« 日清どんべえの味の表示 | トップページ | 図書館に行く! »

日本書紀を読む会

日本書記を読む会に参加する。新加入の人があったので、自己紹介から始まる。遠くからは、春日井市や岡崎市、日進市からも。春日井市から来た人は、8時半に家を出てみえたそうです。私は、9時半に家を出ましたから・・・。(^。^;)

 今日は斉明天皇の最後だそうです。何かと用事が有って休んでいる間にそんなに進んでしまったようです。

 講談社の『日本書記』下の213ページの終わりの方から最後まで。音読してもらって、疑問など語ります。勉強不足なのと前が抜けてるので難しいです。古代史は解明されていない事ばかりですから、誰でも思ったことを言えばいいと言われますが、発言するからには予習が大事ですよね。

 岡崎からみえた初参加の男性は、熱心に意見を…。 <いま書きとどめておくので何(いず)れかにきめよ。> などは日本書記を編集している人の裏話なのか?と質問された。出来るだけ客観性持たせようとしたのではないか。と答える人があった。

こんな風に疑問が疑問を生むので、とても奥が深く楽しい。予習をして行くともっともっと面白いんだろうなぁ。

« 日清どんべえの味の表示 | トップページ | 図書館に行く! »

歴史 」カテゴリの記事

コメント

いま、籔田紘一郎著「ヤマト王権の誕生」が密かなブームになっていますが、
それによると大和にヤマト王権が出来た当初は鉄器をもった出雲族により興
されたとの説になっています。
 そうすると、がぜんあの有名な山陰の青銅器時代がおわり日本海沿岸で四隅突出墳丘墓
が作られ鉄器の製造が行われたあたりに感心が行きます。当時は、西谷と
安来-妻木晩田の2大勢力が形成され、そのどちらかがヤマト王権となったと
考えられるのですがどちらなんだろうと思ったりもします。
 西谷は出雲大社に近く、安来は古事記に記されたイザナミの神陵があるので神話との関係にも興味がわいてきます。

BY 雲伯意宇の考古学徒

前にも同じコメントいただいたような・・・
違ったコメントお待ちしています。
悪しからず・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日清どんべえの味の表示 | トップページ | 図書館に行く! »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ