« 図書館まつり | トップページ | 宮崎のみやげ »

認知症サポーター養成講座

 今日も寒い一日だった。昨日もそうだった。認知症サポーター養成講座に行くのに寒いからと車を出してもらった。

 認知症サポーターと言う言葉を初めて聞いた。

まず認知症について正しく理解し偏見を持たず認知症の人や家族に対し温かい目で見守ることがスタートです。と説明してくださる。認知症サポーターは「何か」特別なことをやる人ではありません。認知症を理解した認知症の人への「応援者」です。

 それから認知症とは から老化と認知症の違い。認知症の種類、認知症の症状、主な中核症状(記憶障害 見当職障害 理解・判断力の障害 実行機能障害など)をはじめいろいろな説明を聞いた。

 その後、田村高広の認知症のDVDを見る。本当によくわかる映像だった。

 最後に認知症の人と接する心がまえについての話になった。認知症になる人は最初に自覚するのは本人らしいのです。自分が忘れていく恐怖って本当に嫌だろうなぁとつくづく思いました。

 認知症の病気を理解して、さりげなく、自然に、温かく見守りさりげなく援助していく。ご本人の言動を一方的に非難しない。 従前と変わらない「個人」として捉えましょう。介護の言動が伝わりやすい、相手の思いを共有する。など・・・約一時間の講座だった。最後にアンケートに答えて、認知症サポーターの証であるオレンジリングをいただいた。

 自分の母親や10歳年上のつれあいのために聞くことにしたのだが、物忘れという点から考えると、自分が一番認知症に近いかもしれない。年齢だけでは計れないというし。難しい講座だった。

« 図書館まつり | トップページ | 宮崎のみやげ »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

( ^ω^)おっおっおっ 貴女そんなぁ!なんて笑ってる場合ではない。
振り向いたら忘れているこの頃 いつかそんな日が来るのではないかと思うことも。。。 いやだんだん現実に近づいているかも知れない 
ほんとに身近な問題になってきましたね。

ほんとほんと!(ノ_≦。)
振り向いたら忘れている・・・名言かも。heart04

話題が変わると、さっきの話は忘れている。

人の顔はわかっても、名前はねー!

まぁ 今のうち 遊びに 仕事に いろいろ頑張るか!

 私が認知症になったら、よろしくおねがいします。いや~、本当に物忘れがひどくなりました。もしかしたら、これは、物忘れとは言わないかも。
!(・oノ)ノ 

 認知症と一言で言っても、本当に症状はまちまちですもんね。祖父が認知症でした。30年くらい前だから、まだ、認知症という言葉も無くて、わからないことばかりで、家族は振り回されました。あの頃は、まだらぼけと言ってましたが、時々、おかしくなり、また、時々正気になるんですね。正気になった時はすごく落ち込んでいました。
 ご飯を食べたのを忘れたことから、症状は始まったようです。その次は金銭感覚がなくなり(円ではなく、文なんて言ってました)、急に怒り出したり、徘徊もありました。あの頃は、敬老パスがただでもらえたから、知らないうちにバスに乗ってしまって、昔働いていた付近へ行ったみたいです。本人は出勤するつもりだったみたいですけどね。この時は、警察で保護され、連絡がありました。だいたいは、近所だったので、会社から帰ったら、祖父がいないということで、バックを置いてすぐに探しに行ったこともありましたっけ。
 祖母も祖父ほどではありませんでしたが、その兆候は見られました。
 だいたい、夕方ころに症状が出るようでした。慣れてくると、おかしい時は、目の色が灰色っぽくなってくるのがわかりました。これは、祖父母とも共通してました。

 先日、テレビで南田洋子さんがアルツハイマー病ということで、特集してましたが、やっぱり、おかしくなる時は、顔の表情とかがだんだん変わっていくのがわかりました。家族も辛いですが、本人も辛いのでしょうね。でも、きれいごとで終わらないのが、この病気です。特に、汚物関係は、きついですね。
 あの頃は、若かったせいか、家の中に漂うアンモニア臭が嫌でした。オキシドールを使う方法もあるようですが、そんなことでは間に合わないくらいだったと思います。

 遺伝でいくと、そのうち、私もなるかも・・・。こればかりは、病気だし、本人がなりたくてなるわけではないので、仕方がないのだけど、悲しいですね。

大変な経験をしているんですね。
私は介護経験はまだありません。

祖母は老衰かな。実家は風呂もトイレも家の外。母が背の高い祖母を風呂に背負って行くのが大変そうでした。最後は痩せてしまってましたから、手足の長かったこと。母が背負うのに妙に長い手足が記憶にあります。

これから あるのでしょうかね。連れ合いは年がかなり上なので順番からいけば介護するんでしょうが、分かりませんものね。自分もあてにならんしね。今でもおかしいと思うことが多くて・・・。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183946/43072595

この記事へのトラックバック一覧です: 認知症サポーター養成講座:

« 図書館まつり | トップページ | 宮崎のみやげ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!
無料ブログはココログ

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴