« 戦国時代の高城の合戦 1 | トップページ | 戦国時代の高城の合戦 2 »

アートヒル三好ヶ丘の彫刻

 連休中少しだけ涼しくなったので、愛知県三好町に彫刻を見に行ってきました。市営地下鉄に名鉄電車が乗り入れています。地下鉄鶴舞線が、途中からは名鉄豊田線になります。名鉄三好ヶ丘駅から彫刻は設置されていました。が、地図がないんです。以前見たことがあったので出かける前日にネット上に捜したけど見つからなかったので記憶を頼りに・・・。これが全然当てにならなくって困りました。交番で聞いてもたいしたことは教えてくれなくって・・・。

 1575 Dsc01582 駅前ロータリーに2基ありましたのでそれを写して、歩いていくと馬が、鉄の馬がありました。まるで暴れ馬!!駅から続いている高架になった道路を歩いていきました。左手に見たことのある懐かしい像があります。

 尾崎慎さんの作品です。夏に見て以来の尾崎作品。『展望』と題してあり、製作意図まで表示してありました。人が生きていく為には、一人で生きていくことはできませ ん。たがいによりそい、そして前向きに、常に遠くに目標を持ちながら、また、助け合いながら生きていく姿を表現してみました。この作品がこれから少しでも多くの人々の目にふれ、人と人との和の中で生まれる夢と希望を感じていただければと願っています。 と1990年の作品。台に乗って作品の顔をじっくり眺め、触って感触を楽しんで・・・。16011598 

 暫く歩いていくと子供が石彫に乗って遊んでいました。こんな風景が夢だったなんて彫刻家さんは思うんじゃないだろうかと。彫刻好き?と聞いてみると大好きという答。おばさんも好きなのって言うと子供ら二人が案内してくれるっていうのでお願いしました。Kaze_hikarioto2

 子供らが最初に見せてくれたのが黒御影石の『育む』 伏石シズヱ 1人が家に帰ってプリントした彫刻を持ってきました。家の近くに彫刻はあるんです。これが実際に見て触れることが彫刻好きを作ることになるんですね。大きい二つの石の間に小さな石が三つ・・・これが子供だよって教えてくれます。1606_2 

 こどもらは全部で5個の彫刻を案内してくれました。三好町の彫刻は自転車で走り回るほどの広い範囲に設置してあるんですね。よその学校の子供とけんかになったとか言うので遠くまで連れて行くのが心配になり途中で分かれましたが、かわいい子供たちでした。Ryou君とKouta君ありがとう!!彼らが案内してくれた作品です。1617 1608 1609 1613

 子供らと別れてRyou君のプリントした地図を参考に歩いていくとアートの小径に出ました。それから4作品を見つけました。

 蛭川や刈谷でお会いした、竹内淑浩さんの『飛びたつもの』。製作意図 大空を自由に飛び回ってみたいという空への憧れの想い は、誰しも心のどこかに持っている様に思います。空に向かって飛び立とうとするエネルギーを石という素材を用いて表現してみました。重い石が飛び立とうとするとき、それ自体の重さは一瞬無の状態になり、軽やかさへと変化していく様に思います。重さと軽さ、相反するものを同時に存在させてみようと思いました。1637_2 1626  1640

2時間以上歩いたので今日はおしまい。とてもとても一回や二回で見れる数ではありません。ブロンズや金属など素材は多彩でした。それでもねやっぱ 石彫 が好きかもでした。

 家に帰ってRyou君の持っていた彫刻MAPをネットに見つけました。しまった・・・関ヶ原でお会いした近持イオリさんの作品が少し先にあったみたい・・。残念です。三好町に設置してある彫刻の数は70点もあるんですね。

 レンタサイクルでも借りないことには・・・。帰りに寄った鶴舞公園の緑化センターに彼岸花が咲いていました。1654 1648

« 戦国時代の高城の合戦 1 | トップページ | 戦国時代の高城の合戦 2 »

展覧会」カテゴリの記事

彫刻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 戦国時代の高城の合戦 1 | トップページ | 戦国時代の高城の合戦 2 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ