« 先頭打者にホームラン・・・ | トップページ | 信長居館発掘現場 »

金華山 岐阜城へ

 鉄道に乗っても、観光バスに乗っても小高い山の上に見える岐阜城(信長が居城にする前は稲葉山城とよばれていたとも)にやっと登ることが出来ました。ずっと行きたいと思っていました。以前、ケーブルカーが止まっていた頃にも歩いても良いから登りたいと思っていたものです。(その頃は若かった)ケーブルカーに乗れば5分もかからずに到着します。ケーブルカーの窓から見える長良川中々きれいです。鵜飼で知られる長良川です。

 現在の城は昭和31年に鉄筋コンクリート造り、3層4階建てとして復興されました。平成9年には大改修を行い、岐阜市のシンボルとなっています。

 ケーブルカーを降りて7分歩くと有りましたが、ちょっと7分では無理だったかな。周りは大きな岩が迫ってくるきつい坂です。岐阜城も城に向かって右側に道が延びています。これって小谷城の時に聞いた敵の攻撃をしにくくするってことでしょう。信長側は横矢掛かりを置いたんでしょうか。城は合理的に作られていますね。

 しばらく行くと一段と高いところに城が見えてきます。美しい城でした。永禄10年(1567年)織田信長は木下藤吉郎の活躍により稲葉山城を攻略します。信長は地名を岐阜と改め、城も岐阜城としました。信長は尾張より岐阜が好きだったらしく家族とともにこの城に住んだそうです。戦う為の城ではなくて基本的に居住空間なんだそうだ。それで発掘現場の名前も信長居館発掘となっているんですか。資料館の中には鎧やカブトが並んでいます。ケーブルカーに戻るのも急な階段はありますから、それなりに大変でした。K1_2 Siro1

Sora1

Syati1

Siro2

« 先頭打者にホームラン・・・ | トップページ | 信長居館発掘現場 »

歴史 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 先頭打者にホームラン・・・ | トップページ | 信長居館発掘現場 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ