« 宮崎散策2 県庁 | トップページ | 日向市の幕末歴史 »

日向市観光 絶景いろいろ

 7月5日土曜日、高鍋町美術館でいよいよ田中等彫刻展が始まります。天気は晴れ、暑くなりそうです。田中さんの個展は夕刻のオープニングパーティに合わせて戻ってくることにします。

 まずは日向市の友達のところへ行って、日向市の観光に行きます。高校を卒業して宮崎を離れたからか、知らないことが多いです。細島港を利用してフェリーで帰省したことも何度かありますが近辺にあまり行かなかったんです。

 宮交の路線バスの少ないので、高鍋駅までタクシーで、普通電車で日向市駅まで。日南海岸を北上するので途中に海が見えそうですが、防風林など樹木が大きくなっていて緑だけが見えます。というか緑しかみえません。リニアモーターカーの実験線はそのまま残っているようです。Dsc05665

 日向市駅は木材をふんだんに使った素敵な駅舎に生まれ変わりました。七夕飾りも彩りを添えています。迎えに来てくれた日向人さんのお宅に一度行って、日向観光が始まります。

 ここに車止めてもいいかな・・・。なんて言いながら連れて行かれたのは病院の裏庭です。えっ・・・早速尾崎慎さんの作品に対面です。見たかったんです。触りたかったんです。彫刻家尾崎さんが心をこめて制作された「未来への絆」です。蛭川石の錆びの部分が効いていて、面白いですね。隣にあるのは竹内淑浩さんの[Pacific wind]だそうですが、ネームプレートはありません。Dsc05686 Dsc05690

 次に行ったのは、大御(おおみ)神社です。見事な岩、柱状節理があります。岩ゴツゴツの海岸にハマゴウを見つけてパチリ。洞窟の中にある鵜戸神宮にも下りてみました。そしてここは日知屋城祉でもあります。Dsc05709 Dsc05707

 次に行ったのは日向彫刻展の作品がならんでいるグリーンパークです。小高い山の上に何点かの石彫作品があります。日向人さんが中々見つけれなかったという尾崎慎さんのリズムという作品。以前このブログでも紹介しましたが、実際に見ると感激もひとしおです。海をバックにパチリ!この海に朝日が昇ると幻想的だろうなぁと思いながらしばし暑さを忘れます。後ろ姿もパチリ。Dsc05719Dsc05726

 クルスの海は見ておか ないとね。と言いながら 宮崎の青い海と砕ける白い波に見とれる。願い事が叶うというのでベルをならします。馬が背の絶壁見事です。鬼ゆりや浜カンゾウがオレンジ色の花を咲かせていました。お昼を回って、暑さは増します。休憩してお茶を飲みます。この売店には珍しい、マンゴージュース・日向夏ジュース、そしてヘベスジュースもありました。長くなるのでつづきはまた。Dsc05733 Dsc05738

« 宮崎散策2 県庁 | トップページ | 日向市の幕末歴史 »

宮崎」カテゴリの記事

彫刻」カテゴリの記事

コメント

馬ヶ背はいい角度ですね あまり見ない角度です。
慌しくて  ゆっくり楽しめたでしょうか?

早いもんだね。もう一週間たってしまったね。
楽しいことは早く過ぎるのかも分んないけどそれにしても早いですね。

公共施設での彫刻展・・・面白いね。
いろんな団体が来てるし。
高校からも来てるんだもんね。
あの空間だけはとても文化的で素敵だわ。
町に彫刻展の回覧が回ったのも面白い。
彫刻の素晴らしさをみんなが身近に感じてくれるといいね。

そんでもって、高鍋は彫刻の街に生まれ変わるなんて・・。
ムーンダンスは素晴らしい!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183946/41792673

この記事へのトラックバック一覧です: 日向市観光 絶景いろいろ:

« 宮崎散策2 県庁 | トップページ | 日向市の幕末歴史 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ