« 京都に向かっています。 | トップページ | 羅城門から梅小路へ »

東寺の弘法さんから洛南へ・・・

 渉成園から京都駅まで裏道を通ってきました。駅で東寺までどう行けば聞いてみると、歩くんですかと、25分はかかりますよと。地図を持ってきてないので、タクシーに乗りました。初乗り料金のまま 630円でした。もしバスなら220円×2人ですから、さほど高いわけでもありません。

 東寺の東門(慶賀門)に早めに着いたのに“平安京史蹟散歩の会”の人は受付をされていました。近くでおにぎりを食べようと思っていましたが、おあずけになってしまいました。

 40人近い人が参加されました。この頃は青空もみえていましたが、じきに横殴りの大雪になりました。五重塔を左に見ながら境内に入り、最初に鐘楼を見ます。

 ここで以前京都の街を一緒に歩いた、米野さんや武富さんにお会いしました。懐かしいです・・。皆さんお変わりなくってよかった。

 東寺は南区九条町にある。古義真言宗東寺派の総本山で正しくは「教王護国寺」という。Dsc04098

 五重塔(国宝)は、京都駅前のビルの林立する中で木造建築の美を際立たせてそびえたつ。 高さ57メートルの日本最高の塔で、寛永20(1643)年に、徳川家光が再建奉納したもの。
 講堂(重要文化財)にあるわが国現存最古の密教彫刻の一群や金堂(国
宝)、大師堂(国宝)、蓮花門(国宝)など見所も多い。境内は史跡に指定されている。(いただいた案内より)

 大日堂・御影堂・毘沙門堂をめぐる時は、大雪になって大変でした。今まで京には雪らしい雪は降ってないということでした。なのに何で今日降るのよって気持ちでした。

 南大門をくぐって東寺は終わりです。大きな仏様がたくさんありました。五重塔は登れる日もあるそうですから、、どうぞ!

 Dsc04102_2 次に向かったのは羅城門です。赤く塗った門は奥行きが短くて倒れて亡くなったそうです。せんべいみたいだからね・・と案内の植上村さんが話してみえました。上村さんは、観光バスの運転手から個人タクシーを経て今、この会を立ち上げられました。

 歴史も建物もとても詳しいし、ピリッと冗談が面白いお方でしたよ。

また、明日に続く・・・。(テレビタックルに東国原宮崎県知事が出演らしいので・・・テレビを見ます)

« 京都に向かっています。 | トップページ | 羅城門から梅小路へ »

歴史 」カテゴリの記事

歴史散歩」カテゴリの記事

コメント

彫刻で進入するか 歴史散歩で上がりこむかまよったが ちょうど東寺があったのでここでいこう
東寺でゆかりは弘法大師 空海さんは東大寺の別当をつとめた。sign02
奈良の大仏さんの手前の花瓶に蝶がとまっている。なんと足が八本あるそうな。理由は不明
妙に気にかかりませんか。言い伝えもなく誰も理由を知らない。ロマン感じるのはめろんみたいな変人だけでしょうか。スイス バーゼル大学の先生がそれを目にした時つぶやいたそうな。

「人類で初めて突然変異を発見したのは日本人だ」とな

蝶に足が八本???昆虫図鑑には六本しか書いてないです。奈良の大仏さんの八本足は、吉兆の知らせかな。人々は突然変異とは知らなかった?でも絵を描いた。昔の人は懐が深いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都に向かっています。 | トップページ | 羅城門から梅小路へ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ