« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

今年の風邪は・・・

 一週間前に足助に行ったあたりから風邪引きさん。熱はないが咳と痰が苦しい。日、月と祝日だったので火曜日に診療所に行って、風薬と咳止とトローチなんかもらって飲んだがあまり良くならなかった。薬もなくなったしで診療所にまた行った。待合室はインフルエンザの予防接種の人でいっぱい。土曜日で子どもさんやパパさんも多かった。

 その中にご近所さんもいた。話をしながら呼ばれるのを待っていたその人が「あんたもよー風邪引くから予防接種受けた方がいいよ」って。そうね、丈夫というか使っても頑丈だけど、熱が出るような風邪ではないけど風邪は良く引くなぁ。風邪が治ったら受けることにしよう。待っているうちにご近所さんの友達がたくさんの薬をもらっていたので見せてもらったら、葛根湯が入っていた。この薬は漢方らしいが風邪以外に肩こりにもいいらしいし、他にも色々効くようだ。そっか 先回の薬は効かなかったからこれがいいや。と思い先生に処方してもらった。

 診療所は12月1日から新築の診療所に場所も変わります。今日は診療しながら、引っ越しもしていてあわただしかった。看護師さんは予防接種で忙しく、問診もなく診察だった。みんな新しい診療所のことで頭がいっぱいなのかも・・・。

 夜、女性会の定例会を兼ねた忘年会があった。咳が出ると嫌だなぁと思いながらも参加する。今年は会費がどうしたわけかあまりそうなので使わなきゃならない。下手にキャンセルするとお金が減らない。

 女性ばかり22名。お酒を飲む人は凄い飲兵衛だけどそうでない人も多い。みんなビールの後、梅酒サワーとか飲んでいた。

081129_190501 女ばっかりというのは面白い。ごちそうは5000円だったらしい。美味しいはずだ。デザートの黒糖ゼリーが特に美味しかった。アパホテルの同窓会の方が美味しかったなぁ。

 あっという間の2時間が過ぎた。二次会はジャパレンでカラオケ。でも風邪引きさんは帰ります。宴会の間ほとんど咳が出なかった。出がけに飲んだ葛根湯が効いたのかもしれない。

 今年の風邪は中々治らんよ。二週間も治らんかったと教えて下さる人がある。えーっ まあだ 一週間もかかるのか。このまま治ると言いなぁ。早めに寝ようっと。

弁当ガラ

 資源ごみの回収の日。仕分けを確認する当番だった。
・プラごみと紙が一緒に入っている。
・ペットボトルのキャップが取ってない。
・ペットボトルのラベルがはがしていない。 などあったがまずまず整理されていた。

 テニスの日。Tさんが “弁当ガラ” の話をしていた。弁当ガラって弁当を食べたあとの弁当箱のこと。それとも単に弁当箱のこと。宮崎では使っていたけどいっつか忘れていた。横着い がわかんなかったとか、横着って形容詞?とかちょっと国語的な話をしていて面白かった。

 カーフェリーのことも話していた。以前は鹿児島に行く 大きなカーフェリー サンフラワーが名古屋からでていたんで便利だったって、軽でも鹿児島に行けるのにと。サンフラワーは今は走っていないそうだ。

 宮崎に行くカーフェリーは関西から出ている。昔は。神戸からも日向・宮崎にも就航していたんだけど、日向は今は行かない。はっきり確認してないけど。

 鹿児島から日向までは車で行けるけど、それより北は行けない、行ったことがないとか。話題が豊富なTさん、トビウオの刺身は美味しいよって。食べたことないな。トビウオの干物 アゴは食べたことあるけど。福岡ではアゴのだしで雑煮を煮る。

☆ 彫刻家の尾崎慎さんから掲示板に 豊明美術協会展が始まりました。 と
書き込みがあった。豊明市に詳しくないので調べた。

美術展(第31回 豊明市美術協会展)
      11月26日(水)~30日(日) 豊明市文化会館 ギャラリー
      午前9時~午後5時(26日は午後1時より/30日は午後4時まで)

 豊明市のHPより

掲示板はこちらから。

車は壊れてなかった。

Dsc07892  鉄チャン息子の車が動くようになったというので、夕べ遅くに取りに行って来るねと。車は別に悪いところはなかったようだった。キーが・・・キーのセキュリティが壊れた?変な表現だけど、スペアキーで動いたそうだ。新しいキーを一本作らないと心もとないので作るって。一本3万円以上。ほーそんなにすんの。車は何かあると便利なだけに大変。

 師勝から足助まで往復3時間くらいもかかって取りに来てもらったのに、出張費も車代もいらんらしい。普通じゃ出来ないこと。燃料代だけでいいんだそうだ。点検したのは別のところ、鍵を作るのも別のところ。儲からないんだからせめて何か・・・と言ってもダメか。

 名古屋ならそうはいかないだろう。

 ☆ 24日振替休日の香嵐渓には雨にも関わらずどっと人がきたようだ。ニュースでは観光バスが200台、1万人の人出だったと。もみじの葉の天ぷらとか五平もちとか売れたんだろうな。アナウンサーはもみじまんじゅうの天ぷらを美味しいと言いながら食べていた。

浜松は遠い

 4時15分頃に代車の軽自動車を積んで積載車がきました。遠路はるばる御苦労さまでした。車を見てもらいますが原因は分かりません。やっぱり持って行ってもらうしかありません。代車を降ろして鉄チャン息子の重い車をワイヤーで引っ張り載せました。Dsc07903

 終わったのが5時前です。浜松の里親さんに7時になりますがいいですかとメールで確認します。

 長いドライブが始まります。足助の香嵐渓を通るルートは近道ですが、10キロ渋滞しているとか。山越えしかありません。稲武に向けて伊勢神トンネル(旧伊勢神トンネルはお化けがでる・・・・?)稲武では2度と電光表示されていた。このあたりは寒いところだものね。とか言いながら、揚水発電所の脇を抜けて段戸山をぐるっと回って、もう少し行くと長野県。鳳来寺の近くを通り新城へ抜けた。明るければいい景色が広がっているのになぁ。途中見事なモミジがあったのでライトを上向きにしたらしいがさほどきれいではなかった。

 こんな山の中だから、狸でも出てくればいいのにが何も見えず。県道257ををひた走り。軽なのによーく走るわぁ。曲がりくねっているので猫の入ったゲージを押さえています。が、猫は中で踏ん張っているのかな・・・。早く着くといいね。おしっこも我慢しているんだろう。このあたりだったか表示温度は7度になった。

 新城から浜松もう少しです。引佐日赤病院の看板を左に曲がるとすぐのはず。はぁー着きました。長かったね。それにしても鳴くこともなくよーく頑張ったね。この猫は一人狼ならぬ 人を頼らない逞しい猫かもしれない。里親さんと仲良くできるかな。

 お家に入って、ご主人に猫を見てもらおうと思ったら、脱走。ピアノの下にかくれんぼ。先住猫さんはアメショーもどきで可愛い、お互いに無鑑賞で挨拶もなし。

 猫同士の関係はこれくらいがいいのかも。隠れてしまったのでどうしようもないのでお暇することに。おいしいお茶をいただいた。

 三ケ日インターから高速に乗り、よーく走る軽自動車でひたすら我が家へ。時間は7時45分くらい。腹減ったねと新城のサービスエリアで豊川稲荷寿司と豊川きしめんを食べた。

 途中4キロ渋滞・・・どうするこのまま走るか。高速をおりるか。とか言いながらそのまま名古屋へ高速を90キロで・・・。

 1時間ちょいで我が家へ着いた。アクシデントも重なる忙しい一日だった。

 浜松からメールが、ピアノの裏から捕獲しました。しばらくはゲージの中ですと。捕まえる時に噛まれたらしい。もうし分けないですね。どうしても欲しかったという白ねこ大事にして下さるようだ。Moti  

猫とドライブ・・・

 昨日のこと・・・

 朝9時過ぎに鉄チャン息子の車で動物病院に着いた。土曜日ですね、小型犬が3匹も待合室にいました。ミニチュアダックスとチワワが2匹です。どちらも大人しぃ~く待っています。犬は猫と違って聞き分けがあるのでしょうね。

 順番になって、まず代金を払います。やっぱり野良猫、飼い猫の避妊手術よりプラス1万円以上です。爪切り、ノミ 耳ダニ 回虫の薬をつける、そして鎮静剤も余分ですから・・・。爪切りは先生にとっては大事なことです。引っ掻かれるのでは手術になりませんから・・・。

 奥の方で退院する軒下ねこをゲージに入れる音がします。昨日と同じです。先生に攻撃しようとしているのではなくて、ひたすら 逃げたいだけらしいのですが。

 家に帰って部屋の中に解放したら、そこでも暴れること!暴れること!ついに隙間を見つけ、脱走です。エリザベスカラーをつけたままですが、もう どうしようもありません。猫に生命力がありますように!!

 その次は 里子に出す猫を捕獲してと言っても部屋の中、しぶとくて中々つかまりません。ベットの下にもぐって出て来ません。それでも 追い詰めて やっと やっとゲージの中へ。もう 一匹は抱いて行くことにしました。2匹の仔猫を2か所に届ける予定です。

 ゲージの中の白猫は、捕獲するときはどうもならんほど暴れたのにとっても大人しく、ゲージにつかまっている、立っているような姿勢でいました。抱いている方も鳴いたりはしませんでしたが、車の中の探検です。落ち着かないこと、あっちもこっちも動き回っています。

 紅葉で有名な香嵐渓の近くを通るので、渋滞を計算に入れて早めに出発しました。第二東名を豊田市の勘八まで行き、後は矢作川に沿って上流に向かいます。すごい渋滞だろうと思っていたのにどこもスイスイでした。香嵐渓より一本西の道でしたが、高速もどこも渋滞してなかったので、どうしようか。里親さんの家の下見がてら、何か食べるとこ探そうかと車を走らせます。ログハウスだと聞いていましたが、車で走っている途中にそれらしいお家が一軒ありました。

 そこを過ぎてしばらく行ったところに、五平もちの看板がありました。とどろきの里といい、大きなしだれ桜が一本ありました。五平もちでも食べながら約束の2時になるのを待ちます。味は濃いと思いましたが、ここを通ったらまた食べるだろうという感じでした。

 紅葉がきれいでした。自然の中で癒しのひと時です。少し歩くと渋柿が一個だけなっていました。美男かずらも赤くきれい、自然薯の葉も黄色く紅葉してました。むかごはないかなと見ましたが残念有りません。Dsc07878 Dsc07882

 戻ってそろそろ近くまで戻ろうかと言って、鉄チャンがエンジンをかけようとしますがかかりません。バッテリーじゃないと思うけど、念のためと、五平もちを食べていた人にお願いして ブースターケーブルでつないでみましたがダメでした。あとヒューズを調べたり、思いつく限りのことはしたみたいでしたがダメ・・・。

 最後の手段、販売してくれたところに電話して聞いてみましたが分からないので、積載車で台車を積んで来てくれるってという話でした。電話の相手は岐阜県本巣にいるとか。随分時間がかかりそうですが、待つしかありませんね。ロードサービスに入ってはいますがダメだろうと。

 里親さんからメールが入り、帰宅したのでいつでもどうぞと。事情を説明して迎えに来てもらって、一人で猫をつれてお邪魔しました。すてきなログハウスです。北側が道路、南側の崖下に川が流れていてその向こうが低い山でした。今は豊田市ですが、以前は足助町です。Dsc07896

 仔猫も隠れはしますが、一度下見というかお見合いというか会っているからか、猫の性格がいいのか鳴くこともなく隠れます。引っ張り出しても子供を嫌うでもなく、ほんの一時抱かれて離してもらうとまた隠れるの繰り返し。また、餌をもらったら、一度目は口をつけただけだったのに、しばらくしたらまたやってきて完食です。大した猫だわと、これなら大丈夫安心しておいて帰れると、しだれ桜の下まで送ってもらいました。

 積載車はまだ来ていません。二匹目の猫を連れて浜松市まで行く予定です。長くなるのでまた次回。Dsc07870 Dsc07893

Dsc07875  

昨日から・・・

 忙しい、やっと一息ついたところです。

 昨日の朝は前日に買ったビオラの植え付けをする。4種類のビオラ一鉢が60円24鉢でおまけしてもらって1400円。ビオラだけでもいいけど寄せ植えもいいなぁと思いながら隙間を空けて植える。

 その後、寒いなぁと言いながらテニスへ。受付にコーチの結婚式の写真が貼ってあった。じっと見た。コーチはそばにいたが見ただけ。寒いと思っているのに半袖で頑張る人が二人。昨日の生徒は10人、男性3人。テニスより新婚さんのコーチをいじめる?のが楽しい。光輝くリングひとつでも話はふくらむ。

 よく出来た嫁さんらしい。その嫁さんは、自分が早く仕事に行く時は(コーチが遅いんだと思うが)朝ごはんを作って自分のお弁当も作って行かれるらしいのだ。「コーチは幸せ太り間違いないね」と言ってみたら、帰ってきた答えは「それまで朝食も全部外食だったから、逆に2.5キロも痩せた」と。ほんとによく出来た嫁さんかも。

 テニスが終わって、まっすぐに帰る。ご近所さんが前日亡くなられたので女性会としてお通夜に持って行くお線香の手配を。後で取りに行きますと、電話でお願いする。女性会の副さんから電話がありお通夜の話をする。

 お使いに行って、バックを見たら何と何と財布が入っていない。レジの人にすぐ来るからと急いで家に帰るが、途中で知り合いに出会う。今度の資源回収当番だね。とか、話して別れる。

 財布を持ってスーパーへ行って買い物を済ませ、その足で線香を取りに行く。「どんな人がとりに来るかと思ってた」と店のおばちゃん。

 帰って礼服にアイロンを当てながら、夕飯の用意も。

 5時15分チャイムが鳴る、用意できたと友人が来る。今行くわ。迎えのバスで斎場へ。21人バスに乗ったらしい。

 斎場には若い時の優しそうな写真が。実際も優しい人だった。越してきて8年。頂いたものはいっぱいある。元気もいただいたなぁ。いっつも話しかけてくれたなぁ。柿の木も花ももらった。思い出はいっぱいある。

 写真で作ったビデオが流れた。その後おっさまが見えて通夜が始まった。72歳だった。焼香が3か所で始まったが、途中から5か所になる。喪主さんが学校の先生、同僚の先生だろうか次から次から人の波。感激されたのか、悲しみが増したのか喪主さんの目が・・・。先生として人望がおありなのだろう。

 今日は朝から、軒下で暮らす猫を避妊手術をするために捕まえた。昨日のうちに保護したかったが、うまくいかなかった。

 9時過ぎに動物病院に着いた。ゲージの中では大人しかったが、獣医先生の前では大暴れ。先生は手慣れたものだ。鎮静剤?を打って、まだ、暴れる猫を洗濯ネットに入れて、それでも暴れるのでもう 一枚洗たくネットをかけて、少し大人しくなった猫の爪をネットの隙間から一本づつだしては爪を切られた。採血もして入院させた。明日迎えに来るからね。

 その足で ホームセンターで猫のものなど買う。家に帰ると告別式の迎えのバスが来るまで時間がない。慌てて用意したところへ友達がくる。

 斎場にはカラオケが好きだったという故人のために演歌が流れていた。ご冥福を祈ります。Photo

秋の風景!

Dsc07835  夕方から冷え込むという天気予報が出ている。暖かいのは今日までならと花の手入れをする。午前中は動くと暑い感じだった。

 ガレージの上の芍薬・日本サクラソウなどの植え替え。終わってしまった鉢の片付けなど、ゆきとグレムリンを連れて外へ・・・猫たちは日向ぼっこ。

 ご近所さんでは柿の木の手入れだと言ってお母さんと娘さんがお二人で枝の剪定をされている。お互いに美味しいお菓子ですよっておやつの交換。そんなことでおじゃましてしまったのに柿をいただいた。

 昨日も庭になったからと柿をいただいた。柿の効用って凄いものがあるんですね。いつかの「所さんの目がテン」で、甘柿のゴマはタンニンの固まったもので、水にとけないと言っていて、そのタンニンには、消臭効果があると。実験では匂いのするゴミを袋に入れて、すりおろした柿を入れて、袋ごとくちゃくちゃと揉むだけで匂いがなくなったと。所さんが驚いていた。

 花の手入れに時間がかかってしまって1時くらいにやっと終わった。三時くらいにATMのあるスーパーに行き、隣にあるエイデンでプリンターのインクを買った。純正品ではなくリサイクル品、随分と安いから。

 家に帰ったら、お隣の奥さんが今年は豊作らしいよと柿を下さった。午前中大きな柿の木の手入れをされていたわ。美味しい柿がたくさん食べれる・・・。嬉しいぃ!実家には裏山に、甘柿もあるが、大きな渋柿がある。今頃母は干し柿にしているだろうか?

Dsc07855 Dsc07832

 

横田和憲 個展

  刈谷市のギャルリ ディマージュには今、素敵な白磁が並んでいる。中に入ると二つの空間に仕切られている。

 まず目に入るのが、白磁に銀色の金属パラジュウムがあしらわれた食器。その奥には白磁の花器・それに本物そっくりのキャベツとピーマンが作品になっている。このキャベツは傾くが倒れない。サラダでも盛り合わせる・・・平凡だけど。Dsc07803_2Dsc07811 

 飲兵衛なのか、作家さんは酒のつまみを乗せるのがいいと。酔っ払ってさわっても転がらないからって。

 壁には、今回初めて制作されたという陶板がかけてある。陶板にもパラジュウムが使ってある。色遊びをされているようなメルヘンチックな世界になっている。

 一見物静かなお方だが、色々お聞きしたら、熱い気持ちを語ってくださった。陶板に磨崖仏が2点あって、座像と立像と。磨崖仏は九州に多いという話になり、石橋がいいという話にもなった。石橋は九州に多い。Dsc07798

 陶板の制作過程もお聞きした。4回も焼くんだそうだ。ふーん そっか それだから 味わい深いのかなど一人で思いながら聞いていた。

 作家さんは10年前に会社を辞めて、陶芸を勉強されて今は陶芸家。凄いなぁ。人生ってやり直しが出来るんだと実感する。

 京都のやきもの市では初日に大半が売れてしまうともお聞きした。京都では和食屋さんではなくて、フランス料理屋さんで使われているとか。  

 横田和憲 個展は11月22日(土)まで。ギャルリ ディマージュはこちらから。

「日本・石の野外彫刻」が届いたので

宮崎在住の彫刻家田中等氏から「日本・石の野外彫刻」という分厚い本が届いた。時間が取れなくて中々見れない、読めない。

 やっと 家事も一段落したので 今から開きます。お気に入りがいっぱいあるかな。田中さんのメールには 私の知っている彫刻家が載っているということなので楽しみ。

 短いけど、今日はおしまい。刈谷に行った帰りにお月さまがまん丸に見えた。明日は龍馬の命日。別に何もしないけど 酒でもお供えしようか。坂本龍馬のパネルとちっちゃい銅像に・・・。

テニスのあとは・・・

 テニスの日。コーチは結婚式を済ませたばかり。二次会に参加された人があって少し話を聞いた。

 今日は9人。男性3人。と残りは女性6人。今月はボレがテーマ。ウォーミングアップの後ボレの球出し。その後サーブを入れた打ちあい。最後は試合だった。男性3人プラスコーチ。はんぱなのでTさんが今日は男役???

 ボレを取りいれて試合をしたいけど難しいね。チャンスボールは一瞬で緊張して力が入るし・・ね。

 じゃんけんぽん と勝った順に番号振ってペアを決める。えー また コーチと組むの?2試合やっていずれも勝てたから良しとするか。

 勝ちが決まっているかにみえた試合。コーチはわざと下手な振りしてスコアを五分に持って行くんだからね。コーチは曲者だわ。

テニスが終わったその足で大高緑地のちいさい秋を探しにケッターを飛ばした!テニスコートから東へずんずん走った。と見覚えのある通りに出た。あっ・・・そっか。ここに出るんか。友達の家のすぐ近くです。

 ずっとお会いしてないので、大高緑地へ誘おうかなと思い、寄り道をする事にした。庭でわんこが陽ざしのなかで寝ている。くーちゃん と呼ぶと嬉しそうに尻尾を振って飛んできた。犬は友達を忘れないんだ。感心、感心。

 順番が違ったけど、友達の名前を大きな声で呼んでみる。

 お昼御飯を食べているとのこと。待っているから散歩に行こうと誘うが、上がってと言われたので、素直にお邪魔する。

 待ってたんだよと言われ嬉しい。パソコンメールに、スパムとか迷惑メールがいっぱい届くんだそうだ。それも 差出人が自分のアドレスになって。

 セキュリティソフトもプロバイダーのセキュリティも契約してあるのに届くんだよ。ウィルスもついて来るし、怖いと。

 一番簡単なのはメルアドを変えることかなと、プロバイダのページを開いて、メルアドの変更をした。メルアドを変更すると友達とかに連絡をするのが1番面倒だけど。ウィルスが添付されたメールが届くよりいいということです。

 他にも少しばかり教えることがあって、教室を思い出した。

 お茶飲んで行って、ご飯食べたの、お菓子食べてと歓迎していただいて感謝です。息子さんのお嫁さんの在所のお茶が日本一になったんだよって。美味しいお茶でしょ。甘みも渋みの丁度いい位の美味しいお茶でした。去年は3位だったんですって。今年は日本一、凄い。そこは静岡県の川根(川根茶は有名ですから)にあるつちやというところです。

 定年退職したら夫婦は対等よとか言いながら、面白い話や、奥の深い話などで笑った、笑った。それに、ゆったり日本茶をいただいたのは久しぶりでのんびりしてしまった。あっという間に2時間半がすぎて、散歩する時間はなくなってしまった。けど、本当に楽しかったし、お役に立てたのがうれしかった。

 ゆうたり遊んだから、それからが忙しかった。大急ぎで家に帰り、銀行のATMとおつかいとエイデンと・・・。あー.忙し!・・・お風呂も入れなきゃ・・・。

 5時過ぎて連れ合いが帰宅・・・。お風呂間に合った。その間に酒の肴をっと。でも・・・中々動かない。見に行ったら相撲中継を見ていたのでホッとした。

オオスズメバチの焼酎漬け

 このタイトルを見たら みんなびっくりだろうなぁ。今回の宮崎みやげの一つです。

 養蜂家はミツバチの敵のスズメバチを退治しないとあっと言う間にミツバチが全滅してしまうのです。Dsc07791

宮崎のみやげ

 同窓会に宮崎に行っていた連れ合いが4日ぶりに帰って来た。向こうへの土産は大須ういろうや味噌煮込みうどんだったらしい。

 連れ合いは兄弟が8人。親戚が多いのであちこち行って来たらしい。おじさんが養蜂業・・・代替わりしていとこが主でやっているらしいけど。違ういとこも養蜂業を始めたということで、蜂蜜をもらってきた。味の違いはミツバチに与えるえさによって違うとか。ミツバチは働き蜂が取ってきた.花粉とか蜜を食べるのではないみたい。

 宮崎米玄米で30キロと香り米も一緒にもらったようだ。ほんの少し香り米を入れるだけで米の香りが変わるんだとか。義姉さんが掘ってくれたという赤目芋など。一番嬉しいのはお義姉さんの里芋、赤目芋かも。

 珍品は ミツバチからの贈り物 プロポリスエキスとオオスズメバチの焼酎漬け。大きなスズメバチはグロテスクだけど、傷薬になったり、ハチに刺された時に塗るらしい。とてもよく効くそうだ。あんまり試したくはないが・・・。写真を撮ろうと思ったが、大事なものらしくしまってあって見つからないのでまた次回に・・・。(連れ合いは疲れたのか寝ていた)

 連れ合いがいない昨日の夕飯にピザを頼んだら、時間になっても届かないので、確かめてみた。なんと配達してきましたと。○○さんですかと聞いたら、おばあちゃんがはいと言われたそうだ。でも・・・住所が違うでしょって怒ってやった。

 最初に電話して2時間後に、悪びれるようでもなく、笑顔で配達してきた。頼んだ商品だけを持って。領収書を最初の○○さんに行ってもらって来ると。

 おばあちゃんは、家族に確かめもせずにお金を払ったんだろうか。どうなっているの?飛躍しすぎかもしれないが、おれおれ詐欺を思い出しちゃった。

 ピザは “笑顔のダブルロール” でした。縁の三種のチーズもカニも美味しかったけど、カニの好きなグレムリンは食べなかった。猫がそっぽを向くカニ、本物かな?

認知症サポーター養成講座

 今日も寒い一日だった。昨日もそうだった。認知症サポーター養成講座に行くのに寒いからと車を出してもらった。

 認知症サポーターと言う言葉を初めて聞いた。

まず認知症について正しく理解し偏見を持たず認知症の人や家族に対し温かい目で見守ることがスタートです。と説明してくださる。認知症サポーターは「何か」特別なことをやる人ではありません。認知症を理解した認知症の人への「応援者」です。

 それから認知症とは から老化と認知症の違い。認知症の種類、認知症の症状、主な中核症状(記憶障害 見当職障害 理解・判断力の障害 実行機能障害など)をはじめいろいろな説明を聞いた。

 その後、田村高広の認知症のDVDを見る。本当によくわかる映像だった。

 最後に認知症の人と接する心がまえについての話になった。認知症になる人は最初に自覚するのは本人らしいのです。自分が忘れていく恐怖って本当に嫌だろうなぁとつくづく思いました。

 認知症の病気を理解して、さりげなく、自然に、温かく見守りさりげなく援助していく。ご本人の言動を一方的に非難しない。 従前と変わらない「個人」として捉えましょう。介護の言動が伝わりやすい、相手の思いを共有する。など・・・約一時間の講座だった。最後にアンケートに答えて、認知症サポーターの証であるオレンジリングをいただいた。

 自分の母親や10歳年上のつれあいのために聞くことにしたのだが、物忘れという点から考えると、自分が一番認知症に近いかもしれない。年齢だけでは計れないというし。難しい講座だった。

図書館まつり

朝から雨になった。天気予報では雨が続き気温も上がらないとか。

この時期、学校の学芸会と重なる事が多い。と合わせて天気がいまいち。

予想通り子どもたちの姿が少ない。特に高学年がいない。

出来た作品は面白いと思う。色の好みも着ている服と同じだったりする。それは好みの服を着ているってこと。最近の子どもは好みがはっきりしてるのかな。

081108_110701 081108_110801

今日 この頃

 先日のお通夜は一人暮らしの70代女性だった。亡くなって5日目くらいに発見されたとのことだ。というか、検死をしたら29日に亡くなったのではという感じらしい。最近もタクシーに乗って家の前を通られたと思ったが一週間も前だったのかと思う。

 昨日はテニスの日だった。コーチが明日8日に結婚式をあげる。今月のテーマがボレー。それもハイボレーとスマッシュ。「くれぐれも僕を狙わないで・・・ほんとにスマッシュは怖いから」って。式前の大事な体、気をつけて打ちますね。とは言ったものの、意識をコーチに当てないと思った時からコーチが目に入る。困ったなぁ。私の球はライナーではないのでまぁだ避けれるだろうと思うが、コーチにも油断はあるって。

 テニスの帰りに、スーパー行くと聞いてくる可愛い人がいる。今日は美容院に寄っていくわぁ。と言ったら 「えーっ そのまんま行くんですか?」「そうよ」「美容院に行くときっておしゃれしていかないですか」「だって 2センチ切ってっていうだけだよ。髪型は変えないし」「そうですか」って会話が終わる。

 初めての安いお店です。店内に入ると、すぐにロッカーに荷物を入れてくださね。そして ここに座っていうので腰掛けて、次の支持をまつ。とすぐに美容師さんが現れて、希望を聞いてくれてカットが始まる。25分から30分であっという間に終わった。忙しい私にぴったりの店かも・・・安いのもいい。

市場にお花屋さんが来るので出かける。キンギョソウ3本入り120円だったんで8鉢買った。

龍馬伝の龍馬役は

(ニュース)2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」、坂本龍馬役に福山雅治さん決定!

えーっ うっーそぉ! と思いました。どんな龍馬だろう。福山雅治か。いいですね。イケメンすぎると思いますが、実は、福山雅治と田村正和ファンで〜す。

龍馬を私たちは普通りょうまと言いますが、高知県出身の友達は なんと りゅうま と呼びます。福山雅治はどっちかな。

楽しみです!

天璋院篤姫講座

 とっても美人の学芸員さんは声も素敵!話も上手でした。

 まずは
はじめに
Ⅰ篤姫の結婚
一家定との婚姻は篤姫にとってどのようなものであったか?―

□事の発端 □背景その① 女性が築いた島津家・徳川家の関係 背景その② 当時の世界情勢と島津斉彬の期待 □婚礼直前の状況 将軍継承問題

 篤姫の結婚は徳川家から島津斉彬に年頃の娘はいるか(1850年頃)と問い合わせがあってから嫁入りするまでに6年もの歳月がかかっている。などと興味深い話がありました。参考資料として ご自身の本『天璋院篤姫』、崎山健文「幾島と天璋院」(『新薩摩学』)などとレジュメにありました。

Ⅱ江戸城での天璋院
―家定亡き後の江戸城で天璋院はどのような存在であったのかー

□14代将軍徳川家茂(1846-66)□和宮(1846-77)との関係 □将軍家茂の上洛 □天璋院と将軍家茂 寺田美保『みんなの篤姫』、辻ミチ子『和宮』などを参照と。

ドラマでも家茂と篤姫はいい関係に描かれていたが実際もそうであったようで、和宮は 家茂に好意的であった天璋院を好ましく思うようになったと。家茂は13歳で将軍になり、21歳で亡くなるまでに3回上洛しています。

 宮崎県高鍋に縁のある私が書きたいのが、この上洛に侍読として行動しているのが秋月種樹だということです。(自慢です (*´v゚*)ゞ)詳しくはこちら

3回の上洛は、18歳で4か月、19歳で約半年、20歳の5月22日に上洛して21歳の7月20日に亡くなる(寺田美保氏のレジュメより)のですから、和宮と家茂が一緒にいた期間が短いのですね。この間に天璋院が家茂に宛てた書状の内容などを披露していただき感激でした。

Ⅲ江戸城の無血開城と天璋院
―天璋院書状 官軍隊長宛は、どのように出されたのかー

この先のレジュメは詳しく書かれているので 聴講した自分が書くと手柄を横取りするような抵抗があるので一部だけ記載します。

□15代将軍徳川慶喜(1837-1913)、鳥羽伏見の戦いの後、江戸に逃げ帰り、-後略  □和宮は、伯父である橋本実麗父子当ての直書二通と慶喜の書状を -後略 □和宮の書状により、徳川家家名存続の道筋がたつと、-後略 □天璋院書状 官軍隊長宛 -後略  寺田美保『江戸開城と天璋院』(『新薩摩学』)、図録『天璋院篤姫展』などを参照 とある。

この時期は興味のある人が多いですよね。江戸無血開城に尽力する篤姫をはじめとする大奥、和宮の嘆願書と天璋院の薩摩宛の嘆願書など、興味は尽きないですよね。強く生きる女性の姿・・・何とも言えないです。

Ⅳ開城後の天璋院
ー天璋院単独の歎願から何が見えるかー

□その① 徳川家の継嗣・禄高にについて(決定前) □その② 江戸城明け渡しの日時(開城前) □その③ 徳川家の継嗣・禄高について(決定後)□その④ 上野戦争での官軍・薩摩への批判(開城後)

―前略ー 天璋院の激烈な想いに驚かされますが、最後の最後まで徳川家の人間としての立場を貫こうとしていたのでしょう。と中身の濃い話が続きました。

質疑応答の中では、薩摩藩は何故お金が有ったのかの問いがあったり、最後まで意義深い講座でした。

大河ドラマに対しての厳しい言葉もありました。天璋院と小松帯刀を幼馴染だというのは原作にもないことなので無理が出てきているとも・・・。いろんな話題がでましたね。

本寿院さまは天璋院宛の.書状があるそうで、ドラマのような人ではなかっただろうとか、とても小さい文字で書いてあるので、尚古集成館の人は読まなかったが、徳川サイトで読んでもらった内容に感激したようなこととか、いい講座でした。

まとめ 史実は小説より奇なり

写真は紅葉の始まった長浜城。

Dsc07655

 Dsc07657

大河ドラマ

  先日の「天璋院篤姫を語る」という寺田美保氏の講座を聞いた感想をじっくり書こうと思っていたが、今日はお通夜に行くことになった。期待してくださっている方(そんなことないか!)ごめんなさい!また、明日。

 長浜城歴史博物館の館長さんが、講座を聞いて、勉強して、大河ドラマを見て、また、勉強しましょうとおっしゃっていた。

 それで、じっくり日曜日の夜の大河ドラマを見た。龍馬好きには需要な日でした。龍馬が暗殺されると予告があったから・・・。

 じっくり じっくり見ました。で・・・・がっかり・・・もう少し違う内容を期待していたんだ。司馬遼太郎が『竜馬がゆく』を発表して長い時間が過ぎて、龍馬に関する研究も進んだと聞いたから。自分も少しばかりの本も読んでいたから。

 ところが・・「世界の海援隊」のエピソードだもんね。重ねて、龍馬の名前は新政府に中に入っていない。これなぁに。これじゃ 司馬遼の世界??

 再来年に放送が決まっている龍馬伝も期待していいものやら・・不安になってきたわ。

桐野さんのブログに詳しいので興味のある人はこちらをどうぞ。 

長浜城

Dsc07664  いい天気になりました。まずは、長浜城歴史博物館に行き、「戦国大名 浅井氏と北近江」の展示を見ました。

 北近江(湖北)統治の実態を追及

 家臣たちの視点から浅井三代を見る

 残された古文書を系統立てて展示

 残された武器・武具類を一同に会する

 浅井三姉妹が後の世に与えた影響を検証

という展示内容でした。

 興味深いのは肖像画かな。浅井長政・夫人(お市の方)・崇源院・淀殿と伝えられている像。

 浅井三代は、長政とお市の方の子である三姉妹(淀殿・常高院・崇源院)によってその滅亡後も繁栄し続けました。秀吉・家康の生涯に大きな影響を与えたんだそうです。展示されているのが姉妹というのが、大河ドラマの今年のテーマ 強い女に共通するんでしょうか?

Dsc07689  本題は鹿児島の尚古集成館の学芸員寺尾美保氏の講演です。友の会の会長さんも言われましたが、名前だけでは男性なのか女性なのか分からないと・・・。素直に受け止めれば良かったみたいで、大河ドラマの篤姫ばりの美人が登場されたので会場が一気にどよめきましたね。 ほんと びっくり!薩摩おごじょ とか言いますが鹿児島の美人のことを言うんでしょうかね。

 講師紹介がありました。鹿児島生まれ・鹿児島大学法学部卒業 尚古集成館学芸員・鹿児島純心短期大学非常勤講師 など

 長くなりそうなので明日改めて・・・

 

明日の天気は???

  明日の天気が気になる。長浜市で「天璋院篤姫を語る」という講座があるので行こうと思っている。鹿児島の尚古集成館の学芸員さんは何を語られるのかとっても楽しみ!!

 その次日曜日の長浜城歴史博物館開館25周年記念の講座、パネルデスカッション「浅井三代、三姉妹と戦国時代 ―城郭との関連を基軸に」も楽しみだ。去年の春に出かけた 小谷城との歴史と構造など、浅井に関することがいっぱい話題になるのかな。

 静岡大学教授 小和田哲男氏 
 城郭研究家  中井均氏
 司会     太田浩司 長浜城歴史博物館学芸員

になっている。のびたくんみたいな学芸員さんにお会い出来る。話もできるといいが、この学芸員さんはいっつでも忙しそうで中々だ・・・。

 長浜城歴史博物館の特別展は「戦国大名と浅井氏と北近江 -浅井三代から三姉妹」

 明日の日曜日は朝から近くの牛毛神社の掃除がある。忙しいことになりそうだ。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ