« 読書会は『ミステリアスセッテング』 | トップページ | テニスとプロ野球・・・ »

折戸城跡(愛知県日進市)

 まずまず過ごしやすい日。明日からまた雨の予報。
抜け毛の多いグレムリンのシャンプーをする。抜ける抜ける・・・もしこれが人なら危ない?くらい毛が抜ける。グレムリンはパソコンの上が好き。ノートだと開いてあるとキーボーの上で一休みするので大きな声で叱る。使ってない時は安心してお昼寝。

 ネタ切れなので去年行った日進市の話を・・・。

 名鉄日進駅前から、北の方へ登る感じで歩くと、大きなお寺の屋根が見える。何かありそう。立派な屋根は宝泉禅寺泉浄苑とある。表に不許葷酒入山門とあり、裏には、天保九年九月とある。(1838年かな。)あとは分からない。ネット検索しても何もなかった。

Rikisi 左のほうへ行くと、かわいい石像が見えてくる。写真
お相撲さんの像です。お寺と石像の間に階段が伸びている。
これを登ると八幡社があるが、途中に「折戸古城跡」と「開墾記念碑」と書いた大きな石碑を発見。折戸城跡碑には、吹上城と折戸城のことが書いてある。開墾記念碑の裏には南山御料地 -中略- 昭和6年10月建之と。ほかに昭3年と書いた石灯籠もある。頂上まで登る。見晴らしがとてもいい。典型的な山城かな。元気なじいちゃんたちがグランドゴルフをやってみえる。早速、インタビュー?「こんにちは、ここが城跡ですか。」「いや、ここじゃなくって、もっと西の方だって言う人がある。」って。後でネット検索したら書いてありました。そこにも石碑があるって。「折戸城史があるから見せてもらうといい」とも言ってくださる。反対の方角の階段に、敬宮親王御誕生記念の石碑がある。降りていくと、造営のあゆみという石碑が。

八幡社神域・北参堂その周辺をかねてより環境整備したかった。そこに、皇太子殿下ご成婚奉祝の好機を得たので、その記念事業として立派な竣工をすることが出来た。って意のことが書いてあり感激する。史跡は残してくださいね。
保存するのに地元の人々が積極的に参加してみえていいなぁと思う。

町の人々もすれ違うだけの私に挨拶してくださり嬉しかった。名古屋市のベットタウンとして、発達してきたが、田園風景が広がるいいところだった。

 古代遊学会のI野さんは毎回この駅からみえているのかな。朝何時の電車なんだろう。近くでも時間ギリギリに飛び込むのに・・・I野さんには頭が下がる。

« 読書会は『ミステリアスセッテング』 | トップページ | テニスとプロ野球・・・ »

愛知」カテゴリの記事

歴史 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 読書会は『ミステリアスセッテング』 | トップページ | テニスとプロ野球・・・ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!
無料ブログはココログ

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴