« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

ヒガシコクバル知事退院!と 白猫と

MinikurobaMinisakura11_4Minikuroba 東国原宮崎県知事は休むことを知らないらしい。ハハハ・・・
新そのまんま日記 (←クリックしてね)に インフル・タミフル・ヒガシコクバル として書いてあった。でも元気になられたようでよかった。退院おめでとうございます!

 転んでも只では起きない人だったらしい。入院先が県病院。県病院の実情を見られたようだ。病院の改革も・・・。西都市では医者不足とか新そのまんま日記に書いてあったような。

 名古屋市では、大学病院などに市民病院の看護師を高給で引き抜かれたらしく、定員の看護師を集めることが出来ずに大変らしい。病棟を閉じなければならないとか。医者不足、看護師不足・助産師不足。病気にもなれんし、子供も産めない・・・?

MinikurobaMinisakura11_4Minikuroba 猫どもがうるさく鳴くので、外にリードでつないだ。しばらく遊んだら家に入ると、鳴いたのでもう出してやらんとか言いながら家に入れた。しかし猫は強~い・・・また、鳴く。出してやって・・・猫に付き合いながら花の手入れ。花の好きなおじさんが遊びに見えた。花自慢をしている時にいつもの二人連れが今日も散歩。花がお好きで通って見えると思っていたら、
「猫はいないの?」と。猫の好きな人だったんだってはじめて知った。
昼過ぎには、「猫がいるのね」と新聞の領収書を配って行く人に聞かれた。「白い猫は家にいたのによ~く似てるの」
「毒を食べたのか、やっと家にたどり着いて死んでしまったの」と・・。
噂に毒餌がおかれたと聞いたことはあったが、飼い猫が死んだという話は初めて。猫は自由に外に行って当たり前ですからね。普通は気をつけようがないかな。Yuki

都城泉ヶ丘 大垣日大に負ける!

 知事さん寝ている場合じゃなかったみたいですね。応援はしておられたと思うけど。気が気ではなかっただろうな、母校が戦っている時にね。

都城泉ケ丘(宮崎)は1-4大垣日大(岐阜)に負けた。残念・・・夏を目指して頑張ってください。

ビーズ手芸 ペンダントトップ

 朝は強い雨と雷だったが、次第に晴れて10時ころにはすっかりいい天気になる。今日はビーズ手芸の日。

 先日から以前先生から買っておいたペンダントトップを作る。レシピを見て作れたので気をよくしている。本日は動物さんを作る。頭は順調に出来るが、胴体でこんがらがって、何回もやり直す。どうしてこうも、勝手な解釈が出来るのかと情けない。・・・ところが皆同じところをほどいてはまたやっている。一人だけなら恥ずかしいけど、皆が一緒なので、慰めあいながら・・・和やかに進む。が3時間近くたってもまんだ出来ない。

 笑うに笑えないことが最後に発覚する。しっぽをつける位置の説明を皆で誤解して作ってしまう。ハハハ・・・・。これじゃ座れないわと・・・。

 時間は過ぎるが、このまま作り続けてもだめということで終わりになる。結局一人も出来ず。こんなことは珍しい。誰も仕上がらないなんて。お土産の美味しいチョコをいただいて今日はほんとにおしまい。

作品の写真がないので今までに作ったものを紹介します。Dsc06319_1 Dsc06323_1

おまけは春眠をむさぼるねこ!! Syunnmin 

東国原知事入院・・・

 東国原宮崎県知事入院!!!

宮崎県の東国原英夫知事が28日夜、インフルエンザで入院した。29日の公務はキャンセルした。

 東国原知事は1月23日の就任後、公務がなかったのは3月4日だけで、その日もテレビ出演はこなしていたという。[読売新聞社:2007年03月29日 12時06分]

 なにげに開いたネットニュース。びっくりしました。知事どうしたのって?インフルエンザで高熱。28日に入院。29日の公務をキャンセル!!そうか・・・新そのまんま日記が更新されないわけも納得。

 よ~く頑張ってきましたから、少しは休憩させてあげないと・・・という天の恵みかな。それでも今日もテレビでは、クイズ番組に出演する元気な知事さんを見れる。しっかり応援しますよ。クイズ番組!!もちろん他の事も・・・・応援しています。宮崎のために頑張る トップセールスマン!!

Minisakura11_3Minisakura11_3Minisakura11_3いいお休みになるといいですね。

春の甲子園 都城泉ヶ丘

センバツ高校野球27日に宮崎代表初出場の都城泉ヶ丘高校が登場。21世紀枠での出場で東国原英夫宮崎県知事の母校でもある。知事さんずっと元気だが、ここでますます元気。そりゃね、よーく解ります。何回か甲子園に出場している高鍋高校が選ばれても嬉しいんですから。初出場の都城泉ヶ丘高校ですからね。
 知事さん、日曜日には大相撲関係で大阪に行ったおり、母校の激励に。どこに行っても、大人気。後輩たちも影響を受けたのかとってもいい試合でした。それを応援する知事さん、公務の合間にテレビ観戦。お忙しいですね。生徒たちは素晴らしい野球を見せてくれました。ところで・・・21世紀枠って何?分かんないのでウェブ検索してみました。
(第73回大会から導入された特別枠。秋季都道府県大会ベスト8以上で、部員不足や過疎などの困難な条件を克服したり、他校の模範になるなど、戦力以外の特色を加味して選ぶ。都道府県連盟ごとに推薦された候補校をさらに地区別に9校に絞り、選考委員会で2校が決まる。第73回大会の宜野座(沖縄)のベスト4が、同枠出場校の最高成績。東奥日報より)
 あまり分かりませんが、2-0で初戦突破です。結果が大事ですからよかった。平原先生の築かれた宮崎の高校野球の歴史に1ページ加わりました。

 宮崎の高校野球の土台を築かれた、平原美夫先生、4月には33回忌とのこと。早いものですね。本格的に絵を描き始められて4年あまりしか経っていなかったのではないかと思う。もっと絵を描いて欲しかった。夏に高鍋町美術館で見た先生の漁村の風景もよかった。30年位前に毎日新聞に連載されていた『画伯監督の遺産』の写真。チェックのシャツを着た絵筆を握る自画像だったような。その時に載った野球のユニフォーム姿で眼鏡に野球部員が写っている写真パネルは平原先生のお気に入りの写真だとか
。怖い威厳のある人だったが、尊敬できる好きな先生だった。

宝塚古墳の見学 松阪市

 古代遊学会の春の現地見学会に参加する。趣味の会?は目的がはっきりしていて小回りが効いて、おまけに欲張りなのがいい。

 6148 9時半くらいに、松阪市文化財センターに到着する。その建物の大事な部分のカネボウの倉庫が文化庁の登録有形文化財に登録されている。多目的に使われているとの事。レンガ造りの建物だが、レンガを積む方法にイギリス積みとフランス積みがあって、ここはイギリス積みだそうだ。その先にはにわ館が続いている。団体で行くと、いいことがある。学芸員さんが事細かに説明してくださること。

 はにわ館では宝塚古墳の1号墳と2号墳の二つから、出土した埴輪が展示されている。まずは全体の説明から、1号墳と2号墳の向きがこの古墳独特という6164か、6150普通にはこんな無理なことはしないのではないか等。
次に1号墳の前方後円墳では北側後円部から前方部に墳丘と方形の造り出しが土橋によって結ばれている全国的に例のないものが確認されたと。これは造り出しという「祀りの空間」の過程のものとして、また当時の古墳祭祀を考える上で極めて重要な発見であるとも。(古墳を実際に見ると感慨深い)松阪ってどんな人がいたのか、ヤマト政権との関係は・・・。

 細かい説明が続きますが、まわりにはたくさんのはにわが展示してあるので逸る気持ちを抑えるのが大変。はにわ館の一番の目玉が宝塚古墳で出土した、6181 日本で一番大きい船形埴輪である。全長140センチメートル、高さ90センチメートル、最大幅25センチメートルだっていうんですからね。高さに比べて幅が狭いと思う。楽しくなる。囲形埴輪(導水)では、家の6183中に水の流れるところまで表現してある)。囲形埴輪(湧水)は壁の内側に筒状のものが見つかり、湧水の施設の表現とみられると・・・実に細かい細工?柱状埴輪にはギザギザがついている。盾形埴輪・棺桶として使った埴輪棺・など。 デザインの美しい蓋(きぬがさ)形埴輪は日傘のようなものを表していて、権威のシンボルとしての意味をもつことからこの「きぬがさ」は王の場所を示していると説明板にある。それにしても見ごたえのある常設展である。特別展だったらどんなに凄いものだったのかと思いは尽きない。6167 6195_1 6154   

 実際に平成17年4月27日に開園した宝塚古墳公園の史跡に登って見学する。伊勢湾が遠望出来るし、松阪城跡の森や松阪市街もみえる。向きを変えれば堀坂山などの山々が見渡せる。以前は木が繁っていたという会員さんがみえる。すっきり見事な再現である。後円墳に立って、下の方に2号墳を見る。2号墳は浅く削って確認されたらしいが、1号墳は機械を使って確認されたという。残念ながら盗掘の跡があったと。どうして盗掘が6199 6207  わかったのかとの質問に、丸く掘った跡があり、その部分は違う土で埋め戻されているのでわかるんだそうです。残っているものもあるだろうが、最初から発掘する予定はないとのこと。6213棺が埋めてあった場所に立ってみる。このまわりには88の古墳が見つかっているがすでに住宅が建ったり、工場になったりしているとのこと。目の前には小高い墳墓がいくつか確認できる。

 小雨の振る中を2時間以上にわたって解説してくださって係の方に感謝。個人で来てはこれだけの解説はしてもらえないだろう。内容が実に深かった。

高鍋さん!!!

ココログに検索の窓がついたんだ、とびっくり。自分の書いたものも多くなるとカテゴリーだけでは見つからないのでありがたいかな。

Dsc06256 昨日三重県に古墳を訪ねた・・・杖衝坂(つえつきさか)に高鍋という苗字の家があった。奥様が外に居られたのでちょっと気になることを聞いてみた。
「珍しいお名前ですね。」
「そうですね。ここらにはありませんね。」
「宮崎県の高鍋をご存知ですか。」
「知っていますよ。」と答えられた。
「高鍋高校の出なんですよ。」と答えて、高鍋とのつながりを聞いてみるが判らないと。ご主人が福岡の枝光のご出身だそうです。福岡か・・・つながりがないわけではないかって思いつつ、帰って調べてみるが、判りませんでした。福岡県には柳川市と北九州市に枝光の地名がありました。Murasaki_1  

小谷城を極める-講座- 長浜城

6137  雨が強く降る中を「小谷城を極める-講座-」が行われる長浜城歴史博物館に急ぎます。商店街の中は面白いですが、長浜オルゴール館も黒壁ガラス館も素通りします。土筆が1パック200円だったのでそれだけは買いました。袴は取ってあると言うから、帰ったら茹でてアクを取って卵とじにします。

 長浜城歴史博物館で友の会の会員登録をします。普通会員は年間2000円。元が取れるかどうかは判りません。情報料でしょうか。 

 講座が行われる地下?研修室はまだ時間前なのに半分以上が埋まっていました。先回の大河ドラマを3倍楽しむ講座よりずっと多い。最終的には部屋の外まで人がいっぱいで、友の会会長はホリエモンのように想定外だと喜んでおられた。館長補佐の太田浩司氏も・・・椅子が足りないとか、柱の影だとスライドが見えないとか、声が聞こえないとか対応に困っておられた。

 渡された資料は2時間の講座にしては分厚い。『信長公記』やその他の古文書からの資料です。          
 1 小谷城の縄張
 2 小谷城の構造をめぐる諸問題
 3 築城当初の縄張
 4 小谷城の籠城戦をめぐって
に分けて盛りだくさんに話される。早口であれもこれも伝えたいと言う思いが伝わってくる。語ったあとでスライドを説明される。

 小谷城の地図を何枚も使って、木下秀吉が浅井長政を攻め上がるルートを細かく話された。清水口から京極丸虎口までの経路、現在の写真と、『センゴク』の一部を使って御土居の場所など説明される。浅井長政は最後にどこで自刃したのか。赤尾屋敷でなのか?お市の方と三姉妹の脱出。確かな文書、信用できる文書が少ないと言いながら、太田氏の新説も話された。2時間ずっと、早口でほんとによーくお話になれると感心する。

 4月28日に小谷城の現地説明会が行われます。誰でも申し込み出来ます。抽選になるかも知れませんが、2回、3回と申込者全員を現地に連れて行き説明されるそうです。

 今回は****青春18きっぷ1600円*大通寺冥加金500円*友の会費2000円*昼食680円*土筆200円 以上 4980円とお賽銭でした。****明るいうちに帰宅できた。

青春18きっぷ 長浜 大通寺

 18きっぷ残り3枚ですが、今回はまたしても・・?滋賀県は長浜へ。長浜城歴史博物館の「小谷城を極める-講座編-」に参加するため。サブタイトルは リアルセンゴクに続く センゴク倶楽部第1弾。相変わらず、コミックセンゴクは読んでいませんがお城の話は興味があります。
 
 その前に大通寺に行きました。長浜はこの2年で3回も来ているのにまだ充分に見学できていません。とっても気になっているのが大通寺。商店街を6118 歩いているととんぼ玉とか気になるところばかりで時間がなくなってしまうのです。講座の予定より2時間早く長浜入りしました。米原駅では降ってなかった雨が長浜駅では降ってきました。またしても、青空がバックの長浜城は写せません。

 長浜駅から東の方に10分とありますが、道中いろんなものが並んでいますからもう少し時間がかかります。曳山博物館の庭では踊りをやっていました。それを見ない振りして大通寺へ。ながはま御坊表参道の突き当たりにあります。とても古いですね。あちこち修理していました。10年計画で修理中らしいです。今は馬酔木(あせび)展をやっていて、冥加金500円で入場できます。立派なお寺でしたね。

 真言大谷派 長浜別院 大通寺 
戦国時代のはじめ、浄土真宗の中興の祖と仰がれた蓮如上人は、他力念仏の教えをひろげるため、全国各地を遊化されました。近江国はその布教活動の最大の拠点であった上、元来信仰心の篤い土地柄でもあったため蓮如上人の教えは、またたくまに近江全域に広がってゆきました。なかでも、坂田、浅井、伊香の湖北三郡は、真宗王国とよばれるほどまでに教線をひろげてゆきました。その湖北三郡の真宗寺院の中核、それが「長浜の御坊さん」とよばれて湖北の人々に親しまれている大通寺です。 後略-大通寺案内パンフより-

61346129  山門は江戸時代1808年に起工し33年後、1841年に落成した、総ケヤキ造りで、近世大型建築としては県内屈指であるとパンフにある。
  本堂阿弥陀堂はもと伏見城の殿舎であったが、大谷派本願寺が分立した際、御影堂として移されたその御影堂を承応年間(1652~1654)に当寺に移して本堂とした。って。
 建物も凄いんですが、中に入っても凄いですよ。本堂は桃山時代の豪華な装飾が色あせずに残っているしね。蘭亭曲水宴図が描かれている襖絵は円山応挙の筆。狩野山雪筆の、枯木鳩図などもある。
 数姫輿入れの時に使われた豪華なかご。庭園の枯山水は伊吹山を借景にしてあり、含山軒庭園というそうです。南北朝時代の梵鐘は1363年の銘があるそうだし。見るものすべてが素晴らしい。馬酔木展はすっかり霞んでしまった。

 西南側にある脇門(台所門)は、旧長浜城の大手門であり、現在の山門が完成するまで、山門として使用されており、その門扉に、本能寺の変で明智側の京極氏が攻撃した矢や銃弾の痕(あと)が残っている。(パンフより)古いけどやっぱり趣が違います。七千坪もあるという境内・・・修理も大変ですね。

6135  昼食は台所門を出たところで、鯖そうめんをいただきました。680円でした。雨が降っていて肌寒かったのであったかいそうめん美味しかったです。

桜が名古屋で開花する!

 友達が大江川緑地を歩いていると言うので便乗することにする。目的は運動不足の解消と花見の下調べ。ソメイヨシノがあちこちでまとまって、ポツン・ポツンと咲いていました。噴水の方には枝垂桜も開花宣言していました。しかし・・・明日からお天気は下り坂・・・。今週末の花見は出来るかな・・・?6104 6109

テニスは平常心で・・・

 22日はテニスに行った。相変わらず男性3人と多くて全員で8名。気温も上がってテニス日よりかな。と言うよりはスポーツの季節到来ですね。春の高校野球も今日から始まります。プロ野球も、もうすぐ始まります。

 ウォーミングアップの時のフォアハンドとバックハンドの繰り返し6本は大変だったけど、面白かった。最後の人はボールが無くなるまでと10本以上だったかも。ふらふらだった。私でなくって良かった。(笑)もち、コーチも大変・・・ボールがコーチに向かって何回も飛んでいった。(喜んだのは私だけじゃないよー・・・信頼はしているんだけどコーチにちょっとした事があるとおもろい?性格の悪ーい私です)写真に撮りたくなるようなコーチの顔、カメラを持ち合わせていなかったのが残念だった。
 ストロークも楽しかった。皆がコーチを打ち負かそうとしているような・・・感じでね。さすがのコーチもお疲れ気味。
 練習試合は一勝一敗で2位。若いIさん、きれいなお姉さん?とペアだったんで、張り切りすぎて失敗だったねと感想を言う人があり、その観察の鋭さに敬服する。そうかもしれないね、珍しくダブルフォルトもあったし・・。

 コーチのまとめ。打ち合いの時の冷静さで、試合が出来れば、何にもしなくても3割くらいは上手になれる。レシーブの時のみんなの必死?な顔、ムキになっている顔つきを真似06330010_001_0002されて大笑い・・・。落ち着いて試合に臨めばと。そうですね、優雅に・クールに試合に、練習に向かえば・・・・コーチをギャフンと言わせれるかも・・・???。違った、落ち着いて望めばラリーの続くいい試合が出来そう!来週も休まずに行こうっと。写真は1年前・コーチがサーブを打つ瞬間。 コーチの顔をアップで見たい方・一緒にボールを追いかけたい方はこちらをクリックしてね。

城山三郎氏の『落日燃ゆ』

 夕方のニュースで城山三郎氏の死去を報じていた。氏は名古屋市中区で生まれた。79歳だそうだ。平成16年に読書会で城山氏の『落日燃ゆ』を取り上げた時、皆感動したことを覚えている。

 『落日燃ゆ』は東京裁判で、A級戦犯として処刑された7人のうち唯一の文官であった広田弘毅の生涯を書いた作品です。広田は自分の考えをしっかり持った外交官であったんですが、2.26事件の後、吉田茂に説得されていやいや首相になった人です。あくまで開戦に反対の立場を貫いたんですがね。「自ら計らわぬ」を信条に一切の自己弁護を放棄し、苛酷な運命に従ったんです。奥さんがまた、凄い人で、自分が生きていると広田が楽になれないと、「広田を楽にしてあげる方法がひとつあるわ」と謎めいたことを言い、「わたしは先に死ぬわ」と言い残して翌朝床の中でその通りになっていたって。『志をり39号』にKさんの読書感想文がありました。 

 他の推薦の言葉に、城山氏は『落日燃ゆ』で広田の生涯を描くことによって、戦争責任の意味を問いかけたと書いているものもありました。

036151_1 戦争を書ける作家が、昨年の吉村昭に続いてまた一人亡くなりました。残念なことです。今こそ戦争反対を叫ぶ時のような気がしています。

桜が咲いている!

暖かい一日。卒業式を迎えた娘さんが、ご近所のおばあちゃんに袴姿を見せに来ていた。びっくり・・・髪の毛が爆発している。メイクもばっちり。悪い意味でなく自由を感じる。話を聞いていると、とってもユニークらしい。入学6059式は金髪で皆を驚かせたらしい・・・で、今日ですから。のんびりやのお母さんにハラハラしながら、遅刻しそうとか言いながら待っている姿がいじらしかった。格好は現代的だが、人間そんなに変われるもんでもないか・・・。
  一時間で帰ってくる予定だったのにいい式だったらしく終わるまでに三時間半もかかってしまったらしい。同級生より一年長くかかったそうだが、若いときの一年ってどうってことないですからね。先生がよーく頑張ったと褒めてくださったそうです。

 16日につぼみだった桜の様子を見に行く。ソメイヨシノの開花予定日は23日だけどこちらは早く咲くかも・・・。遠目には色が付いていないが、東京の6個の開花位は咲いている。色が濃いので八重かと思っていたがそうではなかったみたい。庭では、気の早いオダマキ6064 が青紫の花をつけた。種がこぼれて芽を出して2年育てると自分の花って気がする。買ってきたばかりとか、頂き物は中々そう思うまでに時間がいる。手塩にかけたものはやっぱり可愛い。今日も一人生えした苗を拾い上げて鉢に植え替えた。きっといい花が咲きますよ。6081

 今のデジタルカメラを買って丁度一年になる。一年間で撮った写真の枚数が6086枚だった。一日平均16枚くらいは撮っている。どうりで、最近電池の持ちが悪くなったと思った。リチューム電池は薄くて、軽くて便利だけど、単価がね・・・5000円くらいもする。カメラをさっと取り出して、すぐ写せるのも、薄型の電池のおかげ・・・そのうち奮発しようか。

ワードで案内状!

  読書会の同窓会の案内状を作る。往復はがきって二つ折りになっているとばかり思っていたが、折ってないのもあるんですね。印刷用に折ってないんだそうです。・・・へぇー って・・・ボタンを押した。ちょっと古いかな。(笑)

 楽々はがきに往復はがきの雛形があるだろうと、簡単に考えていたらみつからない。ある筈と、ヘルプを探すが見つからない。それじゃと、ワードを開く。ページ設定をしてと・・・。どっちが往信なのかなとか、デザインは春らしいのがいいなあとか考え出したら、欲が出てきた。

 20年位前は、志をりのレイアウトに口出しさえも許されなかったなあと思い出した。カットも中々自分で決めれなかったし、文章も厳しくチェックされた。それがあって、今は自分好みに勝手なことをさせてもらっている。

 テキストボクッスだと簡単かなと思って作った。春の花・オオイヌノフグリを配置してと。結局2時間くらいかかってしまった。ページ区切りとかで簡単に出来たのかもしれないと後で思った。取りあえずは満足。可愛い案内状を30人宛てに投函する。何人の人がきてくださるか返事が楽しみ。

『万葉集』の会を見学する。

 I さんに誘われて「『万葉集』の会」を見学させていただく。参加者は女性が多くて、20名くらい。
 今回は参加者の選んだ歌・6首がプリントされて渡されていて、それを講師が解説される。その中にこの地を詠んだものがあった。

桜田へ鶴鳴きわたる年魚市潟(あゆちがた)しほひにけらし鶴なきわたる(271)
桜田の方へ鶴がないてゆく。それによるとあゆちは潮が干(ひ)たのであろう。鶴がないてゆくのを見ると。 持統天皇の三河行幸の時の歌。鶴とあるが、松の木にとまるのは鶴ではないので、白い大きな鳥・鷺でも朱鷺でもいいのではないかとのこと。日本の原風景の湿地だったのではないか。地元の誇りの歌。知らないことばかりで面白い。愛知県の名前の由来の歌。

いづくにか吾れはやどらむ高島の勝野の原にこの日暮れなば(275)
いずこに私はとまろう。高島の勝野の原で今日の日が暮れてしまったならば。近江琵琶湖の西海岸を歌った。万葉集にゆかりのある土地だそうだが、皆を連れて歩くと、ブーイングがでそうなほど、何にもないところだそうだ。白髭神社があるだけで・・・。韓国の地名が残る場所。今日比良は宮趾をすっかり隠してしまっているように『万葉集』からも比良は正体を隠してしまっているのである。おそらく額田王はいつの年か、比良行幸に従ってここに赴いたに違いないし、後年、柿本人麻呂も比良に出かけた。額田王を思い、故人に逢いがたい嘆きを歌ったに違いない。
 それは何故か『万葉集』の正伝から、脱落していった。比良ってどんなところなんだろうか。記録の表面から消えていかなければならない何者かがあったのではないかと、想像はふくらんでいく。複雑な歴史が見え隠れする比良。この謎は明らかにされていないとも。

湖西を歩くとは、こうした歴史の翳りにふれてゆくたびのことである。と結ばれた。歴史の素顔は人を介している。物は人、人は言葉に、言葉がわかれば歴史が見える。古代を身近に感じさせてくれる言葉。中西進著 『万葉集を歩く楽しみ』の中の言葉かな。

 さて、この会見学させてもらったけど、どうしよう。参加すべきか、悩む・・・・。

花便りとラジコンカーと

  宮崎でフラワーフェスタが始まりました。がそれとは別に、宮崎からの花便りが届きました。高鍋で発見された200703171146000_4タカナベカイドウと以前は田んぼの畦などに咲いていた懐かしい、ヒロハノアマナ です。 写真は日向人さんから。いつもありがとうございます。200703081241000_3

 

息子が夢中になっているRC・CAR 見事なペイント(親ばかで・・・・)なので、こっそり写真を撮ったら、歴代の写真があるよって・・・。本物のスポーツカーを参考にしたりのオリジナル。何を決め手にデザインを決めるのかを聞いたら、塗りやすさというのもあるらしい。自分に都合のいいようにやっているだけでした。Rccar2一番下のものがペイントされると本物みたいになります。 Rccar3_1 Rccar4_1 Rccar5

Dsc06040_1

亭主在宅症候群???

 今日も寒い一日。花屋のおじさんから、近くのスーパーに出店(でみせ)を開いたからとTELがある。亭主が送ってくれるというので、断って機嫌をそこねてもと乗せて貰う。じっさいは一人で行ける。寒くてもどうしても行きたければどこにでも行けるんだからと思いつつ、老後のことを考えると・・・いまのうちにいい関係を保っておかないと、「亭主在宅症候群」になる可能性が大なんです。

 年金生活がそこまで迫っている飲んべーの亭主・・・。定年になったら、朝からテレビの番をしそうだし・・・明るいうちから一杯飲みそうだし・・・。それを当たり前だと思っていそうだし。こんなことを奥さんが考えているとはつゆほども考えてはいないだろうなあ。でもね、まあそうなったらまた、対策を考えようっと。なんとかなるさー。

 花のことを聞きたい事があって、夕方またスーパーに行くと、花好きな人二人に会う。みんな似たようなことを考えていて、おかずを一品減らしても欲しい花があると買ってしまうって。(笑) 一人は久しぶりに元気な顔を見た。病気なんだが、ご近所の人皆が、「大丈夫よ・・・。あの人はいい性格してるからきっと良くなるよ。」と言ってくれる人。私もそう思っている。薬の副作用か少し太られたが、やっぱり明るくって元気に見える。実はいろいろあるらしいが・・・。

 コンボルブルス・クネオルム、230円を一鉢買った。前から欲しかったがホームセンターは少し高くて買えなかったので、思い切って買ってしまった。Dsc06007

ヒルガオ科 コンウォルウルス属
常緑多年草(亜低木) 原産地 北アメリカ 
メタリック光沢のあるシルバーリーフが魅力的で、ブルーカーペットより花が大きい。花は白で、中心部が黄色。日当たりが悪いと葉のメタリック光沢がでないので外に置くんだそうです。そのまま伸ばすと背丈が高くなるが、適宜切り込んで育てると形よくなるそうですから、大事に育てようかな。

白いザリガニ・・・ほたる

Dsc05984 白いザリガニ・・・ほたるちゃんです。はさみが小さいのは、まだ子供だからだろうって飼い主が言っています。 Minibd_soap5性格は大人しくって、はさみを振り上げることはほとんどありません。餌をやってもあわてて食べることもありませんね。1匹部屋だからのんびりしているんでしょうか。 餌は固形のドライフードとカモンバとかマツモです。レタスも食べると聞きますがどうなんでしょうか。あらためてよーく見るとなかなか美形でしょう!!

 少し気温が上がりましたので、春を探してご近所を歩いてきました。ダイコンの花もからし菜の花も満開でした。八重桜の蕾がふくらんでいましたがこれは早咲き種だと思います。2~3日で咲き始めるでしょうね。あとは、リビングストーンデージーとショウジョウバカマとナスタチュームです。 Dsc05967 Dsc05975 Dsc05948

Dsc05978

テニスをはじめたきっかけ!

 友達のお孫さんの隼君の顔を見たいとメールを打つが鹿児島にお里帰りとの返事。(今日はテニスでしょ)とも書いてあった。そう、木曜日は本来ならテニスの日なんだが、今月は第5週があるので15日は休みです。行けないとなると、行きたいような気になる。ないものねだりのようなものですね。テニスをはじめたきっかけはね。友達とのこんな会話が始まりだったんです。

「最近、運動不足だね。」
「そうだね・・・プールでも行こうか」
「プール・・?泳げんから・・・」
友達は、名古屋市の募集するスイミング教室に通ったけど、残念ながら最後まで泳ぐことは出来なかったんです。
「プールで歩くだけでいいから」
「どっか、テニスやってないかな」
「屋根つき・冷暖房つきのコートが港区に出来たね」
「屋根はある方がいいけど、暖房はなくてもいいよ」
「鳴海にもあるよ。壁がね、黄色に塗ってある目立つコートが・・・」
「遠いと大変だから、鳴海がいいよ」

 運動音痴だと思っていたし、高校卒業以来、運動らしいことはしたことがなかったので少々不安だったんですが、体を動かすのは気持ちのいいものでした。でもね・・・。落とし穴はすぐにありました。慣れないことはリスクがあるんです。足を痛めて、接骨院に2ヶ月は通いました。
 テニスをやめれば、すぐに良くなるのはわかっていましたが、先生はテニスをやめろとは言わなかったんですね。接骨院に通い始めて半月後には、しっかりテーピングをしてくれて楽しんでくるように言ってくれたんですよ。当時のコーチは39歳・・・やっぱりほめ上手でした。

 先週は、悔しい思いをしたので、来週はがんばろうっと。写真は和歌山電鉄・貴志川線 貴志駅の駅長 たまPhoto_17 

盗掘されていない勝負砂古墳

 日差しは優しいが、今日も寒かった。桜の開花日の訂正があった。それでも、名古屋は20日に開花?。入学式に桜がないのも寂しいかな。

Minisakura11_1Minisakura11_1Minisakura11_1 名古屋の桜開花日は23日に訂正されました。

 岡山県倉敷市真備町の前方後円墳「勝負砂(しょうぶざこ)古墳」(5世紀後半)で、竪穴式石室が築造時とほぼ変わらぬ状態で発掘されたって、変わらぬ状態ということは、盗掘されていないんですよ。岡山大学考古学研究室が14日、内部を公開した。写真も載っていた。古墳時代中期の石室が未盗掘でみつかるのは異例。副葬品の保存状態も良く、同研究室は「まるで1500年前のタイムカプセルが開いたよう。当時の埋葬様式を解明する貴重な手がかりになる」と期待しているって。5世紀後半というんは他の埋蔵物から判断したそうだ。何が発見されてもおかしくないんでしょ。何が発見されるかとっても楽しみです。

 我が家の春。Dsc05961 Dsc05960 Dsc05925

7000アクセスに深謝!!

 今朝早くにアクセス数が7000を突破しました。
お越しくださった皆様有難うございます。

これからもどうぞよろしくお願いいたします!
癒しの画像はザリガニのもみじです。Momiji

遠藤周作の『万華鏡』

 読書会の日。志をり発刊40号を記念して、同窓会を開くことが先月決まった。今月は、古い志をりなど持ち寄って旧会員を確認することになっていた。が、
「名簿は出来たの。まーだ出来ていないの」
と発言される人がいる。そういう人に限って、会長などうま~く逃れる人だったりする。そういうことなら、言いだしっぺの人が幹事をしてくださいとお願いしてみる。なんだかんだと言いながらも、読書会そっちのけで名簿を確認される。やってもらえるんだと・・・役割は分担するのがいいことだと思った。ところがである、いつのまにか、会場の予約を他の人に振られた。えーっ。皆人がいいのか引き受けてしまわれる。言葉のマジックでもされるのか。結局はこういうことになる。早めに帰られたが、戻って見えて、「私じゃ、4月の総会までに間に合わないわ。」の最後の発言!!またしても私に仕事を返して帰って行かれた。要領のいい人はとことん要領がいいことを思い知らされる。
当てにされているうちが花だよ。
人生つじつまが合うようにできているよ。
とか他の会員さんになぐさめられた。人生つじつまがあわなくってもかまわないけどね・・・。

 ** みんなの感想 **
遠藤周作は今から、10年前に亡くなられたが、『万華鏡』は感覚が新しいね。ホスピスに関しては、ホスピスで最後を送るのがいいか。延命治療は受けたくない。人形の話では、ドイツに旅行したけど、アウシュビッツには行けなかったと、遠藤周作はすごーいね。作家は行くんだね。本を書くために行くんだね。と感心しておられた。遠藤周作も実際に行くと、無言の案内人の後を、無言でついて行くしか出来なかったようだ。ガス室を小さい窓からのぞいて、死んでいく人を確認する仕事の人は、家に帰ったら、優しい顔で子供を抱くんだろうか・・・・ 。二重人格と多重人格。二重人格・二面性はは誰にでもありそうだよね。家の顔と外の顔と・・・。
恋愛は、若い人・その親・老人の三種類があるんだね。
遠藤周作は、『沈黙』『深い河』などシリアスな作品が多かったが、年を重ねると、作家自身が癒しのほうに回ってエッセイなど、楽しい作品が書けるのかな。など、皆、好意的な感想が多かった。

今城塚古墳と『日本書紀』を読む会 

 「『日本書紀』を読む会」に参加する。途中あられが降ったり、雪が降ったりのとても寒い日になった。

 まずは、飛鳥の甘樫丘東麓遺跡の現地説明会に参加された人の話を聞く。甘樫丘は『日本書紀』には蘇我蝦夷・入鹿親子の邸宅が営まれたことが記載してある。蘇我氏邸宅の候補地のひとつであるらしい。

 次に、最近話題の高槻市の史跡今城塚古墳の話。今回の調査では、今城塚古墳の主体部にかかわる遺構を始めて確認されたそうです。本来三段築成で最上段となる三段目の盛り土内に横穴式石室が築かれていたと考えるのが至当です。と、資料にある。この三段築成の盛り土は531年に完成したと日本書紀にはあるようだ、しかし1596年の伏見地震発生時に地すべりなどで落ち込んだ状態だという。また、後円部北側に大規模な石組み遺構が見つかったらしい。

 資料の中にあった - 遺物としては、凝灰岩(二上山白石・阿蘇ピンク石・竜山石)や金銅製品(刀装具・馬具)、鉄製品(鏃・甲冑など)の小片、ガラス玉などの副葬品があります。- 継体天皇が身に着けていただろうガラス玉などのアクセサリーも小片といえど貴重なものだろう。が、興味をそそられたのは、三種の凝灰岩。これは特徴的なのだそうだ。二上山白石は大和河内で産し、阿蘇ピンク石は熊本県の宇土半島にしか産しない石で(通称 馬門(まかど)石)」とも呼ばれていると。竜山石は播州や兵庫県の加古川下流右岸に産する流紋岩質溶結凝灰岩のことらしいです。

 三箇所から今城塚古墳までそれぞれの場所から運ばれてきていることが実に面白い。横穴式石室は追葬もできるんですね。三種の石ということは、三個の石棺があったということですか?あとの二つは一体誰の石棺なんでしょうね。

 阿蘇からどうやって運んできたのかも疑問。「天皇のひつぎ実験航海のスタート」というサイトが見つかった。http://www2u.biglobe.ne.jp/~ekumoti/JikkenKoukai.htm 写真で見ると本当にピンク色。こんなに美しい石があるんですね。宮崎県西都原古墳群から出土した舟形埴輪をモデルとして復元建造した古代船で、有明海から瀬戸内海を経て大阪湾まで搬送します。というもの。

 「日本書紀を読む会」では、孝徳天皇の厚葬と旧俗の廃止を読む。

宮崎県の美術館

 中日新聞の中日サンデー版に「日本の美術館は今」が掲載される。東京に新しい芸術の拠点「六本木アート・トライアングル」が誕生するのにあわせての特集記事。自前の収集品を持たずに借り物の展示に特化している美術館も珍しくないとある。名古屋にあるボストン美術館も一例だろう。愛知県の美術館の数が以外に少ない。名古屋市は市や県の美術館以外に徳川美術館・ボストン美術館がある。

 どれくらいの規模までを数えているのか疑問だが、宮崎県は2とある。九州一少ないのかと、調べなおすと全国一美術館の少ない県だった。虚しい気持ちになる。検索してみると、宮崎県立美術館都城市立美術館が載っていて、ちゃんと高鍋町立美術館も。それでも 3施設 しかないのですね。東国原知事が知事公舎を美術館にと言ったように記憶しているが、無理もない話だと思った。知事公舎を美術館にして県民に・・・世界に公開してください。若い作家を育てるにも美術館は必要でしょう。

Obten  高鍋町立美術館で現在開催されている、「第6回 高鍋高校OB美術展」の案内状が届いている。懐かしい人の名前もあるが、ほとんどの人を知らない。ふるさとに美術館があるのは嬉しい。彫刻家田中等氏の作品も展示されている。

「第6回 高鍋高校OB美術展」
会期は3月18日(日)まで 入場無料

ラジオの深夜放送 東国原知事

 10日。30年ぶりくらいにラジオの深夜放送を聞いた。「東国原英夫のオールナイトニッポン」がそれ。おかげで夕べは睡魔に勝てずにブログも書けなかった。(笑)2時間の放送時間ではとても短く感じた。とにかく面白かった。全国の10代のリスナーと電話で話すというのがコンセプトだったが、ほとんどが宮崎の若者だった。最後に、大晦日の紅白で聞いた「壊れかけのラディオ」が当時の自分の心情に合っていたと語り、曲が流れて終わった。いくつか苦言もあったが、居眠り議員さん、国会中継でもよく見かけるが・・・居眠りのプロを議会中継で映して欲しいとも語った。議会・国会は眠りたくなるほどいい環境(空調・話し声など)にあるんだろうな。そこにも税金が・・・。

龍馬記念館メール会員と龍馬像

 高知県立坂本龍馬記念館にメール会員登録をしてある。もちろん無料。イベントや龍馬に関する情報が届く。

最初に届いた情報は3月31日まで開催されている、特別企画『坂本直行展』の案内。 

**龍馬の子孫「坂本直行」は、龍馬の甥「坂本直寛」の孫にあたります。北の大地・北海道で開拓農民として生き、厳しい自然に絵筆をふるい、果てしなき原野や山々を描くと共に、やさしく描いた花々は、北海道土産として有名な「六花亭」製菓の包装紙として広く親しまれています。
今回の企画展開催中のみ「六花亭」のチョコレートや直行グッズも特別販売しています。ぜひご覧になってみて下さい。
**メールより。

 今、松坂屋本店で大北海道店をやっている。六花亭も出店しているはず、包装紙が欲しいかな。一度のぞいてもいいが北海道展はいつもお客さんが多いからなあ。そうだ、ナナちゃん人形(←見たことも聞いたこともない人はクリックしてね)も栄に来ていることだし行こうかな。物産展っていつまでだっけ!!

 昨日届いたのは、** 開館から15年が過ぎ、入館者200万人目のお客様を、本日午前11時お迎えする事が出来ました。 **のお礼のメールでした。我が家は猫が寂しがるので中々遠出が出来ない。龍馬記念館行きたいといつも思っているのだが・・・。

 今日は、我が家の龍馬像を眺めることにしようと顔をよ~く見ると、接骨院の龍馬像と顔が違うことに気がついた。うちの坂本龍馬の方がいい男・・・?断然いい男・・・。顔だけが好きなわけではない、わたし好みというだけだが、妙ににうれしい・・・。5891

雑感いろいろ、メタボ・ビーズ・テニス

 雑感いろいろ・・・。まずは昨日のメタボリックシンドロームの補足から。中日新聞にメタボ予防法助言という冊子を愛知県が作ったという記事が載った。メタボリックシンドロームを内臓脂肪症候群としていて、予防のためのサポートマニュアルを一問一答方式でわかりやすく紹介しているとある。どういうこと、内臓脂肪がついているってこと。難しく考える必要はないとは思・・・が。例として-「サウナスーツを着て運動してもよいか」との問に「サウナスーツによる大量の発汗は脂肪の燃焼効率を悪くし、脱水症状を招く恐れがある」など。内臓脂肪症候群より、代謝異常といわれた方が説得力があるのでは・・・。とは言っても、最近の情報は100%信用してもいいのか不安になる。

 Dsc05910 ビーズ手芸で、クルスを作った。縦から作っていき、二つ折りにしてつなぎ合わせる。上と下をつなぎ合わせたら、横をつくるが、途中で折り返しまとめる。反対も同じようにまとめてテグスを始末して出来上がり。以外に簡単だった。ビーズの色で表情が変わるので楽しい。難点は、シニアグラスでも、見にくいこと。透明なビーズにテグスを通すのは、だんだん疲れてきて、焦点が合いにくくなってほんに疲れる。同じビーズの穴を何度もテグスが通るので通すのが大変になること。されでも、出来上がったときは感激した。自分で作るのも楽しいが、先生や仲間との会話が一番かな。

 テニスの話も。テーピングは先生がやるのを覚えて自分でやった。今日は寒かった(最高気温が10度)が、わりに体は動いた。打ち合いもまずまず。練習試合のとき、弾丸サーブをうまく返せなかったのが悔しい。次回は頑張る。コーチのインフルエンザはどこで拾ったかという話しが面白かった。今月コーチは経営陣として、セミナーなどに参加することが多く、新幹線で東京や、大阪に4回も出張したんだそうな、そのうちの大阪は社長と朝の4時まで話をしたんだそうな、「そのときだって、インフルもらったのは」と。社長と経営の話し???

メタボリックシンドローム!

 化粧品会社の健康度を調べるイベントに参加。毎年健診は受けていますが、今回はワンコインでおまけつき。おまけに弱いんですよね。もちろん主催者は健康器具とか・健康食品を売るためですが、気に入れば買ってね。位のことなので安心して出かけます。血圧・血流・骨密度・体脂肪・聴力です。何だか不安です。こんな気持ちは血圧が上がる要因になりますから、深呼吸をして・・・。と言われながら検診。体脂肪は、太っているので心配ではあります。聴力も、聞き返すことが多くなってきたんです。あーぁいあやだなと思いつつ、検査を受けました。

 次はカウンセリングを受けます。思ったとおりの検査結果です、定期健診でも、血液検査の数値では異常は見つかりませんが、肥満とは言われています。.最近増えた項目・・・メタボリックシンドロームもだめなんですよ。汗をかきにくいのは代謝が悪いからですと、話し上手なカウンセラーでした。相談に答えているカウンセラーも・・・太めです。 「○○さんだって、メタボリックダメでしょ?」とつい聞いてしまいました。「前はもっと、大きかったんでっす。この仕事についてから、努力して15キロ落としたんですよ。」そう・・・なのか。どうして体重を落としたか聞いてみます。一万歩、歩くこと、半身浴。をやってみえるそうです。半身欲は20分から30分、一人になれるというのもリラックスできていいそうです。血流を良くするのが大事だそうです。つまり基礎代謝を高めること。

メタボリックシンドロウムって日本語では、代謝異常 というそうです。日本語で言われるとよーくわかって怖くなります。

 増えた体脂肪を改善する方法。三大原因は砂糖・油・電子レンジ・・・えっ。電子レンジ???砂糖と油はわかりますが、電子レンジって何。高温で中から温めるので、ビタミンとか壊してしまうんだそうです。便利だから、つい使ってしまいますよね。話を聞いた後、夕飯の支度をしていて、煮魚をチンした後で、しまったって思いました。変えなきゃいかんのに。いつも通りにしてしまいました。

 最後は健康器具のお試しコーナー。50万円もするという、マッサージ機を試してみましたが、ゆっくり手押されているようで気持ちよかったです。肩も腕も横から押さえてくれるし、足の裏まで血流がよくなる感じかな。バイブレーションで痩せる、というか筋肉をつけて、基礎代謝をあげるという器械もためす。筋肉をつけて代謝を高める、と言われましたが、なるほどね・・・筋肉痛になりそうでした。じゃなくて・・・太ももの裏が筋肉痛になりました。

 ***おまけは炭せっけんでした。買い物はなし・・・。

おばちゃん道中記・・・ 続き

 **昨日の続き・・・
5825_1 姫路駅で朝ごはんをすませて、姫新線のホームで待ちました。姫新線は兵庫県姫路駅から、津山を通り岡山県の新見市まで行くJR西日本の鉄道路線です。れっきとしたJRなので、青春18きっぷが使えます。

 「お客さんが多いから、第3セクターにならんのだね」と、おばちゃんはいらぬ心配をします。立っている人も何人もいました。桜の時期でもないのに満員・・・2両もつないでいるのにですよ。初めて乗る列車はオレンジ色の車体。10時12分発、佐用行きはディーゼルですが、さほどうるさくありません。これ位のディーゼルの音は懐かしくもあります。18きっぷの利用者が多いような。

583058315833  珍しい駅名があるたびにおばちゃ んたちは嬉しくなります。余部(よべ)あーぁ、ここがあまるべならいいのにね。とか勝手なことばかり言っています。特に気になった駅名は、東嘴崎(ひがしはしさき)の嘴はくちばしって読むんでしょ。何で・・・鳥がよーけおったんかね。千本駅では何が千本でこの名前?松の木じゃないよね。なんだろうねと、西栗栖、三日月も興味はつきません。佐用は(さよ)って読むと可愛いね。とかね。何でも面白がるおばちゃんたちに退屈する暇はありません。佐用で姫新線の次の列車、津山行きに乗り換えます。

5841_15842  カメラを持ったおじちゃんが、こんなにお客さんが多いのは初めてだと。お雛さんを見に行かれる方や、津山まで行かれるかた。それぞれです。津山には何かあるんですかとお聞きすると、小京都なんですって言われました。行ってみたいと思いましたが・・・日帰り旅行・・・ちょっと無理ですね。

 やってきた列車は一両編成、ぎゅうぎゅう詰めです。一駅だから我慢、上月で降りたのは私らだけ、寂しいところなのかなと心配になりますが、タクシーは見えたから大丈夫。なんておばちゃん相変わらずの無責任な会話が続いています。駅前ロー タリーで彫刻を見て、駅舎に併設された、ふれあいの里上月特産物直売所で、自慢のもち大豆味噌煮込みうどんをいただきました。でもね・・・白菜が入ってたんでびっくりしました。味ですか?名古屋の味噌煮込みを知っている人にはもの足りないと思いました。味はしっかりついていました。

 この後、史料館から、佐用駅までの記載は3/5を見てくださいね。

 5875_1 5876 佐用駅はJRと智頭急行は併設されていました。駅員さんはJRだけにしかいなかったので聞いて見ることにしました。駅員さんは、智頭急行のきっぷは自販機でと言うのですが、改札はありませんでした。変なの・・・。13時40分発の上郡行きに乗りました。智頭急行はJRの上郡駅で山陽線に接続します。14時37分着の列車を降りたら皆が走っていきますが、私らは慌てません。走れないんですよ実はね・・・。乗る予定の列車はまだ来ません。駅員さんに町にいいとこないですかと聞いてもないと言われる。しょうがないので町をぶらり・・・。

5879 和菓子屋さんとケーキやさんが並んでいます。さあーてどちらに入ろうか。何となく和菓子屋に入り、お饅頭を買って駅舎で食べました。時間はあるけど、退屈になってきたのでホームへ移ります。

5881 JRのスーパーいなば  が先にホームに入り、すぐにスーパーはくと も着ました。並べて写真を撮りたかったんです諦めました。こちらのJRはガラガラでした。相生まで行き、相生駅では一分間で隣のホームの列車に乗り換え、姫路まで行きました。此処までくれば、一安心。新大阪もすぐでした。そうそう、明石城跡見ましたよ。忘れずにね。明石駅の真横なんでしょうか。広い敷地のように見えました。新大阪からは新幹線ひかりで名古屋まで・・・予定通り午後17時57分に名古屋駅到着です。5884_1

 後半急いでしまいました。ごめんなさい。

おばちゃん道中記

 18きっぷの旅をおばちゃんの目線で**
名古屋駅発7時14分の新幹線に乗るために、朝からおばちゃんは大忙し。出かけるときには決まって、白猫ゆきImg_3322 が邪魔を始める。「おっかあ、俺の方を見てよ!なにを慌てているの・・・ねーぇ」とばかりに甘えた声でついてまわる。トイレの前でも。「ねーねーぇ」とばかりに鳴いている。忙しいおばちゃんだけど、ゆきに言って聞かせる。「ゆきは今日は留守番だよ。いい子でいるんだよ。みんないるんだから、大丈夫だからね」理解できたかどうか。2階に上がっていった。こういう時はゆきのお見送りはない。すねているんだろうか?

5812  在来線の都合で名古屋駅には早めに着いた。新幹線の自動改札で引っかかる。ここまでの乗車券を・・。あっそうか。あわてて駅員さんに18きっぷを提示して無事通過。朝が早いからか、土曜日だからかお客さんはまばら。空いてると座れるので嬉しい。岐阜羽島・米原・京都と停車しながら、8時16分に新大阪駅に到着。 10分の乗り換え時間があるが、勝手がわからないので少々不安。広い駅構内・・案内板を見ながら、もくもくと歩く。1本なら遅れても大丈夫なんだがと思ってはいるが、予定通りに行動できると一安心なので・・・。迷子になることもなく、姫路行きの新快速に乗る。

 おばちゃん道中記はいろんなハプニングがつきものと覚悟はしてる。失敗は思い出につながって悪いことばかりじゃないよねとおしゃべりしながら、車中の人となります。新大阪から姫路までは一時間あまり、おしゃべりが続きます。大阪の町は線路沿いにも高いビルが連立しているので怖い気がします。名古屋の町はこの辺りに比べると田舎だなと思う。言い換えれば住易い町かもしれない。

 大阪・三ノ宮と通り過ぎます。生田神社の結婚式はここだねー。とか、芸能人の話も交えて、まぁよく喋ります。神戸駅では、「湊川神社が見えるんだよ。誰やらが祀ってあってね、龍馬とか幕末の志士がよーけ来たみたいだよ」と話していたら、前の席のおばあちゃんがく・す・の・き・ま・さ・し・げと教えてくださる。私たちすでにハイテーションになっていますから、おばちゃんも巻き込んでおしゃべりが続きます。「どこまで行かれるんですか」明石大橋が見えてくると、「淡路島があれだよ」と教えてくださる。 「明石にはクギ煮と言うのがあってね。」「たこ焼きはお酢で食べるのがあるよ」とか食べ物の話しになっておしゃべりが続きます。

5818  もうじき、「明石天文台が見えてくるよ。」と言われて窓の外を見ていると、日本の標準時を刻む時計が見えました。日本の時刻の基準の時計だと思ってみると思いが変わります。「この時計も震災の時は、一年くらいは止まっていたからね。」とも教えてくださる。此処が明石城と聞いたときにはすでに後ろの方になっていました。帰りに見ることにしましょう。親切なおばあちゃんは、「元気でね。気をつけてね」と西明石で降りていかれました。姫路には9時32分に到着。

 5819 このまま東海道線の続きの、山陽線で行けば上月に早く着きますが、乗ったことのない路線に乗りたいので姫新線を選びます。ちょっと時間がとれたので、一息いれます。駅前から正面に姫路城が、優美な姿を見せています。歩いて行ってみようか。などと言いながら、朝食の方が優先です。おしゃべりでお腹が空いたねー。いつでも、花より団子のおばちゃんたちです。

***長くなるので続きはまた、明日!!

 

上月の彫刻 MOON DANCE

 昨日の青春18きっぷの続き***。列車に乗っているだけでも楽しい私たちではありますが、上月(こうづき)まで行くには目的があったんです。時々紹介している、高校の美術部の先輩の彫刻家田中等氏の作品が兵庫県の上月にあるようなのです。名古屋から三番目に近い場所にある田中氏の作品です。ニ番目は大阪市鶴見区鶴見斎場にある「つつまれて」ですが、歴史好きなよだきぼママは、上月に行くことにしました。(一番近いのは、岐阜県関市博物館で展示されていた「再生」)

 姫新線(きしんせん)を佐用(さよ)駅で乗り換えて上月駅に到着しました。いいところだとは聞いていましたが、町の中心を佐用川が流れていて、低い山に囲まれた、自然がいっぱいの、故郷を思い出すようなそんなひなびた町です。駅前のロータリーに彫刻は建っていました。

Moon_dance_1 三日月が二つ並んだような作品は、電車ごっごでもしているような楽しさの感じられるものでした。写真を撮っている間に友達はロータリーをぐるっと回りながら、この角度がいいねーと言うので、私もシャッターを押しながらひとまわりしました。彫刻のまわりの、交通標識・電柱・自販機すべてが彫刻の価値を下げているような気がします。が、屋外に設置されたものは景色を借景にしなければならないのでしょうか。

 見る角度によって、表情が随分違って見えます。寄り添っているように見えたり、大きいはずの石が逆に小さく見えたりと・・・。友達は、絶妙なバランスだねと言っていました。彫刻を見ているだけなら、背景をシャットアウトできますが、写真にするとそれではだめかなと思い何枚も撮ってみました。最後に「95西播磨石彫シンポジュウム MOON DANCE 田中等 1949生」 の石のプレートを確認しました。

 その後、高月城跡の麓まで行きました。上月城は戦国時代の織田と毛利の攻防の地として、また尼子家再興に燃えた山中鹿之助の最期の地として知られると。また、織田方の羽柴秀吉軍と宇喜多軍のとの激しい合戦が行われた場所だということです。(歴史資料館のパンフより)

 歴史資料館はまだ新しく、展示内容もいまひとつでした。今後に期待しましょうか。おひなさんの時期なのか、明治天皇などの、早瀬土人形が飾ってありました。皆田紙の展示もあり、こうぞの束や、晒したこうぞの皮などの展示も。子供の頃に、おじいさんがこうぞを蒸していたのを思い出しました。蒸したことを思い出したのは、おじいさんはさつま芋を一緒に蒸していて、おやつに食べたからですが・・・。花よりだんご・・・の私。今も変わらず。

Moon_dance_4 駅前に戻り、上月タクシーを・・・。鉄道の便が悪いので、隣の佐用駅まではタクシーで行きます。ベルを鳴らしても人の気配なし・・・。おかしい。しょうがないので、電話かけるとやっとお目覚め・・・?佐用までのタクシーの中で、運転手さんは「なんにみえるの」と聞いておいて、「離れようとしている二人をロープで無理に縛っているように見える」と言われました。横の石の彫り方が、丁度紐にみえるそうなんです。「運転手さん、離婚でもしようと思っているんですか」と聞いてみるがそうではないと言われた。人生経験が違うと思いも様々ですね。作家さんに何を意図して作ったか聞いておいて、また上月に来て教えてと言われた。また・・・来れると嬉しいですが。

Moon_dance_5_1  毎日、何をか思いつつ見て下さる人があることを知りました。ロマンチックな想像をする時は、恋しているときだったり・・・するそうです。運転手さんの言葉を田中氏に確認したところ、意図は連帯感だそうです。また、当時の私の感覚としては大きい月が男、小さい月が女という感覚があったように思います。ということでした。そして、シンポジウムというものに初めて参加された時の作品だということですから、思い入れは深いことでしょうね。私も作品を手で触ったり、思いを知ったことで、彫刻も上月も好きになりました。   

青春18きっぷ 名古屋から兵庫県上月

5815_1   青春18きっぷと新幹線の割安きっぷでの旅に行ってきました。
兵庫県佐用町上月は遠いので、18きっぷだけでも行けますが、帰りが遅くなるのもちょっとねえーということで新幹線も乗りました。通常の切符ではおもしろくないので、50プラスの料金を調べましたが、3月3日土曜日はさほど安くなりません。どうしようか。名古屋→新大阪はひかり・こだま早特専用自由席きっぷがありますから、調べると、往復8500円です。普通は往復11340円ですからこれに決めました。ただし、いろいろ約束事はあります。ひとつは使用する一周間前の営業時間までに買わなければならないことです。
 これは、便利ですね。会費のかかるジパングの割引にちかいですから、すぐに買っておきました。あとは青春18キップで行きました。なるべくJRを使い、通ったところのない路線がいいので、姫路から上月までは乗り換えが一回で済む、姫新線(きしんせん)に決めました。ここまでで、上月に到着します。
 帰りは、智頭急行で、JRの上郡駅まで乗りました。上郡からは山陽線で、相生と、姫路で乗り換え、新大阪までいきました。新大阪からは新幹線ひかりで、各駅停車で帰って来ました。名古屋駅で乗り換えて、笠寺駅まで。

行 き
笠寺  →新大阪(新幹線利用) 195.8km 料金 5670円
新大阪→上月             142.6km 料金 2520円
帰り
佐 用→(智頭急行470円含)  143.7km 料金 2680円
新大阪→名古屋笠寺       195.8km 料金 5670円
 合計金額 16540円なのだが、

実際は・・・早特切符購入で、新幹線料金が往復で, 8500円
       あとは青春18きっぷが1枚当たり   1600円 
       智頭急行が470円 合計10570円

しめて、5970円のお得きっぷでした。583458255875 

写真は姫新線沿線 です。「揖保の糸」でおなじみの播州そうめんの工場が古い建物で残っていました。歴史を彷彿とさせる駅名、もロマンがあります。

兵庫県上月に行ったわけはまた、明日!

春の花屋さん

 春の便りが続けて届く。奈良東大寺・二月堂のお水取りが始まり、愛知県では今日が、国府宮のはだかまつり。今年は記録的な暖かい冬だったので、はだかでも暑いくらいかな。

 ご近所では白もくれんやこぶしの花も咲いている。毎月、第1金曜・土曜にみえる、花屋さんが今年初めてみえる。午後から行って見る。愛知県のJAが一週間休みだったらしく、品薄で花が高いと教えてくださる。品薄ということだが、雲間草・花かんざし・スィートアリッサム・クレマチス・サイネリア・八重のカランコエなど・など。クレマチスは大株で見事だったが、値段もそれなりにした。Dsc05810買ったのは、赤い、かわいいネメシアを3鉢・最近出回り始めたというオーブリエチア2鉢、それに垣根などに使う、レッドロビン(赤芽)。花屋さんがパンジーを処分したいというので、それも2ケース格安でもらう。公園の掃除をしてくださる、おじいさんと分けることにしようか。

 捻挫の治療をしてもらっている、接骨院の先生がブログを書いていることが判る。その名も「感動・感激・感謝 ほねつぎ奮闘記」。興味のある方は覗いて見てください。

春ですね!テニスもいいよ!

Okizarisu  3月が始まる。何もしていないと眠くなりそうないい天気!

今日もテーピングをしてもらい、テニスに行く。自転車が気持ちいい。でも、まだ3月1日。テニスをしていると、顔が暑い。テニスだけは夏メイクがいいのかも!ヘッドコーチはインフルエンザを引きずっているから、みんなが離れている。もう、うつらないからとコーチはいっている。ほんとかな?誰も近づかない・・・

 今日からは、「ボレー」がテーマです。ボールを打つ時に左手が大事と、念押しされる。珍しく、男性が4人、女性が3人。いつもは逆で、男の人は多くても二人だったのに。団塊の世代が定年退職を迎えたら、これが普通になるのかも。

 今日も、コーチにボールが飛んでしまった・・・当たるかも・・・だが、コーチ最初から危険を感じていたようだ。しっかり避けられた。男の人の球が飛んできたときは想定外だったようであわてて避けていた。避けるのもとっても上手。汗を拭き拭きのテニスですが、春から夏が心配になるくらい暖かい。春の花もいっぱい咲き始める。 写真はムスカリとアネモネMusukariAnemone 5775

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!
無料ブログはココログ

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴