« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

歴史ブログ

  “膏肓記”が閲覧できるようになっていた。新しい情報はまだなかった。
やっと見れるようになってよかった。薩摩藩や西郷など薩摩藩士にも詳しい。

 宮崎と鹿児島はお隣同志です。西南の役などかかわった人物の墓などもたくさん宮崎の日向市にはあるようです。

 最近気になっているのは、「黒田の家臣」と呼ばれる墓のこと。1862年(文久2年)の寺田屋事件で、捕えられ、薩摩に護送される途中で、細島港外の高島で惨殺された海部宮門・千葉郁太郎・中村主計の三人。

 何故・誰に惨殺されたんだろうか?“膏盲記”に情報があると嬉しいが・・・。

参考資料 宮崎県の歴史散歩 宮崎県高等学校社会科研究会歴史部会 山川出版社

落ち葉

 犬の散歩に公園に行くと落ち葉がいっぱい散っていた。ひときわ奇麗なのが桜の樹下。今年はさくらの葉が多く残っているので紅葉もきれい。

071127_082201 犬をつないで置いて、落ち葉掃きをする。ボランティアで公園の掃除をしているのは84歳のおじいちゃんなのでたまには手伝いをする。広い公園はとても掃き切れるものではない。一部でも片付けば、治安にもなるだろうと。集めた落ち葉はたい肥にすると持って行く人がある。Dsc02915

 ゴールデンレトリバーのゴールドはおとなしく待っている。待てなくなると鳴き出すのでそれまでの時間だけ・・・。今日は落ち葉が多いのですぐに山が出来た。以前なら焼きイモが焼けたが、今は公園のたき火は禁止されている。少し残念です。

 庭の花。    つわぶき・アキランサス・椿。Dsc02908Dsc02907 Dsc02905

2007ユニバーサル技能五輪国際大会

 岡崎のストーンフェアで、2007ユニバーサル技能五輪国際大会 日本代表選手 浦田**岡崎技術工学院 実習訓練とあり実演をしていた。出来上がった作品や図面も展示してあった。熊本出身で21歳。九州の人が頑張っている。 と紹介した石工の浦田選手、大会が終わったとニュースが流れていた。

 テンプレート(図面かな)の審査はトップで通過されたようだった。実技は大変だったようだ。普段削っている御影石と課題の大理石では硬さなどが違うということだった。浦田選手が言っていたが、大理石は柔らかいそうで、御影石は大理石に比べると粘りがあり硬いんだそうだ。浦田選手は大理石を削る機会はほとんどないとも。お師匠さんが言うには、平常心で実力を100%近く出し切れば金メダルも・・と。熊本からでてきたという父親に見守られながら一心に石を削る姿は絵になっていた。

 残り2時間というとき、削れやすい大理石のエッジの一部を欠いてしまった浦田選手。残りの時間は落ち着いて石に向かい合ったということだったが、銅メダルに終わった。金メダルはフランスと韓国。

 銅メダルは通過点だからいう浦田選手の笑顔は明るかった。石工の修行はまだこれから、頑張ってほしい。 写真は10月20日のストーンフェアDsc02155Dsc02156Dsc02151urata Dsc02157urata_2

豆腐田楽と中山道広重美術館

昨日のつづき

 次のバスまでの時間がたっぷりあるので、どうしようか迷っていると、恵那峡までの道を聞いてくるご夫婦があったので、途中まで案内がてら車に乗せてもらう。名古屋から高速道路を使って来られたそうです。お礼代わりに手持ちの地図を渡し、恵那峡ランドの前で降りる。助かった!いい天気で、歩いていると汗が出てきます。

 Dsc02870 恵那峡ランド前の松茸料理・豆腐料理と書いてあるお店で、豆腐田楽の昼食をいただきます。のんびりしているんですよ。おばちゃんが新聞を持ってきてくれ、テレビまで付けてくれますが、テレビは断って外を眺めていました。たこ焼きを買いにきたお父さんと二人のこどもたち。とか、店に並んでいる自然薯・むかご・すくなカボチャ・干し柿・熟柿とかね。

 田楽がなかなか出てこないと思ったら、ごちそうだったんです。3色の豆腐田楽、ゆず・山椒・ 。

 冷奴と思いきやデザートみたいな食感の豆腐・・・にがりが入っていない豆腐だとか、そのまま鍋に入れると豆乳鍋になるそうです。

 マツタケは今日までだからと、松茸ごはんと松茸いりたこ焼きがサービスで出てきました。たこ焼きにほんとに松茸が・・・。美味しいのかどうか不思議な感じでした。こんな珍しいものをと思いながらいただきました。

 松茸はさほど好きではありませんが、茶碗蒸しの中の新鮮な松茸には感激でした。いい香りで・・・。 

 おまけはもう一つ、わさびの葉の煮たのが乗った冷奴。豆腐はお友達が白馬で現地の水で作ったものが毎日届くんだそうです。いろんなサービスでお腹いっぱいになりました。

 彫刻を見て心は満たされ、自然を満喫した蛭川でした。その後バスで恵那市の中山道広重美術館へいきました。

1_2  「木曾街道六拾九次之内」ー違いを楽しむー 浮世絵は多色刷りですが、一枚の板から200枚刷るんだそうです。それでも人気のある作品は同じ版木で刷るんだそうですが、200枚刷った後なので色が出ないところもあるそうで、後刷りは色が濃くなったり、ぼかしが単色になったり、落款が薄くなったり消えてしまったりするそうなので、その違いがわかるような展示がされていました。案内の人に中山道に残る町並みの話など伺いました。

 なんと欲張りな一日だったことか。先日飛行機が墜落した恵那山はうっすらと雪を被っていました。もうひとつ雪を被っている山脈は、木曾駒連峰なのかな?EnasanKisokoma_2

蛭川の『男はつらいよ』出演者の手形

 岐阜県中津川市蛭川に行ってきました。とっても暑い夏の日に制作された石彫を確認しに。その様子はこちらの8月1日から4日まで。

Momiji  恵那駅から東濃バスに乗り換える。お客さんはみな、紅葉真っ盛りの恵那峡で降りて行かれたので、運転手さん私の方を、降りないのなんていう風に見られる。「降りませんよ、天祐稲荷まで。石彫作品を見に行くんですよ」と答える。貸し切り状態になったので、紅葉の見頃ですねと聞いたら、そうですねって。

 Dsc02879 バスから降りて、しばらくバスの行った方に向かって歩くと、ありました。石の町の大きな看板。その下には石彫の見本みたいなの。そこからはしばらく彫刻作品が並んでいます。映画『男はつらいよ』のロケも行われたみたいで関連するものがいくつかあります。手形があったので、自分の手と比べてみました。寅さんこと渥美清の手は小さかったようで私とほとんど変わりませんが、山田洋次監督の手は大きかったですよ。 2745

 歩いて行くと広い場所に出ました。そこにはいくつかの作品が並んでいました。お会いしたことのある作家さん、ヒサオ・カメヤマ氏 と 加藤正行氏の作品がありました。お二人ともユニークな作品です。上はネームプレートがなくなっていたのですが、きっと ヒサオ・カメヤマ氏の作品だろうと。次は間違いなくヒサオ・カメヤマ氏の「サクガンマン」です。その下は加藤正行氏の「」と「BOX 2」です。       Dsc02813 Dsc02811 Dsc02804

 もうしばらく行くと、2007年の17回石彫のつどいの作品が並べてある岐阜県花崗岩販売協同組合前広場に着きました。3ヶ月前に見た作品があります。誰もいません。組合も日曜日で休みです。懐かしいです。いとおしいような気もします。その写真は後日。

 蛭川ではまたやさしい人にお会いしました。自然が雄大だと性格も大らかになるんでしょうかね。いい思いをしました。

 Dsc02800

Dsc02798_2

大学ラグビー早慶戦

 ラグビーの関東大学リーグ 早稲田対慶応の試合が昨日あることは分かっていたが、仕事だった。早明戦は絶対見逃さないように、携帯電話のカレンダーにスケジュールを書き込んでおこう!

 スポーツニュースを見ると、早慶戦は、40:0で一方的な試合だった。なんで・・・一点も取れないのか・・慶応ラグビー部。まぁ・・・早稲田が強いのは分かっていたけど、慶応が完封されるとは思いもしんかった。

 明治の仕上がりが気になるところだが、やっぱ早稲田の方が上かな。昔の勢いで重戦車の明治大学ラグビー部がんばれ!!

 高校ラグビーも県代表が決まってきた。愛知県は西陵高校。宮崎県は我が母校、高鍋高校に決まった。12月27日からの組み合わせが楽しみ。

郡上八幡の紅葉

 撮影は2006年11月20日です。紅葉は真っ盛りでした。生憎の雨でしたが、落葉したもみじが雨に濡れてとてもきれいでした。

 今月末までが見ごろだということです。お城の紅葉は見事だし、臨済宗妙心派 鍾山 滋恩護国襌寺 の庭も素晴らしかったです。

去年の郡上はこちらから。11月20日~23日までです。

04210

4255 4266 4272

ブログの閲覧拒否の真相!

 17日に紹介した、歴史研究家で作家さんのブログ「膏育記」。18日に 昨日取り上げたブログの作家さんが気分を害されたようで悲しい。と書いたが、自分だけが閲覧拒否されたと思っていたがそうではないらしい。完全に見れないらしい。ご本人もお困りの様子。

 ブログは基本的にはリンクしてもいいはずなので不思議だとは思っていた。(HPは相手の許可が必要?)

 なんだかほっとした気分だが、ご本人にとっても歴史ファンにとっても重大な損失だろう。ちょっと大げさかな!

 詳しくは歴史研究家仲間のブログに書いてありました。こちらからどうぞ。

クリスマスイルミネーション 名古屋駅

 名古屋駅のとってもきれいなイルミネーションを鉄チャン息子が撮ってきたので見てください。

 今日は朝から冷え込んでいて、12月下旬の寒さだと言っているが、クリスマスの頃って雪でも降ればもっともっと寒いんだろうなぁ。 クリスマス気分を楽しんでください。画像はクリックすると大きくなります! 4750487

0477 0483

エクセルでカレンダーを

  読書会の志をりそろそろ出来上がりそう。毎週図書館に通わなくて良くなったので時間に少しだけ余裕が出来てきました。

 今日はパソコン教室でエクセルの授業でした。生徒さんは昨日からカレンダーを作りされていますが、そこで写真を取り入れたカレンダー作りに挑戦です。

 カレンダーは数字の連続コピーをして日にちを入れていきます。日曜と土曜にそれぞれ文字に色をつけ、枠を入れて、文字の大きさなど調整すればできます。個性的におしゃれに仕上げてもらいます。

 それぞれ以前撮った写真を入れて、トリミングやサイズの変更をして画像を修正します。終わったら、印刷プレビュー画面で印刷の細かい設定し、印刷です。エクセルは一枚の作品が出来れば、印刷プレビューの画面で用紙サイズや位置の変更など出来るのがいいですね。ワードで作ったA4の作品を、違うサイズの用紙に直すと画面の端が切れたりしますけど。

 子どものようにカレンダー作りを楽しんでいただきました。計算や関数だけでなく.エクセルの違った楽しみかなと・・。

  

写真は、1938年、昭和13年3月に建てられた愛知県庁。登録有形文化財に指定されています。Photo_22

名古屋城の菊人形

 よく晴れた土曜日に、彫刻 街角ギャラリーの写真が底をついたので名古屋城にというか、名城公園に彫刻写真を撮りに行ってきました。名城公園の写真を撮り終わって、名古屋城の中にも加藤清正の像があるのを思い出したので行って来ました。たった一枚の写真を撮るのに入場券を買ったんですよ。(^_^;)

 中に入ると大勢の人がいる、東南隅櫓が公開されているのと菊花展と菊人形展をやっているから・・・。外人さんも多い。秋の行楽シーズンだし、名古屋城は復元されたものではあるがいいお城だからなのかな。

 名古屋城と菊花・菊人形の写真を・・・。Dsc02579 Dsc02582 Dsc02581 Dsc02580 Dsc02584 Dsc02585 Dsc02590 Dsc02592 Dsc02594  

ギャラリー象家とリニモ

1  寒い日になった昨日18日長久手のギャラリー象家に行って来ました。【リンクの許可をいただいてきました。】

 宮崎の彫刻家田中等氏から櫻井壽人氏の個展の案内が届いたのです。櫻井さんはお忙しいのかギャラリー象家にみえる日が決まっていました。お話もお聞きしたいので最終日の昨日出かけました。

 寒くっても、初めての浮上式電車 リニモに乗れるので楽しみでした。愛知万博 愛・地球博のために作られたようなかわいい電車でした。駅によって色が決められているようでした。電車はモリコロもついていてかわいかったです。Rinimo2

 電車を降りた目の前に、長久手古戦場公園が見えました。このことはまたネタ切れした時にでも。(苦笑い)

 ギャラリー象家は構えが面白くておしゃれでした。中に入ると写真を撮って見える人が・・・彫刻家の櫻井壽人です。気さくな感じのやさしそうな人です。Dsc02627

  この犬はマスコットのキッド君!キッド君の日記はこちら

 櫻井さんが5年ぶりに開かれた個展の作品です。Passage 三角のある風景 ・ Passage(階段のある風景) ・Family ( 絆) それに続く Family (絆)シリーズDsc02635 Dsc02647 Dsc02654 Dsc02655 Dsc02638

 Passage (三角のある風景) 三角・・・バランスがいい・・。

 Passage(階段のある風景)は未来に向かって階段が延びているそうです。不思議な帽子を被っているし・・・。

 Family は楽しくもあり、微妙でもありました。一見パズルみたいにぴったりはまりそうですがはまらないんだそうです。よく見るとはまるわけないじゃんと思いましたよ。この辺が微妙に人間くさい。家族だからそうそう息の合うものでもないですからね。家族の在り方を暗示されているのかな?

 ギャラリーのオーナーも彫刻家であり絵描きさんでもあるようです。面白いお話を聞くことができました。でもナイショ・・・

激励のつもりが・・・

 龍馬暗殺の犯人は薩摩藩士か について

 昨日取り上げたブログの作家さんが気分を害されたようで悲しい。

 もしかしたら、ブログのルールをこちらが誤解したか、無視して失礼なことをしたのかも知れない。どちらにしてもこちらのミスで不愉快な思いをされたようだ。

 時折拝見しては、感動することが多くて感謝している。高城の合戦で使わせてもらった姶良町歴史民族資料館 『戦国武将島津義弘』 の情報もこちらからのものだった。 

 実は私も龍馬暗殺の犯人は西郷が黒幕だと、かなり長いこと思っていた。真実は小説より奇なりなんて言葉もあるように、西郷が黒幕なら面白いと。

 N氏の「龍馬講座」を受けてそれは間違いだと聞いた。初めて聞いた時はそうかな?くらいにしか思わなかった。回数を重ねた最後の方で、見廻り組の今井信郎の調書を示され信じるしかなかった。 今井は白状したのだ。これ以上の証拠はほかにはない。

 これから先、違った証拠が出てこない以上、龍馬暗殺の犯人は見廻り組の今井しかないのだ。いくら面白がっても真実は変えられない。

 あるテレビ局の「歴史は*いた」でも、龍馬暗殺が取り上げられたことがあった。それは犯人は誰かを視聴者に投票してもらうもので、最終結果は西郷の得票が多かった。

 こういう現実を踏まえての激励のつもりだったが、言葉が足りなかったのか伝わらなくて残念だ。申し訳なかったとも思う。

 この作家さんの講座を受けたくても東京は遠いし、時間的にも経済的にも無理なので名古屋で単発の講座でもいいから開いてもらえることを願っている。

龍馬暗殺の犯人は薩摩藩士か?

 11月15日は坂本龍馬の誕生日でもあり、140回目の祥月命日でもあった。もちろん今の暦ではなく、旧暦の話。暦の専門家に言わせると単純に旧暦の11月15日とも言えないらしいが。

 龍馬のパネルと龍馬像を並べて、幕末に思いを馳せる。地球温暖化が言われて久しい今年の11月15日はさほど寒くなかったが、当時の京都の街はどんなに寒かったんだろうか。海援隊を率いる龍馬と陸援隊の中岡慎太郎は近江屋に身を寄せている。そこに踏み込まれて命を落とした。(長くなるので詳しく書けないが・・・)

 龍馬を暗殺した犯人は誰か?歴史研究家などの間では見回り組と知られていることが、世間ではそうではないらしい。

 面白いことが、あるブログに書いてある。

鹿児島出身のこの歴史研究家は嘆いている。薩摩藩士が犯人であるというなら、

薩摩藩士は誰なのか、ぜひ具体名をあげてほしいものだ。

と続けて

中村半次郎だとでもいうのだろうか。

 私は思う。歴史研究家は、研究成果をもっと、もっと声を大きくして発表して欲しいと!声を大にするべきだと。

 中村半次郎といってもわからない人も多いだろうが、幕末の一時期は「人斬り半次郎」と呼ばれていた。後に改名して、桐野利秋となり、明治政府で活躍する。

 昨年帰郷した折に、高鍋歴史資料館で紹介された、家老屋敷黒水家に桐野利秋の写真を見つけて驚いたが、考えてみれば当たり前のことで、征韓論に敗れた、西郷隆盛にしても日向の細島に上がり、日向国を通って薩摩に帰えるのだから・・・。日向(宮崎)と薩摩藩は縁が深いのである。

 高鍋歴史資料館には、混乱した高鍋・秋月藩の当時のことも詳しいので、一度足を運んでほしいと、よだきぼママは遠い名古屋から思う。

高鍋町のHPにある、歴史と文化はこちらからどうぞ!

テニスをずる休み・・・

 テニスのコーチが上海 で開催されている今年最後のテニスの試合、マスターズカップを見学にいくというのでいません。代わりのコーチが練習を見てくれるんですが、このところ休みがなかったのでズルッ子休みにしました。 たまにはいいさと自分に納得させて・・・(苦笑)

 今日のマスターズカップはこちらから。フェデラー情報も。

 で家にいると部屋が汚いことに気付きます。そう忙しいのをいいことに掃除機をかけるだけになっていました。丁寧に掃除機をかけ、雑巾がけに精をだしました。裸足で歩いても大丈夫です。見た目も気持ちよくなりました。

 明日は燃えるごみの日ですから、猫トイレの砂を思い切って全部変え、水洗いして干します。猫はとってもきれい好きですからトイレの砂がきれいなのは必須条件です。猫は砂を変えているのを察すると、すぐにやってきてウンチをします。ハハハ・・・・いくらきれい好きでも、砂の入れ替えが終わるまで待てんのかしらんと思うこともあります。

 花壇ににブルーボネットで買ってきた、色付きのスィートアリッサムを植えます。白花のアリッサムは一人生えして花が咲き始めました。宿根ロベリア3本とビオラ・ノースポール・金魚草が芽が出ているので植えかえしました。

 犬の散歩はまだ続いています。今日はおばあちゃんに連れられたかわいいわんこマリリンと一緒になりました。最近は公園まで走って行くのでついていくのがちょっと大変です。これでテニスのフットワークが良くなるといいなぁ・・・。

 ご近所のSさん(70歳少し前かな)がインフルエンザの予防接種にいかれました。私は極めて健康には自信がありますが受けた方がいいかな。連れ合いは風邪をひきやすいので、インフルエンザを受けるように言っています。3400円だったか、安くはないですが大流行してからでは遅いですよね。

 今日は主婦らしい写真を。朝5時半に出来上がったハンバーグ弁当です。071112_063301

吉村昭の『死顔』

 13日火曜日読書会。

 課題図書 『死顔』吉村昭著 でした。内容が濃くっていい本でした。吉村昭が亡くなる時に自分で管を抜いたというニュースがありましたが、延命治療を望まなかった作者が、次兄の最期の時を書いています。

 感想も、会員の体験に基づくものが多くて重いものになりました。葬儀は、家族葬が増えているが理想なのでないか。立派な葬儀をしても後ろの方ではゴルフの話をしていたりしていて、悲しみなど微塵も感じられなかったりするとも。

 延命治療についても、吉村昭は自分で最期の時を決めていて決断力が素晴らしい。尊厳死を希望する遺言を書いて残したい・・・と実際にすでに書いてある人。書こうと思いながらまだ書いていない人。(この心理は自分はまだ死ぬのは先だろうからと漠然と思っているから)などありました。

 延命治療は本人の意識と違って、残される家族が最終的には判断するが、男性より、女性の方が延命治療をやめることを決断できるのではないか。

 よだきぼは葬儀に係る機会が少なくて、最後の身内の葬儀は、高校1年の時の祖母になります。そのころは土葬でした。部落(名古屋でいうなら町内かな)の人がみんな来てくれて、精進料理を作ってくれ、焼酎や酒を飲み、賑やかなものでした。当時の私はばあちゃんが死んだのにお祝いみたいだととても嫌でした。みんなが死んだことを喜んでいるようでしたから・・・。

 今思えば、それも悪くなかったなぁと思います。亡くなったばあちゃんがみんなに後のことを頼むために呼んだんだろうと思いなおしています。生まれるのも一大事ですが、亡くなることも人生の大事な、大事な儀式ですから。お墓まで小銭を竹かごに入れて、撒きながら行きましたが、子どもは臨時収入に喜んだものです。これだってただお金を落して行ったのでなくて意味があったんだろうと思います。何かはわかりませんが・・・。何でしょうね、死に対する恐怖を和らげるとか。確かではありません。

 森鴎外の『堺事件』の土佐藩士の死ぬことの価値に通じるような潔さなど、しみじみと読める本でした。

 『死顔』も素晴らしいが、奥さんの津村節子氏の最後の文が非常によかった。

Gif129  コメントをたくさんありがとうございます。
 返事は明日までお待ちください。

写真はご近所の皇帝のダリアです。4mくらいにもなっていました。花だけ見ると一重の花でとても素朴です。2474_2 2477

ワイルドフラワーガーデン

 昨日の続き!
中部電力が作ったワイルドフラワーガーデンブルーボネットは海と緑に囲まれたワイルドフラワーの咲くガーデンと案内されています。

 今回は名港の帆船を見に行きましたが、海の記念日とクリスマスイヴの花火を見れるとてもいい撮影スポットです。ブルーボネットの会員限定なので入会しておく必要はありますが、真正面に花火が上がります。ただし・・・・そんなところはカップルのデートスポットでもありますが・・・。

 見事に咲いていた園内の花を。イエローコスモスが特にきれいでした。寄せ植え講座もやっていました。花苗も売っています。食事も、喫茶もできます。園芸相談もやっているし、自慢のガーデンコンテストもやっています。優秀なガーデンは写真ファイルにしてあります。2382 Dsc02387 Dsc02389 Gousei Dsc02404 Dsc02421

帆船日本丸と海王丸

 名古屋港が開港100周年を迎え開港祭が昨日・今日と行われていた。お祝いに海王丸と日本丸が6年ぶりに同時寄港している。昨日は一般公開が行われ、今日11日はセイルドイルが午後一時から行われるという。

 セイルドイル(帆を張る)を見たいなぁと思ってどこが一番の写真スポットかと考える・・・。難しいなぁ。名港だと近すぎて全部写すのが無理かな・・・ワイルドフラワーガデン ブルーボネットは真正面になるが間は海が広がり遠いかな?などなど考えてブルーボネットから一番大きいサイズで撮って加工することに。

 帆を張り始める時間を見計らって行こうとバスの時間を調べるが12:06の次は14:00すぎと適当なバスがないので、ケッターマシンで出かけることに、運送会社の中を通り抜けて行けば25分あれば大丈夫かな!

 朝は雷がなったり雨がひどかったが午前中に雨は上がったが、曇りで風が少し出てきた。帰りには寒くなるかなと上着を着ていくがブルーボネットまで行くとさすがに体が温まった。ブルーボネットは中部電力が作ったワイルドガーデンで開園して5年目。海に面しているので風が強く、汐の影響もありそうだ。入園料は300円。

 庭から港の正面、水族館・ポートビル・観覧車などが見える。ポートビルの前に海王丸が、その横に日本丸が停泊している。ついたのが13時半くらいだったが、帆はそれほど張られてはいなかった。風が強いから中止なんてことはないかなと心配したが、ガーデン内を見ているうちに帆がきれいに張られていった。太陽が出て帆が輝くのを、一眼レフを構えたおじさんたちがたくさん待っていた。海王丸の帆は白いが、日本丸のそれはグレイに見える。

 待っている間に風は益々強くなり気温も下がってきた。帰り道にもっといい写真スポットはないかと回り道をしながらケッターマシンをこいで行くと、あった。あった。少し斜めの方角から移せる場所が、日通の中だけど誰もいないし大丈夫そうなので・・・(ごめんなさい)などと思いながら入って写す。

 陽がさすのを待つが、日本丸は帆を降ろしてしまう。海王丸もほどなく帆を降ろした。帆船や花の写真を撮って楽しい時間でした。ブルーボネットの話はまた明日に。

遠い場所からなのでこんなものかなと思った。大きいサイズで撮ったのでサイズ調整し、画像の修正もしてあります。高いのがポートビル、その前に停泊しているのが海王丸・そうでないのが日本丸です。Photo 11_2

6 4

図書館まつりの手伝い

 名古屋市のみなみとしょかんまつりでの折り染めのボランティア。10時前に図書館に着くが準備が出来てなくて、大慌てで、机を整え、和紙の用意、染料の準備(足りない色は染料を水で溶く)、スタンプラリーのチェックなどする。もう、連続で何年か参加しているので慣れているのがうれしい!

 スタンプラリーのゴム印は消しゴムを亀の形に彫った手作り品。誰が作ったのか尋ねると、中学生の息子さんだとか・・。

 図書館まつりの外部の手伝いは、午前中のおりぞめあそびとおはなし会、午後からの布のゲーム大会の三つです。図書館が用意した、スタンプラリー・クイズラリーなどです。

  小さいお子さんが多い。お父さんと一緒の子どもも多い。大きい子ども姿が少なかったのは近くで、施設でおでんなどの用意されたイベントがあったせいではないかと・・・。今年のおはなし会は会場が大きかったので、今までにない大盛況だったとか・・・。

 限られた予算の中でこれだけのイベントをやるのは大変だろうなぁ。折染めは用意された和紙が良くなくて、思ったようなものが出来なかったように思う。

 子どもたちと、またその親御さんと楽しいひと時を過ごしました。去年のみなみとしょかんまつりは雨になったので大変でした。Dsc02378_2 Dsc02377

テニスとパソコンと

 昨日はテニスに行った。5人だったがすっかりメンバーが違っていた。いつもの人は自分も入れて二人。今月から新メンバーになった人と振替の人各一人。それに8月から腕を痛めていた人が復活されて5人。男性は一人だけ。

 ウォーミングアップ。ネットしないようにと思ってやっていた。前半はネットにかからなかったので調子いいかなと思ったらネットしてしまい残念!それでも数えるくらいしかネットしなかった。それにNコーチにも飛んで行かなかった。

 打ち合いならコーチに飛ばしてもと思うが、今日は飛ばなかった。つまりまだコントロール出来ない証拠か。今月のテーマはボレー!自在に打ち分けるボレーなのに思う場所には飛ばない!!コーチに飛んでいかないのはいいことなのかな、どうなのかな??

 今日はPC教室でエクセルの授業。手応えのある授業ができたと自分では思っている。(●^o^●)ひとりよがりの感は強~いかも。(苦笑い)

 掛け算の数式とサム関数の足し算と。生徒さんがわかった!!と言われるので確かめますよ。と言って練習問題をお願いする。わかったと言われるが・・・・・最初は悩んで・・・・。悩んで・・・・。それでやっと「今度はほんとに分かった」と。数式をほかのセルにコピーするも・・・中々納得されない。分かっているのに考え過ぎていまいち・・・。

 2時間で掛算。足し算。数式のコピー。などなど。戸惑われるのはアクティブセルなどの聞きなれない言葉。専門用語になるので慣れるまでは大変だろうと思う。

 今日は良かったわぁ。の最後のひとことでこちらもよかったわぁと・・・。お互いに充実した日になりました。???

写真は秋ならではの大高緑地のピラカンサと緑区役所の区民展?の盆栽。ハマボウとロウヤガキ

Dsc02368 Dsc02372 Dsc02375

今日の写真!

  大高緑地で珍しいものを見つけた。それはとってもきれいな色の女郎蜘蛛。色はきれいだが、形はというとあんまり好きではない。黄金蜘蛛は黒と黄色の大きい縞模様で形もいいけれど・・・。どこか忘れたが蜘蛛相撲というのがあるらしい。どちらの蜘蛛だったかなぁ。大きな女郎蜘蛛の上にいるのはオス。秋になるとメスはオスよりずっと大きくなるそうだ。まさしく蚤の夫婦!!

 スダ椎の実がヨロイに包まれたような姿だった。なかなかいい感じのヨロイかな?というのでパチリ!!

周りの景色は確実に秋色に変化している。銀杏の紅葉はまだだが、さほど寒くもないのにナンキンハゼは少しづつ色をつけ始めている。最後はほうき草。 23252327 2323 Dsc02182

森鴎外が書いた『堺事件』

 コメントをいただいたあきみずさんのブログ「飛行機だい好き」を訪問してきました。堺文化財特別公開に行ったことが書いてありました。

 

 その中に堺事件のことが書いてあり、切腹した土佐藩士の石碑があると書いてありました。堺事件は初めて聞く?ことだったので、森鴎外が書いた『堺事件』を図書館から借りてきました。

 明治初年に堺の町で起こった、フランス兵と警護に当たっていた土佐藩の守備隊との間に衝突が起こり、フランス兵13人が殺さるという事態になった。

 フランス側から抗議があったその抗議の内容は、

 ・土佐藩主が自らヴェニュス号に出向いて謝罪することが一つ。

 ・堺で土佐藩の隊を指揮した士官二人、フランス人を殺害(せつがい)した
隊の兵卒二十人を

、交渉文書が京都に着いた後三日以内に、右の殺害を加えた土地に於(お)いて死刑に処することが二つ。

 ・殺害せられたフランス人の家族の扶助(ふじょ)料として、土佐藩主が十五万弗(どる)を支払うことが三つである。
 (森鴎外作 『堺事件』より)

 当時の人の外国人に対する考え方、恐怖、侍の死に方の価値(処刑ではなく切腹に拘ったこと)などがよくわかる森鴎外の『堺事件』だった。

 明治の文豪、森鴎外が書いていることで、幕末から明治を近く感じることができる。サムライの時代はずっと遠い昔のことではなくて今、現代に続いているついこの前のことだと思う。

 森鴎外全集には『堺事件』の次に『安井夫人』が書いてある。前に書いたと思うが、安井夫人とは将軍直参の大儒学者の安井息軒の奥さんのこと。安井息軒は今の宮崎県清武出身。青空文庫にリンクしました。興味のある人はどうぞ!

PC教室

次のPC教室は、インターネットの授業になるのでインターネットのテキストとその次のエクセル2007のテキストを教室に取りに行く。今日のクラスが終わるころで生徒さんにお会いする。IさんもAさんもお久しぶりだがお元気そうだった。

 S先生が生徒さんからgooのブログの画像挿入が変わったのかと聞かれたそうだ。少し変わったかなと思う。一般公開も出来るが、パスワードを教えた友達だけを限定して見てもらえるようになった。グループの人だけとか、gooに登録している人だけに公開したり・・・。

 一番変わったのは。ブログを誰にも公開せずに、個人の日記として書いていくことができると。以前はこういうサービスはなかった。貼り付けれるブログパーツも随分と増えた。ブログの授業はまだ先のこと!

 今書いているココログはどうだったかな?何か変わったかな。テンプレートを変えたからか変わったところもあるけど。

 S先生とインターネットの勉強会??インターネットのバージョンの確認。教室も私もバージョン7だった。先日ジャンク品だったノートに、インターネットエクスプローラ8をインストールしたら重かった。ビスタのネット環境も一応やってみる。なんとかなりそうだ。ひと安心。でも・・・油断大敵。パソコンが初めての時って、使い慣れてる人から見るとどうしてここにさわったのってこともあるので要注意!思いがけないことが起こる可能性は高い!

 エクセルはほとんど使わないのでしっかり予習をしよう。忘れていることばかりのような気がする。

 今日も猫の画像で・・・。上の写真は去年のもの! Nihiki31444 1535 

 

訪問者数 20000突破!!

 このブログを始めて一年と4ヶ月・・・継続してきてよかったと本当に思いました。

 訪問して下さった皆さんありがとうございます!

 サブタイトルが「2匹の老猫と花と歴史史跡のデジカメ写真日記」となっているのに猫のことあんまり書いてないねと言われました。

 そういえばそうでしたかということで、老猫のこと書いていきましょう。15歳と12歳になる猫たち、食事も(キャットフードのこと)もシニア猫用と書いてあるカリカリにしました。が・・・食べてくれません。値段とかいろいろあるのですが、二匹も猫がいたらそうそう値の張るものは家計に響くので買わなかったんですね。食べなきゃ仕様がないので奮発しました。動物病院でいただいたサンプルと同じものを、1キロで900円もします。これってどれくらい持つのかな?いつまでも元気でいて欲しい。

 猫写真の撮影日は6月16日。ツーショットの写真はなかなかとれないのでちょっと古いですがいい雰囲気なのでこれにしました。それにきれいな青空です。Dsc08832 2317 Aozora

2193

アオスジアゲハのサナギ

 あおすじあげはの幼虫がサナギに変身していた。緑色のサナギだった。緑色だと今年うちに蝶に羽化するのだというが、このところの冷え込みがかわいそう。茶色のサナギは来年春に羽化するそうだが、どの時期に蝶になるのが決まるのだろうか。今まで暖かったのでプログラムが狂ってしまったのかな。

今、蝶になったら成虫(蝶)の姿で越冬するのかな?お孫さんが虫が大好きというNさんにあげようと自転車で走る。かわいいね。といってもらうがこんなサナギをみて喜ぶ大人は私たちだけでしょうねと二人で笑った。あとでもう一匹見つかったのでまた、持って行った。写真は今年4月のもの。ネモフィラの苗を2本いただく。青い花が咲く品種らしい。 6294

ラグビーシーズン

 11月になると全国高校ラグビー大会の予選が気になる。ネット検索してみると、

第87回全国高校ラグビー大会のイメージキャラクターが決定しました。とこちらにありました。ラグビージャージが似合っていますね。
東北はほとんどの県代表が決まったようです。愛知大会は11月17日に決勝戦。明日準々決勝があります。花園の常連、西陵高校も残っているが、旭野・千種などの進学校が頑張っているのは面白い。

宮崎大会は11月11日が決勝戦になっている。我が母校今年はどうなのかな。

今日はもうじき廃止される名鉄電車のパノラマカーです。スカーレットカラーといわれる赤色が気に入っています。2118

 

中日ドラゴンズ 日本一!

 53年ぶりに中日が日本一になった。インタビューに答える落合監督の第一声は「感無量です」今年は泣かないと言った監督がいた。

 日本シリーズの最終戦になった今日の試合はピリッとしまったいい内容だった。中日のピッチャー山井大介は8回まで一人も走者を許さないパーフェクトピッチング。素晴らしい!継投した岩瀬も9回だけとはいえ三者凡退に抑えた。日本ハムのダルビッシュ投手も中日に一点しか許さない緊迫したいい試合だった。

 インタビューを受けている監督は野球の戦国時代だから、今年優勝しても来年は最下位ということもあり得ると凄いことを言っていた。実際そんなことはないだろうけど、野球戦国時代というのは合っているかもと思う。 それでも、来期は連覇して欲しいもんだ。

 落合監督は中日に移籍した時からずっと見てきた。あのころ奥さんの誕生日にホームランを打つと言ってから、ほんとに誕生日に打ったりなんてことがあったのを思い出した。宣言してホームランを打てるんならいつでも打てばいいのになんて言われたりもしたなあと。

中日優勝おめでとう!!明日はどこのスーパーの中日優勝セールに走ろうかな・・・。 写真はテレビ愛知の放送を写す。Doara Hujin

 

P.S 去年はこんなブログになっていました。リーグ優勝!そして、日本一を逃した時

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ