« 大河ドラマ | トップページ | 龍馬伝の龍馬役は »

天璋院篤姫講座

 とっても美人の学芸員さんは声も素敵!話も上手でした。

 まずは
はじめに
Ⅰ篤姫の結婚
一家定との婚姻は篤姫にとってどのようなものであったか?―

□事の発端 □背景その① 女性が築いた島津家・徳川家の関係 背景その② 当時の世界情勢と島津斉彬の期待 □婚礼直前の状況 将軍継承問題

 篤姫の結婚は徳川家から島津斉彬に年頃の娘はいるか(1850年頃)と問い合わせがあってから嫁入りするまでに6年もの歳月がかかっている。などと興味深い話がありました。参考資料として ご自身の本『天璋院篤姫』、崎山健文「幾島と天璋院」(『新薩摩学』)などとレジュメにありました。

Ⅱ江戸城での天璋院
―家定亡き後の江戸城で天璋院はどのような存在であったのかー

□14代将軍徳川家茂(1846-66)□和宮(1846-77)との関係 □将軍家茂の上洛 □天璋院と将軍家茂 寺田美保『みんなの篤姫』、辻ミチ子『和宮』などを参照と。

ドラマでも家茂と篤姫はいい関係に描かれていたが実際もそうであったようで、和宮は 家茂に好意的であった天璋院を好ましく思うようになったと。家茂は13歳で将軍になり、21歳で亡くなるまでに3回上洛しています。

 宮崎県高鍋に縁のある私が書きたいのが、この上洛に侍読として行動しているのが秋月種樹だということです。(自慢です (*´v゚*)ゞ)詳しくはこちら

3回の上洛は、18歳で4か月、19歳で約半年、20歳の5月22日に上洛して21歳の7月20日に亡くなる(寺田美保氏のレジュメより)のですから、和宮と家茂が一緒にいた期間が短いのですね。この間に天璋院が家茂に宛てた書状の内容などを披露していただき感激でした。

Ⅲ江戸城の無血開城と天璋院
―天璋院書状 官軍隊長宛は、どのように出されたのかー

この先のレジュメは詳しく書かれているので 聴講した自分が書くと手柄を横取りするような抵抗があるので一部だけ記載します。

□15代将軍徳川慶喜(1837-1913)、鳥羽伏見の戦いの後、江戸に逃げ帰り、-後略  □和宮は、伯父である橋本実麗父子当ての直書二通と慶喜の書状を -後略 □和宮の書状により、徳川家家名存続の道筋がたつと、-後略 □天璋院書状 官軍隊長宛 -後略  寺田美保『江戸開城と天璋院』(『新薩摩学』)、図録『天璋院篤姫展』などを参照 とある。

この時期は興味のある人が多いですよね。江戸無血開城に尽力する篤姫をはじめとする大奥、和宮の嘆願書と天璋院の薩摩宛の嘆願書など、興味は尽きないですよね。強く生きる女性の姿・・・何とも言えないです。

Ⅳ開城後の天璋院
ー天璋院単独の歎願から何が見えるかー

□その① 徳川家の継嗣・禄高にについて(決定前) □その② 江戸城明け渡しの日時(開城前) □その③ 徳川家の継嗣・禄高について(決定後)□その④ 上野戦争での官軍・薩摩への批判(開城後)

―前略ー 天璋院の激烈な想いに驚かされますが、最後の最後まで徳川家の人間としての立場を貫こうとしていたのでしょう。と中身の濃い話が続きました。

質疑応答の中では、薩摩藩は何故お金が有ったのかの問いがあったり、最後まで意義深い講座でした。

大河ドラマに対しての厳しい言葉もありました。天璋院と小松帯刀を幼馴染だというのは原作にもないことなので無理が出てきているとも・・・。いろんな話題がでましたね。

本寿院さまは天璋院宛の.書状があるそうで、ドラマのような人ではなかっただろうとか、とても小さい文字で書いてあるので、尚古集成館の人は読まなかったが、徳川サイトで読んでもらった内容に感激したようなこととか、いい講座でした。

まとめ 史実は小説より奇なり

写真は紅葉の始まった長浜城。

Dsc07655

 Dsc07657

« 大河ドラマ | トップページ | 龍馬伝の龍馬役は »

歴史 」カテゴリの記事

コメント

いい講座だったようですね私も聞きたかったな!
ドラマはあくまでもドラマなのか私のような知らない者は本当だと思ってしまう。
どうして事実を曲げなければならないのか
作者の思いからだろうが知っている人は知っているのだ。
やっぱり歴史的事実を曲げてはいかんと思う。

講座は地元ネタとか面白かったです!小松の実家と篤姫の実家は歩いて40分位とか。篤姫が最後に見た桜島は講師の職場で何時も見ている桜島だとか。
ドラマはあくまでドラマなのかな。前の新撰組の時は龍馬と新撰組隊士が友達と言う有り得ない設定だった。脚本家自身もバロディと言ってたので見る気もしなかったわ。今回見ているのは、桐野ブログがあって、事実を確かめられるからです。鋭い突っ込みを楽しんでいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183946/43021855

この記事へのトラックバック一覧です: 天璋院篤姫講座:

« 大河ドラマ | トップページ | 龍馬伝の龍馬役は »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ