« 笹尾山 石田三成陣跡 | トップページ | 福島正則陣跡は・・・ »

島津義弘陣跡

 笹尾山からのどかな田園風景の中を南下して、国道を横切り、島津義弘陣跡に向かいます。民家の中の狭い生活道路を行きます。柿の木と茶畑の多いところです。

 道案内が見やすい所にあるのでよくわかります。島津義弘陣跡は神社の横を少し上ったところです。大きな木に囲まれた陣跡は薄暗くちょっと不気味な感じです。ここで義弘が亡くなったわけではないのに・・・。Dsc04893 Dsc04891

 小池・島津義弘(維新)陣跡

北国街道の南側小池に、現在は神明神社となっている所で、鉄砲隊、刀槍隊をうまく使って戦ったが、ついには、東軍に囲まれた。義弘は敵中を“すてかまり戦法”で.突破したが、1000名の兵士のうち薩摩まで帰ったのは80余名であった。
 (ガイドブックより)

 別の資料を見る。

 島津義弘陣跡

西軍の敗北が決まったとき、島津隊は家康の陣前を大胆にも敵中突破を図りました。兵士が残りわずか80名になるほどの犠牲でしたが、薩摩兵士の勇猛さを広く世間に知らしめました。
 (ガイドブックより)

 捨て奸(すてかまり)

 退却戦で独り敵に向かい、槍を突き立てて座り、鉄砲を構えて敵を待つ。敵が至近距離に来たところでめぼしい武将めがけて狙いを定め狙撃する。相手がひるんだ隙に槍を構えて突撃するという殿(しんがり)戦法。自分が生きて帰る望みは無く、ひたすら味方を退かす為の捨て身の戦法 

 このあと関ヶ原製作所に迷い込んだあと、昼食をとり、西首塚に向かいました。国道沿いのこの地には、首のない死体が葬られていると。

 西首塚

合戦直後家康は、竹中重門に戦場処理を命じた。ここは、胴体を葬らせた所で胴塚とも言われている。塚は地元が管理しており、現在、千手観音、馬頭観音が祀られている。
 (ガイドブックより)Dsc04907

 もう少し歩きましたが、明日に。写真はあとで・・・しばし休憩。

長浜城歴史博物館の総会と関ヶ原の合戦の講座に行ってきました。西軍から見た関ヶ原だったのでとても面白かったです。この報告は後日。

« 笹尾山 石田三成陣跡 | トップページ | 福島正則陣跡は・・・ »

歴史散歩」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは。島津義弘は高城合戦でも重要な役目を果たしています。朝鮮の役でも関ヶ原の戦いでも歴史上に名を馳せた戦いをしていますね。戦上手の島津な
らではの人なので、島津四兄弟の中では好きな武将です。
 この陣跡にも是非行きたいですね。また関ヶ原の戦いの講座の報告をお願いします。

こんにちは
来年の大河ドラマは関ヶ原関係なんだそうですね。名前だけではピンと来てなかったんですが、それで 長浜の地元 佐和山城主 石田三成 に関する西軍から見た関ヶ原でした。面白かったです、最後の拍手の大きかったこと。

島津義弘に興味を持つって聞いていると、戦上手だったのが分かりました。朝鮮の役・・・8000で45000を相手に勝ったんですね。朝鮮はこの時の埋葬地を発掘して、確認したと話されました。他のエピソードも楽しかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183946/41241888

この記事へのトラックバック一覧です: 島津義弘陣跡:

« 笹尾山 石田三成陣跡 | トップページ | 福島正則陣跡は・・・ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!
無料ブログはココログ

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴