« 壬申の乱ウォーク 桑名・多度の道 | トップページ | 庭の花 »

壬申の乱ウォーク多度の続き

多度大社の帰り道、美味しいものを食べたいねと言いながら多度駅へ向かいました。ずっとラクチンな下り坂です。途中に面白いものを発見。これはアートでしょうかどうでしょうか?

Dsc02129

Dsc02131

Dsc02132

Dsc02133

お腹の空いている私たち二人は鯉こくが食べたいよーと思いながら歩いて行きました。桔梗屋さんがありました。

Dsc02140

由緒正しき古いお店です。お店の人に聞いたら創業、享保元年と言うことでした。元祖多度豆を売っていました。友達が多度の土産はこれこれと行って買いました。ふ~ん そうか。とても大事な思い出でしょうね。私が子供のころにじょん山の花まつりのときに楽しみだった芋飴みたいなものらしいです。

大黒屋さんもありました。タイムスリップするようなお店の名前です。ここは料亭だそうです。ここなら鯉こくがあるだろうと思いましたが、値段がね。

Dsc02142

もう少し歩いて行くと、戎と書いた店がありました。お腹が減っているのでこの辺で食べようかと・・・入ると寿司屋さんでした。回転寿司ではありません。わぁ 珍し~い でも・・・大丈夫でした。ランチがありました。お得な1050円でした。(*^_^*)

Dsc02144

常連さんがいました。面白いお人でした。名古屋から来たのと聞かれました。えっ どうしてわかったの返事をすると言葉でわかると。私、生まれは宮崎よ。と返すと、宮崎は椎葉ねときた。えっ 宮崎は椎葉もあるけど、高千穂ではとかなんとか面白い会話になりました。

実は椎葉から来たおじいちゃんがいるようです。ミツバチの巣はその椎葉のおじいちゃんの教えだそうです。そうだろうな・・ミツバチの巣を置くとか、スズメバチの巣を取るとか宮崎県や鹿児島県の人がやりそうなこと。

のんびりとランチをいただき駅に着いたら目の前で電車が行ってしまいました。次の電車まで30分くらいありますが、喫茶店は見つかりません。駅の横の日陰で風に吹かれていると、山中先生と学生さんが車から下りて来ました。

この機会を逃すまじと、山中先生の養老の壬申の乱ウォークでコメント描かせていただきましたと、遅まきながらですがごあいさつを。顔だけ見ているのとは違って気さくに応じて下さり、またコメントくださいと言って下さいました。(嬉しーぃ)

Dsc02145先生は大垣行きの電車に、私たちと学生さんは桑名行きの電車です。楽しい思いをさせていただきました。次回もよろしくお願いします。余談ですが、壬申の乱ウォークとの後と駅でお別れした山中先生はこちらにいかれたようです。

« 壬申の乱ウォーク 桑名・多度の道 | トップページ | 庭の花 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

歴史散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183946/48348801

この記事へのトラックバック一覧です: 壬申の乱ウォーク多度の続き:

« 壬申の乱ウォーク 桑名・多度の道 | トップページ | 庭の花 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ,com

鉄道写真館

  • 0604081
    撮り鉄と乗り鉄の写真館へようこそ!
無料ブログはココログ

掛川花鳥園

  • 2
    掛川花鳥園 2006年4月4日快晴