« なんでもないことが大事なこと! | トップページ | 大垣城と銅像 »

地震で壊れた 亀山城の石垣

 15日お昼すぎの亀山で起きた地震で亀山城の石垣の一部が壊れたとニュースで流れた。新聞にも石垣の写真が掲載された。

 今年1月19日のこのブログにも書いたばかりだったので驚いた。最初の報道では写真が発表されなかったので、今は校庭になっている方なら大変だと思った。夕方になって天守脇だとわかって少し安心した。

-亀山市本丸町の県史跡「亀山城跡」。石垣の西北隅が幅二メートル、高さ六メートルにわたって、ごろごろと崩れ落ちた。亀山署員が駆けつけてすぐに立ち入り禁止にした。当時は周囲に人がおらず、けが人はなかった。

 同市教育委員会によると、一九七二年の台風被害で補修した場所が再度崩れた。「県教委と相談しながら復旧・修理を進めたい」と担当者は話した。 中日新聞16日付けより-

4981 校庭側、東側だったら修復もたいへんだろうなあ。壊れたところは「明治天皇亀山行在所遺構」の横らしい。名古屋でもかなりの時間ゆれた。ゆきにゃんが2階から降りてきた。こんなことは初めてかもしれない。怖かったんだろうか。グレは寝ていたが・・・。ネコの性格の違いが面白い。名古屋で大きい地震が起きたら、どちらのネコが安全なのかなと思ってみたり・・・。

壊れたのは、写真左側の角。

K_img_render城跡に痛手 地震の影響で崩れた亀山城跡の石垣=15日午後1時53分、亀山市で、本社ヘリから、山本裕之撮影 写真はAsahi.com my town三重から

階段下左側に「明治天皇亀山行在所遺構」がある。

« なんでもないことが大事なこと! | トップページ | 大垣城と銅像 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

 亀山城址、校庭があるなら、学校があるということですか? 行ったことがないので、わからないのですが、主人が「石垣が崩れるなんて、相当だな」と言ってました。能登の時よりは、被害が少ないようですが、今ごろ、まだ後片付け等、大変でしょうねえ。

 ネコも性格がずいぶん、違うのですね。なんだか、小さい頃の私と妹のようです。どちらが私だったかは・・・想像にお任せします。

亀山城の堀を埋めて 亀山中学校の校庭になっています。1月19日の石垣が大きい写真の左手奥になるんですよ。もし・・・これが手前だったら・・・校庭に子供がいたらとか・・。
山城だから、奥の石垣の高さはないので修復もわりに楽だとは思います。
それにしても、石垣を積む職人さんって素晴らしいですね。どこのお城も石垣は残っていますもんね。家康が江戸幕府を開いて400年あまり・・・現存しているんですからね。コンクリで埋めることもしないんですから。緻密な計算があるんでしょうね。コンピューターでも計算大変かも。耐震偽装は出来てもね。昔の職人さんに拍手で~す。

亀山城の石垣が崩れたところは
昭和の修理で修復したとこだった
とニュースで言ってましたね
昔の職人さんのほうが仕事が丁寧できっちりしてたんです 拍手
拍手。明治天皇行在所遺構というのは、各地にあるのですね 視察にでられて 生活の実態、産業
文化を検分されていたわけですね

昔の職人さんは素晴らしいですね。お城をたてるのにどれだけ多くの職人さんが必要なんでしょうか。
明治天皇行在所遺構いうのは、もっとたくさんあったようですが、今はお寺とかこんなとこにしかないんでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なんでもないことが大事なこと! | トップページ | 大垣城と銅像 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ