« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

突然女性会の・・・

 午後7時からあさくまに集まれと急遽各町内の女性会会長に召集がかかった。あさくまと聞いたら、ステーキなんだけど、今回はなし。コーヒーだけ。

 学区に11名も集まれる喫茶店がなくて、広いあさくまに決まったようだ。最近のあさくまはお客さんがいま一つ・・・。ここに限ったことでもないけど。

 研修旅行の申し込み用紙を回覧してもらうと1週間でまわらないよと聞いてこられたようで早めに回覧を回すようにと・・・。

 踊りの練習についても。盆踊りを踊る予定だったが、格式が違うからと日本舞踊を踊るようにと説得されたらしい。毎週1回12回も練習があるとか。それだけやって踊れんかったらどうしようか?

 それから、会長さん同士で名前と顔が一致しないのもどうかと言うわけで自己紹介。今度の学区の会長さんは気が利いている。素晴らしい。まじめにもなれるし、道化にもなれる。どこまでが社交辞令か分んない所もおもろい。これからの2年間どうなることやら。

 帰る時には町内の会長さん全員の顔と名前が一致するか試された。なんとかクリアー。こんなに覚えるのよと言われるとおぼわるものだと自分で自分に感心した。(笑)

 結構楽しくて、コーヒー一杯で9時近くまでがあっという間に過ぎた。

 写真は都忘れ・大きくなってきたギボウシ、それに先回のラン、葉の形、枚数変わった形になっている。

Img_2481 Img_2486 Img_2488 Img_2500

祭日に工事=騒音

 近所で建売住宅の建設が始まった。今日は祭日だけど工事は行われた。トラックから足場の材料を下しながら足場を組んでいる。可燃ごみの日だった、狭い道路なので収集車は入れない。交通整理の人にクレームをつけた人がいたらしく、収集車の通れる表の通りまでゴミを運んだそうだ。10軒分くらいあったのかな。

 ゴミ問題は解決したけれど、祭日に騒音は困ったものだ。お隣は昼寝もできないと・・・。明日も続く。平日だから致し方ないが、明日はクレーン車が来るのかな。

 写真はガレージの上のグレムリン。  庭のお客さん・ 満開になったサポナリア・色のきれいなバビアナ、最後はアッツザクラ。Img_2505Img_2509Img_2474

Img_2499 Img_2477_3

おしゃべり・・・

 度々紹介しているHAYATO君のばあば?がやってきた。おばあさんが、圧迫骨折で歩けなくなったので入院すると。小さい人なので寝巻の上着の裾を上げて、手首や足首がぞろびくといけないので、ゴムを入れるように縫ってほしいと言いながら。

 簡単なことなので一時間で終わる。途中で彼女の妹さんからTELがあり、近所でランチを食べることになった。HAYATO君のばあばも看護師さんで妹さんも同じ看護師さんです。頭が下がるお二人です。いろいろ話をしながら、ミシンをかけていく。こんな簡単なことならしゃべっていても、大丈夫です。頭と手は連動しながら動きます。ミシンをかけるのは実は得意なのです。前のミシンはもっと上手に扱えたけど、今のミシンは思うようにはかけれない・・・。

 ご近所のお店のランチは600円。鯖の味噌煮・ひじきの煮物・はんぺんの煮物・味噌汁・漬物です。おばあちゃんの味付けだろうと思います。薄味でおいしかったのです。修業中だったお孫さんが店に戻ってみえたので、これからのメニューがとても楽しみになります。洋食も得意かなと。

 今日の花。   ウキツリボク。刈り込んで枝を増やしたらいっぱいつぼみをつけた、コンボルブルス・クネオルム。Ukituriboku_2Img_2467Img_2461去年はこんなだった。

町内会と犬の撮影と・・・

   夕べ宮崎に帰郷していた甥が訪ねてきた。お義姉さん手作りの梅干し(ほんとは梅漬け)を持って。地元ではおいしいと評判の梅漬け。この夏の弁当用だ。つれあいは買ってくる梅干しをあまり好まないので、お義姉さんにお願いしてある。

 連れ合いと甥はビールと焼酎(沖縄の黒糖焼酎)を飲みながら田舎のここは・・・と機嫌良く喋っていた。甥は今日は休みだが、朝から会社の野球の練習とやらで6時には帰ってしまった。

 8時からは女性会の初実動。廃品回収の手伝い。古新聞・雑誌・段ボール・牛乳パック・アルミ缶です。トラックに積んだ古新聞落ちないように実に見事に乗せた。

8時から10時は季節のいいこの時期でも長く辛い。真夏や・冬はつらいだろうなぁと異口同音。

 午後から花の手入れをしていたら、ご近所に可愛いミニチュア・ダックスが来た。カメラを持っていた時だったので、急遽撮影会です。カメラ目線にならない犬はズームレンズでバッチリです。

 中々いい写真になったかな???Img_2237 Img_2385

今日の花。ツツジと白花のタツナミソウ。 最後は半年前にいただいたが名前は???

Img_2430_2Img_2431Img_2425Img_2424

雑感・・・

 昨日は久しぶりのビーズだったが、指輪がまだ出来上がっていない。おしゃべりをせずにやればどこまでやったかなと思わずにできるけれど、話に花が咲きだしたら、手元と頭がちぐはぐになってしまう。そんなわけでま~だ出来ない。

 今回は易しく見栄えがするのでたくさん買った。後日写真をアップします。お楽しみに!!

 飛び石だけど我が家もゴールデンウィーク?が始まった。仕事がないとお金もないわけでゴールデンとは言い難いのだけど、体だけはゆっくり休める。朝早くから弁当を作らなくっていい。

 と思いつつも習慣とは恐ろしい・・・寝坊することが出来ない。昨日も今日も変わらない時間に目が覚める。まあ・・起きても続く仕事がないのでゆっくりはしている。折角だから、花の手入れをしようと思って外に出たら突然のにわか雨・・・。あわてた (゜o゜) 。

今日の花。満開のウツギ・アイリス・白薔薇は銀世界・トリトニア。それに卵を産もうとやってきたアゲハチョウ。写真はクリックすると少し大きくなります。Utugi Airisu Ginsekai Toritonia Ageha2 Ageha

忙しい・・・

 朝から大雨になる。今日は忙しいのになぁ。

 まずはテニスへ行く。このクラス定員が10人。何と男性が6人。支配人コーチは相変らず人気者。でもなぁ・・・エンジョイコースに力任せの男性陣はなぁ。と思っていたがさすがのコーチ指導はうまい。ちゃんとみんなが納得できる教室にするから凄い。

 その後、急いで家に帰り、用事を済ませて、中日文化センターへ行く。相変わらず雨は降っている。

 憧れの桐野作人氏にお会いする。イケメンで感じのいい人だろうと思っていたが、お会いして、思っていた以上に爽やかで気さくなお人だった。

 受講者が60人を超えたそうで広~い教室に変わったとか。氏曰く 多すぎて顔を覚えるのも大変そうだって。受講者の受けも良かったようだ。

 今日は雨なので花の写真は撮れない。オオムラサキツツジが雨を受けて重そうに枝を垂れている。咲きそろってきたので晴れたらまたアップしようと思う。

Img_2044 Img_2100

 可愛い猫も三匹。まずは家猫グレムリン、次は居候を決め込んで昼寝をするクロ、最後はご近所猫。見事???なサマーカットされている。顔を見ると何とも言えない顔である。もしかしてカットの途中で逃げ出したのかも・・・
Img_2048_2 Img_2090 Img_2079 

勝てない 寺原投手

 あ~ぁ 今日は寺原で勝てると思ったのに・・・。今日の出来はいいぞっ!!その調子で頑張れって、守備がいまいちのようなニュースを見たから、投手で勝つしかないのに・・・。

 せめて8回まで・・・もう少し踏ん張れば勝てたのに!!江川が寺原のことを本格投手って言ってたのに。もう少し ガ ン バ レ !!

宮崎の話題

  頼んでおいた本『こころのふるさと 高鍋・木城・串間紀行』田浦チサ子著が届いた。教えて下さったのはこちら。宮崎の紀行文です。高鍋と木城ですよ。 

高鍋や木城の歴史的遺物を豊富なカラー写真と解説でまとめた
面白い本が出版されました。
文章を書かれた奥さんが高鍋出身の教師だった方のようです。
写真はご主人が撮られたものです。よだきぼママさんが小躍りするような本です。 

と言うのです。宮崎県内の本屋に置いてあると。たかなべ観光だよりにも載っていました。
友達に頼んでも、送料はかかるからご本人に電話で頼みました。

 電話の向こうから聞こえる声は、若々しい宮崎言葉です。アクセントが懐かしく、気持ちが落ち着きます。高鍋高校の先輩でした。代金は後でいいですよ。って すぐ本を送りますと、言ってくださったのです。

 いつか書いたけど、宮崎の出版社、鉱脈社も本が先でした。そんなに信用してもいいのかなって思います。今では、振り込まれたのを確認して物を送るのが常識でしょ。いいのかな!

 表紙の絵は石井十次と子供たちの銅像です。中をめくるときれいな写真が並んでいます。お~っ 素晴らしい。懐かしい風景が広がります。

 中に田中等さんの作品の写真も入っています。高鍋町美術館で見た、上杉鷹山と兄の上杉種茂象。石井十次の頭部の像です。彫刻家を応援しているものとしては、本で像を紹介してもらうのは嬉しい限りです。欲を言えば作家名が書いてあるということないのですが・・・。

 お礼の電話をしたら、もっと面白いことに田中さんのお兄さんと同級だとおっしゃった。でも昔は男の人と話はしなかったとも・・・。

 彫刻つながりでもうひとつ宮崎だより・・・。日向岬グリーンパークにある尾崎慎さん の作品の画像がネット上にありました。1996年の日向現代彫刻展に参加され、市民大賞を受賞されたものかなと?写真はみやざき旬ナビ デジタルフォトギャラリーにあります。

 写真をクリックすると大きくなったので早速パソコンの壁紙にしました。夕日に彫刻が・・・。とっても幻想的ないい写真になっています。他の日向市の景色も見事です。 

 今日の花写真。上からシンビジュウム・ギンギアナム・サポナリア。Img_2117Img_2098 Img_2110

暑いね・・・

 今日は尾崎豊の命日。あの日は雨だったが、今日は良すぎるくらいの晴れ。尾崎いいよね・・・。X JAPAN も好き。いい年してね・・・YOSHIKIがいいね・・・。息子が中学生の時、その親はYOSHIKI人形欲しかったものね。(笑) 買うことはなかったけど・・・。

 午前中、長男が通院している藤田学園○○衛生大学病院へ行く。10時の予約・・・教授に診てもらうまでに、約1時間。変わり映えしない。よくも悪しくもなっていない。11月に検査した薬の血中濃度が足りなかった。が多くなりすぎてもいけないのでまた、採血。教授は先回、3ケ月前の予約の日は病気で休みだった。医者の不養生かしらなんてと思った。(笑)

 3ケ月に一度の再診。薬を3ケ月分もらって終わったのが12時半だった。見た目、日常生活にはどうってことないように見える。が、頭痛がひどいらしい。いたって健康な私には分んないが・・・。

 血圧を測ってみた。上130、下80 ってこれ少し上が高いのかなと思う。この2年くらいちょっと高め。やせたら低くなるかな。

 久しぶりに二人でランチを食べた。いろいろ話もした。こんなことを書くと心配だとコメントいただくかも知れないが、薬のおかげでとりあえずは元気ですから。

 病院も暑かったが、帰って来ても暑いので、居間のホットカーペットを外し、板の間にする。今年、初めて半そでに着替える。昼間はとにかく暑かった。今、8時を回ったがま~だ半そででいる。

今日の花。Odamaki Odamaki2 Attuzakura色が渋くて背の高いオダマキ と アッツザクラ。

山野草展に

 今日は初夏のような暑さ。吹き抜ける風が心地いい。気温上昇に伴って我が家は次々に新しい花が開いている。先日のクレマチスは満開だし、咲くのか不安だった チゴユリは一輪だけだけどかわいらしく咲いていた。(*^_^*)

まずはそのクレマチスとチゴユリの写真を・・・。Img_2081 Img_2065 Img_2067

 「山野草展に行こうよ」と、友達に声をかけて緑区役所に山野草展を見に行く。二日目だったので即売されるものがあるかなと見ると、あったんですよ。白花のイワタバコ、濃い桃色のサクラソウ、それとセッコクが、山野草を見る前に買ってしまいました。ハハハ 荷物になるのに・・・。

 丹精こめて作られた花が見事に並んでいました。このところ季節がおかしいので、展示会に合わせて花を咲かせるのが難しいのだそうです。

 マユハケオモトの花が咲かないので、色々教えてもらいました。来年は無理でもその次の年には咲かせたいと思います。

 この会は盆栽を育てているのではない。花や実が付いていれば展示してもいいという会だそうです。カンアオイの花の色、花弁の長いのと短いのと。4枚目のチューリップみたいなのが、ネコバナと呼んでいた翁草です。花びらの柔らかさ好いでしょう。画像はクリックすると少し大きくなります。Dsc04608 Dsc04609 Dsc04619 Dsc04629 Dsc04636 Dsc04634

刈谷市郷土文化研究会に

 午後から 刈谷市図書館内にある 刈谷市郷土文化研究会に出かける。以前聞きに行った 「映画になった「天誅組」」の時に講演された 鈴木哲氏に今年初めての発表会のコメントをいただいた。総会の後、研究発表に移った。

 日本画家 加藤紫軒  会員の加藤修氏 

という題で。本物の屏風や掛け軸があってしっかり見せていただく。見ないと始めないよって加藤氏がおっしゃった。何とも楽しく、地域の会らしく、和気あいあいが嬉しい。花鳥図の屏風・ショウキ様・道真公など、全部で5点。皆地元の寺や個人宅に保存してあるものだそうだ。痛みの激しいものがあって少し残念。

 発表者の加藤さん、凄いよ。パソコン上で画像を修正されて奇麗な写真を見せていただいた。

  自分で加藤紫軒を検索したら、台湾のHPが開いた。Yahooで和訳して…と言うのがあったのでやってみたが、長文なのか失敗。私は検索に失敗したが、鈴木哲氏は英語でメールを、また、台湾語で手紙をしたためられた人もあってそれぞれに返事をいただいたようだ。

 鈴木氏にいたっては台湾のHPに名前まで載っているとか。この会は人材が豊富だなあと感心する。

 プロジェクターを使ってたくさんの画像を見せていただく。第一回台湾美術展に入選。途中分からないが9回と10回にも入選となっているとか。

 なぜ日本でなくって台湾かと・・・10人くらいの協力者があって調べられたそうだ。台湾に住んでいたことがあるからだと。

 年表・家系図まで調べられていて会員の熱心さに脱帽です。刈谷市の高須の法寿寺に屏風など数点あるようだ。学者さんでない人が調べられたようだが内容の濃いものだった。日本であまり知られていない、実力のある日本画家が、隣町の出身だったと喜んでみえた。

 刈谷市は亀城公園などは分かるが、高須ってどこ?と不案内なので困る・・・。調べてこれ以上に刈谷の歴史に染まるか・・・・難しいところだ。歴史は芋づる式に次次といろいろ絡んできて、どこかで線を引かないと溺れてしまいそう。

刈谷市美術館前より刈谷市中央図書館を臨む。Dsc04666

研修と言う名のバス旅行

  夕べ7時から学区の女性会の会合に出掛ける。議題はいくつかあったが、その一つは参加しなければならない行事の確認。月一度の廃品回収に行き、アルミ缶などをつぶす仕事があるらしい。町内に二人の女性会員がいるので交替で参加。

 例の芸能祭りの参加行事は、いくつかあって大変。大同製鋼が開催する運動会に盆踊りを踊るらしい・・・。踊れないので練習がある。まだ、決まっていないが時期になると週一回はあるようだ。

 その踊りは、敬老会や区民祭りにも行くんだそうだ・・・。会長はじめみんなやる気なし。でもやるんだけどね。浴衣の着付けが出来る人は少なくって、一人は着せてあげるから踊りはなしにしてとか・・・。どうなることやら。

 最大の関心事が、女性会が主催する研修という名のバス旅行。三役さんがバス会社とすでに打ち合わせてあって行く先が3パターン用意してあった。

 まず、源氏物語1000年に合わせて、大津でランチをいただいたあと、宇治の平等院コース。二つ目が富士山が見れる日本平など、それに毎年候補に上るという、山梨のさくらんぼ狩り。

 何を基準に選ぶか・・・。絶景でもなく、食事でもなく、出発時間でもなく、日曜日には行きたくないよね。と言うわけでたった一つ土曜日に予定されていた、源氏物語にゆかりのあるコースに決まった。なんじゃ・・・これって感じだった。

 誰でもが参加するバス旅行ってこんなものでしょう。心底楽しむなら、趣味のあった人やサークルなどが一番だな。今回は良しとしよう。5月から6月にかけてバス旅行の誘いは少なくない。青申会は天竜下りだとか・・・川下りはおもろいだろうな。ただ、読書会と2日しか違わないのでちょっと無理かなと・・・。あと古代遊学会が史跡めぐりを計画されるから、内容の濃い行事は行きたいなと思っている。

クレマチスのつぼみが開き始めました。上の写真から7時40分 次は9時40分くらい。Sa3a0068 Sa3a0074

降り続く雨・・・

 今日も雨が降り続いている。五時をまわって小ぶりにはなったものの、まだ止みそうにない。肌寒い一日。

 晴耕雨読なんて言葉を思い出して本でも読もうと、課題本『無銭優雅』山田詠美著を広げた。が・・・大人の恋愛かって思った。と同時に、読む意欲を失った。パラパラと最後まで飛ばしながら見てみたが。、今日の自分には読めないなあと思い、本を閉じた。

 今さら、恋愛小説を読むのは面倒・・・。人は好きだけど、一線をこえた話は億劫になっている。自分がどうのと言う前に読めない。コバルトブックスもハーレクインも読んでいたのに・・・。こじれた恋愛や嫁舅などの昼ドラを見ていた自分はどこに行ったんだろう。

 年を取ったんかな。スカッと晴れた青空の日にでももう一度、開くことにする。新年度から読めないんじゃ、語ることもできない。

 時々お世話になる、接骨院の先生のブログ感動・感激・感謝 ほねつぎ奮闘記こんがらがる と題したページを思い出した。一部コピー

家族・友人はこんがらがるのが良い関係になりうるんだと思う。
自由度が欲しければ、そのこんがらがりは修復不可能だから自分で切るしかない。
切ってしまえば、根無し草。
根の無い草に実りはあるのか?
こんがらがりは根も鍛えてくれるとも思う。

こんがらがったものをこんがらがったままにしておく。
許容する。
こんがらがりの状態を良しとするのも知恵なんだろう。

 先生の書いて見えるように、今は自分も友達親子になっている。自分でもはっきり言えないが、こんがらがることを嫌ってのことかな。こんがらがってまでつながっていける自信もない。ほねつぎの先生の言うのはよく分かる。そんな許容力知恵を持ちたいもんだな。

 今日の花。やっと咲いたウツギと雨がかかって元気なナスタチュームDsc04591 Dsc04595

庭の花

朝から雨になり、一日中降り続く。テニスの日です・・・大雨になるというのでバスで行くことも考えたが、一時間に一本しかないのであきらめ、相変わらずケッターで出かける。幸い小雨になっていた。

 体験コースの3人は、別のコーチが教えていた。男性が3人女性が4人。寒いかなと長そでにしたが、ちょっと蒸し暑かった。体を動かすのは楽しい。

それにしても良く降る。今夜は大雨の注意報まで出ている。昨日の続きの花です。写真をクリックすると少し大きく見やすくなります。Midori2 Midori3 Midori6 Midori4

長浜 北近江に紹介された・・・

 長浜観光協会」の「長浜に来られた方のブログ」(http://ns.nagahamashi.org/blog.htm)と「まるまる長浜・北近江」の「旅ブログ」(http://www.marumaru.cc/)に掲載させていただきました。ってコメントいただきました。

 大好きな町長浜に関係するページに掲載されるなんて驚きでもあり、嬉しくもありです。まだ、まだ未知の地、長浜です。他の人のブログも読ませていただいてまた行こうと思っています。ありがとうございます。

 話は変わって春爛漫・家の花の紹介を・・・。

まずはギボウシ3種類 斑や葉の形が違います。次はラナンキュラス・コバノランタナ・八重咲きのつつじ・ブラキカム 最後は今が盛りのタツナミソウ。Dsc04574Dsc04573

  Dsc04575 Dsc04565 Dsc04566

Dsc04568

Dsc04560Dsc04557 

昼休みはないのかな・・・

 昨日労災保険の手続きに建設組合に出かけた。一日乗車券850円を買って、まずバスに乗り、地下鉄名城線に乗り換えて、もう一度地下鉄桜通線に乗り換えて少し歩いて行ったら、12時を5分回ってしまいました。お昼休みかな・・その時は書類だけ預けて来ようと思って行きました。

 でも事務所には10人くらいの人、みんな忙しそうに仕事中でした。民間って厳しいのかもしれませんね。すぐに手続きをしますから、待ってくださいと言われます。 お昼休みじゃないんですか?と聞き返してしまいました。締切の日で忙しいとはいえ、仕事熱心だなあと感心しました。20分くらいで、労災保険の書類ができました。

 ここの人たち、昼食はいつ食べるんだろう、ちゃんと時間どおり休憩されるのかなとか思いながら、ロビーに出ると、名古屋城本丸御殿復元 玄関の模型(1/20)がありました。22日から松坂屋に展示予定と書いてありました。取って返し、写真を撮ること、ブログに載せることを了解していただきました。ここの建築家も本丸御殿復元に関わってみえるんだ。(我が家は建築家ではないので募金くらいしか関われませんが・・・。) 

Dsc04542

 ※ PS 心配をしていただいたみたいだけど、怪我をしたのではなくて、今年の労災保険の掛け金の額を、去年の収入や従業員数アルバイトの数で算出してもらいました。労災保険は今の会社の下請けに入ってから一度も使わずに来ています。ご安心を・・・。

わ~い ふるさとの歴史は凄~い

 夕方ポストを見ると分厚い封書が入っていました。なんだろう・・・長浜城からは今月の案内は届いているし・・・古代遊学会にしては厚みが違うし、と思ってみると、ふるさとの社会教育家のひむか男さんからです。

 中身は待っていた「高城の合戦を語り合う会」の資料と他にも興味深い資料です。このときの様子は日日新日記のここです。感謝です。

  落ちなかった高城ということは知っていても最初に嬉しかったブログは リンクしてある お寺さんぽ Ver 3 破竹の大友勢・抵抗する山田有信 「耳川合戦」2 とそれに続く 炸裂!釣り野伏! 「耳川合戦」3 だったのです。自分の故郷のこと知らないなあと思いながら、よくも調べて書いてくださったと思ったものでした。

 このブログに書いた戦国時代の高城の合戦1  2  3 4   の資料を一部をふるさとからもらいました。 今回の資料にもあるかもしれません。興味が深まります。

 天正13(1585)年に、作られた十一面観音像も残っていて、町の文化財になっているとか・・・じっくり読みたいです。

Dsc04548

パラミタ・ミュージアムの花

 パラミタ・ミュージアムの庭は自然がいっぱいです。大きな樹木が多くて根元に山野草(菰野町に自生しているようなもの)が植栽してあるのではないかと。菰野町の桜は散り始めていましたが、ミュージアムの庭は春まだ浅いという感じでした。2階に上がる階段とは別に長いスロープがあって庭を眺めることが出来ます。木々の新しい芽が優しい緑です。この緑は暑い夏には木陰を作ってくれるんだろう。夏もきっといいですよね。_mg_1791_2 Iwakagami_2 _mg_1821 _mg_1816 _mg_1822 Harurindou  _mg_1809 _mg_1814 _mg_1818

_mg_1820_2

 上から ショウジョバカマ イワカガミ シュンラン カタクリ 白椿 春リンドウ イカリソウ シャクナゲ ヤマツツジ ヒトリシズカ ? かな。ヒトリシヅカは地味だけどまっすぐ伸びる花穂が好きです。思いが深いのが春リンドウ。蕨・ゼンマイ・イタドリなど取りに行った野山にたくさんありました。残念だったのは、翁草がなかったこと。田舎ではネコバナと言って柔らかい花びらがお気に入りでした。童心にかえってのんびりしました。  

18きっぷでパラミタ・ミュージアムへ

 8日のテレビ放送での菰野町にある美術館で、瀬戸内寂聴の展覧会を開催中というのを見て思いました。もしかして・・・あきみずさんに紹介していただいた、パラミタ・ミュージアムのことではないかと。_mg_1752

 青春18きっぷは一枚残っています。大阪に石彫展を見に行きたい気持ちはあったのですが、早めに帰りたいので近場に行ってきました。

 大高から桑名まではJRを利用しました。初めて行くところはちょっと戸惑います。行く時にはトラブルは避けたいので、桑名からは近鉄線で行き、四日市で近鉄湯の山線に乗り換えました。終点湯の山駅の一つ手前が パラミタ・ミュージアムの最寄りの駅 大羽根園です。

 帰りは四日市からJRに乗り換えて大高駅まで帰って来ました。どれだけお得かはこの際考えずに、最後の一枚をとりあえず使いました。

 青春18きっぷは一回の運賃が2300円です。大高から桑名は650円 四日市から大高は820円です。赤字だけど乗り降り自由ですから・・・。

 パラミタ・ミュージアム・・・あることも知らなかった美術館。いい雰囲気でした。入館料は1000円。チケット・領収書(レシート)・案内・小さいメモみたいな案内をもらいました。メモみたいなのに 瀬戸内寂聴展は撮影禁止と書いてあるので、他のはいいのかなと聞いてみるとOKだそうで びっくり!

_mg_1844_mg_1786  池田満寿夫の、陶芸作品が並んでいます。ほんとに撮ってもいいのかなと思っていると、カメラをさげたおじいさんがシャッターを切られたので、こちらも負けずに写していきました。あまりの作品の多さに全部は無理。

 おもう壷 という陶芸展もやっていました。こちらも撮影OKです。中々ユニークな作品が並んでいました。

 その先が瀬戸内寂聴展です。興味深かったのは 瀬戸内晴美宛の著名人の書簡です。一見下手と思える人もありますが、ハガキ一枚に広がる世界が実に個性的でした。

 若い時に憧れた横尾忠則の葉書に感動しました。瀬戸内晴美の本の装丁に関する真心こもった文でした。瀬戸内晴美は好きではなかったので読んだことはありません。寂聴は読みますが・・・。

 パラミタ・ミュージアムは庭も素敵です。季節の花があって、名古屋より寒いので早春の花も咲いていました。一眼レフのカメラを持った人が話しかけてきて、カメラの使い方を教えてたり、中日文化センターの一眼レフ入門コースを半年でも受けると違ってくるよと講師名まで教えてくれました。

  パラミタ・ミュージアムでは ここを撮った写真コンテストが開かれているんだそうです。10万円の賞金も付いているそうです。面白いミュージアムでした。緑が濃くなっている庭も見たいかな・・・ただ夏は蚊が多いとか。

※ 館内の作品の写真を見たい方はブリーフケースにアップしましたので案内します。メルアドを書き込んだコメントをお願いします。

花がいっぱい咲いた

 桜の季節が終わろうとしていますが、我が家の小さな花壇には花がいっぱい咲いています。上から 宿根フロックス おだまき 金魚草 うさぎのしっぽ(ダグラス) 梅花イカリ草 タツナミソウです。Dsc04479_2 Dsc04492_2 Dsc04494 Dsc04496 Dsc04511 Dsc04529

読書会の予定

 8日は今年度初めての読書会。館長さんが変わられて、読書会担当も変わった。読書会の総会で年間の読書計画と文学散歩を決める。残念なことに会員歴の一番長い人が退会された。

一年間の課題本が決まりました。
最近本を選ぶのは大変だ。図書館では人気のある本は・・・ベストセラーなどはたくさん購入されるが幅広く本が買ってもらえる時代ではなくなったようだ。予算の削減が一番の理由です。どこもかしこも予算の削減が悩みの種???

課題本は

 平成20年5月 無銭優雅         山田詠美著
        6月 漆の実の実る国    藤沢周平著
        7月  アンデルセン童話集 アンデルセン
        8月 うたかたの       永井路子著
         9月 愛の法則        米原万里著
        11月 白暗淵(しろわだ)    吉井由吉著
        12月 私の台所        沢村貞子著
         1月 坂の上の雲      司馬遼太郎著
         2月 ガラスのうさぎ     高木敏子著
         3月 岩倉具視        永井路子著

   

 文学散歩は5月30日(金)
大阪に司馬遼太郎記念館谷崎潤一郎記念館を訪ねることに決まる。おんなじ大阪だから一か所では詰まんないというので谷崎が追加されました。

 便利な世の中になりました。ネット検索で列車の乗り継ぎの時間を調べるのが楽になりました。また、文学館などの所在地の住所も交通機関まで分かるんですものね。

 お近くの人・・・少し遠くてもかまいません。第2火曜日(第2が祭日の翌日の場合は第3火曜日)の朝10時まで名古屋市南図書館に来れる方一緒に本を読んで感想を語りませんか?

見事な高石垣 伊賀上野城

_mg_1632 天守がある隣にある、古い城跡・筒井城でもお花見が続いています。歴史資料館からぐるっと回って高石垣を見ようと思って行ったのですが、高校を回っていく方が近いようでした。いい散歩にはなります。負け惜しみと言うものですが・・・。山桜も咲いていて風情があるのですが、石垣を撮る撮影ポイントが見つかりません。あまりの高さに圧倒されます。熊本城見たいだねと言っている人がありました。熊本城ほど反り返ってはいませんがいい石垣でした。 _mg_1660_2 _mg_1669_2

 どうやって組んでいったのかなあと思いながら見ました。角から積むんでしょうから、角はきっちり出来ていて石組の中央で調整するのがはっきり分かります。難工事だったのでしょうね。重機があるわけでもないのに・・・。石垣を見ながらどれだけの命の上に出来たんだろうかとも思いました。

 帰りはNINJA電車がやって来ました。名前もついてないマスコットが駅でみんなに愛そう振って変なの・・・。本物のNINJAのマスコットは出張中でした。NINJA電車の色違いもあります。三重テレビが取材に来ていました。私も映ったのかな??Dsc04443  _mg_1686

 服部半蔵については伊賀流忍者博物館にあるのか。お城には服部半蔵に関するものは見なかったような。上野駅から伊賀上野駅に行く途中の川の名前がはっとりがわでした。

 服部半蔵は伊賀上野城が出来る前に活躍した人だということのようです。江戸城には半蔵門とかあって実在の人物だったことは分かりますが、服部半蔵は忍者だったのか。伊賀上野城のパンフには記載がありませんでした。

白亜三層の天守

 伊賀上野城は白亜三層で白鳳城とも呼ばれ、端麗な姿を見せている。天正13(1585)年伊賀の国を領した筒井定次が三層の天守を築き、北に表門を構えた。豊臣秀吉の没後、徳川家康が関ヶ原の戦いに勝ち、豊臣政権の継承者としての地位を確立するに及んで慶長13(1608)年、定次を失政を理由に改易、藤堂高虎が伊賀・伊勢の城主として伊予今治から移り、自ら縄張りを指図、本丸を30mの高石垣で囲み、筒井古城を大拡張した、しかし竣工直前の五層大天守は、慶長17(1612)年9月2日の暴風雨で倒壊、そのうち大坂夏の陣で豊臣方が滅亡したので城請負は中止され、城大家老が執政することになった。 (伊賀上野城のパンフより)

 お花見をしている皆の間を抜けて、500円の入場料を払ってお城に登ります。木造の急な階段が復元されたものであるのを忘れさせます。基礎知識として復元されたものだと知っていたのですが、本物だったっけと思いました。

 伊賀上野城のパンフには

川崎克氏は、天守復興を計画、鉄筋コンクリート様式でと進言する者があったが、城は桃山形式の木造建築とし、昭和7年10月14日に地鎮祭を執行して復興工事に着手した。とありました。ー 中略 ー 昭和10年10月8日に完成した。

 素晴らしい人はいるものです。それに戦災の被害も受けずによく残っていると思いました。復元された天守の三階の天井の絵が見事です。天守閣の完成を祝って有名人の大色紙だそうです。横山大観の月の絵や川合玉堂の棕櫚の木?などたくさんの絵があります。Dsc04431

 天守から見える景色はそれなりに楽しめますが、絶景とは言えないと思いましたが・・・。天守から高石垣は見えませんからね。ボランティアガイドさんがみえるといいのですが・・・。忍者がいっぱいいました。忍者フェスタは5月6日まで。

_mg_1612_2 _mg_1615 _mg_1620 

 

伊賀忍者参上??

 JR伊賀上野駅は、改札を通らずに伊賀鉄道に乗れます。切符はありません。そうなんですよ。降りる時に運賃を払うのです。ただし、上野駅には切符は券売機で発売しています。この駅では近鉄の切符も売っています。

_mg_1578_mg_1583 4月5日(土曜日)JR名古屋駅9時30分発快速みえに乗り、桑名駅で乗り換えて関西線の亀山駅まで行き、亀山駅で乗り換えて伊賀上野駅に11時28分到着です。伊賀鉄道は11時50分発で8分で伊賀上野城の正面が見える上野駅に着きます。乗った電車は近鉄カラーでした。

 ところが駅に止まっていたのは、可愛い くのいち つまり忍者列車です。電車だけではありません。子供の忍者、大人の忍者、果てはわんこ忍者(しし丸?)まで歩いています。上野市はNINJYAフェスタの最中なのでした。

_mg_1600 以前市長さんまで忍者の恰好で執務をしているとニュースで見たことはありましたが、実際に見るとおもしろい。忍者の恰好をしてる、おばあちゃんもいました。が、忍者じいちゃんには会いませんでしたね。何故・・・?

 お城は正面に見えます。すぐに着きます。いい天気の土曜日です。

 みんなでお花見としゃれています。伊賀流忍者博物館もあり、いろんなからくりがあるようですが、何せ名古屋は遠いのでと言うより電車の本数がないので今日は行きません。たぶんもう来ないかもです。

 _mg_1604伊賀鉄道側から来ると、大した石垣ではありません。櫓もそう大きくはありません。城の入館料は500円。桜は満開でしたね。きれいでした。席とりのブルーシートが気になります。城の一部では発掘もしていました。

 伊賀上野城の魅力はまた明日です。

_mg_1595 _mg_1605   

石彫展 ふたつ案内

この情報は、頂いた案内状等から掲載しております。

明日と明後日から始まる石彫展です。

尾崎 慎 石彫展

MITUKOSHI 日本橋本店6階アートスクエア

2008年4月8日(火)~14日(月)
最終日は午後4時30分閉場

尾崎慎氏のHPはこちら0000002

田中 毅 石彫展

平成20年4月9日(水) → 15日(火)

 高島屋大阪店6Fアート・サロン 

名古屋での田中 毅 石彫展はこちらからどうぞSa3a00501

京都の桜は満開!!

 朝大高駅9時20分発に乗って京都へ向かう。お天気がいいので電車も順調に走る。京都の市営地下鉄一日フリー券(600円)を買って集合場所の北山駅の植物園の前に。30分も早いのにたくさんの人です。Dsc04477

植物園には見事な桜があるそうです。時間までちょっと植物園の中へ、以前は温室以外は無料だったが入場料が200円ということだったが、敬老パスで入れるからと只で入りました。ゆっくり回れると珍しい花があるんですよ。以前ザゼンソウを見て感激したことを思い出しました。Syokubutuenn

 今日の京都の桜は見事です。どこに行っても桜が満開です。ちり初めと言う物もあって素晴らしいものです。平安京散歩の会の開催日にこんなに見事な桜が当てはまることは珍しいのだそうです。みんなのおかげですと代表が言われるほどいい天気です。

 ルートは、北山駅 → 加茂川半木(なからぎ)の道 → 松ヶ崎浄水場 → 高野疎水浄水場 → 高野疎水 → 琵琶湖疎水支流 → 哲学の道 → 大豊神社 → 若王子(にゃくおうじ)。

 今日は歴史の話はあまりなくて花見の会でした。万歩計をつけている人があって植物園から若王子神社までで1万6千歩だったと・・・。そのあと地下鉄蹴上まで歩いたので2万歩になったかも。

 特に桜がきれいだったのは、加茂川 高野疎水 哲学の道 蹴上インクライン_mg_1715 Hieizann _mg_1723 Tetugaku _mg_1727 _mg_1736

1枚目は植物園の桜、、2枚目の山は比叡山、下はミツマタ。

最後の2枚は蹴上のインクライン。

Dsc04470 Dsc04473

長浜びわこ大仏

 _mg_1554_2 琵琶湖の周りを歩いて行くと大仏さんが見えます。写真の中央です。何と言っても大きいんです。最初は観音様だとばかり思っていました。何故そう思っていたのか分かりました。先入観とは恐ろしいものです。今まで見てきた大仏は、奈良も鎌倉も東海市の聚楽園もみんな座っているのです。

 びわこ大仏は座していないのです。すっくと立っているのです。近づくとその大きいことにびっくりです。琵琶湖に背を向けて、北陸線から見えるようにたっていて後姿も美しいです。

 平安山良疇寺は、鎌倉幕府の執権(しっけん)北条時頼が全国を旅する途中に泊まったという記録もある古い臨済宗(りんざいしゅう)の寺院です。時頼から、宿泊したとき大変親切なもてなしを受けたお礼にと、手づくりの阿弥陀三尊を贈られたのが、お寺の初めだといわれているそうです。

 初代大仏は聚楽園の大仏のようにコンクリートだったようです。大仏の中にも入れるようです。

「長浜びわこ大仏」は青銅製、高さ約28メートル 
             青銅部重量約80トン
    大仏師 米林勝二元金沢大教授
    鋳造   富山県高岡市高岡鋳芸社(堺幸山会長)

とあった。富山県のこの会社凄いなあ。こんなに大きなものはどうやって作るのかな。彫刻家にとって鋳造は自分で出来ないので悩みらしいから・・・。

ここは大仏のあるお寺という感じのこじんまりしたお寺です。前から見る姿も美しい。琵琶湖からの風が強いこと。_mg_1555 _mg_1558

Daibutu_1566  長浜市に来ると思うのですよ。広がる田園地帯がのどかでいいなあと。琵琶湖畔を歩いている人はほとんどいません。時折自転車の人とはすれ違いましたがわずかな人です。伊吹山の姿が実にいいのです。ここの人たちにとっての富士山に違いありませんね。素晴らしい!写真は長浜市内です。_mg_1569 _mg_1571

6日に東国原知事が名古屋に・・・

 土曜の朝。撮鉄・乗鉄の鉄チャン息子は、JRの青春18きっぷを持って、姫路一泊で出かけているのでいない。つれあいはまだ起きていない。

 ブログにコメントがないか見ている。コメントがあると嬉しい。故郷の情報も見ている。リンクさせてもらった「日日新日記」も故郷便りみたいなもの。頑張ってみえるお一人。

 東国原知事のブログ「そのまんま日記」も検索した。ついに知事は名古屋にも現れるらしい。ブログの一部をコピーさせてもらう。

 6日(日)は朝一で名古屋。東海宮崎県人会である。この東海宮崎県人会に出席するのは、歴代知事で僕が初めてらしい。

 その後、名古屋・星ヶ丘三越店で情熱みやざきフェアー。

三越のHPを見ると、一回限り、午後一時半とあった。名古屋の人はこぞって行くだろうか?ちょっと冷めているかも・・・。知事は日向夏を宣伝するんだろうな。先日やって来た、隼くんのママは白い所ばっかりでもいいよねって言っていたが、白い皮の部分が美味しいのです。情熱宮崎フェアーはこちら

 残念なことに、そのころよだきぼママは京都の哲学の道の桜を見ているだろう・・・。平安史蹟散歩の会に参加の予定です。

晴れていた長浜城!

 よく晴れたので今度こそ青空をバックに長浜城の写真が撮れると思い出かけた。もちろん青春18きっぷです。この3月15日のJRのダイヤ改正が行われてほとんどの新快速や快速が大垣止まりになっ.た。改正前は土・日のダイヤは米原まで行っていたのに・・・不便ったらありゃしない。改正か、改悪だろうと思う人はたくさんいそうだ。

 ダイヤを調べて出かけるのだから、北陸線の乗り継ぎはスムーズにいきました。いつも北陸線の田村駅と長浜駅の間にある大きな大仏さんが気になっています。帰りに歩いてみようか、どうしようかな?と思いながら長浜駅で降りました。あ~長浜は名古屋より気温が低いなぁとつくづく思いましたネ。さむー・・・。

 長浜までの駅の桜の開花状況が面白かった。岐阜を過ぎてしばらくは満開の桜がきれいだったが、だんだんつぼみが多くなっていった。関ヶ原あたりは木が全体濃いピンクになってはいるが咲いてない。長浜はというと、お城の周りの一部では3分咲きくらいでいい感じでした。桜と青空の長浜城はきれいでした。

 長浜城歴史博物館の年会費を払って天主に登ってみましたが、花曇りで琵琶湖の色がいまいちでした。長浜城のある豊公園は桜と梅がきれいでした。写真を見てもらえばよくわかりますが・・・。(*^_^*)

 長浜城に来ても琵琶湖まで行ったことがなかったので行ってみました。お城がいろいろな角度から見れていいですよ。

 波打ち際で子どもらが水遊びをしていました。琵琶湖は波があるのですよ。ブラックバスを釣っている人がたくさんいました。釣り上げてはねているバスをどうするのか聞いてみると、バス専用のごみ入れがあると、若いお兄さんが丁寧に話してくれました。琵琶湖の外来魚は問題になっていますものね。三枚目の写真の手前は梅の花です。大仏の話は明日にでも・・画像はクリックすると少し大きくなります。Dsc04400 _mg_1534

_mg_1536 _mg_1552

テニスとハードディスクと・・・

 朝の散歩から帰るゴールデンレトリーバを待っているが、帰ってこない。おかしいなあとご近所さんと話していると、「寝坊したんだわ・・・昨日久しぶりに歩いて疲れた」とやっと散歩に行かれる。また、居ついてしまった黒猫と散歩の帰りを待ちながら、ホタルブクロの植え替えをする。いっぱいにはびこったオキザリスのピンクの花を思い切って抜いた。

 そこへゴールデンレトリーバーのゴールドが帰ってくる。みんながいるからか、家に入ろうとはしない。花の手入れをしながら、しばらくしゃべっていた。

 一度花の手入れを始めると区切りのいいところで止めたいがついつい続けてやってしまう。テニスに間に合うぎりぎりの時間になって、ケッターをしっかりこいで出かける。やっとセーフだった。

 今月のテーマはストローク。支配人コーチ目が赤い。大事にしてほしいものだ。いつの間にか定員が10人になっていた。10人と言っても誰か彼か休むだろうというのがコーチの考えらしいが、今日は10人だった。効率よく指導をしてくれるので、退屈している暇はないけど。

 家に帰ると、パソコンのリカバリーを教えてくれる助っ人が待っていた。勝手にやってくれると手間がかからずに嬉しいが、そうはいかない。教えると言って聞かないので仕方なしにパソコンの前に座っている。本体を新しいハードディスクに変えるのがうまくかないので(NECはうまく行ったのに)新しいハードディスクを外付けHDDにして、今のデータを移してリカバリーすることになった。あ~大変だ・・・。

 メールにある受信したものや送信したデータを探して新しいHDDにやっと移し替える。こんなところにあるのかと思った。あ~面倒で難しい・・・。サクサク動くパソコンのため頑張ろうかな。

それにしても、いい加減疲れた・・はぁー・・・。疲れた時はお花を見るのもとてもいい!Img_1447 Img_1429_2 Img_1424 

隼くん来る!!

 友達のお孫ちゃん隼くんが初めて家に来ました。早いもので一歳半になるとか。まるで女の子かと思うほど可愛い!

 第一声はわんわん・・・おばあちゃんが車の中で犬ががいるよと話しながら来たのでそう言ったらしい。それではと、大人しいゴールド(昨日の写真のわんこ)を見せに行くと・・・あまりの大きさに隼くん固まる!なんともかわいい!

 それじゃ仕方ないのでグレムリンに面会!グレムリンは小さい子供には優しいのですよ。今日もさわってもなんともない。何度もさわったが平気だった。よーわきまえていると飼い主の猫馬鹿は思うのです。この子が小学生になって横着だったらきっと怒りますよ。でも隼くんが小学生になるころには、グレは17歳か・・・生きているだろうか?少々肥満だからなあ。まぁ・・・今日は可愛い隼くんとグレでした。

 走り回るし、何でも珍しいのかさわるし・・・・大変だった。友達はお孫ちゃんの相手を楽しんでいるようだ。慣れなのかな?

 大江川緑地に桜の写真を撮りに行ったら、話しかけてくださる人があって、「荒子川の桜は名前が全部ついているけど、ここは付いてないね」と。ウーン・・・荒子川・・・荒子川にはよく行かれるそうだ。もしかして先日探しに行った彫刻のことご存じかもしれないと「地球を持った御影石の彫刻、ご存じないですか?」と聞いてみた。しばらく考えてみえたが思い出してくださった。大体の場所が分かった!やっぱり荒子公園ではなくて、荒子川公園に設置されているらしい。今度行ったら見つかるだろう。

 荒子川公園は2,5キロあって、川の両岸に広がる公園少しばかり歩いても回れんよと教えてくださる。桜は満開で見ごろになったようだ。

 今日の写真は花、桜がいっぱいです。_mg_1463 _mg_1485 _mg_1487 _mg_1492 _mg_1499

訪問者数30000人に感謝します!

 4月1日午後6時前に訪問者数が30、000人になりました。

 訪問してくださった人、ブログに登場してくださった人、ありがとうございます。
皆様ののおかげです。これからもいろいろなことを書いていきます。
どうぞよろしくお願いします。

Dsc02407 ゴールデンリトリバーのゴールドの飼い主さんが今日午後退院された。とりあえず最後の散歩は飼い主さんと二人と一匹で行った。退院したばかりだと今日の寒さはちょっと辛いだろうな。今度は風邪を引かないでください。

 それにしてもよかった。青春18きっぷに間に合った。あと4回残っている。どことどこに行こうかな。あきみずさんに.情報をいただいたパラミタ・ミュージアムもいいかなと思ったが少し近い・・・かな。でも行ってみたいような。三重県にはルーブル彫刻美術館もあるので、美術館のハシゴってどうだろう。

 しばらく考えようかな。時間もあまりないけど・・・。

 

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!
無料ブログはココログ

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴