« 熊谷紀子 彫刻作品 | トップページ | 石と金属の緊張感? »

石彫展の作家たち

 一週間くらい前の朝日新聞に載っていた展覧会を見に行こうと思いつつ、やっと腰を上げて知立市のパティオ池鯉鮒(ちりゅう)に行って来た。田んぼの真ん中に立派な建物が建っている。入口の道路には彫刻が並んでいた。

 外に観光バスがたくさん停まっている・・・今日はなんかあるんだろうかと思いながら中に入ると、高校生が集まっていた。みんな楽器を持っている、吹奏楽の発表会かな・・・。

 係りの人に「昨日で展示は終わりました」と聞きながら案内されて中庭に行くと、お会いしたいと思っていた、彫刻家の加藤正行氏が展示の最終調整中でした。あぁ~懐かしいと声をかけました。「蛭川ではなかったのですか」とも。展示替えを今日中にやってくれと言うのでやっていると。奥さまも一緒です。去年の加藤さんの個展以来、一年振りです。ずっとお会いしていたような親近感があります。この展示はまだDMも出来ていないそうです。そりゃそうでしょ、野村和弘彫刻展は31日(木)という新聞にはあったと思ったのですから・・・。

 今回の加藤さんの作品は 金属、鉄と石のコラボです。何故なのですかと尋ねると、搬入口が小さくて大きな作品が入らないからということでした。(笑)金属を中で組み立てたということです。

 そうこうしているうちに、昨日作品の展示が終わったという彫刻家、野村和弘氏がお見えになりました。加藤さんの奥様に紹介していただきました。ここでも先輩の田中等は反応がありました。ご挨拶に見えたようでしたが、係りの人が食事中ということで作品の写真を見せていただきました。金魚・・・カエルなど。野村和弘氏のwebサイトはこちらから。Dsc06168Dsc06169 Dsc06173 Dsc06175

 ノルウェーで活躍されている人で、お盆過ぎにまたノルウェーに行かれるそうです。昨日まで展示されていた作品が知立駅前の画廊じんがらにあるというので、野村さんにじんがらまで一緒にと車に載せていただきました。じんがらも一年ぶりです。休みだったのに、野村さんが開けてもらっていました。

本当に皆さん親切ですね。
とっても大事にしてもらっていい気分になりました。
有難うございました。

 

« 熊谷紀子 彫刻作品 | トップページ | 石と金属の緊張感? »

展覧会」カテゴリの記事

彫刻」カテゴリの記事

コメント

カエルがほしい・・・

カエルがほしいと・・・
カエルはご利益がありそうだものね。

私は憧れの尾崎さんのネコをやっと手に入れましたよ。
カエルもいると嬉しいかも・・。
誰のカエルがいいかな。

みんながあきれますが、カエルさんのぬいぐるみがたくさんあるんです。カエルさんぬいぐるみは結婚式の時にも活躍しました。

カエルさん よほど好きなんですね。
そりゃ またなんでじゃつね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183946/42014943

この記事へのトラックバック一覧です: 石彫展の作家たち:

« 熊谷紀子 彫刻作品 | トップページ | 石と金属の緊張感? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ