« クーの友達「V」とお別れ | トップページ | 国際彫刻展の案内 »

雑感いろいろ・・・

★東国原・宮崎県知事:持永副知事を断念

 宮崎県の東国原(ひがしこくばる)英夫知事(49)が、副知事就任を打診していた元経済産業省課長、持永哲志氏(46)に、起用を断念する意向を伝えたことが分かった。関係者によると、東国原知事は8日午後、持永氏に電話で副知事に起用しない考えを伝えた。就任に前向きだった持永氏も受け入れたという。

毎日新聞 2007年2月9日 東京夕刊

前向きに検討していたとされる持永氏・・・知事が諦めた理由として県民の理解を得られなかったと伝えられるが本当だろうか。初めは反発した人も東国原知事の人選を信頼しようという意見に傾き始めたと聞いた・・・。宮崎県民の素直な性格からすれば知事を信頼するのは難しくないと思う。マスコミの影響はなかったんだろうか。

デンソーせんべいは存在するのか?友達に電話して聞いてみる。ご主人が刈谷市のアイシンに勤めてみえる。西尾市出身の彼女、「デンソーせんべい・・知らないけど。アイシンせんべい はあったらしいよ。営業の人は「アイシンせんべい」を持って得意先まわりをしたんだって。」という答でした。面白いと思いました。もう少し調べますが、アイシンせんべいと勘違いされている可能性はないのだろうか。と勝手なことを思ってみたりしています。今は残念ながら作ってないそうです。デンソーに勤めている人は知らないなぁとも。このブログを見てくださっている人、デンソーせんべい知りませんか?

★鳴海球場にホームベース再び。朝日新聞の今日付けの夕刊Narumikyuujyo_1 の記事。日本で初めてプロ野球チーム同士による試合が開催さ れてから、2月9日で71周年になった。試合が行われた鳴海球場(名古屋市緑区)の跡地に、記念のホームベースが埋め込まれた。新聞によると、1936年2月9日、名古屋金鯱(きんこ)(41年に他球団と合併しその後消滅)と東京巨人軍によって、プロ野球は第一歩を踏み出した。34年にはベーブ・ルースら全米選抜チームが来日し試合をした。とあり、記事は続いている。 1月15日にぼんやりっこさんのコメントがあります。 ←クリックしてね!

« クーの友達「V」とお別れ | トップページ | 国際彫刻展の案内 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

 いや~、すっかり、春色、桜色ですね。今日も、2月と言うのに、暖かい日でした。梅がずいぶん咲き始めましたね。はて、よいのでしょうか? 
 え~っと、デンソーせんべいですね、アイシンの営業の方といっしょで、営業の方がよく持って来てくれたそうです。今は、作られてないのかな? 母が昔、それこそ、大昔になりますが、デンソーに勤めていて、その頃の同期の人が社内結婚されたと聞きましたが、すでに、母もこの世の人ではないので、聞くことができません。たまに、夢に出てくるので、今度会ったら聞いてみます。でもなあ・・・いつも、出てくる時はお小言をちょうだいするので、今度は「まったく、ばかなこと、書いて!」と叱られそう。亡くなってまでも、叱ってくれるありがたい両親と祖父です。

今日も春の一日でしたね。吹いてくる風も暖かいそよ風だったしね。
デンソーせんべい、こだわりますね。アイシンせんべいはおばあちゃんが好きだったそうです。知多半島は今は、えびせんべいが美味しいですが、固いせんべいだったそうです。少ししめると柔らかくなって、柔らかくなったせんべいが好きなおばあちゃんだったって。ほのぼのした話もしてくれました。友達はおばあちゃんっこだったようです。私もおばあちゃん大好きでした。学校から帰ると迎えてくれるのは、犬と猫とおばあちゃんしかいなかったから。

 私も年寄り子です。母方の両親と同居していて、妹が体が弱かったので、預けられたというところでしょうか。どちらかというと、おじいちゃんっこだったかな。一番幼い時の記憶が祖父のあぐらの中でちょこんと座って、絵本を読んでもらってるところですから。舌切り雀とぶんぶく茶釜の絵は今でも覚えています。お風呂も祖父と一緒で、長風呂でした。食事も祖父の隣りでした。ひじをついたりすると、言葉よりも手が先に飛んでくるような明治生まれの人でしたが、自分のおかずを私に分けてくれるような優しい祖父でもありました。

はじめまして~たまたまこのブログを見つけました。
私はデンソーに努めていますが、デンソーせんべいは社内の売店で売っていますよ☆
私も食べたことがないので今度買ってみたいと思います。
では☆

コメントと情報ありがとうございます。
今でもあるんですね。デンソーの売店に買いに行く方法ってありますか?
やまさんがお求めになったら、製造所の名前を教えてくださいな。
刈谷市に行ったら買いに行きまぁ~す!!
o(*^▽^*)o

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クーの友達「V」とお別れ | トップページ | 国際彫刻展の案内 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!
無料ブログはココログ

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴