« 湖北写真館 滋賀県 | トップページ | 信長の城 中島砦 »

小谷城実地踏査編 つづきのつづき

 山王丸から六坊に向かいます。浅井亮政は寺院勢を大事にしたので、清水谷の一番奥に6つの寺の出張所を設けて連絡を密にしていたと。

Yamanobori_1  ここまででお帰りになる人と別れます。ここで降りていくと土佐屋敷跡・三田村屋敷跡が見れるそうですが、今回は大嶽(おおづく)に行きますから通りません。ここに来ることはもうないだろうから、最後までしっかり歩きます。地獄の山登りの開始です。太田学芸員さんは大きな体ですが、お元気です。城跡などの史跡めぐりでは俄然元気になられると言うこともお聞きしました。 100メートルを10分くらいで登るんです。かなり、大変Ooduku1でした。大嶽と書いておおづく。浅井のころからの地名で、かなで書かれているそうです。それにしてもおおづくね・・・と

  山王丸は小谷山の頂上で、495メートルのところに大嶽城址の杭があります。浅井亮政は最初にここに城を作っただろうと。それは丁野(ようの)から見て正面になるからとも。城跡には横堀と土塁が残っています。横堀を作るというのは高いテクニックがいるんだそうです。この時代に浅井はこれほどの城を作る技術を持たなかったので、越後の朝倉が支援する為に来たときに城郭を築城、改城したのだろうと。こんなに高い技術をもっていたとは思えないと言うことを盛んに言っておられました。ここの土塁は直角になっていると、水準の高い土木工事がされていると。曲輪が真四角、土塁も真四角・・・。Oodukukara

 福寿丸に向かって山道を下ります。途中竪(たて)堀を見ながら、ひたすら降ります。松の木があらゆるところで枯れています。かってはマツタケ山だったそうですが、松が枯れた今は全然だめだとか。地元の保勝会の人が倒木をチェーンソーで片付けながらいかれた様子がわかります。とんでもないところですね、熊は出るわ・・木は倒れて来そうですし・・・。途中で、蒸気機関車の警笛が聞こえました。28日と30日、5月に入ってからもSLが走ります。懐かしい音でした。

  福寿丸山崎丸は似た構造をしていて、完璧な防御が出来るようになっているそうです。これは信長が攻めてくるからと、朝倉氏が作ったからと。福寿丸はすり鉢状のきれいな形をしている。土塁がカギカギと直角に曲がっていて、方向転換を何度もするようになっています。曲がったところには城を守る横矢架かりを作ったり、防備しやすい様になっています。複雑なところでは、虎口から4回曲がらないと攻めれないように、迷路になっていると。ただ、使われることなく落城したそうです。技術的には高度なテクニックです。彦根城や、大阪城にも見られますと。姫路城のいの門、ろの門など。名古屋城も言ってほしかったなぁ。

 朝倉は城郭だけでは駄目で、それだけでは城は守れなかったんですね・・・などとも。後半の城郭構造は特に熱く語っていただきました。前もって現地に来られたときに、震えが止まらないほど興奮されたそうです。熱いはずです。

 それにしても山を下るのは足に負担のかかるものです。枯葉が積もっていて滑りやすくなっているので滑らないようにと気をつけております。足がジンジンしてくるような・・・。10時から始まって、4時近くまで歩いたんです。達成感はほんとに気持ちの良いものでした。

 内容が濃くて、書き足りないことばかりですがおしまいです。機会があれば一度行かれるといいかも。熊さんにはくれぐれもご用心!!

« 湖北写真館 滋賀県 | トップページ | 信長の城 中島砦 »

歴史 」カテゴリの記事

コメント

よだきぼママさん、スゴイ!ですね。
実は、私も歩いておりましたが、
あの「地獄の大嶽」を上りながらも、
こんなにしっかりと知識を詰め込んでおられたなんて、ホント感服です。
見習わなくては・・・。
さて、さて、
その時に、手にシッカと握られていた「コシアブラ」お味はいかがでしたか?

内容豊富な小谷城実地踏査編 興味深くアクセスしました。

ひろさん
はじめまして・・・???
長浜城歴史博物館のイベント楽しかったです。また、お目にかかるでしょうから、その時は声をかけてくださいね。みなさん、健脚でしたが、いつもああいう企画があるんでしょうか。楽しみですね。山を下りて81歳のおじさんと話をしました。ほんとに、素晴らしい!!
「コシアブラ」食感と香りと楽しみました。近くのうどん屋さんでは、春限定の山菜天のメニューにコシアブラも入っています。
また、お会いしましょう。

Yuuyuuさん
書き忘れましたが、「堀切」が雄大でよかったです。堀切に下りて、また登って実に楽しくありました。

地獄の山登り、若いですね。
こちらは孫守、ついでにお山の上の茶摘みにも。
ぼんやりっこさんに、よろしくね!

そうですか。今年は遅いですね。お茶摘みいってらっしゃい!!
お孫ちゃんの絵をまた見せてくださいね。

こちらこそ、お会いできる日を楽しみにしています。
ぜひ、また湖北にいらしてくださいね。

さて、
近々、私はもう一度、小谷山に上ることになりそうです。
前回は、ただ歩くこととに必死でしたが、
今度は、
ママさんみたいに周りの景色もしっかりと楽しんでくるつもり!
もちろん、
目標は、「コシアブラ」をゲットして、その日の夜に「天ぷらうどん」を食べること!?

これからもママさんの内容豊富なブログ、楽しみにしています。
どうぞよろしく!


ひろさん
コシアブラはもちろんですが、野いちごの花がいっぱい咲いていましたよね。あのいちごも絶品だと思います。香りも、味も・・・。
一つ、注意は先客の蟻を一緒に食べないことです。蟻は辛いですから。ジャムにしてもいいくらいいっぱい咲いていましたね。栽培していますが、虫が少ないのかいい物が出来ません。つまんないです。一昨年は京都のしょうざんの近くでみんなで食べました。やっぱ美味しかったです。
小谷山楽しんできてください。

 コシアブラって、山菜ですか? どんなのでしょう? 食べてみたいな。歴史より食い気に走ってしまいました。
 クーのママさんはお茶摘みですか。お天気が良さそうだから、よかったですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 湖北写真館 滋賀県 | トップページ | 信長の城 中島砦 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ