« 検索ワード/フレーズ | トップページ | ひよどり »

宅配便が・・・

朝一番に宅配便が運んできたのは、一冊丸ごとコピーした『「黒田の家臣」物語』三尾良次郎著 でした。こんなことをしてくださる先輩に感激。八方手を尽くして探したけれど見つからなかったからとコピーをしてくださる!! 感謝のあまり声も出ません・・・・・・。Img_5743

午前中はわくわくしながら読書!あー充実した時間になりました。新発見あり。このことを伝えたい人がある。でも、まだ時間がある。もう一度 じっくり読む時間があるのも嬉しい。

そのあと、伸びすぎた髪を切るために、またまた経済的な美容院に行く。ロッカーに荷物を入れて、同じ番号の席に座る。髪が少ないのでボリュームの出るようにカットしてくださいとお願いしたら、髪は少なくないですよって。ほんと・・・? 髪が細いのか・・・(;一_一)

名札にすずきとあった。話しやすいおばちゃんだった。1.575円。風が冷たくて寒くなりそうだったのでそのまま帰宅する。

4時ころにはみぞれが降って来た。明日朝は-2度と冷え込みそうだ。

テレビの天気予報で・・・名古屋城の桜の開花予想は3月22日頃だと言っている。例年より5日くらい早くなりそうだとも。

« 検索ワード/フレーズ | トップページ | ひよどり »

書籍・雑誌 」カテゴリの記事

歴史 」カテゴリの記事

コメント

こそばゆい限りです。
ブログに中馬のおひなさまの写真があったので “中馬”について一言講釈
講談社文庫「海音寺潮五郎短編総集(三)」現在発刊されているかは不明  「男一代の記」という作品が収録されている。時が渦巻く1600年に義弘のために参戦する 主人公“中馬大蔵”物語 薩摩好きの方一読あれ 薩摩隼人の生き様の珠玉

またまた素晴らしい贈り物が届きましたね。
近いのでよく行く黒田の家臣のそのような本があるなんて面白そうね。
新発見がいろいろ有るかもね!!

有難うございました。
中馬大蔵・・・1600年といえば関ヶ原の合戦の舞台ですね・・・。その時に義弘のために参戦する薩摩隼人・・・ふむふむ・・・関ヶ原の義弘陣はなかなかの要所にありましたよ。

ご存じだろうと思うが、中馬の中馬街道は三河から、足助を通り、信州(長野県)の根羽(ねば)・平谷・浪合・飯田・伊那に、塩を運んだ道でござぁる。

その街道沿いの家々におひなさまを飾り見せてくれるのです。奇麗だった!

そうそう・・中に猪肉料理の立派な店があって、猪の皮が干してありました。牡丹鍋恋しいけどみな怖がって・・・・。

黒田の家臣というのは、コシマの通称なのかな?

墓石に刻んである文字がいろいろある・・・
一番最初に建てられた墓石は秋月種樹によるものなんですって。
書家でもある種樹の字、心して見てくればよかった。何でもない様に見える墓石にいろんな歴史が刻まれているようです。
また 一緒にお願いします。

昨年港資料館の方に伺った時にあの島の事をたしかコシマと言われたように思うのですが自信が無い!
今度行った時には墓石の文字もよ~く見て来ます。

あの島は古島(コシマ)でいいと思います。
が通称つまり ニックネームみたいに「黒田の家臣」と呼ばれているというのでしょう!
また 潮干狩りに行ったらよろしくお願いします。没年も違うらしいし・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183946/44083286

この記事へのトラックバック一覧です: 宅配便が・・・:

« 検索ワード/フレーズ | トップページ | ひよどり »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ