« 日本書紀を読む会 | トップページ | テニスに行ったが・・・ »

図書館に行く!

 昨日は本の返却に図書館に行った。館長さんがカウンターに座ってみえた。とても感じのいい優しい館長さんである。温泉がお好きらしい・・・。

 今年になって、本bookやCDあるいは紙芝居を借りると、借りた本の名前や返却日、これからの休館日が書いてあるスーパーのレシートみたいなのをいただけるようになった。これはかなり便利・・・。

 図書館に通い始めた30年も昔の貸出カードは、本の名前を書いていた。これって中々大変だった。タイトルが長いと特に・・・。次に本の番号だけ書けばよくなった。自分でなんという本を借りたか分からなくなることが度々あって、返却日になると子供らにも本を探してもらうことがあった。本のタイトルがわかれば探しやすい・・・。次はバーコードが付くようになった。これは便利でした。借りたい本をカウンターに持っていくだけです。

 で今年からは、バーコードを機械で読み込んで、さらにレシート?があるんですから。本の貸出は一回につき、本が6冊、CDは3本、紙芝居は3?だったか・・・。紙芝居は子どもが大きくなってから借りてないので分かんないけど、これだけ借りると、読むのも大変・・・。返却時に探すのも大変・・・。coldsweats02

 図書館に気になる張り紙がしてあった。本が迷子になっているらしい。張り紙をするくらいだから相当の本が行方不明になっているのだろう。図書館は読書コーナーなどもあるし、死角がたくさんあるので黙って持ち帰るのは簡単だろう。

 本屋さんでも万引きが多くなっているらしいけど、図書館の本を黙って持ち帰る方がたやすいだろう・・・。いろんなところで、常識のない人が増えているのは残念な話である。Dsc03895

庭の水仙が咲き始めた。

« 日本書紀を読む会 | トップページ | テニスに行ったが・・・ »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

図書館の本を万引きしてどうするのかしら~!
借りて読めば気持ちがよいものを、ま~たく けしからん<`ヘ´>

水仙、ちぎり絵と一緒ですね、ブログにUP出来ないのが残念です。

こちらの図書館も数年前から バーコードになっています。
さらにレシートも これってほんとに便利だよね。
でもやっぱり田舎です 本は5冊CDなんてありません。
羨ましいなぁ!!
盗難はどうでしょうね あるかも知れませんね。
水仙の花の香りが漂ってきそうです。

 図書館もずいぶん行ってません。昔は、本のタイトル、全部書かなきゃいけませんでしたよね。面倒だったな~。確か、一度に借りられるのも3冊だった気が・・・。ちなみに、私が行き始めた頃、図書館は今の駐車場のところにありました。今のところには消防署が建ってました。それから、消防署がバスターミナルに変わり、で、そこに新しく図書館ができて・・・。う~ん、懐かしいな。
 でも、以前に比べて、確かにマナーは悪くなってるかも。椅子に寝転がっている人を見かけたこともありましたし・・・。確かに、黙って持ち去るのは簡単でしょうね。

 水仙、実家でも咲いています。いつもは1~3本くらいしか咲かないのに、今年はたくさん咲いてくれました。少し、にぎやかになって迎えてくれるので、嬉しいです。

図書館の本を黙って持って行って
読んで身につくのかしらん・・・
悪いと思っていないなら気にもならないんでしょうか?
図書館の本は無料で借りれるのだし、
本を持ってカウンターに持って行くだけで、
面倒なことなんか全然ないのにと思います。

本を6冊借りれても、期間は2週間なので読むのは大変ですよ。
CDを聞くのはかけっぱなしでいいから大丈夫ですが・・・。

便利なのは返却もそうです。
市内のどこの図書館に返してもOKです。
また、本については休日や開館時間以外は、返却ポストに返すこともできます。
これでも、返却しない人がいるんですからネ。

今の駐車場にあった図書館は利用したので覚えています。現在の図書館のところは市バスのターミナルでした。
そのころは読書会の志をりはガリ版で作っていました。懐かしいですね。
当時の2階の集会場?に図書館の土地をというか、工場?を寄付された人の肖像画がありましたよね。
今は、ひっそりと2階の小部屋に架けてあります。図書館の始まりをアピールすればいいのにと思います。
最初から市の税金で作られたと思っている人ばかりだと思うのですが、こんな素晴らしい人の善意の上に築かれていることを知って欲しいと思います。

 肖像画は知りませんでした。私も、てっきり、市からの税金で作られてたと思ってました。行く機会があれば、見に行こうかな。

名前は思い出せませんが、個人の寄付により最初の南図書館が作られようです。
読書会は熱心な司書さんの呼びかけで出来たそうです。司書さんは熱い方で、難しい本をこう読むんですよ・・とか、読んで欲しい純文学などを一緒に読んで下さったそうです。当時は見識の高い司書さんにあこがれて皆さん、一生懸命本を読んだと聞きました。41年前のことですから、高価な難しい本を買うのも大変だったんでしょうね。
今は。家に本をたくさん置いておけないので借りるのが便利ですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本書紀を読む会 | トップページ | テニスに行ったが・・・ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ