« 歴史街道スタンプラリー 京都 | トップページ | よでん圭子個展 »

龍馬の訪ねた幽棲旧居

タクシーは北へ走ります。多分ね。京都の地理がいまいち不案内です。<m(__)m>

今の季節にしては観光バスもタクシーも少ないです。京都バス実行院行きの終点が実行院。時間は2時10分くらいになDsc09501っていました。楽しく観光案内してくださった日本交通のNiinaさんともお別れです。

お世話になりました。前にも書きましたが、京都言葉でなかったのでリラクッスして楽しむことが出来たと思います。

名刺をいただきました。再開できる日があると嬉しいかも。

実行院の詳しい事はこちらへ。

この季節は 床みどり が美しいけど写真はダメ。どうして床に写るのかな、床に漆が塗ってあるのかな、黒光りしている床に紅葉の緑が美しい。秋は紅葉したもみじが写るのか・・・。きれいだろうなぁ。

堂の中は写真禁止だけど庭の写真は大丈夫。まずは池泉回遊式庭園。どこに行っても緑のもみじが美しい。この池の水は山からの水だろうか?Dsc09505

蛙の鳴き声がする。モリアオガエルが生息しているとのことなのできっとそれだろう。木に泡につつまれた卵を産むそうだ。よくよく見たけど季節ではないらしい。

池の中にはザリガニが何匹もいる。よ~くみるとサワガニまで。本当に水がきれいなんだ。Dsc09515

Dsc09508 入口の右側の庭は枯れ山水の雄大な石庭です。.ここにも葉の細かいもみじが植えられています。点在する石組がなんとも言えない。Dsc09510

そのあと、一番の目的地岩倉具視が幽棲していた跡に。歩きながら 幕末の坂本龍馬を思い出している。

1867年6月25日中岡慎太郎に伴われて龍馬は岩倉具視を訪ねている。そのあとも中岡慎太郎は何度か岩倉を訪ねている。この道を、たぶん夜に歩いたのだろう。龍馬と同じ場所を歩いている。(^^♪

岩倉具視幽棲跡に立つ。中に古い建物が見える。先の方に入口があったが 本日は休みますと。ショック!!ネット上に下のような説明があった。Dsc09517

明治維新で知られる岩倉具視が、幕末に隠棲した屋敷。
茅葺きと瓦葺きの質素な平屋2棟、邸内には井上穀の碑文が刻まれた遺髪塚がある。
また洋館の対岳文庫では、岩倉具視や志士の遺品を多数展示している。

何とか少しでも見たいと背延びしたり・・・茅葺の屋根しか見えない。残念。バス通りに戻ったら駐車場から見えそうだよと言うのでまたまた覗く!Dsc09528 Dsc09521 Dsc09538

龍馬と同じ地にいるのがうれしい!

« 歴史街道スタンプラリー 京都 | トップページ | よでん圭子個展 »

歴史散歩」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは。せっかく訪れたのに休みで残念でしたね!

 京都市内は幕末絡みの史跡が多いから、時間がいくらあっても足りないと思います。

 龍馬関係は、暗殺された近江屋の旅館はもう無くなっているのですね。伏見の寺田屋は
一度行ってみたいのですが。

 来年のNHK大河ドラマが始まると、また京都の観光客が増えると思います。龍馬人気は
これからも衰えることはないでしょうね。

こんばんは
ほんと残念でした。
京都市内は石碑も幕末のものが圧倒的に多いそうです。等持院は鎌倉幕府でしたけどね。龍馬関係の場所はいくらかは歩いているのでタクシーがあちこち走っても あ~ここ来たよね・・という具合です。
近江屋は石碑だけですね。新撰組の池田屋はパチンコ屋さんです。一度通り抜けたことがあります。当時と広さは変わらないからと・・・
伏見の寺田屋は、一時観光偽装だと騒がれましたね。龍馬がつけた刀傷は偽物です。龍馬の頃の寺田屋は焼けてしまったそうです。今ある寺田屋は後で、建てたらしいですよ。でも、建てた時エピソードも興味深いもののようです。

福山の龍馬が放送されると京の街は大変かも。いい時期に京都に行ったかもですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183946/45195121

この記事へのトラックバック一覧です: 龍馬の訪ねた幽棲旧居:

« 歴史街道スタンプラリー 京都 | トップページ | よでん圭子個展 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴
無料ブログはココログ