« 龍馬暗殺の犯人は薩摩藩士か? | トップページ | ギャラリー象家とリニモ »

激励のつもりが・・・

 龍馬暗殺の犯人は薩摩藩士か について

 昨日取り上げたブログの作家さんが気分を害されたようで悲しい。

 もしかしたら、ブログのルールをこちらが誤解したか、無視して失礼なことをしたのかも知れない。どちらにしてもこちらのミスで不愉快な思いをされたようだ。

 時折拝見しては、感動することが多くて感謝している。高城の合戦で使わせてもらった姶良町歴史民族資料館 『戦国武将島津義弘』 の情報もこちらからのものだった。 

 実は私も龍馬暗殺の犯人は西郷が黒幕だと、かなり長いこと思っていた。真実は小説より奇なりなんて言葉もあるように、西郷が黒幕なら面白いと。

 N氏の「龍馬講座」を受けてそれは間違いだと聞いた。初めて聞いた時はそうかな?くらいにしか思わなかった。回数を重ねた最後の方で、見廻り組の今井信郎の調書を示され信じるしかなかった。 今井は白状したのだ。これ以上の証拠はほかにはない。

 これから先、違った証拠が出てこない以上、龍馬暗殺の犯人は見廻り組の今井しかないのだ。いくら面白がっても真実は変えられない。

 あるテレビ局の「歴史は*いた」でも、龍馬暗殺が取り上げられたことがあった。それは犯人は誰かを視聴者に投票してもらうもので、最終結果は西郷の得票が多かった。

 こういう現実を踏まえての激励のつもりだったが、言葉が足りなかったのか伝わらなくて残念だ。申し訳なかったとも思う。

 この作家さんの講座を受けたくても東京は遠いし、時間的にも経済的にも無理なので名古屋で単発の講座でもいいから開いてもらえることを願っている。

« 龍馬暗殺の犯人は薩摩藩士か? | トップページ | ギャラリー象家とリニモ »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

龍馬」カテゴリの記事

コメント

ちょっと残念でしたね。気落ちしないようにといっても無理かな。
7時前のNHKのニュースで、日南飫肥の「ギャラリーこだま」で奥村羊一さんの作品展をやっていると流れました。

こんばんは。作家さんと何か行き違いがあったようですね。あまり気になさらないで下さいね。
 僕も坂本竜馬は好きです。竜馬人気は老若男女
問わずありますね。「竜馬がゆく」は自分の子どもが大人になった時に読ませたい小説です。司馬
遼太郎氏の人物描写は本当分かり易いものがありますね。
 彼の人気は、夢や志を真直ぐに追いかける熱い生き方に多くの方が感銘するところでしょうか。あとは乙女姉さん等へ宛てた手紙が史料として多く残っているところなども歴史的な評価を与えられますね。
 暗殺の黒幕はどうでしょう。討幕派の薩摩藩や
政権返上を余儀なくされた徳川幕府からも相当恨みを買っていましたからね。このミステリアスさ
もまた人気の魅力でしょうか。

ありがとうございます。
気を取り直してブログを続けていきます。
奥村さんの個展は楽しいでしょうね。
見てみたい気がしますね。

ありがとうございます。

龍馬の魅力は先見の目と家族思いのところ、筆まめなところ・・・
いろいろありますね。

司馬遼太郎が作った龍馬像は間違いなく痛快です。彼の本には悪い人はいないとか・・・。
あの 人斬り以蔵でさえも。
だからでしょうか?以蔵好きですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 龍馬暗殺の犯人は薩摩藩士か? | トップページ | ギャラリー象家とリニモ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!
無料ブログはココログ

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴