« つくしを探しに | トップページ | 桜が咲いていた »

難しき時代新しき村

今日は、端末 Robot/Tool は来なかったようだ。訪問くださったたくさんの人、有難うございます。

今朝の朝日新聞に、武者小路実篤が大正時代につくった理想郷、新しき村が特集されていた。

今も続いているんです。「新しき村」の名に聞き覚えのある人は、驚かれるかもしれません。それは、「仲良き事は美しき哉」の言葉で有名な武者小路実篤が、大正時代に始めた農村共同体。仕事はみんなで分担。余暇はそれぞれ趣味を楽しむ理想郷をめざして90年。高齢化は進むものの、村には静かな時間が流れ続けているんです。

実篤は、戦争を避けて最初に宮崎県木城町に日向新しき村をつくった理想郷。この時の苦難は『土地』に詳しく書いてある。時の村長、津江一作との関係、いきさつなども合わせて、興味深いことが書いてある。

のちに埼玉の毛呂山町につくった新しき村に行ってしまったが、どちらの新しき村も今も続いている。

よだきぼママが石河内(いしがわち)に新しき村を訪ねたのは、子供が小さい頃だった。まだ 実篤の先の夫人房子さんが、まだ存命中だったが、心の字に掘った池に水はなかった。青年団が訪ねても会ってもらえる人そうでない人があったらしい。この頃はすでに体調が悪かったのか・・・。

木城の中心からは、いくつもの山を越えて行かなければならない。最後の山を降りる坂の途中に

山と山とが賛嘆しあうように
星と星とが賛嘆しあうように
人間と人間とが賛嘆しあいたい

の石碑が建っている。高校の現国の担任は、よく通る声で歌っては、たまらんなぁ・・といつも感激していた。この通りに実現出来たら本当にに素晴らしい。理想郷そのものだったろう。

今も住み続けているのは、松田省吾さんとヤイ子さん。高齢になった房子さんと再婚した杉山さんの面倒をみるために、76年に日向に移り住んだ。

町の高城に住む吉田医院の元院長は、二人の最後を看取った。吉田先生が書かれた本や、阿万鯱人著『一人でもやっぱり村である』に詳しいが、今、手元にないのが悔やまれる。

新しき村の公式HPはこちらからImg_6075

« つくしを探しに | トップページ | 桜が咲いていた »

宮崎」カテゴリの記事

故郷」カテゴリの記事

コメント

はじめまして・・現国の先生のことが書かれていたのですごく懐かしく感じました 自分が石河内から通学してたこともあってか 先生は何かと気にかけてくださいました。いつまでもお元気でいてほしいです。

 

はじめまして!ようこそおいでくださいました。
懐かしいですね。今・・どの人だろうと思い出せないながらも、思いだしております。(笑)

石河内からバス通学している人は、朝は早いし夜は遅くなるしで大変だったでしょうね。清野?さんが毎朝、遅刻しそうな私たちを待っていてくれました。待っていると遅くなるから、岩戸原の一本道はよー飛ばして走ったものですね。

今は宮交のバス路線もなくなったと聞きます。

たまらんなぁ・・と感激していた先生は校長先生をやめられた後もきっとお元気でしょうね。黒岩先生よりもお若いはずですねからね。

朝は 6:40だったでしょうか?それを逃すと9:30?
余談ですが・・石河内いしがわち 校歌でもそう
歌ってた時期がありました 中学の頃?ですかね
(いしがわち)と(いしかわち)でどちらかに統一しようっということになり・・イシカワチになったのですが・・・従兄弟の話だと 今は(いしかわうち)っだそうです。どうでもいい話なんですけどね。
バスの運転手は 清野さんですね。何度か将棋を指したことがあります。

余談にお付き合いすると・・・いしがわち のままがいいと思いますね。
懐かしいから・・(笑)

清野(せいの)さんはいつも恐い顔に見えたんですが、こちらのいつも乗り遅れそうになるのを待ってもらっていた引け目的気持からそう見えたんでしょうか?将棋を指されたのですか?

最終のバスで、「小沢昭一の小沢昭一的こころ」を聞くのが楽しみでした。

 こんばんは。新しき村の状況ですが、平成13年に
実篤の旧居を寄付金や町の助成金などを集めて、復元工事をしました。現在は、財団法人 日向新しき村に
より指定管理をしてもらっています。
 また、昨年は友情都市の締結を埼玉県毛呂山町と行いました。昨年のふるさとまつりでは、わざわざ関係者が足を運んでくれました。
 松田さんは、現在でも実篤の詩や精神を自筆で板に
書いていただき、町の学校教育、社会教育、商工関係
などあらゆる面で貢献していただいています。
 今後とも、実篤の精神を次世代に伝えて、まちづくりやひとづくりに活かしていきたいと思っています。

こんばんは!最新情報ありがとうございます。
復旧工事は心の字の池も復元できたでしょうか?
小学校の池も真似したのか、心の字になっていると聞いた気がします。

公会堂はどうですか?
上手く活用されていますか?

房子夫人と杉山さんが無くなってずいぶん時間が過ぎましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183946/44380805

この記事へのトラックバック一覧です: 難しき時代新しき村:

« つくしを探しに | トップページ | 桜が咲いていた »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ