« せんとくん (ブロンズ像) | トップページ | 皇女和宮が泊まった柏原宿 »

関ヶ原サマーシンポジウム

 せきがはら人間村サマーシンポジウムに行ってきました。水不足も心配されるほど雨が降らなかったのに、今日は朝から雨です。

 関ヶ原駅に着いた時は傘をささずにはいられないくらい降っていました。広い工場の中を横切って、北に曲がって行くと左手に新しく作られた会場がありました。受付は先なので途中から曲がって会場へ行くと、今日の主役の彫刻家さんが。竹内淑浩氏にあいさつをすると、横に見えたネパールのオム・カトリ―さんと長谷川俊広氏を紹介してくださった。長谷川氏は第一回刈谷現代彫刻展のために尽力された方。

 広い会場に作品は並んでいました。ヒマラヤ山脈とガンジス川をイメージされて分担して制作されたもの。横に広く、縦に長い作品なのでカメラアングルに収めるのあ大変だった。それにしても意地悪な雨。作品の近くにたって説明されているのに本降りになってくる。皆の熱い思いも雨のせいもあって聞き取りにくかった。Zentaidoujpg_2

 その後会場をせいかつ美術館に移って、まずは黒いスーツで決まっている杉本準一郎氏の挨拶。人間ひろばの新たな出発・・・優しく豊かなアジア など。その後制作者のメッセージとインド大使館のDsc06619人の挨拶がある。Dsc06631Dsc06633Dsc06634Dsc06638_3 Dsc06620

 関ヶ原製作所の会長の矢橋昭三郎氏が制作者に感謝状と記念品を渡されるときのにこやかな表情は印象深かった。関ヶ原製作所の周りの土地を求めては、人間ひろばを拡張されていることに頭が下がる。ちょっと小耳に挟んだ情報によると、広場が広くなって道路が近くなったね・・・。って。道路のすぐ向こうは、関ヶ原合戦のときの島津義弘の陣跡です。もうすぐ陣跡と広場は 一緒になるかも。(笑)

 次は.会場を変えてクロージングパーティ!!らしかったが、平和の杜が気になっていたのでそちらにまわり、ピエール・セーカリーの作品など雨の中で拝見する。公の国や県、市町村は財政不足でこういうイベントから手を引くところが増えているようだが、ここは凄い!!かなりの石象を制作しているのに、新たな出発だというのだから・・・。.いつまでもサマーシンポジウムが続きますように!下の写真は杉本氏 写真はクリックすると大きくなります。Dsc06639_4

 .

« せんとくん (ブロンズ像) | トップページ | 皇女和宮が泊まった柏原宿 »

優しさ・癒し」カテゴリの記事

宮崎」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

彫刻」カテゴリの記事

コメント

 区役所で、和太鼓の演奏があったので、もしかしたら、そちらで踊ってみえるのかと探してしまいました。関が原とは、意外だったな。
 今日は実家で、法事でした。いろいろトラブルはあったのですが、なんとか終わりました。疲れたよ~~~。でも、やらせてもらえるだけ、幸せなのかな? 何しろ、私は、嫁いだ身にも関わらず、父と祖母の法事をやらせてもらえるのですから。でも、来年は、祖母の三回忌。本当に、法事続きの十数年です。

雨の中お疲れ様 よりによってこんな時に降るなんてね!
関ヶ原の会場は新たな出発ですか 彫刻家さん達には嬉しい場所ですね。
ナベさんもますます彫刻にのめり込んでいきそうですね。

踊りの稽古はもう嫌っていうほどです。
人が一人亡くなるとほんとにいろんなことがあるようですね。
疲れない程度にね・・・
といってもやるべきことはやるしかないでしょうが。

今日は常滑焼まつりに行ってきました。
個展でお会いした陶芸家三のお招きでした。
冷房が効いていて楽しかったですよ。

昨日は雨の中竹内パパさんに会ってきましたが、
今日は竹内ママさんに会ってきました。

常滑焼の急須がね、進化していて、きれいで実用的でしたね。
これならお茶の味も変わるだろうなぁと思いました。

竹内ママさんはまた、見違えるように素敵でした。
作品も個性的でセンスばっちりですがご自身もね。

競艇場初体験、売り場の多いことびっくり!!

会場は凄い人でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183946/42249859

この記事へのトラックバック一覧です: 関ヶ原サマーシンポジウム:

« せんとくん (ブロンズ像) | トップページ | 皇女和宮が泊まった柏原宿 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ