« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

ウィンブルドンテニス

真夜中から始まったベストエイトをかけた男子シングルス。昨日の夕刊にフェデラーの名前があったのが気になってついつい見てしまった。

テニスの四大大会のうち、NHKで見ることのできる唯一の試合だし・・・あとの大会はwowwowでしか見れない。

ロジャー・フェデラーの相手はロビン・ソデルリング(スウェーデン)だった。これまで何度となく立ちふさがってきたナダルが怪我で参加していないので、フェデラー楽勝と思いきやそんなに簡単ではなかった。

その証拠に、2セットめと3セットはタイブレークになったし・・・。

結果は6-4 7-6 7-6 で勝った。

スポーツニュースを見た人はフェデラーのストレート勝ちしか見えないかも知れないが、フェデラーも苦労しているように見えた。

接戦だったので寝るに寝られず、最後まで見てしまった。午前2時を過ぎていたかも・・・

とても内容のあるいい試合だった。B6ca28297aed40f8962a0db837b3009c 写真はmsnスポーツニュースよりお借りしました。

他のフェデラーはこちらにも・・・

家庭菜園

アカパンサスにやってきたアゲハ蝶。アカパンサスが柿の木の下になってしまい中々色がつきません。それに本数も二本だけと寂しい。_mg_7847

なすがたくさん実をつけています。

Dsc09962

親の意見と茄子の花は千に一つも徒はない(おやのいけんとなすのはなにはせんにひとつもあだはない) 

を思い出すほど実のつきがいいですね。

トマトも枝で完熟させるのはとても美味しいですよ。

Dsc09963

あと、にがうりとししとう、韓国唐辛子が植えてあります。狭い庭に所狭しと植えてあり日の当らないところも出てきました。

外は凄い雨音が・・・やっと梅雨らしい雨になっています。

旅行の裏話

女性会のバス旅行が終わって、やっと爽やかな目覚めだった。女性会の総務と言う役をもらって一大イベントがバス旅行。

行き先の企画を立てるわけではないけれど、参加者の名簿作り、バスの席の町内別の指定、旅行者との打ち合わせやらバスの中でのお楽しみの企画などが総務の仕事だった。

行き先に少し不安があったので、参加者が集まるかがまず不安だった。案の定集まりは悪かった。昨年は80人を超えたのに今年は中々人を集めれない。最終的に75名にとどまった。

その後、女性会の定例会での説明(これは少し不安だった)名鉄観光サービスのOONOさんとの打ち合わせなど終わってみればどうってことなかったなぁと思うけど・・・

心配だった島田市のばらの丘公園の薔薇が咲いているかOONOさんに再度確認した。咲いているようですという答えを聞いてほっとしたなぁ。実際は本当にきれいだった。このところの暑さに花の色が焼けていたりはあったものの見事なばら園だった。

ビンゴゲームの景品も評判がよかったかも・・・

無事に終わったから言えることで、トイレ休憩などの時間厳守は参加者の意識の高さに感謝でした。

あ~ やっと 一仕事おわった!!爽やかな目覚めはここにあったのだ。

今日の午前集金した旅費を持って、資源回収の場に行ったときに女性会の皆から拍手してもらった。・・・危うく涙が出そうになった。そこで初めて請け負った仕事の重大さに行き当たった。 女性会の皆さん協力<m(__)m>

_mg_7928 _mg_7930

写真は大覚寺全珠院の六地蔵。と野外の観音像

_mg_7925

と座する十一面観音像。

この十一面大観音像は京都三十三間堂の観音像の大きさを抜いて、木造の観音像日本一になったそうです。真新しい像は気に呂に輝いてとても奇麗だった。詳しくはこちらから

バス旅行は島田市ばらの丘公園と・・・

コースは豊明ICから浜名湖SAで休憩し、一気に焼津に行き昼食です。帰りは大覚寺全珠院で住職の面白講和を聞き、大きな千手観音像を見て、島田市ばらの丘公園により、バラ観賞し、帰路につくというもの。

回る観光地が少ない気がして心配だったこの旅行、学区のみなさんのたくさんの参加に感謝です。

予定通りにバスは走りましたよ。本当は高速道路料金1000円が怖くて渋滞を心配していました。途中岡崎のあたりで混みましたがまぁ そこだけ・・・・予定通りに浜名湖SAに到着しました。遠くに見えるはずの富士山は全く見えず・・・残念!この梅雨の時期には見える日は少ないようでした。

次にバスが止まったのは 食事場所の 石原水産マリンステーションです。時間は11時20分くらい。凄く順調に到着しました。

Dsc09967

早速御馳走をいただきました。美味しくて量が多くて食べるのが少し苦しかったですよ。

その後12時40分まで買い物したりで過ごしました。その後石原水産で魚の加工品、菓子など見て歩きました。そしてやはり買い込みました。土産はいらんやろと思いつつ買いました。(笑)

次は千手観音さまの座する大覚寺。

_mg_7921 Img_7918

住職の納得の話を聞いて写真も撮らせていただきました。さすがに古い像は見せてもらえなかったですが・・・区画整理に会い、現在復元中でした。

ばら園は時期が遅いのではと心配しましたが大丈夫でした。バラの花は6~から7部咲きだと書いてありました。それぞれ見事に咲いているのありーのできれいでした。

Bara1 Bara2 Bara3 Bara4

ここでは花もさることながら、バラの花のジャムの乗ったソフトがあるというのでいただきました。

Img_7987

ここからは帰り道。美合まで一気に走りました。道路は比較的空いていました。お楽しみのビンゴゲームも・・・わいわいがやがや・・・とっても楽しかったですよ。

美合から岡崎のあたりは渋滞しましたが、その後は順調に走り予定時刻より早く帰宅しました。

何事もなく帰宅できました。運転手さん・ガイドさん・名鉄観光サービスのOONOさま有難うございました。

そして学区のバス旅行に参加してくださった皆さんに・・・感謝です!

加藤 巧 陶展

6月23日から始まった 加藤 巧 陶展に行ってきました。前回の個展 壺の姿 はこちらから。

前回は大きな壺があったけど 今回の目玉は何だろうか。悩む。

_mg_7879 _mg_7899 _mg_7882 _mg_7885 _mg_7884  _mg_7891

_mg_7888この花器の落す影が面白かった。

加藤 巧 陶展

2009年6月23日(火)-7月4日(土)
6月29日は休廊日
10時-18時 最終日のみ10時-16時
これからの作者 在廊日 27日(土)、28日(日)、7月4日(土)
ギャルリ・ディマージュ
愛知県県刈谷市広小路3-605
phone 0566-24-2291

JR刈谷駅にて名鉄三河線 碧南行きに乗り換え刈谷市駅下車 徒歩1分

山城郷土資料館と椿井大塚山古墳

押熊八幡社の後はバスで京都府に入ります。京都府木津川市山城上狛千両岩にある山城郷土資料館です。山の途中にあり、見上げる凄い場所に有ります。。Dsc09872 バスを降りて目につくのが、石に掘られた万葉集歌 二句です。Manyousyuka

中に入って学芸員さんの説明にを聞きます。中から鐘の音が聞こえてきます。はて・・・!鐘の音ではなくて銅鐸の音でした。大阪府茨木市の東奈良遺跡で発見された銅鐸の鋳型の部分は珍しかったですね。鋳型の一部と再現された鋳型がありました。Igata

森本遺跡の人面土器は古代のウルトラマン?とも呼ばれている???でも似ているかも。Dsc09880

これから行く、椿井大塚古墳のJR奈良線ののり面の工事の時に見つかったという三角縁神獣鏡のレプリカ。大きくて22cmもあるとか。実際に鏡としては重くって使えないかな。最近復元されたという 銀色に光る三角縁神獣鏡を見せていただきました。撮影はできませんでしたが。工事の時にたくさんの鏡が出たそうです。回収できたのは33個?もっとたくさんの鏡が出土したようです。

この辺りからボランティアさんの説明が・・・学芸員さんより熱く語ってくださったのかな。本物学芸員さんはボランティアさんに説明を譲られてしまった。

彫刻が好きなよだきぼママはこれが一番気になりました。

一時間くらい見て回り、いよいよ三角縁神獣鏡の出土した椿井大塚山古墳に向かいます。が、その前に 昼食の時の余剰金でローソンで買い物です。ハハハ 何で・・・と言いながら・・・思ってみなかったお金ですからお茶やアイスを買っていましたね。男の人が甘いアイスをたくさん買っていたのには驚き。中にはカップアイスを2個も食べてしまった人もありましたね。

椿井大塚山古墳は、前方後円墳をJR奈良線が分断して通っています。Dsc09919

山城町の中央部にたたずむ椿井大塚古墳は、古墳時代前期(三世紀後半)の中でも最古に位置づけられる代表的な前方後円墳で、昭和28年、後円部を南北に走る国鉄奈良線の法面拡幅工事が行われた際に、偶然にも竪穴式石室が発見されました。その後の発掘調査で、石室内からは、邪馬台国の女王卑弥呼の鏡とも呼ばれる「三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)」三十数面を含む四十面近い銅鏡や多くの副葬品が出土し、全国的に大きな注目を集めました。この発見から半世紀、平成12年には、日本の歴史上の重要な文化財として、「国史跡」に指定されました。 いただいた資料より

上に登れるのは嬉しい限りですね。頂上で記念撮影。生駒山が見えます。古墳の先には住宅もあります。Dsc09924

古墳に建つ家々か・・・ずっと以前から住んで見える人たちの家だそうです。とっても素敵な家ばかり。もしかして古墳に家を建てると幸が来るのかも????

Kohunnnoieie

今回の見学予定はこれでおしまいです。

古墳の周りには休憩するところがありません。でね・・・どうしたか?途中で買い物したローソンによってトイレを貸してもらうことになりました。ハハハ 先ほどの買い物はこのためのもの???幹事さんお見事!帰る時にローソンのお姉さんが手を振ってくれました。今日の売上に貢献したみたい。

帰りは国道を通ったので伊賀上野城のすぐ横を通りました。懐かしかったです。伊賀上野には忍者がいっぱいいました。忍者犬ししまるもね・・・

見学が終わったのが5時すぎ。亀山の手前で乗った高速道路が少しだけ渋滞しましたが、おおむね予定通りに名古屋に戻ってきました。

皆さんお疲れ様でした。

昼食はスーパー銭湯で

古墳を後にして行った先は、スーパー銭湯 ゆららの湯。

食事の予算は2000円だったそうだが、半額になったそうだ。40人分同じメニューをを作るのは出来ないので、天ぷら定食とさしみ定食を半々に作るからとも・・・

天ぷら定食の衣がパリパリで薄焼せんべいみたいだった。それでも美味しくいただいた。食事の時間が遅かったから・・・ソフトドリンクもついて結構な食事でした。

Dsc09848 そのあとは、銭湯からすぐ見えるのに、ぐるっと回って押熊八幡社へ行く。ここは押熊皇子、麛坂(カゴサカ)皇子の墓があります。目の前は田んぼ。

まだまだあるけど後は中身が濃いのでまた明日。

最後は瓢箪山古墳に行く時に見た トケイソウ。

Osikuma

Dsc09841

古墳を訪ねるバスの旅

朝から雨の降る一日になるかと思っていた昨日の話。

コースは 金山(名古屋) → 平城宮跡にバス止めて歩いて → 佐紀盾列古墳群 確認 → スーパー銭湯でご飯を食べて → 押熊八幡社 → 押熊皇子・麛坂(カゴサカ)皇子の墓 → 山城郷土資料館 → 椿井大塚古墳 確認 → 名古屋へ でした。

凄くマニアックなコースです。平城京跡も行きたいけれど・・・ (奈良は近鉄を使えば行くのは便利でしょうが、今までは、薬師寺とか、興福寺とか、法隆寺とか、東大寺とか、正倉院展とかいわゆる観光地には行きましたが、戦争の痛手も受けていないようで史跡が多いのです。)

気になる平城京跡を後にして佐紀盾列古墳群に・・・まるで天皇家のお墓参りの感も無きにしも非ず・・・

佐紀陵山古墳 日葉酢媛命(ひばすひめのみこと)陵と伝えられているそうです。日葉酢媛命は垂仁天皇の妃 ふむふむ 天皇家は覚えるのが難しい・・・

Sakimisasagiyama

写真は前方になります。どんだけ大きい陵なのか想像もつきませんでした。

総延長255m 墳長207m 後円径131m 高約19m 頂径約35m 前方幅87m・長さ85m・高約12m くびれ幅75m 後前高差約9m と資料にはあるけど・・・

次はと言ってもすぐ横にある、佐紀石塚山古墳 成務天皇陵。何故こんなに近いのかなと皆疑問。

Sakiisiyamakohun

ここから、佐紀瓢箪山古墳と五社神古墳 神功皇后陵の二手に分かれます。五社神古墳に行ってきました。ちょっと歩かんならんと言うので半数以下の人でした。

Gosya

とても奇麗な神功天皇陵ですが、中に入りたい衝動にかられますよ。管理人がいるわけではありませんから。でも、そんなことはやりません。(笑)入ろうと思えば出来ます・・・が。

二手に分かれたのですが、帰りに佐紀瓢箪山古墳の横を通ります。

Hyoutanyama 

のどかな里の風景が広がります。珍しいごぼうの花が咲いていました。Gobou

亀山オアシス(三重県)のソフトクリーム

古代遊学会で奈良市の古墳を見てきました。名古屋を出るときは雨が降っていました。奈良も生憎の天気だろうなぁと雨具の用意をして行きました。

でも 奈良に近づくにつれて空が明るくなってきました。実際に見学する頃には、暑くて雨傘を日傘に使いました。

この報告はまた明日。

亀山オアシスで食べたソフトクリームの話。

行く時にも亀山オアシスでトイレ休憩の時に食べたいなぁと思ったのです。でも、朝早かったので断念・・・・。予定では帰路は違うコースだったので、食べれないと思っていました。

Dsc09955

が・・・予定した高速より下の方が早いと言う運転手さんの判断で帰りも同じ道に変わりました。で、やっと食べたのがこのソフト、ミックスです。Dsc09953

シャーベットに近い、脂肪分の少ないソフトクリームでした。味はいまいちかな。これはあくまでよだきぼママの感想です。もう少し暑くなると美味しいと感じるでしょうね。

スコール青りんご味と高鍋大師

アオキスーパーに 愛のスコールの青りんご味が並んでいた。前からコンビニに売ってあると聞いていたがすべてのコンビニにはないので、探していた。

_mg_7856

まだ 飲んでいない。このコラボは美味しいだろう。

以前 マンゴー味のことを書いた が、今はコンビニに並んでいない。何故だろうか!

愛のスコールは宮崎で作っているので宮崎がらみの高鍋大師の画像を・・・撮ってくださったのは 愛知県在住の彫刻家尾崎慎氏。

Img_0136 Img_0140 Img_0142

高鍋在住の彫刻家 田中等氏の写真とは違っている。田中さんの画像はこちらからどうぞ。

とってもユニークでしょ!宮崎の観光名所になった。

トラックバックは

よだきぼママの雑記帳に トラックバック いただいても・・・

過去に何度も不愉快な思いをしておりますので、公開しておりません。

今後も公開する予定はありません。

申し訳ないですが ご理解ください。

コメントも記事に関係ないものは削除させていただいています。

Photo

散歩の花と庭の花

昨日の夕立は凄かった。一時電車が運休したりと。

明後日出かけるので少しは大人しく家にいた。女性会の旅費の集金、取りまとめなど少し仕事もしたけど。

集金の途中で苗代イチゴを見つけた。場所がいまいちのところだったので収穫はしなかったけど、一見するには美味しそうだった。 _mg_7838

公園に一昨年植えたあじさいが咲いて いた。植えた年は雨が少なかったので、近所の人たちが水を汲んでくれたので大きくなってきた。(感謝)_mg_7831

庭の花は、えらい花びらの多い、百日草。色が気に入って買った。_mg_7841

Dsc09732最後は今年初めて咲いた ほていあおい! 暖かかった冬を発砲スチロールの中でこしたので成長が早かったのかな。相変わらず素敵な青い色。

原口哲朗 油彩画展

名鉄知立駅から碧南線に乗って、重原駅・刈谷駅・刈谷市駅と来て、刈谷市駅で電車を降りて、ギャルリ・ディマージュのも行きました。

宮崎県出身の原口さんの個展だからです。30歳から絵を描き始めたと聞いてびっくり。大作が正面の壁を飾っています。Dsc09772

不景気が反映してか お客さんはありません。午前中に少しは売れたようだったけど。オーナーと話をしたかったけど、別の用事の、絵には関係ないお客さんが見えた。

そのうちに 絵を描いたご本人が、仕事が終わったからとやってきた。ちょうど。退屈していたところだったので、いろいろ質問攻めにしたった。

何も思わずに絵Dsc09775を見るだけだと、うまい下手とかで見てしまっていることに気づかされた。一枚一枚の絵には、画家さんの思いが詰まっているんだ。Dsc09773

今回3回目の個展だということだったので、最初の個展のことを聞いてみた。帰ってきた答えは・・・日記を始めて見せるようで恥ずかしいと。フムフム・・・なるほどね。

ゆっくり話が出来てよかった。最後は、宮崎弁はどうなんって オーナーが聞いてきたので、言葉について答えた。間違っているかも。Dsc09776 Dsc09774

なんて言葉が多いか。じゃがじゃが!  じゃつよ! などその場では思いついたけど、普段使っていないので思い出せない!

Aoitora  原口氏の今回の一枚がこれです!

他にもたくさんの作品がありました。

会期は 今週土曜日まで!!

知立の加藤さんの個展行ってきました

名鉄知立駅近くの画廊 じんがら の加藤正行 石彫展に。

エレベーターで一緒になった年配のご夫婦、行先は同じだった。加藤さんの個展会場です。

加藤正行さん、お手入れの行きとどいたひげ・・・お変わりありませんね。優しい笑顔で迎えてくださいました。一緒になったお二人は加藤さんのおじさんおばさんでした。身内に芸術家がいるって自慢かな?自慢だろうな。

金属と石の組み合わせは1980年代の終わりころから取り組まれているということですが、見る側は初めての作品もあり・・・で興味深く拝見しました。

おじさんおばちゃんも面白そうに御覧になっていました。

Dsc09740 Dsc09771 Dsc09757 Dsc09754 Dsc09762

Dsc09764 これは蝉。蝉は単独で取り外せるし、中の石が固定してないとのことで、外して見せていただいた。

Dsc09758最後の一枚のいけばなはどなたの心遣い・・・とってもいい感じ!!

加藤さんご自身も丁寧な言葉づかいが嬉しい、雰囲気のあるお人です。

先日の宮崎空港展の搬入に行かれ、その後のエキシビジョンにも参加。お仲間は飲兵衛が多いらしく、二次会が終わったのが午前二時だったとか・・・他の人は、その後もはしごされたとか。

アクセス数が70.000 m(__)m

今朝 7時前後にアクセス数が70.000になりました。

よだきぼママのブログに訪問してくださった沢山のお方に感謝いたします!

いつまでも好奇心を持ちつづけいろんな話題を書いていけたらいいなぁと思っています。

コメントも待っています。

よろしくお願いいたします。

Dsc09718 Dsc09719

公園の花

スーパーの帰りに通る名四国道沿いのヤマモモの木の下が赤く染まっている。鳥の声も聞こえる。熟した実を鳥がついばんでは落としているのか、自然に熟して落ちたのかな。

ヤマモモの木は剪定されていて手が届くところにはあまり実がなっていない。それでも 少しくらいは取れないかと、探してみる。通りかかったおばあちゃんが、「その実はなんね。食べられるの?」と。

Dsc09692

名前を教えて、焼酎漬けにするときれいな色がつきますよと言うと、凄く喜んでくださったので、それから二人で試食。赤く熟したのはまずまず美味しい。

隣に大きな実がなっているが、青いのでどうかなと思ったが一個だけ、食べてみた。・・・・・どうなったか。あまりの酸っぱさに二人で吐き出した。(笑) 

熟せば間違いなく美味しいと思うのだけど、何せ道路の遮音壁の裏、競争が激しい。ちょうど熟したころにはないだろう。

このおばあちゃん、仙台出身の友達の話方に似ている。出身はとお聞きしたら、会津、磐梯山だと教えてくださった。

Dsc09694横の公園に、いい香りのタイザンボクと南国の花、アメリカディゴが満開になっている。

Dsc09696 Dsc09697

公園にはネジバナもやっと咲き始めた。Dsc09711

加藤正行 石彫展

石彫展の案内が来た。懐かしい人にお会いした気分。去年8月終りに設置された、パティオ池鯉鮒の野外展示の時以来だKatoumaayuki1

野外展示は金属が錆びて趣が増していた。ザリガニはよりリアルに変わっていた。今回も金属と石が使ってある?

Inazuma宮崎国際現代彫刻展は、「INAZUMA LIGHTNING」 写真は日向人さんに借りようか?

Photo002 今回のじんがらの個展は 『内在する時間』と題してある。

09’/6/17(水)~21(日)
AM10:00~PM7:00 (最終日PM6:00迄)
画廊じんがら

〒472-0047
知立市新富2-33 セントラルプラザ5F
TEL 0566-81-0256

ツバメの巣立ち

出かけようと外に出たらたくさんツバメが飛んでいた。もしかしたら・・・・と思いカメラを取りに家に帰る。

それにしてもたくさんのツバメ。_mg_7719

確か雛は6羽いると聞いたのに。1・2・3・・・全部で9羽もいる。親鳥が2匹。雛は7羽いたってこと。

Tubame Tubame2 Tubame3 Tubame6

Tubame5 親と雛の違いは 黄色いくちばしとのど元の赤い色かな。

夕方見たら、電線にはツバメの姿はなかった。巣を覗いたら3羽はいたけど、残りは帰ってくるのかな。今日が飛び立つ第一歩だから きっと 皆帰ってくるだろう!!

100円ショップ

午後から バス旅行でゲーム、ビンゴゲームを例年どおりすることになったので景品の買い出しに行ってきました。 どこの100均がいい?と思案しました。結果 一番大きいのは高辻だと言うので行きました。

100均で合計70余りの商品を買うなんてことないですから 楽しかったですよ。中には100均出ない高額?な商品も有りです。

バスは2台なので同じものを買うのですが、調理用品・お風呂グッズ・エコ商品などなど。広い店なので見て歩くだけで半日はかかるかも。2時に出発して買い物が終わったのが6時近く。

面白ピーラー・可愛いタオルハンカチ・カラフルなエコバック・コラーゲンの入浴剤・別府温泉の湯・ワイシャツ用のかわいい洗濯ネット・プーさんの台拭き・名古屋市のごみ袋などなど。

別に1等から3等までの知恵を絞ったもの。当たった時の皆の表情が楽しみです。

少し休憩しようかと入った店のドリンク美味しくなかったが、話は弾んで、お客さんがいないのをいいことに1時間もしゃべっちゃった。

Dsc09654 Dsc09667 Dsc09669

Dsc09680

今日の花は上から、グラジオラス・斑入りがくあじさい・なすの花・木イチゴ。

木イチゴは連れ合いが朝一番にハチクを取りに行くと言って、出かけた額田の山のもの。肝心なハチクは、いのしし が荒らしていていいのがなかったそうだ。 

ツバメ と セキレイ と

近所の家の軒下にツバメの巣がある。先日ご家族に尋ねたら雛が6羽いると言うのでカメラを持って行って来た。

最初はカメラだけ持って・・・うまい所に巣があるので狭い場所でカメラを構えるしかない。手ぶれと雛が動くので写真がぶれる。

仕切り直して午後に三脚を構えたら・・・親鳥が警戒して中々現れない。三脚を構えると場所がさらに狭くなって、体勢が不利。

親鳥は来ない、変な格好で待っているので、足腰苦しい・・・

早く 危害は加えないから早く来てよ・・・

そんなこんなで撮ったツバメ。サイズだけ変更してあります。

_mg_7701 _mg_7703 _mg_7704 _mg_7705

昨日の夕方は電線に色の薄いセキレイがとまっていた。尻尾の動きからみるとセキレイ。セグロセキレイにしては薄いいろだなぁと思いながらもシャッターを押した。手ぶれしている。

トリミング・サイズ変更しました。

Sekireihia1 Sekireihina2 Sekireihina3

女性会と生キャラメル

090611_195601 女性会の定例会の日。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

さぁ これは何でしょうか?

そうです・・・これは噂に高いあの花畑牧場の生キャラメルなのですよ。

初めていただきましたが、甘い・・・ 並んでまで食べんでもいいと思いましたね。口の中で溶けましたよ。でもね・・・

マンゴー・ノーマル・ホワイトです。会長の差し入れ?だったのかな。

食べたことのある人は女性会の半数以上でマンゴー味を食べた人もありました。(笑)東国原知事も喜んでいるだろう。

きっと 甘いものに目がないのだろう。

われらが会長様は甘いものが苦手・・・でもと・・・会長が一個、口入れた・・・口の中にキャラメルが溶けたと思うころ・・人相が変わった。ここまで来ると凄い・・。090611_195401 吐き出したいのをこらえているのか・・・

女性会はバス旅行の担当なので、説明をする。他の人に資料を作ってもらい・・・説明するだけ。ラクチン ラクチン・・・

バス旅行は今月末、楽しみ。ビンゴゲームの景品を買うための打ち合わせも。今回も会長賞がある。

石の花 太田治子著

9日は読書会だった。10日は古代史市民セミナー。今日の穂の国の実像は難しかった。

読書会・・・
伊勢物語を本格的に読みはじめる。在原業平とおぼしき男の話だそうだ。歌がいいね・・・言葉づかいも徒然草に比べると優雅に聞こえる。

課題本が『石の花』太田治子著。太田治子は太宰治の娘だそうだ。これでちょっと意欲的の読めるかな。と思ったがそうでもなかった。

後ろの方の石の花・・お父さんが亡くなって、動かない 石のように動かない から来たタイトルかな。

戦後の作家たちの様子。戦時中に書いてきた戦争賛成みたいな文章をうやむやにしたい作家たち・・・面白い。時代に流される人たちは、自分の言葉を持たなかったから、自分の発言をも訂正出来ない???

武者小路は坊ちゃんだからという表現があった。坊ちゃんだから 「新しき村」ユートピア構想に思い至ったのかな。

来月の読書会は

7月14日(火) 午前10時~12時
南図書館集会室
『伊勢物語』 第3章~
『一月物語』 平野啓一郎著

今日の花 墨田の花火 と ミニトマト アイコ です。

Sumidanohanabi Tomatoaiko

宮崎国際現代彫刻・空港展と高鍋大師

宮崎国際現代彫刻・空港展が始まりました。田中等氏のブログ彫刻家のつれづれ日記から写真をお借りしました。(使用する承諾済みです)

09aplace02 1244384713

今年は去年よりとても多く感じます。20回と言うことで展示方法も素敵ですね。

作品が詳しく紹介されるのを楽しみにしています。

宮崎国際現代彫刻・空港展に参加され、ご自身も宮崎に行って見えた彫刻家尾崎慎さんから、掲示板に写真付きの投稿がありましたのでその写真も・・・たかなべ大師くんと一緒です。

Untitled

尾崎さん始めImg_819452_29540980_1 5人の彫刻家さんは高鍋美術館と彫刻のある街並み、合わせて高鍋大師にも行かれたようだ。

そして友達の日向人さんと尾崎慎さんは一緒に散策・・・

いいなぁ・・・秋月藩の城下町を散策・・・

日向人さんから送られてきた写真と日向人さんの日記から写真をお借りしました。200906071200000

Img_819452_29540980_0_2 Yahoo 

今後の継続が危ぶまれていました、宮崎国際現代彫刻・空港展は続行されるようです。

山野草展 ミミカキグサとイワタバコ

探鳥会の後は、すぐ近くの緑区役所でやっている 山野草展に行きました。この会は若い会長さんで頼もしいのですが、定年を迎えられたそうです。今から山野草にじっくり取り組まれるのだろうか。植物のことよくご存じで~す。

まずはヒメミミカキグサです。湿地に生える食虫植物。虫を捕らえるのは花ではなく、水中にできる捕虫嚢(袋)だそうです。名前は実を包む袋の形が「耳掻き」に似ているからと

Dsc09621

次は大好きだけど育てられない イワタバコ。Dsc09624 Dsc09630 Dsc09644

Dsc09635 珍しかったのは ホタルブクロのこの花。白糸ホタルブクロです。

Dsc09636

カキランに似ているけど、雲南 ショウハッキュウの名前が付いていました。

Dsc09638

ガンピセンノウのオレンジは美しい!

Dsc09645

そしてお土産は ヒメミミカキグサです。来年は大きな株になるよと教えていただいたけどどうなっているかな。

6月の探鳥会

6月の探鳥会は暑い。上天気に恵まれて自転車で大高緑地へ行くと誰もいない。えー・・・時間を間違えたかな・・・会えなければ予定を変更することにして、前回のコースをたどると琵琶が池の所に見えた。途中から参加する。朝、9時半からだそうだ。

コアジサシ・カイツブリの親子・アオザギ・ツバメが見える。_mg_7563

_mg_7567 Kaituburi

カイツブリの親子、初めてみるので感動。水に潜った親が餌を雛に食べさせている。画像はすべてトリミング・サイズ変更してあります。

花菖蒲の中を通り過ぎた所の柳の木に動くものがあるというのでじっと見る。葉に隠れて中々見えない。そのうち姿が見えたのでパシャ。撮れたかな。シジュウカラという声が聞こえたすぐ後に、小学生の女の子がヒガラだと言い始めた。_mg_7579 0906higara

皆が・・・ネクタイがないのと聞くと、そうだと!

次は湿地を再現している水辺へ。先月松の木に巣をかけていたカラスはもういなかった。湿地の手入れをされている皆はシラタマホシクサの様子を見ている。

ここではトンボを見る。オオシオカラトンボ・シオカラトンボ・ショウジョウトンボがいた。もうショウジョウトンボがいるのでびっくり。ハッチョウトンボはと聞くと何年か先には帰ってきてほしいと。Syouryoutonbo3

_mg_7584

皆がそれぞれに昆虫観察、植物観察をしている。昆虫に詳しい人がギンヤンマがいるというので見た。見えた。大きくてきれい、が写真は無理だった。

帰りにイワツバメが飛んでいると、小学生が教えてくれた。中々の目利きだなぁ。

日本庭園を回って木立の中を、動くものがある。オナガらしいが写真が撮れない。今日前半には、カワセミ・コゲラなどが見えたそうだ。

鳥合わせの結果 24種の鳥がいたそうだ。カラスもスズメもムクドリも合わせて、ムクドリの数は・・・300位かなと。

今頃 宮崎空港では・・・

宮崎空港オアシス広場では、今頃、300に近い数の彫刻作品が展示されてるのかな。

写真は去年の画像です。08aplace9 田中等氏のHPからお借りしました。08aplace8

その前にと昨日、刈谷市で尾崎慎さんに会って、空港展の楽しい話を聞いて来た。

羨ましいなぁ、木や石など色んなジャンルの彫刻さんが集まるんだそうだ。普通ではありえない特別なことらしい。

田中等さんから空港展の魅力がメールで送られて来た。

空港展の魅力は
一つ目は宮崎の魅力(焼酎、地鶏、南国)
二つ目は空港という展示空間自体の魅力(世界中探しても空港で彫刻展をやっているところはない)
三つ目は出品者のレベルの高さ(日本の主だった彫刻賞の受賞者が揃っている。その彼等がまた宮崎へ来て一緒に呑みます。若い作家にとっては夢のような出会いです。)
そして四つ目に私たち宮崎の作家の熱気。
一番最初が観光宮崎?一般の観光客そのまんま!(笑)
二番目・三番目・そして四番目は彫刻家さんにしかわからない羨ましい世界だなぁ。
メールは続く
彫刻家もその専門によって
活動領域が違います。
抽象作家、具象作家、石の作家、木の作家、金属の作家
それぞれに活動の基盤が違うので
普通は一緒に行動し酒を飲むことはないのです。
しかし日向現代彫刻展と空港展では
普段接することのない分野の彫刻家が一緒に朝まで飲めるのです。
と楽しそうだ。
知立市にお住まいの加藤正行氏も参加される。パティオ池鯉鮒に展示されている作品が錆びてきて趣が深くなってきた。
Katoumaayuki1

花菖蒲

昨日。テニスが終わって大高緑地に花菖蒲を見に行って来た。曇りという天気予報を信じたのにとんでもなく暑い日になった。Dsc09572

緑地の池にかるがも親子はいないかなぁと見たがいなかった。代わりに?大きなミドリガメが陸に上がってきていた。産卵かな・・・ かわいそうだったがひっくり返して遊んだ。自力で元にもどらなかったので、元に戻しておいたけどね・・・m(__)mDsc09582  

琵琶が池の横の花菖蒲は見事に咲いていた。カメラマンや散歩する人がちらほら。Dsc09574 Dsc09577 Dsc09573 Dsc09579

緑地の草刈が始まっていた。ヨシキリが巣を作っているころに葦を刈り取られたことがあったと聞いたが、今がその時期なのかな。

日本庭園の花菖蒲は去年と違って、花が少ない。植え替えたんだろうか。どこからかトランペットの音色が聞こえてきた。

ラブラドールのクーちゃんと散歩した時に、そんな人がいると聞いていたので、埼玉に引っ越したクーちゃん元気かなと思いだした。

2009 宮崎国際現代彫刻・空港展

空港ビルの 2009 宮崎国際現代彫刻・空港展 が間近になった。

2009miyazakikuukou

彫刻家田中等氏は一人で事務的な仕事をされている。その苦労は並大抵なことではない。

先日お会いした 第1回刈谷市現代彫刻展の主催者のお一人は言っていた。第2回刈谷市現代彫刻展をやるにはまず資金が足りない。何千万もかかるのだからと。刈谷市現代彫刻展は国内の作家の展覧会であった。それでも 大変なのだ。

宮崎国際現代彫刻・空港展は、 田中氏の日記によると、

国内作家は172名、海外作家は100名の参加作家であったことがわかった。
通算、この空港展には国内外の彫刻家が272名参加してきたことになる。大変な数である。

とある。

田中氏の空港展に関する仕事は、4月から始まったと思う。

(田中さんからのメールで2月から空港展の事務の仕事は始まったと。展覧会が終わってすべて片付くまでには一年の半分も時間が必要・・・本当に大変な仕事だと実感する)

空港展に参加する作家の宿泊ホテルの手配、作品の保険や空港展の会場保険、関税、DMの制作、出品作品の受取、確認(自宅で)パンフレット作成、出品作家の名簿などなど、思いつくままに書いてきたが、田中氏が日記やブログに書いていないことも多いのだろう。

こんな大規模な彫刻展が、日本のはじっこの宮崎県でなぜ、20回も開催出来たのだろうか?

よだきぼママは思う。高校の美術部の先輩である、田中等の熱い思い、これこそが一番の原動力だろうと。信頼できる人柄は、たくさんの彫刻作家を魅了し、皆田中等にぞっこんなのかもしれない。(笑)彫刻作家さんたちも熱い思いで田中氏に答えてきたのかな?

空港展には飲み会がつきものらしいが、宮崎の美味しい焼酎や酒、海の幸、山の幸・・・最近は完熟マンゴーや地頭鳥の炭火焼など有名になったが、以前から食されていたのだろうな。

空港展は、2009年の20回目で一応終了と言うことらしい。

継続を希望する作家たちは多く、空港ビルサイドでも空港ビルのオアシス広場の最大の文化事業を継続できるように模索し始めているようだ。

宮崎県内には美術館が3か所しかない、悲しいかな芸術に関心の薄い県のようだ。空港展の会場で行う彫刻展、継続されることを強く願う!

枇杷の実と

近くの工場の枇杷の実が食べごろになった。社長さんに声をかけていただくことに。「昨日女の人が三人袋持ってきたので手が届くところにはないだろう」と言いながら、脚立を持ってきてくださった。おまけにとっていただいた。<m(__)m> あまくて美味しい!_mg_7557

星の形の奇麗な花は、タキタス ベルズ キングスター というらしい。ベンケイソウ科の花。そういえば星の形がよく似ている。葉に似合わない美しい花。_mg_7555

京都駅ビル

京都文学散歩の続きです。実相院から一番先に来たバス、京都会館行きに乗りました。軽い昼食を食べて、今度は京都駅行きに乗りました。バスの乗ってくる人マスクを着けた人はいません。街中を走るバスは路線バスばかり、観光バスわずか。こんな京都の街は初めて・・・3年前の3月21日,WBCの決勝戦の日以来です。王監督の率いるジャパンはこの日優勝を決めたのでした。

京都駅に着いたら5時半になろうとしていました。今度は夕食です。京都タワーを見ながらDsc09544横断歩道を渡り、京都タワーの地下にある中華屋さんへ。今回2度目です。美味しかったです。

午後からも積極的に回れば楽しいところは有ったでしょうが、なんか皆この頃には元気が残っていません。(笑)

帰る時間をどうしようか、せめて7時05分には乗ろうかと言う話になって、一回行きたかったという駅ビルに上ることに。

地上16階、地下3階 (高さ60m)原広司さんの設計です。豊田市にある松欅堂と同じ人の設計なのです。

松欅堂の外観は黒一色、中に入ると全部白という設計に驚かされましたが、京都駅ビルも楽しい仕掛けがあるのでしょう。

高さが凄い、空中の渡り廊下みたいな通路は下が見えないので恐怖は覚えないが、東側のエスカレータや反対側の階段は絶景でしょう。Dsc09550 Dsc09552 Dsc09553 Dsc09557

西側にある空中庭園の上を鷹のような大きな鳥が飛んでいて、京都の自然の豊さを実感します。Dsc09560

京都の町では、どこでも探鳥会が出来て、珍しい鳥や昆虫が見つかりそうです。大きな森があちらこちらに点在しています。京都の魅力はここにもあるかも。

京都駅を7時05分の新幹線こだまに乗りましたが、相変わらずの少ないお客さんでした。

よでん圭子個展

刈谷市のギャルリ・ディマージュのオーナーさんから、メールが来た。作家さんが京都に個展の打ち合わせに行っていないし、お客さんもいなくて私一人だからって!

麦畑はJRあいづま駅近く。_mg_7524

昼近くになったけど土曜日に行って来た。なるほどお店の人以外誰もいない。いつまで続くのかトヨタショック!!

よでん圭子 花とヌード展

2009年5月27日(水)~6月6日(土)
10時-18時 最終日のみ10時-16時
ギャルリ・ディマージュ

〒448-0844
愛知県刈谷市広小路3-605
℡0566-24-2291
JR東海道線にて名古屋駅から快速で約15分
刈谷駅にて名鉄三河線・碧南行きにお乗換いただき、刈谷市駅下車、徒歩1分です。
市営駐車場東出口より徒歩2分

_mg_7526 _mg_7530 _mg_7531

_mg_7528

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!
無料ブログはココログ

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴