« 読書 佐藤優著『獄中記』 | トップページ | 有松まつりに歩く!(名古屋市) »

彫刻展 空港展と加藤正行個展と

 2007宮崎国際現代彫刻・空港展 リゾート空間のオブジェたち がはじまった。

開催場所:宮崎空港1Fオアシス広場
開催日:2007年6月3日(日)~6月17日(日)
小品を主体にしあ国際彫刻展を、国際リゾート宮崎の窓口である宮崎の空
の玄関口である宮崎空港オアシス広場で開催。国内作家50名・海外作家18名・計68名の参加。

 早速、日向人さんから、写メールが届いた。田中等氏・奥村羊一氏・加藤正行氏・の作品と?氏の作品。200706031102001200706031053000200706031143000200706031101000

 

加藤正行氏の個展
それに刺激を受けて、知立市の 画廊じゃらん に出かける。下準備があったとはいえ、間違えずに画廊までいけたので気をよくした。知立駅は乗り換えによく使うが、駅の外に出たのははじめて。

 ご夫婦で迎えてくださる。場所に合わせてあるというが、小品が並んでいた。値段も付いていた。途中3名の方がお見えになる。空港展のシリーズ作品?がいいですね。奥様は友だちがお見えになるというのでいらしてたのだと。ご夫婦に 会えるなんて・・・嬉しい。奥様がおいでになるからか、加藤さんあまり話されない・・・?が、空港展の懇親会を楽しみにしておられた。今年は搬出の日になっている。もう一組、中日新聞を見て来たという人があった。加藤さんは愛・地球博にも出展されていた。確かに覚えがあった。奥様と話が弾んだ。楽しいご夫婦だった。加藤氏の作品が設置してあるリストがあったので、今度出かけてみようと思う。写真は「天空の河 06」  と 「水景 池 鯉 鮒 07」0601_1 Dsc08396 

 宮崎国際現代彫刻・空港展のweb gallely が公開されましたよ。それからね・・・奥村さんの楽しそうな画像を公開します。200706031129000 日向人さんから送られてきたものです。空港展を応援するブログ・・・日向人の日記 

« 読書 佐藤優著『獄中記』 | トップページ | 有松まつりに歩く!(名古屋市) »

優しさ・癒し」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

コメント

そちらも良かったようですね。?氏のは、田中さんが固定するのに苦労されてたフィギアです。テグスで固定してありました。その他急いで台を作られたものなど苦労された様子がうかがえました。彫刻に触れるようになってから、形が解からないようなものもあまり抵抗がなくなり、面白くなってきましたね。

最近、彫刻にハマっていますね。後、石の種類が解ってくると面白そうですね。今日、日本書紀の講座の後の勉強会で、阿蘇のピンク石の話があってね、九州がピンク石の産地なのに、ピンク石の石棺が九州で見つかってないそうな・・・。何故?売れるから売ったのか、貢物として畿内に送ったのか・・・。わけ分からんことばかり。持田古墳の石棺って、何の石かな?
加藤さんに聞いたら、東海では石彫展はけっこう開催されているようなので気をつけて見ることにします。街中の像や、石の作品もね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 読書 佐藤優著『獄中記』 | トップページ | 有松まつりに歩く!(名古屋市) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ