« アートヒル三好ヶ丘の彫刻 | トップページ | 戦国時代の高城の合戦 3 »

戦国時代の高城の合戦 2

 1577年島津軍の歴史的勝利で終わった高城の合戦。何故、籠城していた家久・山田らの奇襲が成功し島津軍の歴史的勝利になったのか、奇跡だという研究者もあるようです。このときの島津側の死者は千人以上、一方の大友軍は4~5千人だったとも言われています。務志賀(のべおか)で高城・耳川の敗戦を聞いた宗麟はほうほうのていで豊後国に逃げ帰ったんです。

 大友勢を破った島津氏は北へ進出していきます。龍造寺家を倒した島津軍は九州での敵は、大友氏を残すのみになります。その前1585年に関白になった秀吉も九州出兵したい思っています。賢いのか秀吉は島津に大友との和平を勧告しますが。島津軍は応じません。1586年島津義久はついに大友領内に侵攻します。

 大友宗麟も黙っていません。宗麟は熟慮の末に決断し、行動を起こします。大阪城に秀吉を訪ね、来援を陳情するのです。秀吉は宗麟が九州という遠くから来たことに感激したんですよ。毛利軍や長曾我部元親ら四国勢を豊後に出陣させるんですね。12月に入って四国勢は長曾我部元親が敗死し、仙石秀久は敗走しました。コミック『センゴク』の仙石秀久はこんなところに登場するんですか。仙石の性格はどうだったんでしょうね。

 1586年正月秀吉は九州平定の遠征軍を編成します。
 総動員数25万人・35万人分の兵糧・馬二万頭と飼料一年分を用意し、先陣に宇喜多秀家・羽柴秀長などを日向に派遣するんですね。

 いよいよ2回目の高城合戦。落ちない城伝説はここらから始まります。ほんとに難しい合戦記事・・・明日に続きます。

« アートヒル三好ヶ丘の彫刻 | トップページ | 戦国時代の高城の合戦 3 »

宮崎」カテゴリの記事

歴史 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アートヒル三好ヶ丘の彫刻 | トップページ | 戦国時代の高城の合戦 3 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ