« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

8月もおわり・・・

 今日で8月もおしまい。月末はちょと忙しい。そこにCADの仕事が増えた。午前中・・・やっとそこそこの図面が1枚だけ出来た(~o~)。後2枚難しいのが待っている。

 支払いがあったので、銀行と郵便局へ。郵便局の看板?がのマーク以外は見えないようになっていた・・民営化の準備が確実に進んでいるようだ。9月30日にはATMは休むと案内してあった。うっかり忘れてしまいそうだ。金利が上がったので、定額貯金を預け変えるといいよと言う人があったので聞いてみたが全部がそうとも言えないようだ。今度金利が上がったらもう一度考えることにしよう。わずかでも大事なへそくりだもの。

 愛知県でも大雨が降った所があるようだが、ココは降っていない。今は晴れ間も見える。

というわけで今日は忙しいので終わりです!!

Dsc01102 今日の花は ムラサキナツフジ です。初夏にも咲いたが今の方が蕾がたくさん付いている。色が濃い紫で印象的。これも昨日までの暑さの中ではくどい色に感じたが、涼しくなったら秋の色だと認識できる。

気温が下がっても・・・やっぱ暑ーい!

 今朝は気温が低くてしのぎやすかったが、朝早いうちだけ。すぐに湿度が上がって相変わらずの不快指数でした。

 テニスに行くと、2回続けてお休みだった、tanakaさんが見えていた。でも、手首に白いものを巻いていた。じん帯が伸びたんですって。テニスやりたくってみえたんだが、丁度居合わせた看護師さんに「私ならも少し大事にするわ」の言葉でしばらく休みにされるようだ。じん帯は伸びてしまうと元に戻らないので、手術した方が早いよーとも言われていた。その看護師さんはテニス肘で半年テニスを休まれたことがあるそうだ。若くないことを実感するわwww.

 今日はダブルス形式の最終日、男性がコーチを入れて4人、女性も4人だったのでミックスダブルスの練習試合になった。じゃんけんで組合わせを決める。6試合やった・・・5勝1敗だった。最後に負けた・・・もう一試合勝っていればパーフェクトだったのに・・・・。来月のテーマは サーブです。

サーブを打つときの注意点、サーブが決まらない人は、ボールを上げる指先を意識すること、なんでだったか忘れた (笑) 情けなーい。教えてくれるコーチもこのブログを読んだら、私以上に情けなーいと思うだろうなぁ。m(__)mすみません!

 コーチのブログに、来る9月22・23日のテニスの日のイベント会場の下見に行った話が載っている。静岡県のつま恋ヤマハリゾートに行ってきたと・・・。つま恋といえば・・・フォークソングの吉田拓郎とか思い出してしまう・・・・。私ってやっぱおばさん・・???去年の夏、町内で掛川に行った時にバイキングランチを食べたところ・・・。きっと同じ場所。

高千穂の木花開耶姫像 救出

 朝の東海テレビのニュースで 宮崎県の高千穂の木花開耶姫像が昨日”救出”されたと放送された。よかった。 \(~o~)/ 平成の「天の岩戸伝説」“消えた女神”救出劇として・・・。すごーく ロマンチック。Sa360038 あわてて携帯電話で写真を撮ったが、放送された事実が分かるだけの写真になってしまた。(苦笑)女神像の持ち主は、着いた泥を優しい手つきで落とされていた。

 制作された彫刻家田中等氏の7月7日の日記に消えた時の詳しいことが書いてある。今回、うつ伏せで発見されたと言う女神は傷一つなかったらしい。ただ、指先のブロンズが剥げていたと。最初は盗難されたのではと報道されたが、大雨で陥没したのだった。その後何の話題にもならないのでずっと気がかりだった。救出の費用はホテルが出したとか・・・。きっと平成の女神は恩返しをしてくれるだろう。

 せきがはら人間村サマーシンポジウム2007のホームページが完成した。やった!!写真をいっぱい撮ったんだが、戴いた彫刻MAPを見てみるとまだまだあるらしい。今年のテーマだった新妻実氏の彫刻などが違う工場にもあるらしい。なんだか関ヶ原に宿題を残してきた気分。

せきがはら イベントのHPを作る

 せきがはら人間村サマーシンポジウム2007のホームページを作ってみたが、1ページしか出来なかった。Niizuma Gardenです。

 忙しくしてると何かと用事が出来たりしませんか。いつかの CADの仕事が始まってしまったんです。とても面倒なんですよね。これが・・・・。優しい図面をお願いしたんですがちょっと心配!

 暇だからとやっと買った 青春18きっぷも使わなくちゃいけないし。

HPの2ページ目 せきがはら人間村サマーシンポジウムNO2も作りたいし・・・。忙しい時は何かと重なるんですね。どうやって頑張ろう!

 今日はとりあえずおしまいです。(-_-)zzz 

青春18きっぷ 彦根と関ヶ原と

 このネタで3回もブログの更新が出来るとは・・・。よだきぼ(ぐうたら・・・?なまけもの)のやりそうなこと。(苦笑)お会いした人のことなど書いてみたい。

 朝 8時20分に大高駅出発、金山で特別快速に乗り換えて、米原で乗り換えて彦根が10時前。米原駅で乗り換えた時の隣の席の方が有効に18きっぷを使ってみえた。大垣にお住まいだとか。彦根はたねやの洋菓子が美味しいからと買いに来たと。その後、長浜の黒壁スクエアに行って、そこらで明治初期の茶碗を見られると。まだ続きがあって、(これじゃ青春きっぷの意味がない。普通にきっぷを買った方が安いので)最後は娘さんのいる名古屋に行かれるそうだ。そーこれでなくちゃ!これで大垣までもどれば、お釣りがくる。青春きっぷは一枚あたり2300円だから、800円くらいの得になる。金額もそうだが、乗り降りが自由なのが嬉しい。

 彦根でゆっくりすることなく、関ヶ原に着いたら12時半。観光案内所で地図をいただいて、ボランティアのおじいさんに関ヶ原製作所の道順をきいたらほんとに、親切に教えていただいた。駅前にボランティアさんが居て下さって感謝。その辺をぶらぶらして、ランチをと思うが中々見つからない・・・関ヶ原製作所を通りすぎて、古戦場跡の方へ行って、喫茶店に入る。その店のママさんが(それなりにお年かな)優しかった。従業員さんにも優しかった。

   1時過ぎていたからか、今の時期の見物は大変だから、ゆっくりするといいよって。気持ちに甘えて、しっかり涼ませてもらった。家康の陣地跡などお聞きしたら、外に出て・・・とても暑いのに・・・。バイパスの向うに見える松の下だからと教えてくださる。バイパスは車の通りが多かったけど、その合間を縫って行くようにと、車が切れるのを一緒に待ってくださったり、工場に行くのも戻らずに行けるからと親切に教えてくださる。人はいいなぁと思う瞬間です。蛭川でも皆さん親切でしたが、関ヶ原でもお会いする皆さん(工場の守衛さん・美術館の人など)、あったかくて・・・人間バンザイって思います。彫刻家さんも、もちろん素晴らしい。ゴマすりではないですよ。(笑)936_2934_2

彦根城下 発掘調査現地報告会

  あまりの暑さに買いそびれていた青春18きっぷをようやっと手に入れて、彦根・関ヶ原と出かけてきました。関ヶ原は昨日アップしましたが。881彦根城は春の青春18きっぷでも行きました。駅前に874、彦根35万石初代藩主 井伊直正公の銅像がありました。歴史上では桜田門外の変の井伊直弼が有名ですが・・・。

  現地調査報告会というのに憧れていました。なんだか学者さんみたいでしょ???岐阜公園の信長居館あとは、時間を決めての説明ではなく臨機応変に対応してくださるものでした。今回は京都新聞や滋賀新聞?、もっとテレビでも放映されたらしいです。11時からの報告会に暑い中100人以上の方が見えていました。

 中に戸塚家のご子孫のご婦人が、テレビで見たからと来ておられました。少しお話を聞くことが出来ました。

 特別史跡 彦根城跡 重臣 戸塚家屋敷跡 発掘調査現地説明会です。配られた説明書きをまとめて一部だけ紹介します。

はじめに
 今回、校舎の耐震工事等に伴い江戸時代における遺構の状況を事前に確認するために、発掘調査を実施しました。
 調査の結果、彦根藩重臣の屋敷の一部や、それに伴う雨落ち溝・漆喰製枡などの遺構が明確に残存していることが判明しました。902

今回の調査は、県立彦根東高校グランドに位置し、彦根城跡の中濠(堀)と内濠(堀)に挟まれた重臣の屋敷跡の一角にあたります。

絵図や文献などから分かっていた調査地の性格
 「御城下惣絵図(ごじょうかそうえず)」(1836年作成 )には、戸塚家(中略)の邸宅として描かれています。
 明治22年に彦根東高校の前進-滋賀県尋常中学校が移転してきて、以降は学校用地として使用され現在に至っています。

 現地に立つと、三段階に掘られていて、一番深いところが江戸時代前半期、次が江戸時代後期、坂本龍馬や井伊直弼の時代ですねっと。一番浅く掘ってあるところが明治時代。889 

 城から一番遠い場所に台所から出たゴミを埋めていた穴が見つかり、貝殻などが見つかったと。牛骨の話はなかったので見つからなかったんだろう。牛肉を食べたとしても、骨付き肉ではなかったのかな?903

まとめ
 「御城下惣絵図」によれば、今回の調査区のさらに西側には11代藩主直中の庶子-通称「筑後様」の屋敷が存在し、北側のグランド一帯も重臣の屋敷が軒を並べていたと考えられます。
 調査の結果、絵図から推定されていたとおり、調査区には彦根藩重臣の邸宅が残っていたことが判明しました。彦根東高校では今回とあわせて3回の調査を実施しましたが、いずれも江戸時代の遺構が発見されており、彦根東高校の地下には、彦根藩300年を支えた重臣たちの屋敷が立ち並び、今でも良好な状態で遺存していることが出来ました。

 見つかった食器は肥前の有田焼・美濃の瀬戸焼など大量に流通しているものと。井伊直弼が特に力を入れて作らせていた磁器で、鮮やかな色と細かな筆致の湖東焼だそうです。湖東焼の発色を出す為には、中国からコバルトを輸入していたとか。地場産業を盛んにするためのこだわりが凄いですね。898

 長くなってしまいました。最後にお知らせをコピーします。

企画展 「城と城下町」
 場所 滋賀県安土城考古博物館
 内容 彦根藩の膳所藩の城と城下町の成り立ち、歩み、城下に住む人々の暮らしをご紹介

 会期は9月9日まで

せきがはら人間村サマーシンポジウム

 967 関ヶ原で行われていた “せきがはら人間村サマーシンポジウム2007”の案内をいただいたので行ってきました。天下分け目の戦いが行われた関が原ですが、今回は歴史はちょっとだけ、家康が首実検をしたところとか。(よだきぼは家康が好きではありません。というより若い時はいざ知らず、豊臣家を滅ぼす時の国家安康の鐘のいちゃもんの付け方などなど・・・大嫌いなのです。)

 関ヶ原の町に石彫があったので面白くて写真を撮っていて、シンポジウムに遅れそうになりましたが、杉本準一郎先生が途中で案内をして居られて助かりました。聞くところによると、名古屋時間ならぬ(宮崎では日向時間と言ったもんだけど)関ヶ原時間らしくゆっくりしていました。予定ではNIIZUMAGARDENオープンセレモニーで杉本先生の挨拶と有ったんですが・・・どうなったか部屋の中にたくさんの人が居られました。

 美術館らしきところの2階で、「対談・新妻太と愛弟子橋本康彦」が始まりました。司会の加藤氏と会長?氏の4名で始まったんですが、東京から見えたという息子さん新妻太氏はご挨拶だけ・・・。後で杉本氏が方向が違ってしまったので太氏の出番を何とかしたいと困ってみえた。杉本氏は真っ黒に日焼けされていました、今回はまれに見る気温、上天気でしたから・・・ネェ。

 1051対談が終わると皆でNIIZUMA GARDENを見て回りました。普段は木彫の橋本氏が新妻実氏の顔を彫られたそうです。えーっ 新妻氏って岡本太郎顔負けなのかな・・・。それにしても会場になっている、関ヶ原製作所には今回のものを含めなくても、50体以上の作品がありました。工場の中はいつでも見学出来るそうです。ただ、平日は危険が多いらしい。秋にというか涼しくなったらゆっくり見て回るのもいいかも。彫刻を引き立てる芝生が見事でした。

 杉本準一郎氏に近持イオリ氏(田中等氏から紹介された)を引き合わせていただきました。有難うございました。近持氏は日向現代彫刻展に何回も参加されたようです。関ヶ原製作所の西工場に入ってすぐのところに近持氏の作品がありました。

 皆さん笑顔で親切に迎えていただきました。感謝です。彫刻家に悪人はいないと聞いていますがその通りのようです。作品が多いのでまた、HPをアップしたいと思います。今日は少しだけ紹介します。
関が原製作所 http://www.sekigahara.co.jp

1050_2968

973_21028_4 992 993

 上から?次は工場の入り口にあった、「レディバード」ピエール・セーカリー 「維新の像」近持イオリ 「新しい世界旅行の始まり」杉本準一郎 そして・・・これこそが今日の主役 「NIIZUMA?」タイトルはまだ聞いてなかった・・・。新妻実氏の顔 橋本康彦 (息子さんの太氏は彫りの深いイケメンだったが・・・)

追記 
関ヶ原には 別に関ヶ原石彫シンポジウムというのがあるらしいので、紛らわしいので、タイトルを変更しました。関ヶ原石彫シンポジウムはこちらのアドレスからどうぞ。http://www.ginet.or.jp/sekigahara/rekishi/reki3.htm

もう一つ、株式会社関ケ原マーブルクラフトの企画するシンポジウムもあるようですね。

今日のテニスは疲れた!

 朝4時くらいから大雨・・・洪水警報が出る。のらたちどうしてるかと思いきや賢い猫たちでした。風が吹いてなかったので、ちゃんと濡れないところで休んでいる。雨が降ったので今日の最高気温は30度を割る。

 そんな涼しい中テニスの日。湿度はかなり高かったとみえて動き始めるとやっぱり汗・・・。それでも風もあって動きやすかったです。今日は振り替えの人2人、体験の人が1人・・・レギュラーメンバーが3人、マックス9人だったのにね。男性が3名です。

 振り替えの女性と体験の女性がとても上手だったので緊張しました。強ーいので油断できません。我々はエンジョイコース、るんるん気分でテニスを楽しんでいるのでちょっと・・・かなわないかなーと。

 練習試合で私たちに業を煮やしたのか、ふたりを相手にコーチが1人で対戦。ふーん・・・コーチ何やってんだろう。いい試合展開になったがかろうじてコーチの勝ち。コーチさすがですね。

 私は中々歯がたたずに悔しかった。やっと一勝だけ。はーーーぁ・・・・ 今日は疲れた!!道場荒しかと思った。

 帰りにイトーヨーカドーに行くが、手頃な服はチュウ国製。なんかな今ひとつ買う気になれずに帰宅する。日本に輸入されている服は検査がされているのでホルムアルデヒドも大丈夫らしいが・・・まぁいっかと思ってしまった。チュウ国製品今日も機関車トーマスのバケツの持ち手の木の部分に鉛が検出されたとか・・・ニュースで流れている。

甲子園は魔物が住んでいる?

 夏の甲子園、決勝戦。広陵高校対佐賀北高校。甲子園には魔物が住んでいると言われるが、今日こそは魔物が係わったかも・・・。まさかの満塁ホームランで、佐賀北高校が逆転勝ちで優勝!!アナウンサーが県立を強調していたが、最近では珍しいってことかな。息詰まる接戦、力をもらった甲子園。球児のみなさん有難う!!

 昨日のプロ野球・横浜戦。やっと・・・一ヶ月ぶりで勝ち投手になった寺原隼人投手。それも完投で勝ち投手です。とっても嬉しい。何故テレビ中継はないのかな。寺原投手おめでとう。昨日は丁寧なピッチングだったと今日の朝刊で見た。本人は途中で点を取られたことを反省していたようだ。すんなりとは勝たせてもらえなくて、5回とか途中で投球が甘くなるのか、相手が強いのか点を取られることが多いよなぁ。でも、10勝にリーチ・・・。このまま登板していけば10勝は軽いよー。ガンバレ寺原投手!!

 東国原知事→甲状腺に**が見つかる。一大事ではないですか。それにしてはお元気そうで何よりですが。何があっても県民は・・・県民でない私も応援します。良性であることを心から願っています。それにしてもこの半年よーやるわぁーと感心しながら、尊敬の念を強めています。

 今日の花はほととぎす。中国産の桃源。去年より色が薄い。 ホトトギスの特徴の点々がない。何故この花がホトトギスと呼ばれているか。鳥のホトトギスの胸の模様に似ているからとか、なのにその柄がない・・。Dsc00308174

読書会 『山椒太夫』

 読書会の日でした。課題は『徒然草』と『山椒大夫』森鴎外でした。徒然草200段から205段まで。書いてあることが分かりにくいところでした。一冊の中に現代訳が載っているのでみんなあまり勉強してこないからもっと分からないと・・・。

 『山椒太夫』は、みんなの記憶にいいイメージとして残っていないことが分かりました。最初に『安寿と厨子王』として、絵本・アニメーション・映画でみているんですね。私は小学校で映画で見たと覚えています。母と引き離される・・・お姉さんといじめられるところを覚えていて、読む気も起きなかったんです。それで、『高瀬舟』を読みました。京都の高瀬川が舞台なので、現地を想像しながら読みました。『山椒大夫』は地図をたどりながら読んだ人もいました。映画とかの記憶にあったよりも可愛そうな場面があっさりと書いてあったので一安心でした。

 最近の本は行間のふくらまない作品が多くなっていると聞きますが、今回は行間も、日本語の美しさも充分でした。静かな、雰囲気、仏様を信じる気持ちなど安心して読めました。

 最後にほんとは怖ーい山椒大夫・・・御存知ですか?鴎外が山椒大夫の元にした説教節に登場する場面。安寿を火責め水責めにして殺し、厨子王をいじめた山椒大夫を、丹後の国守になって戻ってきた厨子王が、子供の三郎に竹の鋸で首を引き落とさせたというもの。チョーショックでした!

 次回は9月11日 『おそめ』石井妙子著です。

豊橋市美術博物館 野田弘志展

 第2の目的は、写実の彼方に と題した野田弘志展です。豊橋市美術博物館は豊橋駅からチンチン電車に乗って行きます。吉田城のある豊橋公園にあります。市電の料金はどこまで乗っても150円。

821 初めて来ました。吉田城の土塁に囲まれて緑の中に建っていて環境はいいです。入るとどうも 彫刻が気になるんですね。庭にあるのは問題なく写真に撮れますが、中にある作品は彫刻に限ってということで許可をもらって撮らせてもらいました。許可を得るのにかなり待ちました。奥には石彫もあったんですが・・・また断るのが面倒で諦めました。写真は野外の「二人の友情」 助雄とありました。

 本命の野田弘志展は素晴らしいですね。朝日新聞で連載されていた、加賀乙彦『湿原』の挿絵がきっかけで野田弘志と加賀乙彦のファンになりました。1983年から1985年・・・毎朝新聞が来るのが待ち遠しくって朝早くから起きて待っていました。当時の新聞が展示してあり、文字の小ささに驚きました。817   

 写真と見まがうような絵は教科書にも載っているようで教科書がいくつも展示されています。黒の時代とよばれる作品は実に神秘的です。壁とも闇ともつかない黒の中に浮かび上がる やませみ だったり果物だったり、無機質な鉱物だったり。生きているものと、そうでないものの対比が見事ですね。

 Nodatorinosu『湿原』の挿絵、鉛筆画で628枚、このときの絵の完成度が評判を呼んだとか。丁寧に色んなものを連載されましたから、毎日の新聞をどれ程楽しみに待ったことか。主人公の池端和香子の顔、雪森厚夫を思い出させる手、椿の花、鳥の巣などなど。思い出とともに楽しんで見ました。写真はパンフレットから。

 1990年からは TOKIJIKU(非時)シリーズという連作が始まったと展示されています。白や灰色の背景に、化石や、貝殻、骨、羽、器物などの白いものが描かれています。生命の無くなったものが、はかなく美しくそこにあります。最近は写真と思えるような、裸婦を描いていると、いくつもの裸婦の絵がありました。写真より美しいものでした。

 写真があるから写実画はいらないのではということがあるようですが、これらの野田作品は、写真を完全に超えていると思いました。写真では死角がありますが、野田作品にはそれはないと思えます。

 観光葉書のような風景画、これも曲者かなぁと・・・。絵だけを見ても切り取られた、カットされた部分は見えません。理想の風景画なのでしょうか。写真は朝の美ヶ原 葉書よりNodahukei

 ほんとにリアルな絵に感激しました。今回チケットを買いました。(笑)たくさんの作品を豊橋市美術博物館が所有しているようですが、『湿原』の表紙になった和香子の絵は加賀乙彦にプレゼントされたのか、作家本人所有になっていました。

会期は9月2日(日)まで

葦毛湿原に行ってきました。

 欲張って2つの目的を豊橋に作りました。名鉄電車とJRが競合しているので、割安料金の、往復1500円。(平日の往復は1800円)時間は名鉄の方が速いが駅が近いJRに乗ります。豊橋駅からは豊鉄バスで30分弱、390円。そこに愛知県指定の天然記念物葦毛(いもう)湿原があります。一つ目の目的地です。

 バスから降りたら暑いこと、それでも名古屋よりは2・3度は気温が低いはず。冬は1度位は暖かい。豊橋は以外に住易いかも。歩いて15分くらいで葦毛湿原に到着します。帰って来る人に今日の一押しを聞いて見る。なんと言ってもサギソウだということです。7558月の花はこちらから。

 このところの暑さ、日照りで湿原の水が少ないですね。仕方ないけど、植物も元気がないとか、一眼レフを持ったおじいちゃんが嘆いておられました。

 それでも、今日の目当てのミミカキグサは黄色い花を咲かせていました。ピンク色の花をつけたホザキノミミカキグサもたくさん咲いていました。5ミリくらいの花の大きさです。ヒメミミカキグサが咲きそうだとおじいちゃんは捜しています。この花は1ミリの大きさしかありません。何とか見つかったようですが、写真に撮るのは至難の業です。ミミカキグサでさえピントが合いません。何度やっても難しい。ノリウツギはいい感じに咲いていました。759

 黄色いミズギクはきれいでした。シラタマホシクサの蕾が大きくなっていました。アザミも蕾がありました。狭い空間ですが1時間以上現地にいましたが、いい写真は無理でした。被写体が小さすぎて・・・。

 帰りにバスに乗るとき、団体さんが30人くらい降りてきました。これからが葦毛湿原の季節になります。サギソウ・ミズギク・ミミカキグサとホザキノミミカキグサ。0761 807 774   

791

雑感 いろいろ・・・

 昨日の甲子園。日南学園・・・惜しかったなぁ。勝てると 思ったのに。14日に日南学園は良い勝ち方をしたのに、その先輩の寺原、調子悪いなぁ。今が一番のスランプなのかな。ちょっとだけ、二軍に行って自分をしっかり見直したり出来ないのかな。調子悪くっても、先発メンバーの一人なんかな。出るたびに負けてては哀しいよね。
ガンバレ!!ハマの寺原。後輩たちは頑張った。笑顔のピッチャー、○○王子にはなれんかったけど、
いい試合を有難う!

 今日は西武戦で東国原知事が始球式でピッチャーを、キャッチャーを埼玉県知事が、バッターを秩父市長がつとめたそうだが、放送がない。最近はプロ野球の中継はほんとに少なくなった。知事の日記 新そのまんま日記!から。

 今日はスーパーに行かなかった。子供がコンビニに行くというので あずきバーを頼んだ。やっぱり美味しいなぁ。サッパリしていて、最初の一口はカチンコチンに凍っている。扇風機の前で食べるとすぐに溶けるので、背中を向けて食べた。ハハハ・・・

 夕方、つれあいがうなぎを釣ってくるといって出かける。えーっどこにいるの・・。天白川にもいるらしいが、食べれるのかな。ハゼを釣っている人は回遊魚だから大丈夫というらしい。子供が高校生の頃に名古屋港で鱸を釣ってきたことがあった。回遊している鱸は色で分かるんだそうだ。あの時は、美食家の猫も食べたから、間違いなく回遊していた鱸だったんだろう。つれあいは潮がよくなかったと早々に帰ってきた。

 長かったお盆休み+夏休みもあと一日になった。つれあいはビールと冷房付きの昼寝三昧・・・仕事に体がついてくるのかな。

暑さに負けそうで、やっともっている花。空に向かって咲くご近所のディゴ・ジニア・薔薇みたいな八重咲きのポーチュラカ・メランポジューム。Dsc00696 Dsc00735 Dsc00736 Dsc00743

桶狭間のあと家康が・・・

 毎日が暑いので暑いと言っていると動けない・・・風があるのをいいことに大高城址近辺を歩いた。天白川の支流、大高川は満潮で水が多かった。潮が引くのを待っているのか、鷺の仲間みたいな大きな鳥が水面を狙っています。彼らは暑くないんだろうか。

 大高城址の近くにある石碑に津島社とあったので訪ねます。入り口に「大高南部農車道開墾之碑」が有ります。明治13年竣工、明治27年3月建立とあります。狭い道が入り組んでいる大高にしては広い道路がこれかな。木陰の参道を歩いて行くと鳥居が見えてきます。698701地元の信仰が厚いんでしょう。手入れが行き届いています。

 暑いなぁと思いつつ次は大高駅から西へ歩いていくと、すぐに八幡社が見えてきます。面白いことに鳥居の正面にあるのではなくて、鳥居から入ると右手に新しい社があります。元はどうだったんでしょうか。鳥居の正面に拝殿はあったんでしょうね。応神天皇・神功皇后・玉依姫が祀られています。

 歴史も古く 栞を要約すると
大高に遷(うつ)し祀られたのが鎌倉時代の初期1200年ころと思われると。徳川家康が桶狭間合戦の行われた1560年の前に今川義元の命を受け、兵糧が欠乏していた大高城(当時今川方)への兵糧入れを成功させたことは、大高城の兵糧入れとして古来有名だとか。翌1561年、20歳の時、八幡社に参詣ご祈祷をしたようです。そうなんですね。家康はここに来たんですか。信長は来なかったんでしょうか。大高城下では氷上姉子神社に次ぐ名社だったようですし、今でも町民の尊崇厚いんですね。銅葺きの素晴らしい建物を見れば実感できます。706 715 716

 大正年に拝殿・渡殿・鳥居・手水舎などを新築、昭和56年には本殿改築平成11年には社務所の改築を行い平成14年には拝殿を新築し境内を整備し と栞にありました。社の後ろに大木が繁っていていいですね。裏は小学校になっています。近くにある八幡社集会所と書かれた建物は東海銀行だったそうです。

 名古屋の11時の気温は37度?どうりで暑いわぁ。風は気持ちよかった・・・。

39.4度じゃぁ・・・暑いわ!!

 朝から暑かった。日差しは肌に刺さるように熱い?予報は38度。朝は7時過ぎにはどうにもこうにも、近くのゴールデンレトリバもフラフラ(ご老体だけじゃないよね)若いイヌもよそ見もせずに、家に向かってまっしぐら・・・。

 どこにいても暑いから彫刻を見にでかけるぞーなんて思ってはいたけど、ずんずん気温が上がっていくと出かけるという気持ちはすぐに失せた。下調べはとっくに終わっているのに・・・日本の最高気温がでた午後、多治見の町には人影はなかったとか。名古屋も2時過ぎには39.4度。

 彫刻を見に行きたいと思っているのは、私だけではなかったようで、テレビ愛知で特集を組んでいた。夕方のニュース番組のN速ホゥという番組。
 名古屋の謎 道路や公園に彫刻が多いのはなぜ・・・メッセージをさがせ
大曾根オズモールの彫刻・広小路の手が絡まったものなど。恵那市に住んでいる八木麟太郎氏にインタビューしていた。
彫刻をニュースで取り上げる人がいて、嬉しい。折角の彫刻しっかり見て歩きたいなぁ。この暑さはもう少しの我慢。

 この暑さをもたらした、夕陽を撮りに堤防にあがったら、釣りをしていて、丁度・・・ハゼを釣り上げたところだった。天白川をハゼが上ってくるようになったか、秋だなぁと思った。これから10月の終わり頃までハゼが釣れる。689

終戦記念日

 とっても暑いと思っていたら名古屋は先日の記録を塗り替える37.3度だって。夕方散歩に出たYukiがアスファルトに足を着いたかと思ったら慌てて引き返した。その素早さに笑ってしまった。アスファルトは6時でもまだ熱かった。40度を越したところもあったようだ・・・どうやって暑さをしのげばいいんだろうか。

 終戦記念日。靖国神社に小泉さんは参ったけれど。東国原知事は行けたかな。伯父さんの眠る(実態はないが???)靖国・・・一度くらいは出かけたいものだ。身内が犠牲になっている人の数も年々減っているんだろう。戦争の悲劇は語り継がれる大事なことだと思う。お祖母さんの悲しみを知っているものとして。

 Yukiをシャンプーする。先日おでこにノミを発見した。中々とれんくって猫のノミ取り櫛でやっと取った。他にいないか丁寧にチェックしたがいなかった。濡れたYukiは少しだけスリムに見えるが実態は変わらない。そろそろ五種混合の予防注射・・・・太りましたねの先生の声が聞こえた気がした。(笑)

 出かけようと思いつつ・・・暑さに負けている。8月末から9月に入ってもこのまま暑さは続くんだろうか。そろそろ覚悟を決めて出かけないと時間が過ぎてしまいそう。18きっぷの有効期間は9月10日まで。

 井村屋のあずきバーが無性に食べたくなって、買いに行ったのに売り切れていた。この暑さじゃ仕様がないか。例年1億5000本売れているらしい。国民一人が一本は食べていると言う計算をテレビでやっていた。今年は2億本生産の予定だって。このあずきバー 誰でも好きかな・・・ぜんざいを凍らせただけのアイス。これはサッパリで・・甘さも丁度よくて。コチンコチンに凍っている一口目が固い! でもすぐ溶けて柔らかくなる。小豆を煮て風味をつけるのが企業秘密らしい。明日また、出直そう。ないとなったら欲しいもの、手に入るまでがんばろう。井村屋あずきバーのCMはこちらから

 

日南学園初戦突破!

 夏の甲子園大会。 日南学園(宮崎)対 桐光学園(神奈川) じつにハラハラする展開。あーっ 疲れた!! 3時間1分の長ーい試合だったようだが、とても時間の経過するのが早い内容のある試合だった。

 もちろん宮崎代表の日南学園(ハマの寺原の母校)を応援する。1回に先取点はとられるわ、4回には追加点も取られる。5回に追いついて、ホットしたが、その後はどちらも点が取れない投手戦。どちらも二人目の投手に代わったが、9回になっても点が取れない。

 延長戦に入る・・・・。応援するのはほんとに疲れるわ。日南のピッチャーの中崎いい顔、余裕の顔していて好感が持てます。穏やかで慌てる様子も見えない。勝ち進んでけば○○王子は間違いない・・・。つまらんことを考えながら応援していました。

 10回に日南が3点入れたときはもらったと思いましたね。ところが相手も凄い。神奈川代表ですから、10回に3点入れちゃって振り出しに戻るというやつです。えー 日南大丈夫かー。ほんとにハラハラ・・・心臓に悪い。

 日南、桐光ともに鍛え抜かれたいいチームでした。日南学園は11回に4点も取ったんですね。ホームランも打ってね。今度こそいけるぞー。

 桐光学園も負けてはいない。1点返すんですね。でもなー 今度は4点追いつけないだろう。必死の願いといいますか、これだけ頑張ったのに甲子園にサヨナラはないよなー  頑張れ!!桐光学園の攻撃が1点で終わったときは・・・し・ょ・せ・ん・と・っ・ぱ ・・・って嬉しかったです。

 とっても見ごたえのあるいい試合でした。桐光学園の二人目の投手 丸山 よかったです。

日南学園・桐光学園の選手の皆さん感動を有難う!!試合速報はこちら

飛行機からの空の写真!

3075 空が好きな蒼空(そら)さんにコメントをいただいたので、彼にサービスしようかな。(若い人大歓迎 (^o^)/)空の写真で・・・・。まずはマスコットの謎の旅人フー。

2006年9月8日、中部国際空港からMIYAZAKIに向かった飛行機の中から撮ったもの。飛び立つ時に雨が降っているか、曇っている時は美しい雲が見える。雲の間を抜けて青空が見えたときのあの感動は忘れることが出来ない。それからは飽きることもなく空を、雲を見ている。天気のいい時は、下に日本地図???が見えて楽しいが・・・空が最高!!3089_2 3090_2

3094_2 3097 3086

乗鉄・撮鉄写真館ブログは宮崎県を南下中。こどもの国で花に埋もれています。

ホテイアオイにメダカを・・

 少ししのぎやすい一日だった。夕方からホームセンターへ行く。皆考えていることは同じとみえて、お客さんが多い。まずはペットコーナーへ。トイプードルの少し大きいのがサークルで触ってもらうのを待っている。猫がいることは少ないが今日もいなかった。

 春先にもらった、ホテイアオイが大きくなって次々に花が咲いている。液体肥料をいれたので布袋さんみたいな葉の下のふくらみはなくなった。花を咲かせるか姿を楽しむか。花を選んだ、涼しげで美しいので仕様がない。水温が上がらないように、発砲スチロールに入っている。気になるのはぼうふら。時々水を干しているが、一緒に入っている菖蒲の鉢とか、ホテイアオイの根っこのぼうふらは取れない。

 一番簡単でいい方法がメダカを買うことかなと・ホームセンターに来たわけ。1匹50円の黒めだかが10匹で450円だったので買った。となりにヒメダカがいて、白メダカの水槽は空。その隣には白いメダカがいた。これはアルビノ種だというので1匹980円だって・・・・。アルビノは突然変異で色が抜けたもの?目が赤い。3匹いたが、誰が買っていくんだろう。

 最後に秋に向かっての花の下調べ・・・と思ったが苗が少ない。観葉植物も少ない。お盆を過ぎないと秋の花は入荷しないそうだ。Dsc00618 Dsc00621 

 今日は他に、蛾を加えたとかげとメドーセイジにアゲハチョウがやってきた。

というわけで・・・どんなわけ?吉田拓郎の夏休みを聞きました。こちらからどうぞ!YouTubeのサイトからDsc00620 Dsc00400

アクセスカウント間違ってない?

 今朝、この雑記帳を開いて、びっくり。昨日の訪問者数が94。さして面白いことも、話題になっていることも書いてないのに。その勢いが続いているのか、今9時28分で88を数えている。おかしい・・・。このまま行くと、訪問者数の記録がでそう。

 カウントを稼ぎたい時は時の話題は効果がある。このブログに限って言うと、東国原知事がインフルエンザで入院したとき。情報が少ない夕方からアクセスが急に増えて、最終カウントが121だった。この記録は継続中。

 お盆休みになって、皆がパソコンの前に座って、ネットサーフィンを楽しんでいるのかな。花火でヒットしたのかな。

 東京 →19 愛知 →10 神奈川 →8 宮崎からのアクセスは数えていない。(★ 地域別に合計しても訪問者合計数とは合わないが・・・)

 続きはまた後で・・・。これから先は13日に書いています。

昨日の表示されている訪問者数は134(ココログの訪問者数は139)でした。

今までの記録更新しました。

訪問者合計は15000人突破しました。Drink17

訪問してくださった皆さん有難うございました。

これからも広く浅く・・頑張ります。

また、お待ちしています。

花火写真 東海市大池公園

 食事をしているころから花火の音がしてきた。とても気になる。東海市の大池公園の花火大会。堤防まで上がると近所の健ちゃんがお母さんと花火を見ていた。健ちゃんが俺に任せてというので、カメラを渡す。子供は凄い。初めての機種だろうに写すんだもの。健ちゃんにも難しい花火写真。健ちゃんは5年生ですが、パソコン教室に通って、難しいビジネス文書を入力しているみたい。で、カメラも得意???

 花火会場まで、直線距離で6キロ少しある。風が強っくてぶれる。ISOを落とせばシャッター速度が速くなるかも。 最初の一枚が健ちゃんの作品。私の写真も最初はぶれていて、高速道路の灯りが尾を引いている。Dsc00458

530 560 593 595

 風が強くて手ブレして流れ星状になったりした。暗いしシャッター速度が合わないし、中々いいのが撮れなかった。ぶれないように意識して、カメラを構えたので、花火が終わる頃には腕が疲れた!

 健ちゃんと友達がそばで話しているのが面白かった。どちらも勉強は嫌いと言いながら、努力はしているらしい。一人はスポーツは任せてと言っている。健ちゃんは、スイミングと空手をやっている。もう一人は野球部で、テニススクールにも通っている。彼らの努力が報われるような世界であって欲しい。

名古屋は37.2度

 昨日の名古屋の気温は、37.2度。今日の予報は36度。熱に弱い人ならとっくにうなだれているだろう。今日は風があるのでしのげる。昼間は汗を流して夏を楽しめるが、夕方から夜は全然、我慢できなくって冷房に頼る。真夜中まで暑かった。朝も6時くらいまでは涼しい。

 仔猫の写真館。Harumi2 Koneko5 Koharu1 Koneko2 Koneko7 Koneko8 Koneko3 Koneko4 Koneko

胆石は痛い!!

 我が家は今日から10連休。下請け業者は。親会社の言うとおり。仕事があっても、休んでください!と言われると休みになる。いいことだかどうだか・・・。

 鉄チャン息子は 青春18きっぷで出かけたが、つれあいはどう過ごすのか10連休!!休みの間は酷暑日がつづく予報が出ている。休みなので一安心してるようだ。

 去年の今頃は、胆管が詰まって大変だった。黄疸がひどくて、腹痛を訴えてかかりつけの医者へ。次の日も夕方通院。

 医者からTELがなり、「旦那さんね、痛がって居られるから、紹介状を書きます。これから迎えに来て病院に行ってください」

港区の○○サイカイ病院へ。「検査の結果がでました。明日手術します」と聞いたのが真夜中の11時。そー・・・やっぱり。その時は12日の入院で、すんた。胆管は十二指腸につながっているところがゴムのように絞りがついていて、胆汁の出る量を調整しているそうです。そこでゴムを切って、緩めて石だけ取り出しました。見ましたがたくさんありましたね。大きいのが1cmくらい。

 翌月には、胆石を製造する胆嚢の摘出をしました。最近は切開しない腹腔鏡での手術ですから、このときも2週間足らずで退院。薬はありません。ベテラン看護師さんが和食にすると治りますよと・・・。食事の基本は和食。昔ながらの和食ですって。

 何にしても健康が第一です。寝正月ならぬ、寝夏休みでもかまいませんが(ちょっとォー やっぱり・・・嫌だなぁ(笑))元気でね。

 彫刻家さんはじめ皆さんもお酒はほどほどに・・・・。

癒しの写真は・・・。 Yukiのお昼寝とツーショット。こんなYukiとグレは珍しい。 Dsc00300_3 Dsc08826 

テニスコーチはスランプ?お疲れ?

 連日の暑さ・・・今日も35度に迫りそうな日。テニスに出かける。風があって自転車はとても気持ちがいい。

 前のクラスは生徒さんがお二人だけ。私たちのクラスは五人よかった。男性三名に女性は二人。夏休みになって子供さんの小さい人が休みに入られたので、男女が逆転している。もし・・・ふたりだったら、生徒もコーチも大変。

8月はダブルスの練習。まず体慣らしのウォーミングアップ・・・途中コーチが目をシパシパさせている。あとで聞いたら目に汗が入ったと。珍しく汗をかいているコーチ。今日も暑いけど・・・でもねーコーチにしては珍しい。

サーブから打ち合いの練習の時も、ネットしているし・・・一度じゃなくて何回も。ミスが続いた。コーチがミスると気が楽になる・・・。(笑)悔しかったのはコーチのサーブをうまく返せなかったこと。何故・・・。

 今日はフロントが休みなので朝早くから出勤されてるらしい。睡眠不足かな。社長にあったりと最近忙しそうだ。 お盆休みになるので次回、体が動くかな・・・。その間に日課がいちばん変わるのはコーチ。テニスのことを考えなくていい休みらしいから。体がなまるよー、コーチ。いいところ無のコーチでした。

触展Ⅵの案内

 昨日8月8日から富山で始まった 「触展」 は 構成メンバー15組と招待作家1名により開催される・・・感覚による作品鑑賞を可能とする展覧会の在り方を探る触展のHPより) 触れる珍しい?展覧会のようです。案内状が届きましたので紹介しますね。

 触れる作品って何って思いませんか。壊れそうにない彫刻でも日展のように さわってはいけませんと書いた展覧会は、ちょっと物足りないと思うようになりました。触れる展示がしてある、彫刻展は面白いと思いますよ。

Syokuten 今年の招待作家が このブログに度々書いている彫刻家田中等氏なんです。作品にベンガラが塗ってあるらしいです。さわったら・・・その手は真っ赤になるんでしょうか。田中等氏の富山滞在日記はこちらから

触展Ⅵ
富山県民会館 8月8日(水)→12日(日)10:00~18:00

触展 in Fuchu 8月18日(土)→21日(火)日曜・最終日9:00→17:00 月・火・土9:00→22:00

詳しいことは 触展公式HPページからどうぞ。

信長好きにニュース!

 織田信長が最期を迎えた京都・本能寺で発掘作業が行われている。京都新聞電子版がふたつのニュースを伝えた。京都新聞電子版は登録すると無料で配信される。

 ★ 本能寺の無防備覆す 信長が“城塞並み”防御か は こちらから。
 ★ 「本能寺の変」の焼け瓦発見 旧寺跡で 堀や石垣も はこっちから。

城塞が変われば 今までの本能寺の変のドラマの設定が違ってくるらしい。昨年の大河ドラマは舘ひろしの信長が、西部警察みたいに銃を撃ちまくったが・・・まぁあれは別としても、いままでと違ってくると面白いかも。

 現地見学会があれば、一番に飛んで行きたいところだが残念なことに実施されないようだ。マンション建設に伴う発掘調査ということで、公共の土地でないのが残念。発掘調査は土地の所有者が費用をだすことになっているようだから、現地見学の強要も出来ないのかな。

ネットサーフィンをしていて見つけた。イカ天の BIGINの恋しくて。イカ天を正しく、イカスバンド天国 と分かる人は今いくつ位までなのかな。

 久しぶりに今日の花。コバノランタナとホテイアオイ。306_3 377_2  

そしておやつ!半田名物?生せんべい と三重県のおみやげのせんべい。生せんべいは、三枚にはがして食べるのがいいのかな!夏場ははがしにくいなぁ・・・・。ちょっと面倒!! 328

石彫のつどい フィナーレ

8月4日(土)石彫のつどい いよいよ最終日。関係者のあいさつの後、彫刻家さんと石屋さんのあいさつ。彫刻家さんは作品の思いを語られる人があって、ふーん そうか。そうなんだと納得することしきり。

 並んだ完成作品のうしろが、駐車場になっていて背景としてうるさい。作品は今後一年間、置いてあるらしいので紅葉の頃に来るぞー。と思ったので写真がいい加減にしか撮ってない。どうしよう!!ブログに載せる写真がなーーい。はてはて・・・・。241_3 238 248_2  250_3 234_4 252_4 258_3 263_3 259_4

 こちらに製作途中の一部の作品があります。

皆さんお疲れ様でした。そして・・・熱い作品と夏の思い出有難うございました。  来年またお会いします。Zenin2_2

  第17回石彫のつどいが閉幕しました。 と 蛭川総合事務所から更新されました。今年の作品が紹介されています。

石彫のつどい in Hirukawa のHPアップしました。どうぞ 寄って行ってください。感想などコメントお待ちしています。

蛭川の象石!

 8月4日(土)くもり 蛭川の天気予報は弱い雨・・・今度は光が強すぎないので上手くいくかな。JR青空フリーパスで恵那へ行く。

 恵那駅の近くに住む姪と姪の子供たちと待ち合わせ。一人は来るって聞いてたけど・・・三人全員とは聞いてないぞー。特に2年生の悪ガキ。といっても来るだろうなぁとは思っていた。悪ガキがサッカーの練習試合をしているから学校へ迎えに行く。コーチは元グランパスの??ブラジルの人らしい。コーチは一流か。終わるのを待って、ランチを食べて蛭川へ。

 183 見たかったのが象石。自然の造形は不思議だ。象そのもの・・・長い鼻には年輪も刻まれて目、口・・・子供らも喜んでいる。皆知らなかったんだって。この姪は毎年帰郷するのに高鍋町美術館も知らない。興味がないってつまんないなぁと、私みたいに広く浅くも悪くないと思う。

196 蛭川の中心地に和田川に沿って向かって行くと、たくさんのモニュメントが見えてくるが、目当ては尾崎慎氏の人?。 あったあったと車から降りる。子供らも降りる。池があって、大きな口の魚がある。口の中に歯まで見えるブラックバスかと思えるほどの魚があった。188201 207   189

208209  蛭川は蛍が飛ぶはずと水の中を見るとタニシがいる。悪ガキはこんなのが好きだった。 子供らが見たのはジャンボタニシみたいに大きかった。蛍の餌はカワニナのはず。

 みんなが遊んでいる間に、しっかり見て写真を撮って楽しむ。ほとんどに名盤がない。前にも石の町と書いたが、これほどあると素晴らしい。

 狭い道を進んで町中へ行く。212 安弘見神社が見える。県指定の無形文化財である杵振踊(きねふりおどり)のときはこの階段を馬が走って行んだそうだ。みんな祭りの話を聞いて今度連れてきてと大騒ぎしている。

 そのまま、バイパスを引き返すと、石屋さんのパルテノン神殿みたいなのがある。そこを過ぎても一度尾崎氏の人?を撮る。悪ガキが ペンギンねと聞いてくる。そうかな・・・・。遠くから見れば ペンギン???222  216 220 221  

229

安城の七夕まつり

 蛭川の帰りに、金山に戻ってきたのが6時。明るかったのでそのまま家に帰るのが惜しくて、行き先を考えた。

 岡崎は1万5千発の花火大会安城は七夕まつり (安城は日本3大七夕まつりといわれている)をそれぞれやっている。持っているきっぷは、土日使える 青空フリーパス。もし、名鉄の切符が手元にあったら、躊躇なく岡崎に行っただろう。が、JRの切符だから安城へ行くことに。快速電車で二駅。

 電車もかなり混んでましたが、駅はもっともっと賑やかでした。駅員さんが帰りは混みますので、切符をあらかじめ買ってくださいと。切符売り場はすでに長蛇の列でした。

Anjyou4Anjyou1 きれいに飾られた駅前には願い事を書いている若い人があり、飾った短冊がありました。安城駅の構造はかなり面白く高架駅から続いている駅前広場があり、その下でカラオケコンテストや踊ったりしています。若い人がとても元気です。Anjyou3 Anjyou7 Anjyou5 Anjyou8 Dsc00278 Anjyou2

 駅前から続く商店街を歩いて写真を撮っていたが、暗くなってピントがあわせにくくなったので帰ることにした。原則的にフラッシュは使わないので・・・・。駅前は変わらず混んでいる。切符を買う列はもっと長くのびていた。ホームも人が増えている。岡崎に行くのか、自宅へ帰るのか・・・まぁだ7時前です。夜はこれからです。遠くで大きな音が聞こえる。まさか岡崎の花火はきこえないよなぁ・・・。Anjyou6 Anjyou11

 大高駅に降りると大きな音は雷だとわかる。一瞬明るくなるがそれだけで空を飾る光はない。大高駅で知立名物 大あんまきの白餡2個とチーズを2個買って帰る。家に着いてすぐに大雨が振り出した。今日もいい日だった。

七夕祭りは8月5日 今日まで!

 蛭川報告は次回・・・。

塩いかはうまい!!

  胡瓜が豊作、多い時は6本も取れるので、「塩いか」を思い出した。10年くらい前につれあいが友人に「これ、食べたことあるね」とお土産にいただいて以来お気に入りになっている。Dsc00135_2Dsc00137

 昔も今もどこにでも売っているものでもない。ユーストアに売っていると聞いたことはあるが、近所にそのユーストアがない。すこし遠くのスーパーで買ってきた。値段は2匹入っていて、438円だった。

 パンパンにふくらんだお腹の中には塩が詰まっている。写真は抜き出した塩。塩を出して、水洗いし、塩出しをする。このままだと塩そのもの味。塩出し加減が難しい。塩分がなくなると野菜を混ぜても不味い。イカはなるたけ薄く切る。胡瓜も薄く切る。後は混ぜて時間をおくだけ。Dsc00138 みょうがを入れるのも。

 今回塩を抜いていないので、胡瓜が5本入っている。

 つれあいの酒量(実際は沖縄の黒糖焼酎)が増えてもこまるのだが・・・。

 中津川出身のご近所さんが、お酢を入れると美味しいと教えてくださる。蛭川の食卓にも並ぶんだろうなぁ。

 塩いかの思い出と料理方法などはこちらにも・・・。

蛭川は博物館も石だった!

博石館Photo
 博石館は3年前に遠ヶ根峠に植物採集(個人の山)に行った帰りに、これはなぁーにと興味を持ってからずっと来たかった。友人との三年越しの思いが叶った。それも彫刻家の尾崎さんに入り口まで送っていただいたので申し訳なかったがなんだか贅沢な気持ちだった。2

 大きな石の柱が建っていて、ちょっと地震が来たらどうしようとか思ったがそれも、一瞬のことであれもこれもと見学しました。庭石も見えている部分より埋まっている方が大きいと聞きますが、博石館の石が埋まっているとしたら一体全体その大きさは・・・想像したら頭がこんがらがってしまった。(笑)

 93各国から、日本各地から集められた石(宝石の原石なども)がいっぱいあったが、憧れの阿蘇のピンク石はなかった。阿蘇のピンク石はいつになったら見れるんだろうかと友人と残念がった。

 石で作った御伽噺の世界みたいな家は、涼しくって静かで最高でした。結婚式会場の石の夜のイルミネーションも見たいような。ピラミッドは登れたら嬉しいかなって。97105 103102Dsc00100   

 時間がたっぷりあったので、無料休憩所で一休み。名古屋の蝉はうるさーいのに博石館の蝉はそうでもなくていい感じ。気持ちはもちようで変わるもんだと二人で笑った。かわいいぶーちゃんもいた。

 ♥♡♥・・・コネタ
タクシーの運転手さん
Damu  観光案内をお願いしたら困っていたが、大井発電所で福沢桃介のダムですかと聞いたら、一番古いダムですよと答えてくれた。林石材店の場所が分かりにくく、道順を聞いたずっと手前の小学校のところからの料金をサービスしてくれた。(それなりの金額かな???)ありがとうございます!!

天佑稲荷の食堂のおじさん
43  食事をしない(彫刻家の加藤さんはおでんを食べてみえたが)と分かっているのに、冷たいお茶を出してくれた。とっても美味しかった。おじさんありがとうございます!!また縁があるといいなぁ。

林石材店のおばあちゃん
Dsc00024 庭の土用干しの梅を黙っていただいてごめんなさい。どんな飴より美味しかったです。(加藤さんお礼を言ってくれたかな?)

そして彫刻家のみなさぁーん
突然の見学に親切にしていただきありがとうございました。完成作品見に行きます。どうぞよろしく!!♥♡♥ 小さい写真はクリックすると大きくなります。

蛭川は大きな美術館?その2

JR恵那駅の北に見える山をそぎ取ったような紅岩、この麓にある紅岩山荘にランチに行くと、加藤さんが中にも小品が並んでいるよというので、またまた嬉しくなって写真を撮りました。今度は室内だから大丈夫でしょう。きっと上手く写ります。というわけで作品を紹介します。

 ランチ気になる人もいるかな。ランチはハンバーグ定食をいただきました。マーボー豆腐・おいしいうどんがついて840円だったかな。(とっても得したような)なんといっても柔らかいハンバーグにボリュームがあります。定食にはうどんがついてくるんだそうです。先に薦められたところてんを食べなくってよかった。お腹いっぱいになりました。ひれカツもおいしいとか。

1takeuti1_4 2hisida_2 3suzuki 4katounamazu 5suzuki3 6abe 7katousuikei 8endou 9yasuhiro 10ozaki 11huuketu  

石彫のつどいのページに・・・

石彫のつどいをPR~市内に過去の作品を設置しました~と公開されました。加藤正行氏の「再開のリング」は岐阜新聞(7/31付け)でも紹介されました。

蛭川は大きな美術館?

 蛭川の町だけではなくて、中津川市役所などにも作品が」ならんでいるようです。またあらためて出かけてみたいですが、今回は蛭川にあるほんの一部の作品紹介です。20_2 16katou 018 39 

66

37

117 67 64 65 63

82_2  120枚以上の写真を撮ったが道路にあった作品などは全然撮ってない。蛭川の町に思いが残ってしまった。次回は小品を・・・

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!
無料ブログはココログ

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴