEさんに聞いてみないとわかりませんが。「なも」と「えも」ねー。
名古屋に来た当初、名古屋弁は喧嘩しているように聞こえて嫌だったんです。若かったので、宮崎弁も恥ずかしかったし。それならと、標準語のように話しましょうと頑張ったんですよ。
最近、年を取ったせいか、宮崎弁も懐かしくく思い始めました。東国原知事の宮崎弁と県のほぼ真ん中の私の言葉は随分と違っていますが、ニュアンスは同じかもです。今でも名古屋弁のニュアンスはどうも苦手です。橋と箸・柿と牡蠣・・・ほんとに、えりゃぁことだわ?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おこし餅をつくる! | トップページ | 春ですね!テニスもいいよ! »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ