« テニスと白いギンパイソウと・・ | トップページ | 読書 佐藤優著『獄中記』 »

持田古墳の続き・・・

 先日持田古墳のことを書いたら、高校の先輩田中等氏から早速情報を戴いた。内容は・・・
ブログにある持田古墳からの出土した鏡ですが、あれは盗掘されて関西で売りさばかれたものの一つです。
一度、故吉本町長のときに高鍋美術館で持田古墳展を開催して持田古墳出土の鏡も里帰りしました。

吉本町長は、一度帰ったものは二度と返さないと語っていましたがどうなったのでしょうか。
新聞で問題になったこともないのですんなり(泣く泣く)また盗掘された経緯が分かっているのに返さねばならなかったのでしょうか。
吉本町長の話では持田古墳は北斗七星の配列で古墳が並んでいるのだそうです。
持田古墳から高鍋の再生を描かれていたロマンチストでした。

 故郷から離れて久しいことを実感する出来事。当時の私は、パソコンは持っていたが、ネットは繋いでいなかったので今みたいに情報を集めるすべも知らなかった。今は違いますから、またしてもネット検索・・・。楽しいですね。間違った情報があることも承知でネット検索しました。ありました。2000年1月~3月にかけて開催されたようです。

南方手帳・SFと日本古代史 に

景初四年鏡多くのなぞ
   宮崎日々新聞 2000.3.4.

徳島文理大教授・石野さん  持田古墳群出土品で講演

として載っています。最後だけ引用させていただくと

最後には「(古墳時代全盛の)南九州の人はきっと海洋民なのだろう。海外貿易商がいたと考えられればいいが…」と、海上ルートで盛んに交易する古代高鍋人の姿にも言い及んで、考古学ファンら約三百人が埋めた会場を沸かせた。

古代へのロマンがぐーっと広がりました。

 持田古墳の展示がされた高鍋美術館の話題をもう一つ。現在行われている高鍋美術館長の絵画個展の記事が宮崎日日新聞に掲載。これも思いが深いですね。

 今日の花。 息子が一眼レフで撮ったニーレンベルギアとハンギングバスケット。ハンギングは一週間でカットして、3週間後くらいになると見ごろになる予定です。Nirennberugia1 Dsc08388Dsc08389

お願い

ここにコメントを残してくださる方はせっかくですから
ご自分でブログやHPをお持ちの方はそちらのURLを貼って行ってくださいね。★★★メルアドの記載は必須条件にはしていません。
Hudeaikon
よろしくお願いします。

« テニスと白いギンパイソウと・・ | トップページ | 読書 佐藤優著『獄中記』 »

宮崎」カテゴリの記事

歴史 」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« テニスと白いギンパイソウと・・ | トップページ | 読書 佐藤優著『獄中記』 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!
無料ブログはココログ

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴