« 寺原 連敗止める! | トップページ | 九州物産展 名古屋駅高島屋 »

近江八幡を訪ねる!!

 6日(水)いい天気になる。園芸友の会の小旅行の日です。会員数が減ってしまって、参加者を集めるのも大変らしい。『近江商人の町 あきんどの町並み散策と水郷めぐり』に参加する。

HatimanguuDsc08525   10時半ころ、近江八幡市に到着。日牟礼八幡宮にまずは参拝。古くからこの神社は八幡商人の信仰を集め、左義長まつり、八幡まつりは全国的に有名です。社宝には「安南渡海船額」をはじめ、重要文化財が多数有ります。千年の歴史を誇り、広大な森林にはエノキやムクが生い茂り、楼門の見事な寺院です。 彫刻はなにかないかと探したら、馬の像がありました。近江八幡は豊臣秀次が作った町。悲しい最後を遂げる秀次ですが、この町では平和な町づくりに情熱を燃やした武将として大事にされています。八幡ケーブルで登っていくと、村雲御所瑞龍寺に、秀次が祀ってあるそうです。そこに秀次の銅像もあるらしいが、今回時間がなくていけません。残念!

 八幡堀。Hatimanbori1Hatimannbori Hatimannbori2 Hatimanbori3  Hakuunkan

白雲館は、明治10年(1877)に八幡小学校として建築された。八幡商人や地域住民の人々の熱意と協力で当時6千円(米が1俵1円34銭)の費用をかけて建設されました。明治十年の児童数は男115人女117人 計233人と記されています。 - 中略ー 白雲館の高札より

 瓦ミュージアムも行ってきました。入館料は300円。大きな鬼瓦などたくさん展示されています。秀次の作った八幡城の金箔の着いた瓦も割れてはいますが有りました。京都では秀吉の建てた聚楽第跡でも、同じような瓦が出ています。中に展示されてるパネルに瓦の産地が乗っていました。九州では、宮崎瓦の名前があります。えーっ・・有名なのかな・・・・。Kawaramujiamu1 Kawara1 Kawara2

 食事の後は、水郷めぐりです。静かで、何も考えずに、揺れる船に体を預けて、のんびり過ごしました。まさに、別天地でしたね。ヨシキリの声やウグイスの声が聞こえます。もう、終わりというところで、カイツブリが蛙をくわえていました。自然界の掟は厳しい・・・。 上の写真の左手の山に安土城があった。 Aduti_1 

Nisiko2_1Nisiko_1

« 寺原 連敗止める! | トップページ | 九州物産展 名古屋駅高島屋 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

歴史 」カテゴリの記事

コメント

私はただ一度、高校の同級生が居ましたので行きましたが観光ルートは知りませんでした。千葉で先日行った佐原も商都でして、やはり、水運で町が発達したところですネ
近江商人の本を読みますと、天秤棒を担いで江戸から松前の方まで、歩いて商売したそうですネ 先人の偉業は大変なものです。生憎、その血筋を引いていませんので、平凡な人生です。
うまくアヤメを入れて、撮られていますネ

近江八幡の堀でスケッチをしておられた人に話を聞きました。観光ボランティアをしていたということで、秀次の話、秀次の城のことを聞きました。いいところですよ、引っ越してきませんかって!!!
景色だけでなく、お人柄もいいんでしょうかね。yuuyuuさんどうして滋賀県を出られたんですか?
観光水郷めぐりの手漕ぎの船頭さんが、優しい滋賀言葉で案内してくださり、良かったですよ。水郷めぐりは2回目です。以前は船着場に、お土産も売っていたんですが今回はありませでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寺原 連敗止める! | トップページ | 九州物産展 名古屋駅高島屋 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ